CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
次回定例会は8月11日(金・祝) 19:00-20:30、東京都障害者福祉会館
テーマ「意見・情報交換会」
参加費:会員は無料、非会員は参加費100円いただきます。
*手話通訳、UDトークによる文字支援あり。



問合せは右のリンク集「TA-net問合先」からどうぞ。
公式ウェブサイト&リーフレットあります!
リーフレットをご希望の方は右記リンク先からお問い合わせください。

アクセシビリティ公演情報サイトへの掲載依頼はお気軽にどうぞ。
プレスリリースはこちらです。

情報盛りだくさんのメルマガも発行中!ぜひご登録ください。右のリンク集「メルマガを読みませんか」からどうぞ。
パルテノン多摩「たまたま」公演にて字幕サポートしました! [2017年08月06日(Sun)]
パルテノン多摩 「たまたま」公演において字幕サポート支援をしました。

49E95009-F484-4BFD-ABD7-889E20A2F8BB.jpg
8/5、8/6の2回公演で、利用者は9名でした。
聞こえる方にも利用いただき、アンケートで意見を集めました。

IMG_9857.JPGIMG_9858.JPG
今回は、いつもよりも少人数で支援、ほとんど劇場スタッフさんが頑張ってくださいました。

IMG_9849.JPG
アフタートークでも手話通訳協力しましたが、やはり裏話があると楽しいですよね!
トーク冒頭で、司会からTA-net協力で字幕サポートと手話通訳協力をしていることを紹介いただきました。ありがたいです。

貴重な機会をありがとうございました。
梅田芸術劇場「ローマの休日」初の字幕サポート実施しました! [2017年08月05日(Sat)]
本日「ローマの休日」字幕サポートが無事終了しました。2日間で8名のお客様に字幕付き観劇をお楽しみ頂きました。
台詞をただ表出するだけでなく、劇中の音の情報や台詞の色分けなど、様々な工夫を、当事者の意見を交えながら、TA-netスタッフが取り組みました。
観劇サポート終了後、聞こえる聞こえない関係なく、観劇の感想を言い合いながら劇場前で記念撮影。字幕があったからこそ出来る交流です。
この取り組みの機会を下さいました、梅田芸術劇場様。関係者、スタッフの皆様。
本当にありがとうございました。

IMG_9859.JPG
【劇団四季『ライオンキング』チケット予約受付終了しました】 [2017年08月01日(Tue)]
おかげさまで劇団四季『ライオンキング』のチケットは完売いたしました。
多数のお申込み、誠にありがとうございました。

お席をご用意できなかった方には申し訳ございません。
次の機会をご用意できますように尽力してまいります。
これからもTA-netをよろしくお願いいたします。


また、今回の字幕・磁気ループ設置のためのクラウドファンディングは、引き続き募集しております。こちらもよろしくお願いいたします。

http://camp-fire.jp/projects/view/31964
日本文化政策学会札幌研究大会で手話通訳が初めて導入されます! [2017年07月31日(Mon)]
副理事長の萩原が学会員として所属する日本文化政策学会の第11回研究大会が
この秋北海道大学で開催されます。
TA-netとして、この研究大会において、企画フォーラムを開催します。
「多様な人々を受け入れる劇場をつくるために−
 文化政策の視点からアプローチする『劇場のアクセシビリティ』」と題し、
建築、運営、文化政策、そして障害当事者という4つの切り口から議論を展開します。
目下、鋭意準備中です。
TA-netの企画フォーラムには、手話通訳と遠隔文字支援がつきます。
そして、
この研究大会の目玉は何と言っても、学会として初めての手話通訳導入です!
https://www.facebook.com/bunkaseisaku/?hc_ref=ARQbvZfzt5pa5jKdsvocG8K75XJTzVMhuQVEGGyh3NScRGGg0mCiatHO36BagTqgqWo&fref=nf

学会のみなさんの温かい理解のもと、
一般公開部分には全て手話通訳がつくことになりました!

お近くの方、この時期札幌にお出かけの方、是非北大にお立ち寄りください。
詳細は以下のチラシをご覧ください!

日本文化政策学会札幌研究大会-1.jp g
日本文化政策学会札幌研究大会-2.jp g
パルテノン多摩「たまたま」公演にて字幕サポート支援します(8月5、6日) [2017年07月31日(Mon)]
本日「ローマの休日」字幕サポートが無事終了しました。2日間で8名のお客様に字幕付き観劇をお楽しみ頂きました。
台詞をただ表出するだけでなく、劇中の音の情報や台詞の色分けなど、様々な工夫を、当事者の意見を交えながら、TA-netスタッフが取り組みました。
観劇サポート終了後、聞こえる聞こえない関係なく、観劇の感想を言い合いながら劇場前で記念撮影。字幕があったからこそ出来る交流です。
この取り組みの機会を下さいました、梅田芸術劇場様。関係者、スタッフの皆様。
本当にありがとうございました。

さてTA-netでは、本日、もう1ヶ所、字幕サポートに取り組みました。
明日の公演はアフタートークに手話通訳も付きます。

皆様ぜひご都合合わせの上、お越し下さい。

多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」

作・演出:瀬戸山美咲

2017年8月、パルテノン多摩にて「多摩ニュータウン」を題材にした新作演劇を上演します。
注目の劇作家・瀬戸山美咲氏が、多摩ニュータウンの各世代の住民の方の証言と、市民ワークショップをもとに、「街」を描く演劇作品です。

「たまたま」ブログ
http://tamatamatama2017.hatenablog.com/
「たまたま」ツイッター
https://twitter.com/tamatama201708

★TA-netが観劇サポートを支援いたします★
http://ta-net.org/event/651

聴覚障害をお持ちのお客様向け字幕サポート(タブレット貸出・台数制限あり)を実施。
実施日:8月6日(日)14時

ご希望の方はチケットご購入前にメールまたはFAXでお問合せください。
メール:engeki@parthenon.or.jp  
FAX:042-376-9191

※磁気ループの設置あり(要予約、席数制限あり)

※8月6日(日)14時 アフタートークに手話通訳あり

会場 パルテノン多摩 小ホール

※上演時間:2時間予定

チケット価格
アテナ3,000円 
一般3,500円 
学生1,000円
[全席指定]
※未就学児入場不可
※学生券購入の際は学生証をご提示ください。
※車椅子でのご鑑賞をご希望の方はチケットパルテノンへお問合せください。

予約・問合せ先 【お問い合わせ】
公益財団法人 多摩市文化振興財団
パルテノン多摩 
TEL: 042-375-1414
FAX:042-376-9191
Email:engeki@parthenon.or.jp

公演サイトURL
http://www.parthenon.or.jp/act/2996.html49E95009-F484-4BFD-ABD7-889E20A2F8BB.jpg
★8/3(木)18:30開演 ★8月5日(土)12:00開演「ローマの休日」 [2017年07月25日(Tue)]
TA-netが観劇サポート支援いたします

★8月3日(木)18時30分開演
★8月5日(土)12時開演

オードリー・ヘップバーンを一躍スターにした映画「ローマの休日」の舞台版です。

アン王女役には、元宝塚男役トップスターの朝海ひかるさん。相手役のジョー・ブラッドレーにはドラマ、映画、舞台で大活躍されている吉田栄作さん。ジョーの友人のカメラマン役には劇団スーパー・エキセントリック・シアターでお馴染みの小倉久寛さんがご出演されます。

チケットは明日7/26(水)10時〜7/31(月)23時59分までの販売期間となります。
枚数に限りがございます。
ぜひ、この機会に皆様お誘い合わせの上、お越し下さい。

演劇
「ローマの休日」東京公演

演出:マキノノゾミ

出演
ジョー・ブラッドレー役 吉田栄作
アン王女役 朝海ひかる
アーヴィング・ラドヴィッチ役 小倉久寛

場所
世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)

日時
(公演期間 7月30日(日)〜8月6日(日))

下記日程字幕サポート付き
★8月3日(木)18時30分開演
★8月5日(土)12時開演

S席8800円
【字幕機レンタル付チケット予約】
7/26(水)10時〜7/31(月)23時59分販売期間

・枚数限定(なくなり次第終了となります)
・ご観劇日当日、開演の30分〜15分前までに「字幕レンタル機引換所」にて本券をご提示の上、字幕レンタル機をお受取りください。
・字幕機お渡しの際に係員より使用方法のご説明をいたしますので、お時間に余裕をもってお越しください。

その他の詳細は公演サイトをご覧ください。公演サイトURLhttp://www.umegei.com/romanholiday

第36回菊田一夫賞 受賞作品、待望の再々演!!

誰もが知っているこの「ローマの休日」は、1953年ウィリアム・ワイラー監督により製作されたアメリカ映画で、あのオードリー・ヘップバーンを一躍スターにした世紀を越えて愛され続けている最高映画です。

映画より凝縮された舞台空間で、アンとジョーの恋愛模様、ジョーとアーヴィングの友情、アンの女性としての成長、それぞれの役の人間性を感じて頂ける舞台となっております。

個性あふれる実力派キャストと、一流スタッフで贈る舞台版「ローマの休日」
役者として一段と成熟した3名が演じる不朽の名作を見逃せません。
どうぞご期待ください!

皆様のお越しを心よりお待ちしております。
17-07-25-21-23-12-630_deco.jpg
2017年度 第1回通常総会開催 [2017年07月25日(Tue)]
「TA-net 2017年度スタートです」

2017年7月23日(日)
10時〜12時
トット文化館にて
TA-net2017年度第1回通常総会を開催しました。
 
・2016年度事業報告、会計報告
・2017年度事業計画、予算

すべて満場一致で承認されました。

今年度も2016年度から引き続き 
理事6名
監事2名
の役員体制で取り組んで参ります。

どうぞこれからも、皆様の温かいご支援ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
DSC_0057.JPGDSC_0055.JPGDSC_0053.JPG
7月14日(金)定例会 [2017年07月15日(Sat)]
7月14日(金)18:30〜東京都障害者福祉会館(三田)にて、TA-net定例会を行いました。

今回はTA-net会員になられて、定例会初参加の方もお二人いらっしゃり、TA-netに対するお気持ち、率直なご意見を頂けて、とても有り難く、そして気が引き締まる定例会となりました。

とくに……「TA-net」の読み方。
「ティーエーネット」だと思われていた事など
……HPにもブログにも、フリガナがありませんでした……ご指摘があるまで気づかない事もあると改めて反省です。

この場をお借りして……
「ターネット」「たぁーねっと」と読みます。
以後お見知り置きを。

毎月第二金曜日に行っている、TA-netの定例会。
今月は先月の「新体制」の話し合いに続き、「チーム分け」をテーマに、理事長廣川から、主に4つの柱のチーム編成(観劇サポート・啓発、情報発信・コミュニケーション支援・ロビイング、アクセスコーディネーター支援事業)の説明をした上、ご参加頂いた皆様からTA-netの活動を通してやりたい事、今までやってきた中でのご意見、ご感想などを頂きました。

その上で、改めて多くあがった内容が、TA-netの活動内容を知ってもらう場を多く作る、会員の皆様の意見交換(情報交換)の場をもっと増やしていく、観劇サポート(字幕、音声ガイドなど)の勉強会や研究会などを行う、アクセスコーディネーター事業(委員会、マニュアル作成)ということで、会員の皆様お一人お一人のそれぞれの意識を持って参加出来る場を増やしていく事がとても大切だと改めて実感しました。

まだまだ課題の多いところはありますが、こうして短い時間の中で、皆様から頂けた率直なご意見で、今期、新体制のTA-netがより充実したものになるように、これからも取り組んでいかなければなりません。

本日、ご参加頂きました皆様、貴重なご意見本当にありがとうございました。

次回の定例会は8月11日(金)です。
意見交換(情報交換)の場として、ぜひご都合宜しければご参加下さい。
※会員の方以外でも(非会員参加費100円)ご参加頂けます。
DSC_0008.JPG
大田区にて講演しました [2017年07月11日(Tue)]
7月2日(土)、大田区聴覚障害者協会と大田区シルバー人材センター主催の福祉講座にお招きいただき、お話しました。

去年、落成したばかりという新しく広く素敵な「大田区障がい者サポートセンター」にて。

60名以上もおいでいただき、質疑応答タイムではご自身の経験をお話いただいたり、とそれぞれの貴重な観劇体験を交換できました。

特に、親子ともに聞こえないという女性が、子どもを劇場に連れて行き
物語を手話で伝えていたというお話には感動。
「童話だったのでなんとか伝えられたけど、本当はもっといろいろなお芝居を見せたかった」とのこと。

字幕だけでなく、手話もつけられるようになると
親子で楽しめますよね。


ちょうど8月に字幕つきの公演が2件あり、こちらもご紹介できました。
ありがとうございました。

DSC_0961.JPG
クラウドファンディングはじめました! [2017年07月09日(Sun)]
劇団四季『ライオンキング』字幕・磁気ループつき観劇会
2017年11月4日(土)13時の回
積水ハウスミュージカルシアター
四季劇場[夏](東京都品川区)


来る11月4日(土)
全国中途失聴者・難聴者福祉大会in東京の開催に合せまして
劇団四季『ライオンキング』の観劇会が行われます。
字幕・磁気ループを設置し、聴こえない・聴こえづらい方にも
楽しんでいただける企画となっております。

速報ブログ記事↓
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/387


チケットご予約について↓
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/395

その字幕制作、磁気ループ設置に関わる経費調達などの準備一切をTA-netが担当させていただくことになりました。
字幕・磁気ループに係る費用は、クラウドファンディングにて集めます。
ご支援と拡散のご協力をお願い申し上げます。

http://camp-fire.jp/projects/view/31964


今回の企画で、初めて劇団四季に聴覚障害者向けの観劇サポートが付くことになります。
TA-netが設立してから、アンケート等で寄せられる声で最も多かったものが、
「劇団四季の公演を観たい」というものでしたので、今回の企画は是非とも成功させたいと思っております。

ご協力いただけたら幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

↓クラウドファンディングサイト↓
http://camp-fire.jp/projects/view/31964
| 次へ