CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!


<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
◆おかげさまでTA-net第2回シンポジウム「〜舞台・演劇の創作における手話通訳について考える〜」は77名を迎え、無事終了いたしました。ありがとうございました!◆

次回イベントのお知らせ
7月3日(日)10:00-11:30 定時総会(2015年度決算および2016年活動計画)
→会員限定です。2016年度の入会を検討している方のみ、右記からお問い合わせください。
7月6日(水) 18:00-19:00 舞台手話通訳つきモデル公演および撮影会「朝にならない」


企画参加は右のリンク集「企画参加申込」からどうぞ。
問合せは右のリンク集「TA-net問合先」からどうぞ。
公式ウェブサイト&リーフレットあります!
リーフレットをご希望の方は右記リンク先からお問い合わせください。

アクセシビリティ公演情報サイトへの掲載依頼はお気軽にどうぞ。
プレスリリースはこちらです。

情報盛りだくさんのメルマガも発行中!ぜひご登録ください。右のリンク集「メルマガを読みませんか」からどうぞ。
「パラリンピック研究会」に参加してきました [2016年06月30日(Thu)]
平成28年6月30日、
理事長の廣川と副理事長の萩原は、日本財団パラリンピックサポートセンター パラリンピック研究会のお招きを受け、「パラリンピックとアーツ」スタディグループ第3回会合(11:30〜13:00)に参加してまいりました。
この研究会は、日本財団を主催として、「オリンピック・パラリンピック組織委員会、厚労省、文化庁、東京都・埼玉県・横浜市・川崎市などの自治体、そして企業やメディアの関係者など、さまざまな立場から、東京パラリンピックでの文化プログラムで障がいのある方々に活躍いただくための策を考えている人々の勉強会」です。
本日は「造形美術」をテーマとして、社会福祉法人グロー(GLOW)法人本部企画事業部次長 齋藤誠一氏、一般財団法人たんぽぽの家 理事 森下静香氏お二人から、どのように障害者アーティストを支える仕組みを作ってきたか、ネットワークをどのように広げてきたか、障害、福祉の領域を越えてアートを社会にとってどう共有価値のあるものとしていくか、についてお話がありました。
 TA-netは通常ライブイベント、パフォーミング・アーツに関わる観劇サポートを主な活動としており、造形美術とは異なる分野ではありますが、同じアートと障害者の関わりを考える視点からは、非常に示唆に富んだ内容でした。
やはりネットワークというものがいかに大切か、ということ、アートは生きる楽しさ、人間としての誇りにつながっていること、を改めて実感しました。
このような機会をいただきました、日本財団パラリンピックリサーチチームの皆さま、心よりお礼申し上げます。
 ブラジル・リオオリンピックもまもなく始まります。東京オリンピックに向けた文化プログラムも  この夏からスタートします。TA-netは聴覚障害者をはじめとする、情報の伝わりにくい人たちにもきちんと「楽しさ」を届けられる仕組みを、2020のその先にも残る形で、今から作っていくことができるよう、今後も、多くのことを学びつつ、実践しつつ、さまざまな取り組みを進めていかなくては!と日本財団ビルの前で志を新たにしたのでした。
 今後もみなさまのご支援、ご協力よろしくお願いいたします!
クラウドファンディングのリターンを追加しました [2016年06月24日(Fri)]
舞台手話通訳付きモデル上演および撮影会


7月6日(水)18時開演 座・高円寺2にて

資金を補うためのクラウドファンディングを実施中ですが、
もっと気軽に応援していただくため

リターンを追加しました!


- 3,000円  舞台画像1点つきお礼メール

- 5,000円  DVD1枚

- 10,000円  DVD2枚

- 10,000円  DVD1枚とTA-net第2回シンポジウム報告集1冊


どうぞよろしくお願いします!

https://camp-fire.jp/projects/view/7827?token=17gjpkfu 

今日は、劇場打ち合わせをしてきました。
こんな感じでお迎えします!

image-ec974.jpeg

舞台チェック中の小川信濃舞台監督。
日本ろう者劇団公演でお世話になっており、聞こえない演劇人に慣れております!

image-8a63d.jpeg
舞台手話通訳つきモデル上演および撮影会 クラウドファンディングはじめました! [2016年06月17日(Fri)]
舞台手話通訳つきモデル上演および撮影会

「朝にならない」

7月6日(水)18時〜19時 

座・高円寺2


おかげさまで、多数のご予約を頂戴しました。
今回の趣旨が、演劇関係者に「舞台手話通訳つき公演」の導入を検討してもらうためですので、

演劇関係者のみの予約を受け付けております。


ご予約は下記からどうぞ。
https://mailform.mface.jp/frms/tanetstaff/b58ni9zcxjob


そして、資金を補うため、クラウドファンディングを始めました!
TA-netとして初めての試みです。


ぜひ一人でも多くの方にお知らせいただき、ご支援をお願いいたします。

https://camp-fire.jp/projects/view/7827?token=17gjpkfu

ご支援いただいた方には金額に応じた枚数のDVDをさしあげます。

どうぞよろしくお願いします!!!
字幕勉強会を行いました! [2016年06月14日(Tue)]
ご報告が大変遅くなりましたが、6月10日、字幕チームで今年度初の勉強会を行いました!
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/288
15名ほどの参加がありました。
テーマとしては、字幕の技術面での話し合いとこれまでの活動の反省が目的だったにも関わらず、
関心を持つ非会員が多く見えられて、それだけ字幕の持つ価値と期待の大きさを感じました。
字幕表示ミニ実演、これまでの字幕チームによる劇団銅羅、劇団鳥獣戯画での字幕サポートの報告そして参加者からの質疑応答を行いました。
大手の劇場に行けばプロの字幕で見られるが、一般の劇団や劇場で取り入れようとするとコストが高くつく。
そこでコスト面も考慮した字幕製作、表示をさせれば、多くの劇場、劇団が導入しやすいものになる。
こうした観劇支援の方法があると啓発していくことがTA-netの仕事です。
7月には劇宇宙☆アブラクサスの公演で字幕サポートのお手伝いをします。
字幕付きの日には積極的に観に来て頂いて、字幕制作、表示活動に参加するきっかけにしていただきたいとお知らせとお願いを合わせて、締めくくりました。
参加者の方から字幕チームで、字幕をどのように制作するか、どうだったかを検証されているのですね。と感想をいただき活動に理解のある方々に心強く思いました。

今後も、TA-netは多くの劇場、劇団がチャレンジしやすい字幕支援の在り方を考え、提案してまいります。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。
朝日新聞 6月8日付朝刊「ひと」欄に掲載されました [2016年06月08日(Wed)]
朝日新聞 6月8日付け朝刊「ひと」欄にご紹介いただきました。
ありがとうございます。


http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S12398375.html
NHK手話ニュースにインタビュー出演しました(6月12日までウェブで観られます) [2016年06月07日(Tue)]
6月5日の神保町花月にて行われた
字幕落語会について、
一般ニュースに続き、
NHK手話ニュースでも取り上げられました!

萩原副理事長がインタビュー出演しています。

6/6付けのショートニュースをご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/shuwa/sp/index.html#h2_01
字幕落語会ニュースにインタビュー出演しました! [2016年06月06日(Mon)]
神保町花月で行われた「字幕落語会」がニュースになり、
TA-net 萩原副理事長がインタビュー出演しました!

課題はまだまだありますが、続けることが大事。
今後の取り組みに期待します!次回は6/10の舶来寄席!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160606/k10010547281000.html
image.jpegimage.jpeg
[字幕による観劇サポートの勉強会] ご案内(6月10日) [2016年05月26日(Thu)]
[字幕による観劇サポートの勉強会] ご案内

字幕チーム主催で、定例会を行います。

6月10日(金)
午後6時半〜午後8時半
東京都障害者福祉会館C1にて

今までの劇団銅鑼「池袋モンパルナス」、劇団鳥獣戯画「ベニスの商人」の
字幕制作と表示活動を振り返って、
報告、反省と対策、課題と方針の3本柱で話し合い、
今後のより良い字幕による観劇支援につなげます。

字幕による観劇支援に関心ある方で、
初めての参加も大いに歓迎します。

特に当事者の意見が大切ですので
聴覚障害者のみなさまの参加をお待ちしています!

参加費:TA-net 会員は無料です。
TA-net「非」会員のみ資料代として100円ご協力お願いします。

会場準備の都合上、下記URLからお申し込みいただけると助かります。
https://mailform.mface.jp/frms/tanet/e89comjlxcck

※手話通訳・UDトークによる文字支援を行う予定です。
「字幕落語会」のすべての演目に日本語字幕が!(6月5日) [2016年05月26日(Thu)]

神保町花月にて6月5日に「字幕落語会」が行われますが、

当初、
桂文枝師匠の2演目は「日本語落語→英語字幕」
桂かい枝さんの1演目が「英語落語→日本語字幕」

となっておりました。

この度、要望に応え
桂文枝師匠の演目にも「日本語字幕」が付くことになりました!
関係者の努力に感謝です!

ご予約は下記からどうぞ。
http://ta-net.org/event/315


そのことを下記の手話ニュースでお知らせしています!
5月25日付放送の、ショートニュースの最後にて。
http://www.nhk.or.jp/shuwa/

字幕落語会の第一報は下記ブログ記事をどうぞ。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/281
盛況でした!第4回観劇支援システム研究会!(報告とお礼) [2016年05月22日(Sun)]
盛況でした!第4回観劇支援システム研究会!

公開インタビュー形式での研究会は今回は最後。

5/21(土)のよく晴れた夕方に
東京都障害者福祉会館にて開催しました
「文化と福祉の懸け橋づくりにむけて 
文化政策のオピニオンリーダー、太下義之氏と語り合う」
は史上最高の参加者23名をお迎えして賑わいました。

TA-netの企画に初めて参加したという方が多く、広がりを感じました。

太下氏の鋭くも優しい視点による意見の数々に圧倒された120分間!でした。
会場からの質問がなんと4件!期待の大きさを感じました。

今後は委員を委嘱し、提言をまとめることになります。
委員会を公開するかどうかは未定ですが、どうぞご期待ください

20160522092232.jpg
| 次へ