CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
始まります! [2012年08月31日(Fri)]
こんにちは!実習生の玉城ですぴかぴか(新しい)
今日は、明日行われる第二回福祉委員会議に向けて準備をしましたわーい(嬉しい顔)

P1090606.JPG
今年もこの時期がやってきました!赤い羽根共同募金、始まりますぴかぴか(新しい)
みなさんぜひぜひご協力いただけると嬉しいです黒ハート

Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:42
福祉教育・ボランティア学習研修 [2012年08月27日(Mon)]
こんにちは!実習生の玉城ですぴかぴか(新しい)
今日は鶴ヶ島市福祉教育・ボランティア学習研修に参加しました。
P1090545.JPG

講師にありすの家の小林好子先生をお招きし、「見えづらい分かりにくい障害をどう伝えるか〜発達障害の理解と福祉教育展開〜」というテーマで学習研修を行いました。

研修の前半に
・発達障害への流れ
・自閉症やADHD、LDについて
といった点について説明を受けました。それぞれの障がいがどんな特性を持っているのか、認知特性による行動の違い、集団の中での困難さなどを、小林先生が実際の事例を用いて分かりやすく説明してくださいましたぴかぴか(新しい)

また、後半ではグループごとに分かれ
・書字、読字、計算、視野、聞き取り等の困難
・不器用さ
などについて体験ワークショップを行いましたぴかぴか(新しい)
P1090555.JPG
実際に体験することにより、イメージの湧きにくかった、障がいを抱えた方の困難さや生活のしづらさというものを実感できました。その障がいがどんな困難を持ち、普段どういう風に物事を捉えているのか、という部分は、擬似体験を通して初めて分かることがあると思います。

障がいによる症状を特性として捉え、一人一人に合った支援や指導を行っていくことが大切なのだと改めて実感しましたぴかぴか(新しい)できないことを叱り付けるのではなく、どうすればその子がやりやすくなるのか、あるいはできるようになるのか、そういった部分を考えて支援していくことが必要だと思います。
それにはやはり学校や家族、地域の方々などの理解や協力を得ることが大切であり、そういっはたらきかけをしていくことが求められてくるのだと感じましたわーい(嬉しい顔)
今日のような研修会を開くことにより、地域のなかで支援の輪が広まっていくんですね黒ハート
P1090592.JPG


そして、今日は、あかね社会福祉士事務所で実習している小林さんが研修に参加してくださいましたぴかぴか(新しい)
参加した感想として「今日の研修で、発達障害のそれぞれの特性について理解を深めることが出来ました。貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。」

また、今日の研修会を担当した実習生の田中さんも、「拙い司会・進行でしたが、無事に終わり、ホッとしております。本当にたくさんの方々がお越しくださいました。さまざまな所属の方々と交流でき、とても勉強になりました。みなさん今日1日ありがとうございました。」
とコメントしてくださいました。

このような研修の機会はとても貴重ですねぴかぴか(新しい)
今後も、このような研修の機会がございましたら、是非参加したいですわーい(嬉しい顔)

Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:41
講演会! [2012年08月25日(Sat)]
こんにちは!実習生の玉城ですぴかぴか(新しい)
今日は富士見公民館で行われた、こっこの会主催の講演会「不登校・引きこもり〜具体的対応〜」に参加しました晴れ

講師に近藤俊明先生をお招きし、不登校や引きこもりをどう受け止めるか、また、それに関してどんな対応をしていく必要があるか、具体的なお話をして頂きました。
不登校や引きこもりといったものは、独立した要因によって引き起こされるものではなく、様々な要因が絡み合って発生するそうです。ひとりひとり引き金となる要因は異なるため、その人によって対応の仕方が違います。不登校や引きこもりになった背景にはどのような要因が潜んでいるのか、環境や家族との関係性の中から考えていくことが大切だと感じましたぴかぴか(新しい)

また、学校に行かない、その奥にあるものとして、
1.学校での不安・緊張・恐怖・気まずさなどを避ける
2.学校での人との関わり、評価されることなどを避ける
3.人から注意を向けてもらう、甘えてもらう
4.学校以外でもっと楽しいことができる
といった機能が挙げられていました。こういった機能に焦点を当て、その機能に適した対応をしていくことが大切
だそうですわーい(嬉しい顔)
それには家族関係を振り返ったり、今までの生活リズムを整えたりと、家族の支えも重要になると思います。

近藤先生のお話は分かりやすく、私も普段不登校の子どもと関わる機会があるため、とても勉強になりましたぴかぴか(新しい)
また機会がありましたら、是非みなさんも参加してはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 11:36
見守り声かけチーム情報交換会 [2012年08月24日(Fri)]
こんにちは!実習生の玉城ですわーい(嬉しい顔)
まだまだ厳しい暑さが続いていますねダッシュ(走り出すさま)みなさんは熱中症対策などは大丈夫でしょうか?私は暑さに負けないようこまめな水分補給を心がけていますたらーっ(汗)

今日はアルカーサル迎賓館にて、見守り声かけチーム情報交換会がありましたぴかぴか(新しい)
P1090527.JPG

情報交換会では、
・鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会について
・見守り声かけチームについて
といった点についての説明と、鶴ヶ島市高齢者福祉課・地域包括支援センターからのお話がありました。
また、お話の後は、各自治会ごとの活動状況の報告をし、参加者全員で情報を共有し合いました。

今後益々高齢化が進むなかで、5年後、10年後…といった未来を考えたときに、地域支え合い協議会のような活動は凄く必要になってくることだと思います。いまから土台を築き、未来に向けて活動を進めていくことが大切なのだと思いましたぴかぴか(新しい)

普段から見守り体制を作ることにより、地域に住む人々の変化に気付くことができたり、人と人とのつながりが生まれていきます。
各自治会ごとに地域性があり、その地域性にあった活動を続け、顔の見える関係を築いていくことで、安心した生活ができるようになるんだと改めて実感しましたわーい(嬉しい顔)

P1090536.JPG
会場の様子はこんな感じでした黒ハート普段結婚式場として使用されているので、とても綺麗でしたぴかぴか(新しい)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 12:50
あんサポ [2012年08月22日(Wed)]
こんにちは!まだまだ蒸し暑い日々が続きますね晴れ実習生の玉城です。

今日はあんしんサポートねっとの訪問同行&制度説明をしていただきましたぴかぴか(新しい)
あんしんサポートねっととは埼玉県が行っている日常生活自立支援事業のなかの一つである、福祉サービス利用援助事業のことを言います。
具体的には、生活していく上で一人で判断することに不安のある高齢者や知的障がい・精神障がいのある方などが安心して生活が送れるように、定期的に訪問し、福祉サービスの利用の援助や暮らしに必要なお金の出し入れのお手伝い等をするという、サービスになっていますひらめき

あんしんサポートねっとの活動は、権利擁護からなるものであり、地域で生活している人々の生活の安心を守っていくためにもとても大切なことだと思います。利用者の方の主体性を大切にし、権利を守っていくことの重要性を改めて実感しました。
また、あんサポの活動は多職種間のチームアプローチにより進めていくことが大事だそうです。社協だけではなく、色んな職種の人々が連携しながら活動を支えていることがよく分かりました。

私はあんサポについてあまり詳しく知らなかったため、今日一日で理解を深めることができましたわーい(嬉しい顔)どの仕事に就いても、権利擁護の理念は大切になってくるそうなので、私も忘れずにいたいですexclamation




Posted by 鶴ヶ島市社協 at 12:43
障がい者余暇活動支援事業 料理教室×女子栄養大ECOS [2012年08月12日(Sun)]
こんにちは晴れ実習生の田中です。

今日は、鶴ヶ島西公民館にて、料理教室が開催され、私も参加させていただきましたグッド(上向き矢印)
この活動は精神障害の方々の調理等自立につながるような学びの場を提供すると共に、さまざまな方と交流し、余暇を充実して過ごしてほしいとの思いで行っている事業だと伺いましたひらめき

参加者は、スタッフを含め約30名ぴかぴか(新しい)
たくさんの方々が参加してくださいましたわーい(嬉しい顔)

今日は、前回のアンケートで参加者の方々から中華料理をとのことで、
メニューは、あんかけチャーハン、水餃子、わかめスープ、杏仁豆腐でした黒ハート
P1090319.JPG


P1090313.JPG

参加者のみなさん、とても和やかに作業されていました。おいしく召し上がっていただけたようです(^O^)
女子栄養大学ECOSのみなさん、今回も実習の様々な準備&運営おつかれさまでしたぴかぴか(新しい)

こちらの料理教室、次回は秋頃の予定だそうです目

Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:41
福祉教育推進セミナー [2012年08月08日(Wed)]
こんにちは!実習生の玉城です。
今日は全国社会福祉協議会で行われた福祉教育推進セミナーに参加しました。

セミナーの前半には、厚生労働省、文部科学省の方から行政報告を受け、その後講師の上野谷先生による「福祉教育で変わる・福祉教育が変わる〜誰もが排除しない地域づくりのために〜」という基調講演を受けました。
また、後半に行われたシンポジウムでは「いのちを伝える〜社会的包摂と福祉教育〜」というテーマで、シンポジストの加藤さんと後藤さんからお話をうかがいました。


セミナーのなかで、
・社会的包摂とは何か
・福祉教育とはどういうことをいうのか
・今後福祉教育がどう変わっていくか
などについて、講演やシンポジウムを通して話がありました。地域福祉は福祉教育で始まり福祉教育で終わるという言葉があるように、地域の基盤を作り、社会的包摂を目指す上でもとても重要な役割を担っています。
誰もがお互いを排除せず、差別せず、人権を擁護する…といった双方向の社会を地域で作るのが福祉教育の役目でもあるそうです。
今後福祉教育では、一度個人というものに視点を戻し、個人と地域との関係性を見直し、社会参加と共同で見ていく時代になっていく、と話しておりました。
また、あらゆる関係性のなかで問題を発見し、考えることができるようになったのも福祉教育の賜物だそうです。

シンポジウムのなかで、福祉教育とは人々が持つ生きる力を伝えていくことだとおっしゃっていたのが印象に残っています。その人の持つ苦しみや、病気や障がいの重さだけでなく、その人の持つ強さや希望、輝かしい物語を伝えていくことが、人々にパワーを与えていくそうです。そうすることにより、相手を理解することにつながり、地域住民の福祉力も身についていくのだと話していました。

相手をカテゴリー化して捉えるのではなく、一人一人を個別化して捉え、地域の人々がお互い顔の見える関係性を作っていくことにより、地域の人々が安心して生活できるようになると思いました。

Posted by 鶴ヶ島市社協 at 12:38
交流会 [2012年08月07日(Tue)]
こんにちは!またまた実習生の玉城ですぴかぴか(新しい)

夕方には「原田先生を囲んで福祉教育の今後について」という交流会に参加しました!
P1090297.JPG

参加者は県内推進員の方や社協職員の方々で、これまでの活動のなかで気付いた課題・成果・評価を出し合い、今後に向けて話し合いました晴れ
これまでの成果として、まず自分自身が気付いたこと、変わったこととして、
・推進員になったことにより同じ仲間が増え、それがパワーや原動力になり、自分自身が変わった
・地域の中で自分の役割を見つけることができた
・福祉の視点を持てるようになった
などが挙げられました。これにより、地域が少しずつ変わっていくのが分かったり、学校の人にも理解をもらえたりしたそうです。

また、課題点として
・学校との関係が縮まらない
・活動のマンネリ化
・地域によって格差ができてしまう
などが挙げられました。

福祉は時代とともに変わっていくものであり、そのためには長期的に関わっていくことが大切だと感じました。そうすることで、誰もが自分らしく生活できるようなまちづくりにつながっていくのかなと思いますぴかぴか(新しい)
地域で行った福祉体験が日常生活につながっていくようなはたらきかけが今後必要になってくるそうですexclamation
交流会を通し、様々な意見交換ができ、こういう場を作れたことも、活動の成果だとおっしゃっていたのが印象に残っています。今日の交流会に参加することにより、私もまた新たに学びが深まることができました。
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:13
声なびシネマわかばさん [2012年08月07日(Tue)]
こんにちは!実習生の玉城です。
今日は声なびシネマわかばさんによる成果発表会を見学させて頂きました。
声なびシネマわかばさんは、視覚障がい者の方の“みんなで一緒に映画を楽しみたいという願い”に応え、映画にライブ音声ガイドを付けて鑑賞するボランティアグループです。今回は、ライブ音声ガイドの上映会がありましたぴかぴか(新しい)

少ない言葉でその場面にあった表現を用いり、目をつむってもその光景が目に浮かぶようでした。私はこれまで音声ガイドをどういう風に付けるのか知らなかったのですが、実際にその模様を見て、感心することばかりでしたぴかぴか(新しい)
ライブ音声ガイドをする際に難しいこととして、自分の感情を入れず表現することが挙げられていました。これは聞き手が情景を想像しやすいように、その人がより楽しめるために気をつけなければならないそうです。

ライブ音声ガイドをすることにより、視覚障がい者の方と一緒に映画を楽しめるだけではなく、自分自身も楽しめたり、相手に言葉を伝えるための表現力が身についたりします。また、今まで気付けなかった映画の新しい発見があったりして、ますます映画を好きになれるそうです黒ハート
声なびシネマわかばのみなさん、見学させてくださりありがとうございました!




Posted by 鶴ヶ島市社協 at 09:12
脚折雨乞い行事 [2012年08月05日(Sun)]
こんにちは!実習生の玉城です。

CIMG0541.JPG

今日は4年に1度開催される、脚折雨乞い行事に参加しましたぴかぴか(新しい)
この脚折雨乞いは、鶴ヶ島市脚折地区に伝わる降雨祈願の行事で、その起源は江戸時代にまで遡るそうです。雨乞いを行事として行うことにより、伝統を継承するだけではなく、地域に一体感が生まれ、そこから人と人とのつながりができるそうです。
4年に1度の歴史ある伝統的な行事ということで、雷電池の周りには多くの人が集まり、龍神池入りを見守っていました。
CIMG0543.JPG


そして、今回社会福祉協議会では喫茶どんぐりさんとしてお店を出店しましたぴかぴか(新しい)
CIMG0544.JPG

喫茶どんぐりでは、カキ氷とドリンクを販売し、ドリンクの中にはあのつるごんラムネもありましたぴかぴか(新しい)
つるごんラムネは200本限定ながら全て完売し、その他のドリンクやカキ氷も大盛況でした。足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。


また、喫茶どんぐりさんは、普段は鶴ヶ島市役所6階か、南公民館1階で営業しています。障がいを抱えた方が多くの方々とふれあいながら、生きる喜びや働くことの難しさを学び、力強く成長していくことを願って設けられたそうです。
ここでは、障がいを持つ方の社会参加の場としてだけではなく、市民のみなさまの交流の活動や拠点として多くの方にご利用していただきたく思っていますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうかぴかぴか(新しい)
軽食からお飲み物、デザートまでご用意してお待ちしております。

CIMG0549.JPG

今日はお暑い中、お疲れ様でした!
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 10:06
| 次へ
Google
つながり日記内を検索
インターネット検索
プロフィール

鶴ヶ島市社協さんの画像
鶴ヶ島市社協
プロフィール
ブログ
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
たぐっち
動画ファンクラブ (04/18) よしはらゆきこ
手芸サロン (03/14) わっしー
平成28年熊本地震義援金受付状況について (04/24) 社協
会長 あいさつ 2014 (03/28) 市内のろう者です
会長 あいさつ 2014 (03/28) 山田明
貧困の連鎖を断ち切るための支援プログラム (08/08) わかば風の会 新井
納涼祭! (08/13) だっちょ
裏メニュー 秘密です (06/20) 長妻 学
障害者余暇活動支援事業 お料理教室2 (04/24) ビジネスマナーの会議
障害者支援ネットワーク会議!! (04/05)
リンク集
最新トラックバック
月別アーカイブ

※上のバナーをクリックすることでMy Yahoo!やiGoogleなどのパーソナライズドホームページにRSSフィードを追加することができます。
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index2_0.xml




※pdfファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。 Adobe Reader(無償)をお持ちでない方はこちらからダウンロ-ドしてください。