CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
若者ボランティア養成講座 [2010年11月26日(Fri)]
 先週末(11月20日)、若葉駅2Fで大学生たちによる「若者ボランティア養成講座」が開催されました。
 ふだん、大学もボランティアグループも別々の学生たち。
 この大学生たちは、今日のために8月下旬から2週間に1度集まって準備をしてきました。
 参加者はボランティアに関心ある高校生や大学生。
 結構、雰囲気良く、盛り上がりましたヨ。
 (オッポ) 

@
まずは
アイスブレイク(自己紹介)

担当のSくんとKKくん、これまで何度リハーサルやっても失敗ばかり。
とうとう、当日直前リハーサルもうまくできず。

それが本番一発で成功しちゃいました。
おかげで、みんな笑顔で打ち解けてます。

SくんとKKくんにボランティアの神が降臨した!?
よかったネ


A
輪になって
講義(先生は社協のシュサ)













B
イスを並べて 
4グループ各代表者たちによる活動紹介です。
 <ボランティアグループ名>
■ヒーロースクール
 (子どもたちとのレク活動)
■コスモス
 (知的障がい児との交流)
■F&F
 (高齢者とのふれあい)
■市民活動フェスタ 

Hポンくん司会上手、ツッコミも


C
グループになって
ワークショップ

Gっちくんの
ファシリーテーター(進行役)
ピカイチ









Posted by 鶴ヶ島市社協 at 13:42
つるがしまふれあいサービス研修会 [2010年11月24日(Wed)]
 鶴ヶ島市社会福祉協議会では、住民参加型在宅福祉サービス事業として
「つるがしまふれあいサービス」をおこなっております。

利用会員(生活介助を必要される方) ⇔ 協力会員(担い手となってくださる方)
双方の会員を募集しております。つるがしまふれあいサービスついての仕組み、問合せ先等は
http://www.tsurusha.or.jp/hureai/hureai.html

■協力会員さんたちは、さらなるスキルアップを目指して、定期的に研修会を開催。
今日の研修会は鶴ヶ島市南公民館で、東洋大学の横山貴美子先生をお招きして
 コミュニケーション研修 〜傾聴の理論と実際〜 
先生は本『介護福祉のための倫理学』(弘文堂)の著者でもあります。
 

 講義の中で勉強になったことは、傾聴は双方の”対話”で成り立つ、ということでした。 これまで「傾聴」って、高齢者(利用者さん)のお話しを、お世話する人がじっと聴いているイメージでした。そうではなかったのですね。なんかホッとしました、自分のボランティア先でさっそく生かしてみます。



講義あり、演習あり(笑いもあり笑い)の2時間半でした。


 (オッポ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 22:24
ライブ音声ガイド付き いのちの山河 [2010年11月20日(Sat)]
 いのちの山河 地域医療の原点をつくった村長の映画をみてきました。おもしろかったです。
 声なびシネマわかばの皆さんによるライブ音声ガイド付きでハート映画もさることながら、ライブ音声ガイドも拍手視覚に障害がある方も、一緒に映画を見ることができる、すばらしいですね。準備も大変だったと思いますが、ありがとうございました。
 

ラジオ貸出しの様子
        
  (まき)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 22:17
爺婆パパママ講座打合せ+びびっとさんからの寄付 [2010年11月19日(Fri)]
 社協が助成をうけて、子育て関係イベントを行う予定になっています。
 1月〜2月にむけて、爺婆パパママ養成講座のイベントを松ヶ丘のかわつるグリーンタウン松ヶ丘の集会所で行おうとUR都市機構と新都市ライフの担当者と打ち合わせをしました。

 かわつる地域が子育てしやすい街、活気があるになるような企画ができればと思っています。

 ちょうど、目の前に びびっとショップがあり、打ち合わせがてら、見学もさせていただきました。





中には、アンテナショップや手作り品がたくさん、若い女性がよろこびそうなものがたくさんラブお隣は、貸しスペースとしても活用できるようです。

びびっとさんからは、先日行ったフリーマーケットの収益を寄付していただきました。ありがとうございました。(まき)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 21:52
城西大学ボランティア活動発表会 [2010年11月19日(Fri)]
 城西大学経済学部のボランティア活動の発表会を市民活動推進センターで行いました。

 夏休みに行ったボランティア活動の記録をパワーポイントにまとめて、若者ボランティア向けに発表しました笑い





      だんだんと良くなっている様子がみえてきて、担当教官としては、うれしいかぎりです。


(まき)

Posted by 鶴ヶ島市社協 at 08:38
NPO法人こすもす [2010年11月18日(Thu)]
 NPO法人こすもすが運営されている、福祉作業所「こすもす」を見学させていただきました。

 鶴ヶ島市の隣、東坂戸団地商店街の店舗を作業所にしています。
 「こすもす」は多彩です。
 喫茶・パン・豆富・織物品、自家栽培野菜などをつくって販売しています。
 
 こすもす作業所(NPO法人こすもす) ホームページ
 http://tohuya-kosumosu.com/cosmos.html

 
「Den&Den」のお母さまたち、NPO法人「あゆみ」スタッフ合わせて14名でおじゃまさせていただきました。




畑も見学させていただきました。              とれたて野菜を店頭で販売していました。














    昼食は「こすもす」の店舗で販売しているメニューをごちそうになりました。
    パン、おからサラダ、コーヒー(角砂糖)、手作りです。おいしかったです。    



■こすもす作業所は、就労支援B型事業所に分類されます。
 就労支援B型事業所とは、一般企業での就労困難とされる障がい者たちのための働く場です。
 
■店舗はガラス張りになっています。通行人が中の様子を眺めることできます。
 障がい者たちが、黙々と調理をしていました。
 動作はゆっくりですが、真剣なまなざしで何十枚ものお皿にサラダを盛り付けていました。
 私たち14名の昼食(上の写真)をテーブルに用意してくださった女性は、一人で全部配膳してくれました。
 また、それらをやさしく見守っている職員の方たちがいました。

■ひたむきに働いている姿を見ていると、決して一般就労困難だとは思えませんでした。

■障がい者の自立、就労支援とは本人の適性や機会を見出すこと、そんな社会福祉士になりたいです。

 良い光景を見させていただきました。
 ありがとうございました。


 (実習生 オッポ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 13:49
大けやき [2010年11月17日(Wed)]
 大けやきサロンは、 毎月第3水曜日午前に活動しているサロンです。

 大けやきの特徴は、鶴ヶ島第一小を活動拠点にしていること。
 小学生たちとの世代間交流です。


 今日のテーマは、ヒモを結んで「しおり」作りです。


 11月17日(水)
 午前10:00

 大けやきサロン 
 参加者14名

 どこのサロンでも見かける
 のどかな光景

 それが40分後に・・・ 

 午前10:40
 
 生徒たちの登場です。
 なんと、小学3年生 40名も
 
顔1「キャッキャ〜」
小顔「ピーチク パーチク」

OK!2(センセイ)
 「ハイ拍手 シ〜ッ!



 午前10:50

 しおり作りスタート

 メンバーが見本を示します。
 
 「ゆっくりやるからね〜
 マネしてね〜
 3本のヒモをココに通して・・・」

小顔
 「エ〜ッ???
  わかんないよ〜」



生徒たちが出来るまで
何回も何回でも
見本を示してくれます。

小顔
1〜2回でスッと出来きちゃう生徒
顔1
3〜4回やって出来た生徒
小顔
5〜6回やって出来た生徒
顔1
途中ついて行けなくなっちゃった生徒

得意・不得意、能力も一人ひとりの個性なんですね。


うまく出来ない生徒には


手をとって、

いっしょにやります。




そして、スタートして40分後
「ほら、出来た」ほえー




午前11:30
ついに完成です。

 作品 
  淡路結び「しおり」
    鶴一小3年生作



 ■サロンのメンバーのみなさんは、子育てのベテランです。
  子どもが出来るまで
  何回でもつきあって
  そして、出来るようになったら一緒に喜んで、ほめていました。

 ■生徒たちにとっても、自分のおじいちゃん・おばあちゃん以外の地域の人たちと、このように交流する機会は大切なんですね。

 福祉教育の一面を見させていただきました。

 (オッポ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 13:58
鶴ヶ島市介護支援専門員連絡会 [2010年11月16日(Tue)]
 鶴ヶ島市介護支援専門員による定例会が市役所1F会議室で開催されました。
 
 市内の介護保険施設・地域包括支援センター・医療機関等にお勤めの介護支援専門員(ケアマネージャー)21名が出席されていました。



 鶴ヶ島市社協は、1時間いただき紹介させていただきました。

 介護保険制度と関連している社協の事業内容としては
 
  ■車イス・介護ベッドレンタル ⇒ 要介護・障害区分認定不要(どなたでも)お貸し致します
 
  ■ふれあいサービス(有償ボランティア) ⇒ 介護保険サービスでフォローできない移動支援 

  ■あんしんサポートねっと(福祉サービス利用援助事業) ⇒ 金銭管理、書類管理
 
 などです。
 

 介護支援専門員の方々にとって、社会資源の1つとして、社協の事業を活用していただければと思います。




 (オッポ)



  
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 17:13
カサブランカ [2010年11月16日(Tue)]
 カサブランカは、 毎月第3火曜日AM 鶴ヶ島文化会館にて活動しているサロンです。



 もう10年前から活動されているそうです。
 今日の参加者も20名以上、他のサロンよりも大勢です。

 「なんで毎回、こんなに多くの方が参加してくれるんですか?」
   ↓
 『友達が友達を誘う、これを続けてきたからよ。』
 
 なるほど

 終了間際のおじゃまでしたので、あまりお話しできませんでしたけど。
 今日みなさんがつくったフラワー作品、鮮やかでした。

 

 (オッポ)




 
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 12:44
デイジー図書体験セミナー [2010年11月15日(Mon)]
 「デイジー図書制作体験セミナー」(デイジー鶴ヶ島主催)に参加してきました。

 デイジー図書製作を一言でいえば、音声による読書、そのためのパソコン編集パソコンです。
 一本の連続したナレーションを、タイトル−小見出し−本文と区切っていきます。
 そうすることで、聴いている途中にリピート⇔スキップもできるようになるわけです。

 視覚障がい者だけでなく、文字を読みづらくなった高齢者、読むことを苦手とする学習障がい者(LD)、ニーズが広がりつつあるようです。





 私は初めてでしたが、会員の方のマンツーマンのおかげで、CD録音まで完成できました笑顔

 鶴ヶ島市の広報紙(広報つるがしま)、毎月1日の発行日とほぼ同じタイミングに音声で聴くことができるそうです。
 それは、デイジー鶴ヶ島メンバーのみなさんが毎月末に手分けして間に合わせて下さっているおかげ、ということも知りました。


 (オッポ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 17:23
| 次へ
Google
つながり日記内を検索
インターネット検索
プロフィール

鶴ヶ島市社協さんの画像
鶴ヶ島市社協
プロフィール
ブログ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
たぐっち
動画ファンクラブ (04/18) よしはらゆきこ
手芸サロン (03/14) わっしー
平成28年熊本地震義援金受付状況について (04/24) 社協
会長 あいさつ 2014 (03/28) 市内のろう者です
会長 あいさつ 2014 (03/28) 山田明
貧困の連鎖を断ち切るための支援プログラム (08/08) わかば風の会 新井
納涼祭! (08/13) だっちょ
裏メニュー 秘密です (06/20) 長妻 学
障害者余暇活動支援事業 お料理教室2 (04/24) ビジネスマナーの会議
障害者支援ネットワーク会議!! (04/05)
リンク集
最新トラックバック
月別アーカイブ

※上のバナーをクリックすることでMy Yahoo!やiGoogleなどのパーソナライズドホームページにRSSフィードを追加することができます。
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index2_0.xml




※pdfファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。 Adobe Reader(無償)をお持ちでない方はこちらからダウンロ-ドしてください。