CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
点字講習会 [2009年05月30日(Sat)]
今日は、点字講習会の第2回に出席してきました。
前回は初回ということもあって母音とカ行まででしたが、
今回は、残りの五十音と濁音、半濁音、拗音、仮名づかい、長音、促音…。
一気にボリュームが増えました困った。宿題と復習、がんばります。(ふじ)

                  
                  ちなみに、こちらを使って点字を書きます。
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:15
評議員会 [2009年05月29日(Fri)]
 今日は、平成21年度第1回評議員会でした。昨日の理事会同様、事業報告と決算。すべて全員賛成で承認されました。
 
 社会福祉協議会は、様々な関係団体の協議会として設立しているため、たくさんの団体の参画なくして社協活動もありません。法人運営にかかる理事会、評議員会も同じです。たくさんのご意見やご提案、支援があるからこそ、現在があるといつも感じますすいません(まき)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 23:10
城西大学 ボランティア [2009年05月29日(Fri)]
今日の地域ボランティア論は、「鶴ヶ島市聴力障害者会」、鶴ヶ島市福祉教育・ボランティア学習推進員「うぃず・共に」の皆さんに、お話をしていただきました。ありがとうございました。
配付する資料を300枚用意していったのですが…。
足りずに追加で印刷して配りました。相変わらず、すごい人数です。
この講義も中盤となりました。
ここまでたくさんの方達の話を聞いて、皆さんどのように感じているのでしょうか?
今回もお手伝いしてくださった学生さん達、いつもありがとうございます。(ふじ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:41
理事会・職員会議 [2009年05月28日(Thu)]
 平成21年度第1回理事会が開催されました。
今回の議案は、平成20年度事業報告および決算でした。1年間の膨大な内容であり、長時間になりましたが、理事からも様々なご提案やアドバイスもあり、今後の社会福祉協議会の運営につながる内容でした。

 また、夕方は定例の職員会議も。職員会議・事務局会議のあり方も再度確認しながら、実施する必要がありそうです。まぁ個人的には、毎月飲み会するっていうのがいいかなと思っていますが困った(まき)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 23:04
夏のボランティア体験プログラム 意見交換会に参加させていただきました [2009年05月27日(Wed)]
今日は夏のボランティア体験プログラム施設受入意見交換会に参加させていただきました。
何のために夏ボラをやるのか、目的はどう持って行うのかなど知ることができました。目的として市民の方に福祉に対して興味、関心を持って機会を提供することが必要でそのために施設同士での意見交換も必要な事も知りました。

ワークショップでは障がい者関係の施設の方の意見を聞きました。
その中で、施設にとってのボランティアのメリットについて意見交換したところ、福祉の仕事に少しでも興味を持ってもらえたら、施設に少しでも足を踏み入れてもらえたら、ボランティアが来ることによって新鮮な風が吹くなどのメリットを知ることができました。
私も今日の意見交換に参加してみて夏のプログラムに参加してみたいと思いました。
wdiv style="text-align: center;">



これから実習生今日はボランティア森谷 誠です。
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:48
こーれー(高齢)でどう?擬似体験プログラム [2009年05月27日(Wed)]
 
鶴ヶ島市福祉教育・ボランティア学習推進員「うぃず共に」で
高齢者疑似体験プログラムを作っています笑い

鶴ヶ島には、アイマスク・ガイドヘルプ体験、車いす体験、手話体験、点字体験、
この4つの体験講座には、受けてくださる団体さんがあります星
いつもありがとうございますキラキラ

高齢者疑似体験。これは困っちゃう・・・。
どこがやってくれるのだ・・・。
困った

でも、せっかくの依頼をできません。とか、施設訪問にしてしまう。とか、
それもどうかな。と思っていたわけです。
特に施設訪問にしてしまうのは、施設に入所している人=お年寄り=人にお世話をしてもらってるみたいなイメージになりがちかな。疑似体験を子どもたちにさせたいというなかに含まれる本来の想いは伝わりづらい。違和感は拭えないのです。
(施設訪問が悪いと言っているわけでは決してないですが。
入所者に迷惑をかけず、施設のある意味やお年寄りの人生を学ぶことも重要ですし。)

で、うぃずの方々に、
「某中学校で1度お願いした高齢者疑似体験を、ある程度形にしてもらえないでしょうか?」と頼んだ次第なのです。
で、昨年度も年度末にお願いしたんですが、それを改良し、より良いものにしつつ、
プロジェクトメンバーではない人でも授業ができるアンチョコ作りをしてもらっていますウインク


お年寄りって、案外大変なのかもなぁとか、ちょっと話をしてみようとか、
身近なお年寄りを今より少し大事に思えるようになる。
そんな授業になりそうだなと思いました。
(かさ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 15:33
ハート送付先??(*o*)!?? [2009年05月26日(Tue)]
ハートの印刷を前にしてまず送付先のチェックをしています・・・

が・・・


???




なかなか簡単には終えられないようですペンギン

がんばりますびっくりびっくりびっくり




ところで、みなさま個人ボランティア登録および団体登録はお済みでしょうか?

これを見てまだだと思った方は是非ご登録をお願いいたしますすいません

登録用紙を送ってほしいという方もお気軽にお問い合わせください。

Heartの欄や助成金情報の欄のご記入もどうぞよろしくお願いします音符

(わだ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 16:12
点字講習会 [2009年05月25日(Mon)]
5月23日(土)、平成21年度点字講習会の第1回目を実施しました。
鶴ヶ島市点字サークル「アイ」の方々に講師・アシスタントを務めていただき、今年度は12名の受講生が集まりました。


私も受講生として参加し、今回は初回ということで、「めの字書き」と「あいうえお、かきくけこ」の書き方を習いました。
点字を習うのは初めてで、めの字…?。点字は6つの点の組み合わせで、6つ全て点を書いたものが「まみむめも」の「め」の字。「めの字書き」とは「め」を書くという意味だったんですね。


全く知識がなかったため、全部が全部、一から勉強です。
全10回の講習会、次回に向けて、宿題をやりながら復習です。(ふじ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 08:58
地域ボランティア論 発表してきました。 [2009年05月22日(Fri)]


今日は、城西大学の地域ボランティア論でヤンボラの活動紹介や同世代の目からみたボランティアのやりがいや活動をはじめたきっかけについてお話をしてきました。
300人の学生を前に、同世代のボランティアとしてそれぞれの活動や思いを熱く語ってくれました。

今日お話してくれたメンバーからの一言

大人数の中でとても緊張しました;でも私たちの活動を多くの人に知ってもらえたので良かったです♪多くの人が少しでも興味を持って貰えたみたいなので話をして良かったなと実感しました★今日私たちに声をかけてくれなかった人も社協に連絡くれる人はいないかな〜?とちょっと期待してます♪

コスモス代表 三浦圭織


緊張しました…。
約300人の前で話すことなんてめったに無いので、とても良い経験になりました。正直、自分が何を話したか忘れてしまったのですが、伝えたいことは伝えられたかなと思ってます。感想文の方を見させていただいたのですが、お金の質問がやたら多かったのが印象的でした。
皆さん、そこが重要なんですね…。
決してそれが悪いとは思いませんし、たしかに学生にとっては一番気になるかと思います。
経済学部っぽく答えますと、”機会費用”の問題だと思います。分からない人は調べてみてください。
それはともかく、ヒーロースクールに参加してくれる学生が増えることを楽しみに待ってみようかなと思います。

ヒーロースクール代表 佐藤英行


今日は他大学の授業に乗り込んでのボランティア紹介だったんですけど、疲れました。人前で話すことは苦手でしたが、言いたいことは伝わったようなのでとても安心しました。感想文を見たところ自分のボランティアへの思いに興味を持ってくれた方が何人かいたのでうれしかったです。
授業が終わったあともコスモスやヒーロースクールに興味を持ち、話をしにきてくれた方がいらっしゃったのでぜひ次のイベントに参加して下さることを期待しています。
今日はお疲れ様でした。

コスモス & ヒーロースクール 篠原雄太郎


▲終わった後はみんなで振り返り
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 17:46
わかば風の会 3周年記念 [2009年05月22日(Fri)]
 堂門 冬二講演会が行なわれました。わかば風の会の3周年記念事業として行なわれました。鶴ヶ島市社会福祉協議会ボランティア・市民活動団体助成事業の一環でもあります。
テーマ「好奇心と情熱があれば人は老いない」でお話いただきました。



 堂門さんは、米沢藩主上杉鷹山を歴史小説として出版、ベストセラーになった方です。

上杉鷹山の言葉より
「それぞれが自分の火種をかき回して炎をおこそう」(組織や人のせいにせず、ひとり一人がモチベーションをあげることが大切)
「人づくりは木づくりです。木くばりを大切に」(一本一本の個性と能力を見極める)
「なせばなるなさねばならぬ何事も なさぬのは人のなさぬなりけり」


今日は、4時からNHKの松平さんとの対談が予定されているということで、大忙しで「どうもん音符、ありがとうございました」といって、お帰りになりました笑顔(まき)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 17:42
| 次へ
Google
つながり日記内を検索
インターネット検索
プロフィール

鶴ヶ島市社協さんの画像
鶴ヶ島市社協
プロフィール
ブログ
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
たぐっち
動画ファンクラブ (04/18) よしはらゆきこ
手芸サロン (03/14) わっしー
平成28年熊本地震義援金受付状況について (04/24) 社協
会長 あいさつ 2014 (03/28) 市内のろう者です
会長 あいさつ 2014 (03/28) 山田明
貧困の連鎖を断ち切るための支援プログラム (08/08) わかば風の会 新井
納涼祭! (08/13) だっちょ
裏メニュー 秘密です (06/20) 長妻 学
障害者余暇活動支援事業 お料理教室2 (04/24) ビジネスマナーの会議
障害者支援ネットワーク会議!! (04/05)
リンク集
最新トラックバック
月別アーカイブ

※上のバナーをクリックすることでMy Yahoo!やiGoogleなどのパーソナライズドホームページにRSSフィードを追加することができます。
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index2_0.xml




※pdfファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。 Adobe Reader(無償)をお持ちでない方はこちらからダウンロ-ドしてください。