CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
第二話 メルメルの初恋はビターチョコレート (1) [2010年03月01日(Mon)]
第2話  メルメルの初恋はビターチョコレート

じりりりりりりりりりりりりりりりりりりりりりりりりり

「☆・・・!!!」ゲーコが、やっとのことで目覚まし時計の頭をポンっと叩いた。

「むー」っと言いながらまた仰向けに寝ると、頭上に浮かんでこっちを見ている…

こっちを見ている…

メルメルの姿が!
そして隣に寝ているはずのメルメルを、布団の中でもぞもぞ動き、そーっと覗く。

こっちにもメルメルの姿が!!!!!!!
(こ、怖い!)

「メルメル?」恐るおそる呼んでみたが、寝起きのせいだろうか、かすれた小さな声しか出なかった。仕事のために泊まったメルメルの部屋にいて、ゲーコはいつもより増してぎこちなくなってしまう。
「メルメルぅー」今度は、泣きそうになって懇願しているような言い方になってしまった。

「あ、ごめん、今戻るメル。」浮遊したメルメルがそう答え、静かに寝ているメルメルに近づき、重なった。
「ま、つまり、遊体離脱ってやつらしいメル♪」そしてにっこり笑顔

これだからやってらんないわよ…疲れる…とゲーコは思う。
メルメルは無邪気に笑う。笑えば許されるなんて更更思っていないのが解るから疲れる。
なんか痛い。幸せな(もちろん幸せの化身なんだから当たり前だけど)メルメルが好きで、
そんなメルメルにため息が出ちゃう自分がなんか痛い。
朝のぼーっとした頭でふわふわした思考をするために、メルメルに背を向けて二度寝のふりをしていたゲーコは、仰向けに向き直してメルメルを横目で捉えた。
(平和な顔して寝てるよ…まぢ………)
ゲーコは、変わらぬ気分でまた、目覚まし時計をみる。

(あっ!遅刻しちゃう!)
「メルメル〜。起きてゲコ?メルメル〜!!!」

白地にチェリー柄のカーテンから少しだけこぼれる朝陽は、メルメルとゲーコが一緒に眠る羽根布団の間を光の線で裁つ。とてもとても眩しい朝を迎えたメルメルとゲーコは、この日に起こるサプライズを予想だにせず、気持ちを会場へと焦らすのだった。

続く。
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 13:03
第1話  憂いのゲーコとクリームソーダ(4) [2009年10月15日(Thu)]
一はこちら
二はこちら
三はこちら



「大変お待たせしました。」
ホールのお姉ちゃんが、ゲーコの頼んだ一度に運びきれない食事をワゴンに乗せてきた。大きなテーブルぎゅうぎゅうに並んだお皿ととりどりのお料理を、ゲーコは一気に食べる。
すでに食べ終えたゲーコと対峙して、遅れてきたパンケーキを目の前に、「いただきますメル♪」と言ってにっこりするメルメル。
「メルメルはどうしてパンケーキを頼んだゲコ?ごはんっぽくないゲコ。」
ゲーコは、ハンバーグにとんかつ、パスタ、たいらげたものを思い出し、不思議に思ったのだ。

「メルメルね、ふわふわしてて、甘いものがいいメル。チャーハンよりオムライス、りんごよりバナナ。幸せそうメル?」



そのことばを聞いて、ゲーコの中でなにかがパーンと音を立てた。
メルメルは幸せの化身だから、幸せしか知らないのかもしれない。
幸せが感情の種類の一つだとしたら、メルメルは幸せという感情しか持ち合わせないのかもしれない。

幸せは感情ではない気がするけど、幸せの定義づけを自分のなかでできないけど、メルメルはメルメルで、かわいそうなこともあるのかもしれない。知らなくていいこともあるけど、知らないことが全肯定される世間に生きてるわけじゃないもの。


「メルメルおいしいゲコ?」
「おいしいメル〜♪」
野暮な質問をしたな、と思いつつ、メルメルの天使の笑顔につられてゲーコも笑う。
クリームソーダです。」下から上へ同じ速度で動くソーダの泡がとてもきれいだな。と、ゲーコは感じた。
「これあげるゲコ。なんかメルメルに似合うゲコ。」そう言って、食べかけのパンケーキにまっピンクのさくらんぼを載せた。
「ゲーコらしくないメル!でももらっちゃうメル。ありがとうメル!」
「どういたしましてゲコ。」

笑いあった二人に、窓からの日差しが眩しく当たる。

でもすでに、決して眩しすぎる光ではなかった。きらきら反射するメロンソーダは、ゲーコが飲み干すまでずっと、バニラアイスと混ざった色にはならなかった。

第1話 終わり
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 15:59
第1話 憂いのゲーコとクリームソーダ(3) [2009年09月03日(Thu)]
(1)はこちら
(2)はこちら


それは、もう何年も前の、雷電池の竜神祭りの日だったわ。
その頃あたしはただの蛙だった。あたしはただ、蛙として生きていた。
いつものように池で泳いでたら、大きな声や太鼓のような音が聞こえて、巨大ななにかを担いだふんどしのニンゲンがたくさんたくさん池に入ってきたのよ。
なんか変、急いで水の中から上がらないとって思ったけど遅かった。
なにがなんだかわからないくらいもみくちゃにされたの。
焦ってもがいてもがいて、沈んでいた泥が湧き上がって視界が茶色く濁ったとき、誰かの足で踏まれたあたしは気を失った。
そんなあたしを、当時鶴ヶ島市社会福祉協議会の事務局長だったなるちゃんが抱き上げた。行ったり来たりする意識の中で、ただ、覚えているのは、背中から感じるなるちゃんの手のひらの感触だけだった。

それから、どれくらいの時間が経っていたのかしら。
もしかしたら、何日か生きてるか死んでるか判らない状態だったのかもしれない。
ぼんやりと見えたのはなるちゃんの顔だった。
じゃあ、よろしく。
そういくちゃんに言ったなるちゃんは、あたしの人生を変えてしまったのよ。
それからのあたしは、ただの蛙じゃない。
ゲーコという名前をつけられ、なぜかゲコ語を話せるようになっていて、ニンゲンのように思考できるようになっていた。
メルメルと並んで撮影に応じたり、社協のキャラクターコンテストに出場したり、取材をしたりが仕事なの。
寝て、起きて、食べて、泳いで、そのうち結婚して、卵を産んで…。
そんな毎日だったはずなのに。
独身。しかも、今やこの不自然なゲーコが当たり前のようになっている。
みんな当たり前だと信じて疑わない。
なるちゃんは会長になり、職員は何人か替わって、あたしはゲーコのままだった。
そして多分、これからもずっと、あたしはゲーコのままだと思う。


あたしって何?
誰があたしをゲーコにしてしまったの?
あたし自身?
これがあたしの望み?
それとも運命かなにか?
あぁ、あのなるちゃんの手が、お釈迦様の手だったらよかったのかもしれない。
そしたらきっと、あたしはこんなに悩んでないはずよ。
そうじゃないの?
ねぇ、誰か答えて。
叶わない。
適わない。
あたしがあたしじゃない。


Posted by 鶴ヶ島市社協 at 17:03
第1話 憂いのゲーコとクリームソーダ(2) [2009年07月06日(Mon)]
(1)はこちら

(2)
「ねぇ、メルメル…」ゲーコが言った。
「とりあえずなんか頼もうメル。」
何か言おうとして言えず迷っていたメルメルは、面食らってそう言ってしまった。どうしよう…タイミング逃しちゃった…。
「ご注文お伺いします。」ホールのお姉ちゃんが来た。
「こっからここまでの全部ゲコ。」
「フぅーっ☆セレブ食い〜☆」もう、メルメルちゃんったら、やけっぱちですな。
「メルメルはキャラメルパンケーキくださいメル。」
「あとクリームソーダ。」ゲーコが言った。


会計へと席を立つ母親と、この瞬間を待っていたとばかりに小走りになる男の子に目を遣り、メルメルが言った。
「メルメルの子どもはね、メルムくんって名前にするメル。夢って書いて、ムって読む名前流行りメル?女の子だったらメルルちゃん。もう決めてるメル。ゲーコの子はねぇ…。ゲラーとかどうメル?ゲにアクセントつけちゃうと超能力者ユリ・ゲラーの再来みたくなっちゃうから、ラにつけるメル。ブラーをパクリました的な…」
「蛙の子は蛙よ。名前なんかない。」メルメルの一方的な会話を遮って冷たく言い放った。
「ねぇ、あたしって何?」ゲコ語じゃなくなることなんてないはずだが、このときのゲーコは違った。何かが完全に日常とずれている。
「ゲーコはゲーコメル♪心配ないメル。愛され系社協’Sゆるキャラ、ゲーコちゃんメル。」メルメルは任務完了、と思った。
映画にはポップコーンを。引退する先輩にはメッセージを書いた色紙を。揺れるゲーコには揺るぎない母親のような一言を。

「心配?甘くみないでよ。蛙の子は蛙だって言ってるじゃない。なんなのよ。なんであたしに魔法をかけてしゃべれるようになんてしたわけ?」

「そ、それは、社協のメインキャラクターとして一緒にお仕事するんだから、まず意思疎通できるようにしないといけないと思って…」
「そんなの、あたしが望んだことじゃない。」言葉の温度は変わらない。冷たいままだ。
「あんたに解るわけないか。メルメルは幸せの化身ですとか、意味わかんないし。地に足のつかないあんたに泥まみれの蛙の気持ちなんて解るはずないか。何を期待してたんだろ。何をしてるんだろ。あたしって何なんだろ。」
ゲーコはそう言うと、また沈んだ表情になり、黙りこくった。メルメルは点のような目を少し丸くしてゲーコから視線を外せずにいた。メルメルの心がゲーコの心の色に染まればいい。そしたらゲーコの心模様が解るはずよ。そう思っていた。
…長い沈黙…   続く。
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 11:55
第1話 憂いのゲーコとクリームソーダ(1) [2009年06月22日(Mon)]
メルメルゲーコ物語誕生経緯はこちらへどうぞ!

第1話  憂いのゲーコとクリームソーダ(1)

 「戻りましたメルぅ!」
最近語尾を伸ばすとギャルっぽくなることを知ったメルメルが、お決まりの言葉を発しながらボラセンに入ってきた。隣にはゲーコ。
 一呼吸おいて「戻りましたゲコ。」
 。。。
 Heartの取材を終えて充実感が満ちたメルメルとは対照的に、陰があるゲーコに覇気はない。
ゲーコはここ2,3日こんな感じだ。食欲だけはある、というより、やけ食いに近い。
もともと大食いなゲーコだが、ボランティアさんが好意で持ってきてくれるお菓子を一瞬で食べてしまうから感動だ。いや、心配だ。

 「お疲れさまですー」礼儀正しいげんちゃんが声をかける。
しげちゃんは電話中。かなちゃんは外出していた。
メルメルはいくちゃんの目配せが気になる。
 「では、今日の仕事はこれにて終了メルぅ。ゲーコとファミレス行ってきますメルぅ。」
 相変わらずの口調でメルメルが言った。「ゲーコ!ゲーゲーゴーゴー♪ファミレスゴーゴゴゴー♪メル♪(天使のような笑顔付き天使)」
ここまで来ると、何を言っているんだか判らない。。。ゲーコは仕方なくついて行った。


 駅近くのファミレス。近くにできたショッピングモールのおかげで少しくすんだ色にみえる壁が悲しい。中はスポーツクラブのおそろいのシューズを履いた主婦軍団で騒がしい。
 「あ〜あっついメルぅ。飛べるのはいいけど、お日さま近くなるメル?あっついメルぅ。」
くだらない文句を言うこともギャルっぽいと思い込んでいるメルメルは、日の丸モチーフの扇子(大宮駅で購入)をパタパタさせながら言う。
いつも通りをいつも通りに演技するのはけっこう大変だなと内心思っていた。実はこの日、メルメルがゲーコを誘ったのには理由があった…。

「メルメルお願いがあるんだけど。」いくちゃんがお願いを持ちかけたら最後、引き受けるしかないと悟っているメルメルは、今日そのお願いを決行することにした。
あの人の渦巻きに触れたら、巻かれ、流されるしかないわ。メルメルはいつもそう思っている。
今日のミッションは、ゲーコの憂いを晴らすこと、である。

だって、わたし、ゲーコのパートナーだもんね。当然よね。でも。。。
ゲーコのこと、よくわからない。なんだか斜に構えてるんだもん。
ゲーコの気持ちに寄り添うなんて…。できないかもしれない。


迷いもあった。

続く。(かさ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 17:28
はじめに [2009年06月08日(Mon)]
いつも元気な社協のプリンセスカナですハート

社協のマスコットはゆるキャラばかりで有名ですが。
鶴ヶ島社協も例に漏れずゆるキャラです笑い

鶴ヶ島社協のキャラクター「メルメル」と「ゲーコ」
実はが多いんです宇宙人

と、いうわけで、カギメルメル・ゲーコ物語カギを連載することにしました冠
更新時期は未定太陽
記事やイベントが特にない日で、プリンセスが書きたいと思ったら、書きますメモ
第1話では、ゲーコが社協に住むようになったワケが明らかにびっくり
というわけで、第一話乞うご期待あれ。

メルメル・ゲーコ物語はフィクションです・・・・・・
(かさ)
Posted by 鶴ヶ島市社協 at 17:00
Google
つながり日記内を検索
インターネット検索
プロフィール

鶴ヶ島市社協さんの画像
鶴ヶ島市社協
プロフィール
ブログ
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
たぐっち
動画ファンクラブ (04/18) よしはらゆきこ
手芸サロン (03/14) わっしー
平成28年熊本地震義援金受付状況について (04/24) 社協
会長 あいさつ 2014 (03/28) 市内のろう者です
会長 あいさつ 2014 (03/28) 山田明
貧困の連鎖を断ち切るための支援プログラム (08/08) わかば風の会 新井
納涼祭! (08/13) だっちょ
裏メニュー 秘密です (06/20) 長妻 学
障害者余暇活動支援事業 お料理教室2 (04/24) ビジネスマナーの会議
障害者支援ネットワーク会議!! (04/05)
リンク集
最新トラックバック
月別アーカイブ

※上のバナーをクリックすることでMy Yahoo!やiGoogleなどのパーソナライズドホームページにRSSフィードを追加することができます。
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/t_chiiki/index2_0.xml




※pdfファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。 Adobe Reader(無償)をお持ちでない方はこちらからダウンロ-ドしてください。