CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

栃木県社会福祉協議会さんの画像
栃木県社会福祉協議会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/t-shakyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/t-shakyo/index2_0.xml
月別アーカイブ
●災害支援活動助成事業
平成31年度 栃木県地域福祉振興基金(栃の実基金)による災害支援活動助成事業
【対象事業】災害救助法適用となる災害の発生から6か月以内の活動で令和2年3月31日までに実施する、災害救助法の適用となった地域やその地域住民に対する支援活動。詳しくはホームページを参照のこと。
http://www.tochigikenshakyo.jp/chiiki/tochinomi/tochinomi.html

●ボランティア活動保険
栃木県社会福祉協議会 ボランティア保険
http://www.tochigikenshakyo.jp/chiiki/v-npo/volahoken.html

●義援金情報
日本赤十字社 https://donate.jrc.or.jp/jrc/application/selectCampaign
中央共同募金会 https://www.akaihane.or.jp/

令和元年10月12日台風19号による被害情報(第17号) [2019年11月16日(Sat)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・椛ォ利銀行様より災害義援金をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(「4.支援金・支援物資等のご協力」参照)

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣します。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入ります。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入ります。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年11月16日 午後5時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第16号) [2019年11月11日(Mon)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・高根沢町社会福祉協議会では、ボランティアバス参加者を募集しています。詳しくはこちら  
  台風19号災害ボランティアバス参加者募集
・11月11日(月)から、宇都宮市、足利市の各災害ボランティアセンターでのボランティア募集は事前登録になります。
・県外からの派遣職員は12月2日までの支援延長になりました。(「7.他都県からの支援」参照)


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣します。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入ります。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入ります。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年11月11日 午後0時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第15号) [2019年11月06日(Wed)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・本会では、ボランティアバスの受入調整をしています。(詳しくは「6.県社協の動き」参照)
・大田原市社会福祉協議会では、ボランティアバス参加者を募集しています。詳しくはこちら  
  栃木県佐野市への復興支援ボランティアバス参加者募集 
・広島プラダン様より、支援物資として土嚢スタンドをご提供いただきました。
・復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスクをご提供いただきました。


 (以上「4.支援金・支援物資等のご協力」参照)


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
  災害ボランティアセンターの開設状況(10月25日現在)
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年11月6日 午後6時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第14号) [2019年11月05日(Tue)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンドをご提供いただきました。
・有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器をご提供いただきました。
・マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスクをご提供いただきました。
・マツダ株式会社様よりデミオを貸与していただきました。

 (以上「4.支援金・支援物資等のご協力」参照)


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
  災害ボランティアセンターの開設状況(10月25日現在)
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド70個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

 令和元年11月5日(火) 午後5時30分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第13号) [2019年10月31日(Thu)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。
・命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターをご提供いただきました。
・マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋、業務用タオルをご提供いただきました。
 (以上「4.支援金・支援物資等のご協力」参照)


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
  災害ボランティアセンターの開設状況(10月25日現在)
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。


 令和元年10月29日(火) 午後6時00分発行
台風19号による被害情報【号外@】 [2019年10月30日(Wed)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

【支援物資等のご協力】
本会では、被災地を支援するための物資やサービスの最新支援システムである「スマートサプライ」を、(特非)とちぎボランティアネットワーク、(特非)岡山NPOセンターのご協力のもと活用しています。
このスマートサプライを通して、10月25日(金)までに全国各地から下記物資のご支援を温かい励ましのお言葉とともにいただいております。ご協力いただいた皆様には心より感謝申し上げます。ご協力いただいた支援物資は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただきます。引き続きご支援・ご協力をお願いいたします。

・ジョレン×14
・リールホース×4
・カットホース×6
・ゴム手袋×47
・水切りワイパー×10
・給水スポンジ×10
・土のう袋×19
支援物資.jpg

スマートサプライについて
『スマートサプライは、被災地などへ支援するための物資やサービスの最新支援システムです。必要な人に必要な支援を必要な分だけ届ける」プラットフォームとして、東日本大震災時に3000箇所以上を継続的にサポートした仕組みを発展させ、開発したものです。多様な機能を備えており、ユーザーの立場によりさまざまなメリットがあります。』(スマートサプライHPより)
※詳しくはこちら(スマートサプライ)をご覧ください。
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第12号) [2019年10月26日(Sat)]


 ・那須烏山市災害ボランティアセンターのボランティア募集は事前登録になりました。

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
  http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
 開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
  災害ボランティアセンターの開設状況(10月25日現在)
 
3.ボランティアの皆様へ
  @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

  Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

  B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援物資等のご協力

  ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)

  ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
  
  ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)

  ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援物資は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。

5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
@日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力。
A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援。
B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用。
C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援。
D日本労働組合総連合会栃木県連合会様から人的支援。
E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援。

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
@東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野
市社協に支援に入っています。
A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。
B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。


 令和元年10月25日(金) 午後6時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第11号) [2019年10月25日(Fri)]


 ・ボランティア保険の加入について、栃木県社会福祉協議会では土日も受け付けます。(「3.ボランティアの皆様へ Aボランティア活動保険について」参照)
 ・栃木県生協連、栃木県障害施設・事業協会様から人的支援のお申出をいただきました。(「6.県社協の動き」参照)
 ・群馬県内の社協から資機材のご協力をいただきました。(「7.他都県からの支援」参照)

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
  http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
 開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
   
3.ボランティアの皆様へ
  @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

  Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

  B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援物資等のご協力

  ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)

  ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
  
  ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)

  ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援物資は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。

5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、被害の少なかった県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。
10月24日(木)(第4クール)から11月11日(月)(第12クール)までの派遣職員について調整し、各市町社協へ依頼しました。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
@日本赤十字社栃木県支部から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力依頼。
A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会、人的・物的支援。
B(特非)とちぎボランティアネットワーク、(特非)岡山NPOセンターのスマートサプライによる物資支援サイトの利用。
C栃木県生協連様から人的支援。
D栃木県障害施設・事業協会様から人的支援。

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入る予定です。
@東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野
市社協に支援が入る予定。
A岐阜県・愛知県・三重県社協から各2名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援が入る予定。
B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。


 令和元年10月24日(木) 午後6時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第10号) [2019年10月24日(Thu)]


 ・10月24日(木)から11月11日(月)までの市町社協からの派遣職員について調整し、各市町社協へ依頼しました。(「6.県社協の動き」参照)

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
  http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
 開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
   
3.ボランティアの皆様へ
  @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

  Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援物資等のご協力

  ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)

  ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
  
  ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)

  ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援物資は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。

5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、被害の少なかった県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。
10月24日(木)(第4クール)から11月11日(月)(第12クール)までの派遣職員について調整し、各市町社協へ依頼しました。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
@日本赤十字社栃木県支部から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力依頼。
A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会、人的・物的支援。
B(特非)とちぎボランティアネットワーク、(特非)岡山NPOセンターのスマートサプライによる物資支援サイトの利用。

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入る予定です。
@東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野
市社協に支援が入る予定。
A岐阜県・愛知県・三重県社協から各2名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援が入る予定。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。


 令和元年10月23日(水) 午後6時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第9号) [2019年10月22日(Tue)]

 令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
 本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
 ・尾崎産業株式会社様より支援物資をご提供いただきました。(「4.支援物資等のご協力」参照)
 ・栃木県道路公社「台風19号災害ボランティアの無料措置について」のアドレスを掲載しました。(「3.ボランティアの皆様へ」参照)

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
  http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
 開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
   
3.ボランティアの皆様へ
  @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

  Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援物資等のご協力

  ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)

  ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
  
  ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)

  ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援物資は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。

5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、被害の少なかった県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。10月25日(金)以降の派遣職員については現在調整を行っています。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
@日本赤十字社栃木県支部から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力依頼。
A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会、人的・物的支援。
B(特非)とちぎボランティアネットワーク、(特非)岡山NPOセンターのスマートサプライによる物資支援サイトの利用。

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入る予定です。
  @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援が入る予定。
  A岐阜県・愛知県・三重県社協から各2名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援が入る予定。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

 令和元年10月22日(火) 午後6時00分発行
| 次へ