CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

栃木県社会福祉協議会さんの画像
栃木県社会福祉協議会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/t-shakyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/t-shakyo/index2_0.xml
月別アーカイブ
●平成30年7月豪雨災害による被災地支援・災害ボランティア情報
ボランティアの募集状況等はこちらで確認してください。
全国社会福祉協議会被災地支援・災害ボランティア情報
https://www.saigaivc.com/

●ボランティア活動保険
栃木県社会福祉協議会 ボランティア保険
http://www.tochigikenshakyo.jp/chiiki/v-npo/volahoken.html

●義援金情報
日本赤十字社 https://donate.jrc.or.jp/jrc/application/selectCampaign
中央共同募金会 https://www.akaihane.or.jp/
平成30年7月豪雨(全社協第2報) [2018年07月10日(Tue)]

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報から
 https://www.saigaivc.com/

 現在はまだ多くの地域で人命救助の段階が続いており、災害ボランティア活動については調整・準備中の地域が多数あります。災害ボランティア活動にあたっては、各地で発信する最新の情報を確認してください。

◆ボランティアの募集範囲について
 災害ボランティアの募集については、当該市町村内・県内の方を対象としている所があります。これは、現時点で災害ボランティアセンターに寄せられている支援ニーズの状況により、一定の募集範囲でボランティアを呼びかけているものです。今後の支援ニーズの状況により、ボランティアの募集範囲は変化します。各災害ボランティアセンターの最新情報を確認くださるようお願いいたします。

◆ボランティア保険・大規模災害特例適用
 全社協のボランティア活動保険は、今回の災害に際して大規模災害特例を適用しました。
 これは災害ボランティアセンターが設置され、災害復旧対応のボランティア活動に緊急性がある場合、被災地の府県社協から全社協への要請に基づいて適用されるものです。
 通常は加入申込手続きの完了した日の翌日午前0時から補償開始となりますが、大規模災害特例が適用された場合は、社会福祉協議会で加入申込手続きが完了した時点から即時の補償開始となります。
 ボランティア活動保険は自宅と活動場所の往復途上も補償されます。被災地では混乱も想定されますので、極力、ご自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。
 なお、今回は水害被害ですので、天災保障タイプ(地震・津波など)の加入ではなくとも基本タイプの保険で補償されます。また、すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

◆ボランティアツアーについて(観光庁)
 観光庁・ボランティアツアー実施に係る通知適用地域を追加
 観光庁では、災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用となる地域について、9 日(月)付で、今回の災害に被災地域を対象として追加しました。
 観光庁ホームページ: http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000161.html
 災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用となる地域について
(参考)災害時のボランティアツアー実施に係る旅行業法上の取扱いについて(通知)(平成29年7月28日) http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000108.html
滋賀県米原市にて発生した竜巻(第1報)及び北海道・7月2日からの大雨による災害(第1報)について [2018年07月05日(Thu)]

全国社会福祉協議会では「滋賀県米原市にて発生した竜巻(第1報)」及び「北海道・7月2日からの大雨による災害(第1報)」についてを発信しました。
 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
 https://www.saigaivc.com/

滋賀県米原市にて発生した竜巻(第1報)
 6月29日14時ごろ、滋賀県米原市にて竜巻が発生しました。
 現地では、人的被害としては軽傷8名、住宅被害としては一部損壊140軒が確認されています。米原市では、最大380軒の停電が確認されましたが、現在はすべて復旧済みです。(7月1日18時現在、滋賀県総合政策部 防災危機管理局 発表)
滋賀県
 http://www.pref.shiga.lg.jp/
米原市社会福祉協議会
 http://maibara-shakyo.or.jp/
米原市社会福祉協議会フェイスブックページ
 https://www.facebook.com/maibarashakyo
滋賀県社会福祉協議会の動き
「滋賀県災害ボランティアセンター/滋賀県災害時用配慮者支援ネットワーク会議」フェイスブックページ
 https://www.facebook.com/shiga.saigaivc/?ref=nf&hc_ref=ARTVUt3jrSKQRLzLslhcQivN0TNzGffQNVPI9y298MtP7s3Ht48q_FreHefB4VUCewQ

北海道・7月2日からの大雨による災害(第1報)
 北海道では、7月2日からの大雨により、各地で冠水による被害が生じました。また、翌日3日に道内の雨竜川、石狩川の氾濫が発生しました。
 河川水位の上昇により、各自治体から避難指示・勧告が出されましたが、現在はすべて解除されています。
 この大雨により、床上浸水8棟(旭川市7、増毛町1)、床下浸水116棟(旭川市90、留萌市8、深川市7、当麻町3、上川町2、東川町1、北竜町1、増毛町1)の被害が生じています(4日17時現在/北海道危機対策課)。
◆北海道ホームページ(総務部危機対策局 危機対策課)
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/ktk/index.htm
◆北海道防災情報ホームページ
 https://www.bousai-hokkaido.jp/BousaiPublic/html/dou/top.html
◆北海道災害ボランティアセンターホームページ
 http://hokkaido-saigai-vc.jp/
(※北海道災害ボランティアセンターは、常設されている災害ボランティアセンターです)
大阪府北部を震源とする地震(全社協第6報) [2018年06月27日(Wed)]

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報から

被災地の災害ボランティアセンターの状況
◆大阪府内の7市で災害ボランティアセンター設置、延べ1,000人を超えるボランティアが活動
 大阪府内では、7市で災害ボランティアセンターが設置されています。

 各被災地で、部屋の片づけ、家具の移動、ごみの廃棄、その他の困りごとなどについて、ボランティアが活動しています。

 7市の災害ボランティアセンターにおけるボランティアは、23日(土)までに延べ1,066人となっています。また災害ボランティアセンターに寄せられている支援ニーズも、23日(土)現在で851件となっています。

 なお、現在災害ボランティアセンター設置市のうち、ボランティアの募集については、2市は当該市内の方、1市は大阪府内の方となっています。

 各地域によって支援が必要なニーズの状況、今後求められるボランティアの状況は変化します。下記を参照いただき、各災害ボランティアセンターが発信している最新情報を確認してください。

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 https://www.saigaivc.com/

大阪府北部を震源とする地震(全社協第2報) [2018年06月20日(Wed)]

全国社会福祉協議会では「大阪府北部を震源とする地震(第2報)を発信しました。
 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
 https://www.saigaivc.com/

<大阪府北摂地域>
◆吹田市
 災害ボランティアセンター設置/現時点ではニーズ把握等が中心
 吹田市では、6月19日から吹田市災害ボランティアセンターを設置し、ボランティア募集を行っていますが、現時点では活動を進めるにあたってのニーズ把握等が中心となっています。
 吹田市社会福祉協議会ホームページ http://www.suisyakyo.or.jp/
 吹田市社会福祉協議会ツイッター https://twitter.com/suita_syakyo

◆茨木市
 災害ボランティアセンター設置/現時点ではボランティアは市内の方を募集
 茨木市では、19日の朝から災害ボランティアセンターを設置しました。現時点では市内の方を対象としてボランティアを募集しています。
 茨木市社会福祉協議会ホームページ http://www.ibaraki-csw.com/

◆ 豊中市
 20日から災害ボランティアセンター設置/現時点ではボランティアは市内の方を募集
 豊中市社協では、発災当日に豊中市社協災害対策本部を立ち上げ、校区福祉委員会を通じての安否確認、利用者の状況把握を行いました。
 また、20日から災害支援ボランティアセンターを設置し、家財整理等を自力で解決できない方々を対象として支援を行う予定です。現時点ではボランティアは市内の方を対象として募集する予定です。
 豊中市社会福祉協議会ホームページ http://www.toyonaka-shakyo.or.jp/

◆ 高槻市
 20日から災害ボランティアセンター設置
 高槻市では、発災後社会福祉協議会に災害対策委員会が設置され、情報収集を行ってきました。
 現在、20日に災害ボランティアセンターを設置する予定で準備を進めています。また準備のため、大阪府社協職員が高槻市に入り支援を行っています。
 高槻市社会福祉協議会ホームページ http://www.ta-city-shakyo.com/

◆摂津市
 現時点では通常のボランティアセンターで支援
 摂津市では、地震による家財整理等が困難な方を対象に、通常の社協ボランティアセンターでニーズに対応しています。ボランティアは市内の方を対象として募集しています。
 摂津市社会福祉協議会ホームページ http://www.settusisyakyou.or.jp/index.htm

◆箕面市
 現時点では通常のボランティアセンターで支援
 箕面市では、発災後社会福祉協議会による災害対策本部を設置し、情報収集を行いました。また、ホームヘルパーによる派遣予定がない利用者も含め、一人暮らしの方への安否確認、日常生活自立支援事業利用で一人暮らしの方の安否確認を行いました。
 現時点では、被災された方への困りごとに対して、通常の社協ボランティアセンターでの支援を行っています。
 箕面市社会福祉協議会ホームページ http://www.minoh-syakyo.or.jp/
 箕面市社会福祉協議会 社協ブログ http://minohsyakyo.blog35.fc2.com/
 箕面市社会福祉協議会ツイッター https://twitter.com/minohsyakyo

<大阪市内>
◆大阪市内の各区(現時点では通常のボランティアセンターで支援)
 大阪市は、市内24区内で大きな被害は報告されておらず、家財整理等について、各区とも通常のボランティアセンターで支援が行われています。
 大阪市ボランティア・市民活動センターホームページ http://www.osakacity-vnet.or.jp/
長野県北部地震災害(全社協第1報) [2018年05月29日(Tue)]

全国社会福祉協議会では「5月25日発生・長野県北部地震災害(第1報)を発信しました。
 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 https://www.saigaivc.com/

◆長野県内の地震による影響についてのリンク
(長野県)災害情報・お知らせ

長野県内の被災地の状況
栄村(地域での見守りが進められる)
 栄村では、食器棚が倒れる、食器が割れる、石垣や墓が倒れるなどの被害が出ていますが、現時点では人的被害の報告はありません。

 栄村では、発災直後から役場、社会福祉協議会、消防団、民生委員・児童委員、自治会等による状況把握、安否確認、見守りが重層的に進められました。

 栄村社会福祉協議会では、社会福祉協議会居宅介護支援事業所ケアマネジャーと役場包括職員が、地震発生の翌日(5月26日(土))中に、要介護、要支援認定を受けている方々の安否確認を実施しました。

 現時点では、災害ボランティアセンターの設置は行わないこととしています。

飯山市、野沢温泉村、木島平村(大きな被害はなし)
 各社会福祉協議会を通じての状況把握では、とくに大きな被害は生じていません。

長野県社協の動き(県内市町村社協と連携し状況確認を実施)
県社協職員を栄村に派遣・情報収集
 長野県社協では、地震発生直後から県内市町村社協と連携し、被害状況の把握を行いました。また、翌日の5月26日(土)午前中に県社協職員2名を栄村に派遣し、被害状況の共有と村内の対応を確認しました。

県社協ホームページに被害状況、栄村社会福祉協議会などの対応を紹介しています。

◆長野県社会福祉協議会「ふれあいネット信州」
5月25日発生の長野県北部の地震に関する本会の対応について
 http://www.nsyakyo.or.jp/
秋田県大雨災害 [2018年05月21日(Mon)]

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報から

 低気圧や東北地方に停滞した前線の影響で、5月18日(金)から記録的な大雨となった秋田県では、河川の氾濫、土砂崩れ、建物浸水等の被害が発生しています。

◆被害状況についてのリンク
(秋田県)秋田県防災ポータルサイト http://www.bousai-akita.jp/

◆秋田市
 秋田市内では、床上浸水20棟、床下浸水33棟の住家被害が生じています(5月20日現在)。
 秋田市では、災害ボランティアセンターは設置せず、市社会福祉協議会ボランティアセンターの通常体制で被災者支援を行っています。
 なお、現時点では秋田市内在住の方を対象としてボランティアの募集を行っています。

 秋田市社会福祉協議会ホームページ  http://www.akita-city-shakyo.jp/

 全国社会福祉協議会では「九州北部を中心とした豪雨災害(第1報)」を発信しました。
 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 https://www.saigaivc.com/
島根県西部を震源とする地震について(全社協第4報) [2018年04月26日(Thu)]

大田市災害ボランティアセンターの活動
◆これまでに1,000名を超えるボランティア
 大田市では、4月12日(木)から大田市災害ボランティアセンターを開設し、4月14日(土)からボランティア活動を開始しました。4月25日(水)までに、1,064名のボランティアが訪れています。
 主な活動は、室内外の片付け、がれきの撤去、ブルーシート張りなどです。
 詳細については、大田市災害ボランティアセンターFacebook、大田市社会福祉協議会ホームページをご覧ください。
◆大田市災害ボランティアセンターFacebook
 https://www.facebook.com/ohdavc/
◆大田市社会福祉協議会ホームページ
 http://www.ohda-shakyo.jp/
◆全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
 https://www.saigaivc.com/

観光庁・ボランティアツアー実施に係る通知適用地域を追加
 観光庁では、災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用となる地域について、4月13日付で、島根県西部を震源とする地震による被災地域を対象として追加しました。
◆観光庁ホームページ(災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用となる地域について)
 http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000109.html
◆参考(災害時のボランティアツアー実施に係る旅行業法上の取扱いについて(通知)平成29年7月)
 http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000108.html
島根県西部を震源とする地震について(全社協第3報) [2018年04月17日(Tue)]

 島根県大田市では、4月12日(木)から大田市災害ボランティアセンターを開設し、現在、市民の方々からの支援要請などの相談を受け付けています。
(活動内容)家の片づけ、掃除、屋根のブルーシート張りの手伝い
(活動受付)9時から
 ※現時点では、島根県内に在住の方を対象として協力を呼びかけています。
 大田市災害ボランティアセンターは、Facebookを立ち上げ、随時情報の発信を行っています。詳細については、下記Facebook・ホームページをご覧ください。
◆大田市災害ボランティアセンターFacebook
 https://www.facebook.com/ohdavc/
◆大田市社会福祉協議会ホームページ
 http://www.ohda-shakyo.jp/
◆全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
 https://www.saigaivc.com/
島根県西部を震源とする地震(第1報) [2018年04月10日(Tue)]

 4月9日(月)午前1時32分頃、島根県西部の深さ約12キロを震源とする マグニチュード6.1の地震が発生し、大田市で震度5強、出雲市、雲南市、邑智郡川本町、美郷町で震度5弱の揺れが観測されました。現在も余震が続いています。
 この地震で、重傷者2名(大田市)を含む8名の人的被害が生じています。また、大田市では428棟の家屋に被害が生じています(10日8時現在)

島根県社会福祉協議会の動き(被災地への職員派遣・関係機関との支援調整を実施中)
中国ブロック各県・指定都市社会福祉協議会の動き (幹事県の鳥取県社協で情報集約中)

詳しくは全社協 被災地支援・災害ボランティア情報をご参照ください。
https://www.saigaivc.com/20180410/
北海道新ひだか町大雪災害(第1報) [2018年03月09日(Fri)]

北海道新ひだか町において、2月5日(月)からの記録的な大雪により甚大な農業被害が発生しました。町全体でビニールハウスの倒壊が約400棟、畜舎等全半壊が合わせて21棟など、96戸の農業者が被災しています。
 新ひだか町社協では、被害を受けた農業者、新ひだか町大雪農業被害対策本部、農業協同組合等と連携を図り、壊れたハウス等の撤去にかかるボランティアを募集しています。

全国社会福祉協議会では、次のとおり災害情報を発信しました。
北海道新ひだか町大雪災害(第1報)
| 次へ