CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
田端環状積石遺構 [2017年12月23日(Sat)]
田端環状積石遺構
 京王相模原線の多摩境駅から歩いて5分ぐらい、日本一駅から近いストーンサークル・田端環状積石遺構を業務のついでに見学する。この遺跡、昭和46年3月の東京都指定史跡田端環状積石遺構指定されている。
 昭和43年、畑を耕作中に偶然発見された、縄文時代後期から晩期(約3500年〜2800年前)の墓地・祭祀場である。30基の墓からなる集団墓地が形成された後、その上に9×7mの環状積石遺構(ストーンサークル)が作られた。現在は実物を埋め戻して保存し、その上にレプリカで遺構を復元している。
京王相模原線多摩境駅から徒歩5分、日本で最も駅から近く、また都内では唯一見学できる縄文時代のストーンサークルで、この遺跡からは、境川対岸の相模原台地、そのはるか後方の丹沢山地や富士山も見渡すことがで、縄文時代人が年間の日の出や日の入りの天体観測を行い「夏至・冬至・秋分・春分」を理解し、作物の栽培に利用したり。神聖な場所として祈りをささげた。また訪問当日は丁度冬至の日、日没時には丹沢山地の方角に太陽が沈む様子が見られた。

DSC07458.JPG

DSC07456.JPG

DSC07454.JPG

DSC07453.JPG

DSC07455.JPG

DSC07457.JPG
八王子中町黒塀 [2017年12月21日(Thu)]
八王子中町黒塀
織物の街として、大正から戦後間もなくまで繁栄した八王子の中町界隈には、多摩地域で唯一の花街があり、賑わいをみせていた。
 昭和27年には料亭45軒・芸妓250人と繁盛を極めたが、昭和30年後半から織物業の衰退と共に芸妓、料亭数が減少し、平成9年には、料亭6軒、割烹料亭5軒、芸妓14名であった。
繊維業の衰退とともに風前の灯となった花街の伝統を守るべく、有志が「黒塀を楽しむ会」を結成。柳の植樹運動などを展開し、風情あふれる花街の姿を、今に伝えている。
 平成20年には住民や商店主による中町地区まちづくり推進準備会が発足した。平成21年東京都に申請した「江戸・東京まちなみ情緒の回生事業」が日本橋と共に選定され、花街黒塀通りの石畳舗装・外壁の黒塀風塗装・街灯の整備など行われた。
平成22年には中通り(見番前の東西道路)が石畳風に改修され、伝統と文化が薫るまちの再興に向けた気運がさらに高まっている。現在は準備会から発展した「中町地区まちづくり協議会」が八王子市に認定され、駐車場のネットフェンスの黒塀化・灯りのプロジェクト・まちづくり通信の発行など、地元主体のまちづくり活動を行っている。

DSC07432.JPG

DSC07436.JPG

DSC07434.JPG

DSC07437.JPG

DSC07435.JPG

DSC07433.JPG
八王子市(はちおうじし) [2017年12月20日(Wed)]
八王子市(はちおうじし)
八王子市は東京都の多摩地域南部にある市で、東京都唯一の中核市に指定されている。八王子市は、明治元年から昭和18年の東京府時代に東京市(現在の東京都区部)に次いで大正6年(1917年)に市制を施行した市である。 
 昭和61年に国土交通省より業務核都市と定められている。平成19年4月に東京都で初めての保健所政令市に指定され、平成27年4月1日には東京都で初めて中核市に移行した。八王子市の人口は約58万人で、その周辺部も含め23の大学等(大学・短期大学・高専)があり、外国人留学生約3,100人を含む約11万人の学生が学んでいる全国有数の学園都市でもあり、JR中央線や京王本線があり、ベットタウンとしての面もある。
 中世から近世・近代に至るまで東西を走る甲州街道と、川越・桐生・日光脇往還など関東北西部、小田原・鎌倉・横浜(浜街道)など南西部・南東部を結ぶ街道が交差する交通の要衝であり、戦国時代には城下町、江戸時代には、甲州街道の宿場町(八王子宿)として栄えた。 
 明治時代には南多摩郡の郡役所所在地となり、多摩地域内で最も早く市制施行した。かつて絹織物産業・養蚕業が盛んであった為に「桑の都」及び「桑都(そうと)」という名称があり、西行の歌と伝えられてきた「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」という歌もある

DSC07416.JPG

DSC07418.JPG

DSC07417.JPG

DSC07420.JPG

DSC07425.JPG

DSC07426.JPG

DSC07432.JPG
箱根そば [2017年12月13日(Wed)]
箱根そば(はこねそば)
 今年の後半から、小田急に乗車する気機会が増え、小田急新宿駅のホームに大きな「名代 箱根そば」の宣伝を見てから、一度は食してみたいと思っていた。今日は、町田駅バスターミナルのデッキの下にある名代 箱根そばでランチを取る。
箱根そばは、小田急電鉄の駅などを中心に店舗を持つ蕎麦チェーン店です。株式会社小田急レストランシステムが商標を持ち、同じ小田急グループのジローレストランシステム株式会社や神奈川中央交通も同名で店舗を出店しています。
愛称は「箱そば」といい、ブランドの統一及びロゴマーク更新により、現在はロゴマークにも「名代 箱根そば HAKOSOBA」のようにこの愛称が使用されている。そばは生麺を茹で上げ、だしの効いた優しい味わいのつゆを使い、自慢のかき揚げはひとつひとつ丁寧に手揚げをしています。かき揚げのてんぷらの油が程よく染み出てソバと絡みよい味を出しています。食べ終わるとどんぶりの底にかわいらしいイラストが現れます。

DSC07402.JPG

DSC07400.JPG

DSC07401.JPG

DSC07403.JPG
浅草寺・仲見世商店街、家賃値上げ騒動 [2017年12月11日(Mon)]
浅草寺・仲見世商店街、家賃値上げ騒動
浅草寺の仲見世商店街が家賃騒動に揺れている。建物の所有権が東京都から浅草寺に移り、平成30年1月から約16倍の値上げを提示されたという。家賃が跳ね上がれば廃業に追い込まれかねないため、商店街は「寺側と話し合いたい」としている。
 各店が家賃の値上げを知らされたのは9月で、10平方メートルあたり月1万5千円だった家賃を、1月から約16倍にあたる月25万円に値上げするというもので、理由は「周辺の家賃相場と釣り合いをとった」という。
 表参道に約90店が軒を連ねるが、1区画10平方メートルまたは2区画の20平方メートルの建物を借りている店が多く、値上げになれば月1万5千円の家賃は約24万円に、月3万円の家賃は約48万円になる。大幅な値上げの背景には、建物の所有権が7月に東京都から浅草寺に代わったためであるある。
仲見世商店街の土地は元々浅草寺が所有していたが、1871(明治4)年の上知令(あげちれい)で寺領が没収され、現在の都の管理下になり、戦後に浅草寺に戻されたが、戦災で焼失した仲見世はバラック状態の店を現在の建物は都が再建したため都の所有になっていた。都は店舗を管理し、商店街全体で年間約2,500万円を各店舗から家賃として受け取っていた。しかし6年前、こうした賃貸契約の見直しの動きが出て、浅草寺が都に建物の売却を求め、話し合いを続けてきたが、7月に約2千万円で買い取ることに合意した。売却にあたっては、歴史的な景観や伝統的な商店街の趣を維持することが確認事項として取り交わされた。

DSC07384.JPG

DSC07382.JPG

DSC07383.JPG
商店街診断終了 [2017年12月03日(Sun)]
商店街診断終了
 11月から9人で開始した浅草の商店街診断が終了した。
いつものように、ひさご通りの「めん丸」で腹ごしらえ、報告会の場所は、区商連会議室
2時間ほどで終了、その後は、打ち上げ会を行うが、こちらの方が時間的には長かった。
お疲れさまでした。

DSC07364.JPG

DSC07365.JPG

DSC07366.JPG

DSC07367.JPG

DSC07369.JPG

DSC07368.JPG

DSC07370.JPG
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ