CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
川崎銀柳街商業協同組合 [2017年11月30日(Thu)]
川崎銀柳街商業協同組合
 現在の駅の東側、銀柳街あたりは戦後に発展をしましたが、 昔は古川と言う川が流れていて一面葦に覆われたところでした。その古川のあたりに柳の木が数本あり、戦後21・22年頃地域の住民たちが柳の木を植樹した。当商店街でも戦禍による荒んだ気持ちを和らげる意味で、柔軟で良く風雪に耐える『柳』をテーマに荘重にして深き光をたたえる『銀』をあしらい銀柳街と名づけました。
 昭和50年代に建てられた現在のアーケードは、県内唯一の可動式アーケードで、晴れた日は空が見える開放感を演出し、閉じれば雨や雪の日でも快適に過ごせます。
平成25年にはこの可動式アーケードを全面リニューアルし、日常の開閉だけでなく、災害などの万一の場合にも備え可動に必要な機器の取り替えを行いステンドグラスの屋根の張り替えによって街内を明るくしました。
 このたび旅行ポータルメディアfor Travel神奈川県の市場・商店街 クチコミ人気ランキング TOP40にて、銀柳街が神奈川県で人気の商店街2位に選ばれました。1位は横浜元町SS会でした

銀柳街 街づくりルールについて 
 銀柳街の秩序ある街並みづくりに向けて、街内で店舗を経営する方、土地・建物を所有する方や行政関係者が集まり、銀柳街 街づくり特別委員会を開催し、その成果として「銀柳街 街づくりルール」をまとめました。このルールは、街内での法令による規制が強化されていく中で、そうした法令を遵守しつつも、街内の買い物環境を皆様の総意で組合が自主的に管理することによって、街の特色を生み出し、新たなにぎわいと未来への発展を担保することを目的としています。

DSC07358.JPG

DSC07350.JPG

DSC07353.JPG

DSC07354.JPG

DSC07351.JPG

DSC07352.JPG
柏市 [2017年11月29日(Wed)]
柏市 
千葉県の北西部に位置し隣接する市は、東に我孫子市・印西市、利根川を挟んで茨城県取手市・守谷市、南に鎌ヶ谷市・白井市、西に松戸市・流山市、北に野田市となっている。
鉄道は都心から放射状に常磐線及びつくばエクスプレスが、南北には東武アーバンパークライン が通っている。道路は東京・茨城方面への国道6号線や常磐自動車道、埼玉・千葉方面への国道16号線が通っており、首都圏の放射・環状両方向の交通幹線の交差部に位置する交通の要衝となっている。
 若者のお客様が多く土日で約4万人が訪れ、千葉県の商店街では一番の利用客を誇っている。常に一番を目指すという意味で二番街という名称にし、「柏で一番面白くてエキサイティングな商店街」がキャッチフレーズである。昭和48年より、雨にぬれないで買い物できるように全蓋型のアーケードを設置している。

DSC07359.JPG

DSC07363.JPG

DSC07362.JPG

DSC07361.JPG

DSC07360.JPG
町田市(まちだし) [2017年11月25日(Sat)]
町田市(まちだし)
東京都の多摩地域南部にある市で、多摩川以南に位置する商業都市である。人口は東京都内では東京23区・八王子市に次いで3番目(市町村では2番目)に多く、東京都に位置する自治体としては島嶼地域を除くと最南部に位置する。国道246号・東名高速道路(京王相模原線・東急田園都市線・小田急線)と国道16号(横浜線)が交差する地域である。
昭和35年(1960年)代以降ベッドタウンとして発達したが、依然市内各所で農業が盛んに行われている。バブル経済期以後には、東京都区部からの私立大学の移転が進み、市内には現在も私立大学や一貫校が点在するなど、文教都市の色合いもある。
細長い市域全体が神奈川県側に大きく突出しており、東京都内の隣接自治体である多摩市や八王子市とは同じ南多摩地域にありながら丘陵で隔てられていることから、神奈川県域との交流が盛んである。日本で唯一、3つの政令指定都市(すべて神奈川県の横浜市・川崎市・相模原市)に接している自治体でもある。
市では、平成24(2012)年度から町田市基本計画「まちだ未来づくりプラン」の中で、「幹線バスと支線バスによる公共交通網を構築するとともに、コミュニティバスや乗合タクシーなど新たな交通手段の確保」を基本政策の一つに掲げている。その具体的な施策の一つとして、平成24年5月28日から連節バスの運行を開始した。
運行区間は、利用者が多く、急行バスが運行している山崎団地センターから町田バスセンターまで(約4・6km)です。平日は、町田バスセンター発が午前9時44分〜午後9時50分の26便、山崎団地センター発が午前6時22分〜午後4時51分の24便が運行します。
DSC07336.JPG

DSC07340.JPG

DSC07339.JPG

DSC07332.JPG

DSC07337.JPG

DSC07338.JPG
川崎チネチッタ通り [2017年11月23日(Thu)]
川崎チネチッタ通り
チネチッタ(CINECITTA')は、川崎市川崎区小川町にある株式会社チネチッタが運営するシネマコンプレックスです。イタリアの首都・ローマにある同名の映画撮影所から命名したもので、イタリア語の意味は映画都市です。
イタリアの街並みを思わせる石畳の道や、個性的なお店の数々が軒を並べていて異空間の非日常なエンタテイメント空間が漂う商店街です。 このチネチッタ通り商店街の創立は古く、昭和11年頃に川崎映画街の最初の映画館として『川崎銀星座』を開業した。その後、翌年までの間に川崎に同系列の映画館が6館開業し映画館街を形成した。第二次世界大戦中に空襲によりほぼ全ての映画館を焼失したが、戦後、昭和25年から振興活動をおこない川崎銀星座を手始めに映画館街を再建するとともに同一地区内にボウリング場なども建設した。
昭和62年に、これまで別個の建物だった複数の映画館を1つに収容したビルを建設し、チネチッタと改称、現在のシネマコンプレックスに近いものとなった。平成3年には法人化し、活動の幅を広げ現在に至っている。
その後、関東地方では同様の施設が増加し競争が激化したため、ボウリング場、旧クラブチッタ等を閉鎖し改築を行い平成14年11月にチネグランデを除き施設の改築を完了し、ラ チッタデッラ (LA CITTADELLA:イタリア語で砦) と改称して新装オープンした。翌年9月に、元の映画館が収容されていた建物は物販、サービス店舗が入居する建物への転用工事が完了する。
現在のラ チッタデッラは、12スクリーンの映画館チネチッタと各種店舗を擁するマッジョーレ (MAGGIORE) 、店舗のみが入居するビバーチェ (VIVACE) 、ライブホールのクラブチッタ (CLUB CITTA') 、フットサルコートのアレーナチッタ(Arena CITTA’)などで構成されている。
チネチッタ通り商店街振興組合
住所:川崎市川崎区小川町7-4  [電話] 044-211-6666

DSC07342.JPG

DSC07344.JPG

DSC07345.JPG

DSC07349.JPG

DSC07347.JPG

DSC07348.JPG

DSC07346.JPG
ララちゃんのおうち [2017年11月18日(Sat)]
ララちゃんのおうち 
赤羽スズラン商店街(振) 北区赤羽2−10−1スズラン会館4階
 北区赤羽にある赤羽スズラン通り商店街振興組合の商店街活性化事業「オアシスアート・ララ・ガーデン整備事業(平成23年7月〜平成28年3月)」の一環で生まれた。
 商店街は「ララちゃん」を通じて地域の皆様の架け橋になりたいと願い、お子さまをお預かりする事で少しでも子育てを地域の力でお手伝いしたいと考えた。そして託児の利用ではなくてもフラっと立ち寄れる親子の心の休憩所として、またご家族が地域とつながる「きっかけ」を作る場所としてご利用頂き、皆様とのきづなを深めたい。
「ララちゃんのおうち」はNPO法人東京都北区子ども感動コミュニティ機構(COCO)がスズラン通り商店街振興組合の委託を受けて運営している。
■こどもたちにとって:対象年令であれば保育を受ける事ができ、お子様にとってお母様と離れて「社会デビュー」のキッカケのとなる。
■女性たちにとって:子育て中でも「社会と携わり続けられる場」そして子育てが落ち着いた世代には「少しずつ社会に戻れる場」になる。
■地域にとって:「商店街の一時預かり所」として商店街のお店の専門的な便利さを身近に感じてもらえる取り組みを行なっている。
〇ララちゃんのおうち:●3ヶ月〜小学校就学前のお子様までお預かり、●定員は5名まで
●ラインでの事前予約制、●利用料金900円/1時間

DSC07322.JPG

DSC07323.JPG

DSC07324.JPG

DSC07325.JPG

DSC07326.JPG

DSC07327.JPG
十条銀座商店街の新キャラ [2017年11月11日(Sat)]
十条銀座商店街の新キャラ  北区十条仲原1丁目
 十条銀座商店街は加盟店約200店が展開する北区では最大規模の商店街で、マスコミにもよく取り上げられている。明治30年代後半、軍関係施設の整備によって店が建ち始め、以降、戦争も乗り越えて発展してきた。昭和53年にアーケードとカラー塗装が整備され、平成10年に環境整備に重点をおき、アーケードの改修を行いました。また平成6年からJスタンプを開始しスタンプ事業を推進している。
後背地は細街路の住宅街で、その住宅街から十条銀座商店街へ幾筋もの路地が伸びていて、多くの住民が商店街への買物道として利用している。
29年4月から商店街公式キャラクターの大募集事業を開始した。デザインを一般公募する。公募・選定する過程を年間イベント化し、一般投票を通じて、みんなでキャラクターを選ぶことで愛着を深めてもらう。決定したキャラクターは、着ぐるみを制作してイベント等に登場させる。
4月15日に新しい公式キャラクターのデザイン公募の受付開始
8月27日、デザイン応募締切、応募数約750の中から1次選考で15作品を選定する。
9月13日、1次選考の15作品の発表を行う。2次選考の開始を始める。投票券付チラシ3万枚を新聞折込で告知する。商店街HPで投票ページをリリースする。不正防止のためFBに移行する。10月20日投票終了、4千票の投票があり、集計をして上位5作品を決定する。11月3日商店街会館で最終選考イベントを開催する。上位5作品の制作者によるプレゼンを行い、グランプリを決定する。
我々が視察を行った1週間前にグランプリが決定した。
来年の3月には、新キャラの着ぐるみの披露、記念品の配布予定
視察終了後、商店街日本蕎麦屋で昼食を食べる。

DSC07313.JPG

DSC07316.JPG

DSC07319.JPG

DSC07318.JPG

DSC07321.JPG

DSC07320.JPG
ハヤシカレー [2017年11月09日(Thu)]
ハヤシカレー
 今日は半年行ってきた従業員研修の最終日、終わってから秋の紅葉の林の風景を見ながらおいしいハヤシカレーのランチを頂く。
 いざ終わりとなるともの寂しさを感じる。
DSC07299.JPG

DSC07300.JPG

DSC07302.JPG

DSC07303.JPG
めんまる ラーメン320円 [2017年11月09日(Thu)]
めんまる ラーメン320円
11月4日は商店街診断の初日、先週1件終了後の連続となる。
担当とレクチャー後、浅草へ向かい
腹ごしらえは、いつもの「めんまる」へ、食べ終わった後に花嫁を乗せた人力車が通る

DSC07285.JPG

DSC07286.JPG

DSC07287.JPG

DSC07288.JPG

DSC07289.JPG
みかん [2017年11月03日(Fri)]
みかん
 今年もみかんがたくさんなった。カミさんと2人で取って近所におすそ分け、全部で200個ぐらいかな
みかんは双子葉植物のミカン科で約150属、900種もある。木(一部草本)の状態で存在し、温帯から熱帯に分布し、精油を含み芳香(異臭の場合もある)を有する。花に芳香のあるものが多く存在する。
ミカン科の柑橘類(ミカン属、キンカン属、カラタチ属などのグループ)は果樹として非常に重要であるとされ、サンショウ、コブミカン、オオバゲッキツなどは、香辛料として用いられる。キ ハダ、ゴシュユ、ヘンルーダなど薬用に用いられるものや、ミヤマシキミなど有毒植物もある。観賞用に栽培されるものとしてボロニア (品種)(英語版)、ゲッキツなどがある。また、アゲハチョウ科のチョウの食草としても知られる。

DSC07280.JPG

DSC07281.JPG

DSC07282.JPG

DSC07283.JPG
大垣プラチナプラザ [2017年11月02日(Thu)]
大垣プラチナプラザ  NPO法人市民協働支援機構(CISCO)
大垣郭町商店街振興組合  大垣市郭町2−10(金蝶園総本家内)
 プラチナプラザ 大垣市郭町1丁目57
 「プラチナプラザ」の開設は、終の住まい研究会の「地域有償ボランティア活動による“高齢者 向け優良賃貸住宅”の運営と検証」として実現した。 高齢者向け賃貸住宅のニーズ調査を実施した際に、市街地に高齢者の交流できる場をとの意見が多く、それが形になったものがプラチナプラザである。運営については、大垣まちづくり応援団、たんぽぽ、微助人、ナルクなどの大垣市内NPO・ボランティア関係 4 団体により、定期的に運営会議を開催しながら7 坪半の空き店舗にて高齢者の交流スペースを運営している。 1ヶ月 500 円の会費と1回 100 円の利用料による運営で、1日平均 17〜18 名以上の利用者があり、1ヶ月 9 万円程度の収入により、健全経営が可能となっている。
生きがいサロンプラチナプラザでは、明るく健康的なプラチナ世代の方々に生涯学習(文化・芸術等を)通して交流・親睦の場を運営している。
主な事業内容は、@生涯学習で生きがいづくり、A交流事業ふるさとめぐり、B福祉施設との交流の場となっている。

DSC07162.JPG

DSC07161.JPG

DSC07160.JPG
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ