CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
吉祥寺ダイヤ街商店街とハーモニカ横丁 [2017年01月28日(Sat)]
吉祥寺ダイヤ街商店街とハーモニカ横丁
吉祥寺ダイヤ街は、東京都武蔵野市吉祥寺本町にある全蓋式のアーケード商店街である。吉祥寺ダイヤ街商店は協同組合形式の商店街で昭和36年に設立され、現在まで55年を数える。平成21年3月に現在のアーケードが完成した。
 ダイヤ街は東側のイースト・ゾーン、西側のウエスト・ゾーンと、南側のサウス・ゾーンで構成されており、T字状になっている。また、イーストとウエストの中間にドームがあり、2本のゾーンをつなぐパイプ役をしている。
 ハーモニカ横丁はJR吉祥寺駅北口駅前にあり、混沌とした細い路地の中に、商店、飲食店など100件近くの店舗が並んでいる。ハーモニカ横丁のルーツは、大戦後の昭和20年代後期、荒廃した吉祥寺駅前にできた闇市からである。その闇市の名残か、入り組んだ細い路地の中に小ぢんまりとした商店が混沌と立ち並ぶ様が、昭和の面影を残している。
駅北口から平和通り、ダイヤ街、武蔵通りに面した位置にあり、横丁は東側(JR吉祥寺駅側)から仲見世通り、中央通り、朝日通り、のれん小路、祥和会通り、の5つの通りで構成される。
ハーモニカ横丁の名前は、武蔵野市に在住していた作家の亀井勝一郎が100件ほどの小さな店舗が立ち並ぶ様を楽器のハーモニカの吹き口に例えたことに由来している。

DSC05950.JPG
DSC05952.JPG
DSC05951.JPG
DSC05954.JPG
DSC05955.JPG
烏山駅前通り商店振興組合 [2017年01月28日(Sat)]
烏山駅前通り商店振興組合
京王本線千歳烏山駅を中心に南北にまたがる商店街で、スタンプ事業の先駆的烏山駅前通り商店振興組合には150店以上加盟店が軒を連ねている。
平成2年商店街の愛称を「えるもーる烏山」に変更した。「えるもーる烏山」とは烏山駅前通り商店街の愛称で、「暮らしの中の散歩道」の意味を持っている。緑の中の散歩道をゆっくりと歩いているような、ゆとりある気持ちで買い物をしていただけるようにと願いを込めて命名しました。
商店街の歴史 商店街HPより
昭和25年 烏山商栄会(任意団体)として発足
昭和37年 烏山駅前通り商店街協同組合として法人化
昭和39年 烏山駅前通り商店街振興組合に名称変更
昭和40年 商店街へ大型スーパーが初出店を機にスタンプ事業をスタート
昭和57年 128基の街路灯が完成
平成23年 京王線千歳烏山駅改良工事完成
平成23年 歩車道に保水遮熱性舗装、車道を狭めて歩道を拡大

DSC06019.JPG

DSC06017.JPG

DSC06018.JPG

DSC06016.JPG
千葉県木更津市 [2017年01月26日(Thu)]
千葉県木更津市
南房総・東京湾岸に位置する暖かなまちで、東京湾アクアラインのたもとには盤洲干潟が広がり内陸部には万葉集にも登場する緑豊かな上総丘陵がある。天候が良い日には富士山を望むことができる。
木更津という地名の由来について、如月の津が転じて木更津になった、木足らずが訛り木更津になったと諸説あるが、一般的には倭建命伝承の一説、君不去(きみさらず)が元になっているというほど、歴史あるまちである。江戸時代には町人文化も流入し、木更津を全国的に有名にした歌舞伎「切られ与三郎」や木更津甚句が誕生した。近世には港町として栄え、昭和後半はカーフェリーも活躍したが、陸上交通でも館山自動車道・圏央道(首都圏中央連絡自動車道)・東京湾アクアラインが交差する交通の要となっている。童謡「証城寺の狸ばやし」の舞台の地として有名であるが、最近では、テレビドラマ「木更津キャッツアイ」や人気ロックグループ氣志團の出身地としても注目を浴びている。
平成27年9月24日 建替えのため木更津市役所庁舎移転し、木更津市役所駅前庁舎
(スパークルシティ木更津8階)とイオンタウン木更津朝日庁舎に分かれている。
 複合施設「アクア木更津」が平成28年9月26日に「スパークルシティ木更津」としてリニューアルオープンし、24日には7・8階に先行して木更津市役所駅前庁舎が移転したものである。「スパークルシティ木更津」は地上9階地下1階建、延床面積は約42,679m2。(アクア木更津B館を含む)前身となる「木更津そごう」はJR木更津駅前の再開発施設「アインスビル」の核として昭和63年3月に開業した。市内唯一の百貨店として営業を続けていたが、旧そごうグループの経営悪化により平成12年7月に撤退し跡地再活用のため、木更津市が施設を取得した。

DSC06011.JPG

DSC06013.JPG

DSC06012.JPG

DSC06014.JPG

DSC06015.JPG
土鍋・餃子の休日定食 [2017年01月23日(Mon)]
土鍋・餃子の休日定食
 京王井之頭線の西永福駅から井の頭通りに向かい5分程歩くと真っ赤な門構えの四川料理さんがある。オープンして3・4年ぐらいか、商店街街路調査の昨日のランチを頂く。
 食べたのは、休日定食(牛筋麻婆豆腐、鶏から、ごはん、スープ、漬物、790円(税抜込み)で、牛筋麻婆豆腐は暑く辛く、鷹の爪が1本入っている。食べてが辛くなく体が温まり寒い季節にもぴったりの休日ランチでした。

DSC06004.JPG

DSC06005.JPG

DSC06007.JPG

DSC06006.JPG

勝沼醸造 有賀社長 [2017年01月23日(Mon)]
勝沼醸造 有賀社長
 19日の土曜日は、診断士会城西支部の新年会で勝沼醸造 有賀社長の講演をお聞きする。ワイン造りのかける情熱と意気込みが伝わってきた。
1937年の創業以来ぶどう産地"勝沼"に根ざし、ぶとう栽培からワイン醸造まで一貫して日本のワイン造りを手掛けております。"勝沼"はぶどう栽培1280年、ワイン造り130年の歴史を迎えます。これは、世界の代表的なワイン産地に比べればまだまだ新しいものです。しかし、ワインは産地の風土から生まれるものであり、その個性を楽しむことがワインを味わうことであろうと存じます。先代の築いた歴史を受け継ぎクォリティーの高い日本のオリジナルワインを造る為に、'欧州系ワイン専用品種'の自園栽培に着手しました。
同社:HPより

20170121_175115.jpg

20170121_175130.jpg

20170121_180545.jpg
街路灯の変圧器 [2017年01月19日(Thu)]
街路灯の変圧器
まちの通りでよく見かける街路灯の変圧器、無粋な感じで直立しているが大事な役割を担っている。高円寺駅北口で粋な街路灯の変圧器を見かけた。
発電所でつくられ、送電線によって需要地の近くの変電所まで送られた電気を、最終的にお客さまへ送り届ける電線を配電線という。配電線には、電柱に電線を架線した「架空配電線」と、ケーブルを地中に埋設した「地中配電線」があり、電圧別には、特別高圧(2万2,000V)、高圧(6,600V)、低圧(200V、100V)の配電線がある。
また、配電設備は、高圧から低圧に電圧を下げる「変圧器」、高圧線や低圧線から分かれてお客さまに電気をお届けする「引込線」、電力の使用量を計る「電力メーター」などにより構成されている。
電線類の地中化(無電柱化)は、「無電柱化推進検討会議(国土交通省、警察庁、経済産業省、総務省などの省庁と電気事業者、通信事業者などの電線管理者で構成)」により策定される地中化計画(※1)により進められている。地中化は、国や地方自治体が進める快適な生活環境の構築と、活力ある市街地の形成に寄与するもので、歩道の幅が広い幹線道路に加え、安全で快適な通行空間の確保、良好な景観・住環境の形成、災害の防止、歴史的街並みの保全、観光振興、地域活性化などにつながるような箇所も対象となっている。
このような地域の地中化を可能とするために、街路灯に変圧器をつけるなど、柔軟な整備手法を取り入れ、道路管理者および地元と事業者の協力体制により、社会基盤整備としての電線類の地中化実現を進めている。
※1地中化計画とは、1986年度から1998年度までの3期にわたる「電線類地中化計画」、1999年度から2003年度までの「新電線類地中化計画」、2004年度から2008年度までの「無電柱化推進計画」のことであり、現在は、2009年度に新たに策定された「無電柱化に係わるガイドライン」に基づき、整備箇所などについて関係者間で協議を行いながら推進しています。

DSC05962.JPG

DSC05959.JPG

DSC05961.JPG

DSC05963.JPG

DSC05960.JPG

DSC05958.JPG

DSC05964.JPG
多摩モノレール [2017年01月19日(Thu)]
多摩モノレール 
 昨日は、診断士の施設見学会で「多摩都市モノレール」の本社と車両基地を見学した。
東京の多摩地区の職と住のバランスのとれたまちにするためと多摩地域の公共交通を一層充実させるため、多摩都市モノレールは構想された。
設立は昭和61年、多摩地域内相互の連帯を強化し、便利で快適に移動できる交通ネットワークを形成するために、東京都と多摩都市モノレールの建設整備を進めてきた。
 出資は東京都が80%、残りは関連5都市と乗換駅がある私鉄など、路線は東京都が建設し運行は多摩都市モノレールが行っている。いわゆる上下分離方式である。
多摩都市モノレールの建設は、東京都と多摩モノレールが一体となって行った事業で、都はが橋脚や軌道桁などのインフラ部分を担当し、多摩モノレールが運営基地や変電所、車両など、主として運行に関わる部分を担当している。
平成10年11月27日の「立川北〜上北台」間に続き、平成12年1月10日には「多摩センター〜立川北」間も開業し、整備路線の全区間が開通した。全線開通により、多摩地区の交通利便性は一層向上し、多摩都市間の人の交流や地域の発展にも大きく寄与している。
 また、北は八高線の箱根ヶ崎、西は八王子、南は町田までの伸遠計画がある。八王子では伸遠計画があるため、ライトレール計画を断念したそうで少し残念な気がする

DSC05982.JPG

DSC05987.JPG

DSC05979.JPG

DSC05988.JPG

DSC05993.JPG

DSC05995.JPG
中野ビール工房 [2017年01月17日(Tue)]
中野ビール工房
住所:中野区中野5-53-4 昭和新道商店街板塀前をはいる。
昨日は、中野ビール工房で地ビールを頂いた。「ビターブラウン」「ホットエール」を1杯ずつ頂いた。スーパーで販売されているメーカーのビールとはまるで違う味である。
両方とも1杯500円
ホットエール:雑味の少ない一番麦汁のみを贅沢に使い、麦の味がしっかり感じられます。ホットという興味本位で飲み進んでいくうちに、はまってしまうおいしさです。単純に温めるだけでは苦さが強くなってしまうところ、苦味を出さずに香りを前に出す工夫をしているのだとか。HPより

DSC05957.JPG

DSC05956.JPG
土鍋ラーメン [2017年01月16日(Mon)]
土鍋・餃子
 京王井之頭線の西永福駅から井の頭通りに向かい5分程歩くと真っ赤な門構えの中華屋さんがある。オープンして3・4年ぐらいか、昨日はここで腹ごしらえをした。
 食べたのは、四川風坦々麺450円(税抜き)で黒ゴマをたっぷり使った濃厚なスープが何とも言えないおいしさである。もちもちした太麺に絡まるスープや黒胡椒の辛さが何とも言えない、体が温まり寒い季節にもぴったり、土鍋ラーメンでした。

DSC05931.JPG

DSC05930.JPG
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ