CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
日本のラーメン [2016年06月28日(Tue)]
ラーメン
今や国民食となったラーメンとは、中華麺とスープ、チャーシュー・メンマ・味付け玉子・刻み葱など様々な具を組み合わせた麺料理で、出汁、タレ、香味油の3要素から成っている。漢字表記は拉麺、老麺、柳麺で別名は中華そばおよび支那そば・南京そばなどである。
日本では、明治時代に開国された港に出現した中国人街に中華料理店が開店し、大正時代頃から各地に広まり日本風に仕立てられ独自の発達をした中国の麺料理をルーツとするものである。現在ではカレーライスと並んで「日本人の国民食」と呼ばれ人気の食べ物となったが、中華人民共和国や中華民国では日式拉麺(日式拉麵/日式拉面)または日本拉麺(日本拉麵/日本拉面)と呼ばれている。
明治43年、当時の東京市浅草区に初めて日本人経営者尾崎貫一が横浜中華街から招いた中国人料理人を雇って日本人向けの中華料理店「来々軒」を開店、大人気となった時の主力メニューは、当時は南京そば・支那そばなどと呼ばれたラーメンであった。
この店の成功を受けて日本に続々と庶民的な中華料理店が開店し、ラーメンは餃子やシュウマイなどとともに定番メニューとして広まった。戦後は中国からの引揚者によるラーメン屋台も多く出現し、約100年の歴史の中で、さまざまな工夫が加えられていき、中国やベトナムなどのアジアの麺料理とは異質な日本独特の麺料理に発展した。
写真は、深川伊勢屋のあさりラーメン、新庄の鶏もつラーメン、西永福の土鍋ラーメン、千葉ラーメン、難波の金龍ラーメン、地元大島の千成ラーメン、横浜のサンマ―麺等
20151122_121547.jpg

20150629_163808.jpg

20160130_130104.jpg

20160519_112803.jpg

20160207_120603.jpg

20151102_124342.jpg
質屋 [2016年06月23日(Thu)]
質屋
 JR稲毛駅近くでしゃれた「質屋(しちや)」を見て興味が沸いてきた。
質屋もしくは質店(しちてん)、質舗(しちほ)は、何らかの物品を質(質草、担保)に取り、流質期限までに弁済を受けないときは、その質物をもってその弁済に充てる条件で金銭を貸し付ける(融資)事業を行う事業者を指す。物品を質草にして金銭を借り入れることを質入(しちいれ)という。俗称として一六銀行(いちろくぎんこう)の名称を掲げている質屋もある。質屋は質草の価値を判断して、金銭を貸し付ける。最短流質期限は3ヶ月であり、利子の支払いにより質契約を更新できる。
「質屋営業法」に基づく業種形態であり、質屋はその所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可が必要である。これは、盗品や不正な占有品の換金により、質屋が犯罪行為の助長となることを防止すべく、行政上事業者・業界の監督を行う趣旨による。
 日本の質屋の起源は鎌倉時代といわれ、1960年代頃まで庶民金融の主力であった。しかし、1970年代頃から、無担保・無保証人で一般市民に融資を行う「団地金融」(消費者金融、サラ金の前身)が起こり始め、廃業する質屋が多くなった。
日本の現在の質屋の業態は、貸付事業よりも、流通価値を有する宝飾品や貴金属、いわゆる「有名ブランド品」などの買取や仕入れ、販売などが主になっている。とりわけ、地域の質屋組合が行う質流れ品の販売イベントには、毎回多くの客が訪れる。

20160622_123735.jpg

20160622_123750.jpg
第29回下町七夕祭り [2016年06月19日(Sun)]
第29回 下町七夕まつり 
       
7月6日(水)〜7月11日(月)開催
今年は、朝顔まつりとほおづき市に期間が重なります
メインイベントは9日(土)、10日(日)
歩行者天国の時間は
9日  10:00〜20:00
10日 10:00〜19:00

かっぱ橋本通りは、浅草の国際通りから上野駅入谷近くの昭和通りまでの1.2キロにわたる道です。寛永寺の高僧が浅草寺に詣でる「御成道」として整備されました。浅草は江戸以来の繁華街として庶民の娯楽の中心であった街で、その浅草と上野をつなぐ幹線路として、明治・大正時代は、終日賑わいをみせていました。明治時代には、線路の上に車両をひいた馬が走る「馬車鉄道」が運行していました。
現在は地下鉄などの交通手段の発達によって、浅草-上野間の通り道としての意味合いは薄れ気味だが、最も近道だった昔の風情が残っている道で歴史があり、個性豊かな店が多く、商店街にはいたるところに河童の像が置かれています。

DSC05203.JPG

DSC05201.JPG

DSC05200.JPG

DSC01741.JPG
上州沼田とんかつ街道 [2016年06月14日(Tue)]
上州沼田とんかつ街道
「上州沼田とんかつ街道」は平成26年1月15日(水)発足した。
沼田ICから10分程の国道沿いにとんかつ店が集中しているとんかつ街道というエリアがあり、肉厚なとんかつはボリュームたっぷり。ロースかつ、ヒレかつはもとより、味噌ダレとんかつ、和風おろしとんかつ、かつ丼、かつカレー色々なとんかつが楽しめる。
とんかつ街道のメニューはとんかつだけではなく、女子高生が考案したえだまメンチ、香り高いソバ、サクサクのてんぷら、麦トロにラーメンなどさまざまである。
今回、ランチの場所に選んだのは、創業13年(この地では2年前に新規オープン)した、こだわりのパン粉を使用(企業秘密)し、各種定食をはじめ、丼やお重も提供している「豚カツ専門店」の「とんかつ金重」です。地元「奥利根産」の「もち豚」や、沼田の新名物「えだまメンチ」の取扱店でもある。ランチは真田の六文銭をモチーフにしたとんかつ定食でした。
営業時間:11:00〜14:30、17:00〜20:00
定休日:金曜日、但し祝祭日の場合は通常営業
座席数:33座席(喫煙可)、2月1日より禁煙
駐車場:乗用車7台
住 所:沼田市白沢町高平26-8
電話番号:0278-20-9116

DSC05174.JPG

DSC05173.JPG

DSC05171.JPG
京急蒲田柳通り界隈 [2016年06月08日(Wed)]
京急蒲田柳通り界隈
京急蒲田駅西口前にあるのが、京浜蒲田商店街協同組合の通称名「あすと」全蓋式のアーケードが付いている。カラー舗装、コミュニティホールなどの施設整備を契機に、未来に対応した “あすと(明日都)”へと目指し発展していく商店街をめざしている。
蒲田と云えばすぐに「蒲田行進曲」を連想するが、昭和初期に花柳界ができた京浜蒲田界隈の柳通りにはカフェ建築を利用した飲み屋街になっている。
あすと商店街北側とは、東京都を流れる二級河川の呑川水系の本流である呑川(のみがわ)の南側にあるディープな一角である
アーケードの設置された「あすと商店街」の一画と飲食店が集積する「柳通り飲食街」からなる区域は、地区内には飲食・物販・サービス・娯楽系などの商業施設や店舗併用住宅、集合住宅等の住居系施設などが混在しているほか、比較的小規模の宅地が多くを占め、老朽化した建物も多く立地するなど、都市防災上の課題を抱えている。
また、地区内の道路は幅員が約4〜6m程度となっており、地区周辺の道路も含め、交通ネットワークの機能は極めて脆弱で、そのため、土地の高度利用を図るため、駅前広場などの公共施設を一体的に整備した。東蒲田地域の玄関口にふさわしい駅前商業地としての賑わいと交通結節点機能の強化、駅前立地の利便性を活かした居住環境の創出、地域の防災性向上といった総合的な街づくりが行われた。
DSC05161.JPG

DSC05166.JPG

DSC05169.JPG

DSC05168.JPG

DSC05163.JPG
京浜急行空港線 [2016年06月07日(Tue)]
京浜急行空港線(くうこうせん)
空港線は、東京都大田区の京急蒲田駅と羽田空港国内線ターミナル駅を結ぶ、京浜急行電鉄の鉄道路線である。大田区内を東西に走り、東京国際空港(羽田空港)への空港連絡鉄道としての役割を担う。京急の支線としては唯一東京都内のみを経由する路線である。おおむね環八通りと併走しており、京浜間の主要道路との交差する場所も多くなっている。
2000年から当駅を中心とした本線4.7km(平和島 - 六郷土手間)と空港線1.3km(京急蒲田 - 大鳥居間)の合計6kmを連続立体交差化(高架化)する工事を施工し、当駅ではそれに併せて本線・空港線での平面交差の解消や当駅での緩急接続などを目的に、駅舎の建て替えと線路の移設工事が行われることになった。工事に当たっては国土交通省の鉄道駅総合改善事業補助を受けるため、大田区が出資した第三セクターの蒲田開発事業株式会社が駅関係施設を保有して事業主体となり京急が受託する形となった。施工については京急建設と鹿島建設が主体となって工事が進められ、2010年5月に一部高架化し、2012年10月に全面高架化となった。
 箱根駅伝では、2012年(第88回)まで往路1区と復路10区が京急蒲田駅そばの第一京浜にかかる踏切を通過していた。1月2日の往路では全出場校がすぐに通過するが、1月3日の復路ではトップの通過から最後尾までの差が30分程度開く。そのため、毎年1月3日には競技への影響を抑えるため、本線からの直通運転を中止していたが、2012年10月に全面高架化になってからは行われていない。

DSC05155.JPG

DSC05158.JPG

DSC05160.JPG

DSC05157.JPG
六区ストリート彫像祭 開催 [2016年06月06日(Mon)]
六区ストリート彫像祭 開催
「六区ストリート彫像祭」の開催情報およびスタチュー(彫像芸)とは、浅草六区で毎年6月頃開催される奇祭、スタチューパフォーマンスのコンテストという珍しいイベント
で、6月4日(土)5日(日)に浅草六区ブロードウェイ通りの道路の近距離に複数体のスタチューが立ち並んでいた。

DSC05154.JPG

DSC05152.JPG

DSC05148.JPG

DSC05150.JPG

DSC05149.JPG
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ