CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
浅草雷門 [2016年05月31日(Tue)]
浅草雷門
雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門で、正式の名称は、風神雷神門(ふうじんらいじんもん)と言い提灯には風雷神門(ふうらいじんもん)と略されてある。
門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門で、門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。
浅草のシンボルでもある雷門が、5月13日から15日は三社祭の時、お神輿が通るために畳まれた大提灯が珍しい雷門前は大勢の担ぎ手や見物客で賑わいました。この雷門の瓦が落下したため5月21日から点検修理となった。 足場が組まれ、シートで目隠しされて、全く見ることが出来ない。点検は6月末までの予定とのこと。しかし仲見世や浅草寺は見ることができる。
DSC05122.JPG

DSC05121.JPG

IMG_1231.jpg

DSC05120.JPG
東中野ムーンロード [2016年05月29日(Sun)]
東中野ムーンロード
東中野ムーンロードとはJR東中野駅前の飲食店街で約40店舗ものお店が軒を連ねている。 正式名称は「東中野駅前飲食店会」で、小路が三日月のように曲がっていることから「ムーンロード」と呼ばれている。 現在では珍しい昭和の雰囲気が漂う通りの中に、様々なジャンルのお店が集まっている。東中野ムーンロードには普通の居酒屋以外にも、生演奏のジャズやシャンソンを間近で聴けるお店や映画・アニメ・プロレスなどのサブカルチャー系のマニアックなバーなど、他の場所にはない珍しいお店もたくさんある。 
昭和20年頃に「飲食店街 住吉小路」という飲食店会を発足。 以来、約60年の長い歴史がある中で、いつしか「東中野ムーンロード」と呼ばれ、親しまれるようになった。
この昭和のまちに起きているのが地上げ、裁判が行われている
傍聴報告: 3/22、第5回口頭弁論のご報告です。そろそろ山場と相手も認識しているのか、傍聴席には地上げ屋の若手社員2人に加えて管理職らしい年かさ1人。ムーンロード側は10人ほど・・下のフェースブックから
ビルオーナーでも地上げ屋には絶対売り渡さないと表明している方も多く、まだまだ踏ん張れます。

https://www.facebook.com/東中野ムーンロード-1426696964325266/

DSC05106.JPG

DSC05102.JPG

DSC05100.JPG

DSC05104.JPG
成田市花崎町商栄会商店街 [2016年05月28日(Sat)]
成田市花崎町商栄会商店街
成田山参詣の楽しみの一つに、門前町(表参道)散策がある。JR成田駅前から成田山に至る商店街が中心のの表参道になる。もう一つは、京成成田駅前からは赤い欄干の開運橋を渡って表参道に合流する道である。
ここには、創業百年以上という貫禄を見せる老舗もある。随所に蔵造りの漢方薬店、見上げるばかりの有形文化財の三階建木造建築の大型旅館などが見られる。表参道ばかりでなく、路地も多く、裏参道にあたる新道や新々道には道標が置かれている。
成田名物のようかんの本店、裏には洋館博物館がある。鉄砲漬、川魚の佃煮、成田の地酒長命泉、何軒もの手焼きせんべいやウナギ屋があり門前町ならではの散策が楽しめる。
JR成田駅から成田山新勝寺に向かう参道の玄関口に当たる成田市花崎町地区の商店街が、歌舞伎をモチーフにしたオリジナルキャラクター「花一屋」を作成した。「成田屋」の屋号を持つ歌舞伎の市川団十郎家は新勝寺と縁が深く、参道で襲名披露の「お練り」も行っている。同商店街は活性化のため、歌舞伎演目の看板を沿道建物に設置する取り組みも進めており、「歌舞伎ロード花崎町」の触れ込みでPRしている。商店街の約50店舗で、おすすめ商品を紹介する店頭チラシやシールにも活用しいる。

DSC04973.JPG

DSC04970.JPG

DSC04974.JPG

DSC04971.JPG

DSC04972.JPG
街コンとは [2016年05月26日(Thu)]
街コンとは
街ぐるみで行われる大型の合コンイベントで、一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも100名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。各店舗でリストバンドなどの参加証を呈示することで、制限時間内であれば定額で飲食が可能という内容で開催されるものが多い。
発祥は2004年に開催された栃木県宇都宮市の「宮コン」で、その後全国の都市に広がりを見せていて、取り組みは全国各地で開催されていて、「出会いの場創出」と「地域活性化」が融合したイベントとして注目を浴びている。また最近、1店舗を貸切にした「店コン」、ショッピングモールを使った「モールコン」などさまざまな恋愛系のイベントにも派生を見せている。
今や「街コン」は地域活性化や出会いづくりの定番イベントとなっている。
「街コン」の基本ルールとしては、@複数の飲食店を巡ることができ固定料金で食べ放題/飲み放題ができる。A1名での参加は不可で同性2から3名での参加が必要である。B男女比は同じで人数での開催するのが基本で、既婚者のイベント参加、またはネットワークビジネス・他イベント・商品販売・宗教活動等の勧誘行為を目的とする方のイベント参加は禁止されている。
 愛にハート(トランプ)恋第5弾 7月3日開催  『蒲田の街コン』 参加者大募集
 20から50歳の独身男女 各25名位 (応募多数の場合は抽選にて)
•会 費 : 男性5,000円  女性4,000円

DSC05034.JPG

DSC05035.JPG

img001.jpg
赤城神社再生プロジェクト [2016年05月21日(Sat)]
赤城神社再生プロジェクト
同は、平成22年9月の「本殿竣工例大祭」で全ての工事を完了し、戦後復興されずにいた、神楽殿は「蛍雪さま」、出世の「おいなりさん」、病気平癒で人気の「八耳さま」、東照宮の「葵さま」までの全てが再興された。デザイン監修は、地元神楽坂に在住し同神社の氏子でもある、建築家の隈研吾氏が担当し、マンションの内外にも神社と調和する意匠が施され、境内の既存樹木についても、一部については保存・活用が図られた。平成23年度グッドデザイン賞を住宅部門とビジネスソリューション部門の両方で受賞した。
 今の神楽坂の現況を見ると、観光的ご参拝が増えることで、神社にたいする価値が変化したと考えられ、参拝者が信仰とは無関係に訪れるようになり、他の宗教法人とは異なる立場をとらざるを得なくなりました。そのような中での新しい取り組みとして「あかぎカフェ」「あかぎ寄席」「あかぎマルシェ」はその工夫のひとつで、慌ただしい日常から「ヒトイキ」つける場所として定着しつつある。
3月から開催されたあかぎマルシェは、入場無料のクラフト作家などによる手づくり市で5月21日(土)の10:00〜17:00境内にて「あかぎマルシェ」が開催されていた。
次回は、6月18日(土曜日)(小雨決行/荒天中止)

DSC05088.JPG

DSC05089.JPG

DSC05090.JPG
千葉市蘇我 [2016年05月19日(Thu)]
千葉市蘇我
蘇我地区は戦災復興の一環として誘致された川崎製鉄の企業城下町である。平成に入ってからJFEスチール東日本製鉄所千葉工場(旧・川崎製鉄千葉製鉄所)の規模が大幅に縮小されたが、「企業城下町」の雰囲気を残している地区である。西口がある川崎町にはJFEスチール東日本製鉄所が、東口にはJFE体育館(旧:川鉄体育館)・千葉メディカルセンター(旧:川鉄病院)・JFEの社宅や独身寮などがある。
千葉市は、蘇我駅周辺地区を千葉都心・幕張新都心に続く第三の都心と位置付け、平成6年から川崎町地区の旧川鉄千葉製鉄所のほぼ全域と蘇我駅周辺地区を含めた蘇我臨海地区再開発事業を開始し、大型商業施設や球技場を中核とした商業地区や公園施設の整備を行った。これに伴い、再開発計画による商業施設やフクダ電子アリーナが建設された。将来的な周辺人口増による駅利用者増を見越して、千葉市とJR東日本により駅施設の拡充が行われ、平成5年8月に駅舎の拡充が、平成6年に西口駅前広場の整備が終了した。
ジェフユナイテッド市原・千葉のホームスタジアムである千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)が建設されたことから、駅周辺の店舗からはジェフのチームフラッグが多数掲揚されている。さらに千葉市のコンセプトである「花の都 ちば」にちなみ、生花で造られたモニュメントと、千葉市のシンボルキャラクター「ちはなちゃん」およびサッカーボールが西口整備に伴い設置され、再開発事業の推進に伴い駅周辺の魅力が向上し、平成20年度の地価最高路線価格は、蘇我駅東口において、千葉県内最高の上昇率19.5%となった。

DSC05072.JPG

DSC05074.JPG

DSC05086.JPG

DSC05083.JPG

DSC05075.JPG
新宿三丁目モア4番街(オープンカフェ・広告事業) [2016年05月19日(Thu)]
新宿三丁目モア4番街(オープンカフェ・広告事業)
昭和60年頃賑わい創出を目的として新宿区と新宿駅前商店(振)が地域活性化を目的とした街づくり協定書を定決した。しかし、その後も違法駐輪や違法駐車等が深刻化し、振興組合は区とともに改善策を模索し、平成20年頃から、地域の環境問題を解決する為に、道路空間でのオープンカフェ設置による賑わいを再生の取組みに着手した。
オープンカフェを社会実験として位置づけ、民間事業者が運営する独立型店舗を設置した。社会実験による違法駐輪等の課題解決効果が検証されたため、常設施設とすべく、特例道路占用区域を設定した。
 区域設定• 道路幅員や交差点からの離隔距離等の条件から、占用物件を設置できる場所がかなり限定されるため、占用許可物件ごとに占用区域を設定した。警察協議において、店舗により生ずる死角への対策や、店舗陰からの歩行者飛び出し防止の措置、緊急自動車の通行に対する適切な処理等の指摘を受け、施設配置等を工夫した。
警察協議では、歩行者等への影響がないことを具体的に示す必要があり、社会実験等の実施による検証が有効であった。
オープンカフェを常設し、店舗運営者が継続的に道路の管理を行うことから、違法駐輪等の問題が解消できた。休日にはオープンカフェ店舗に行列ができるほど盛況となり、街に賑わいが創出した。広告収入により放置自転車解消の啓発活動等が継続でき通行者の安全・安心が向上した等の効果が認められる。

20160518_173956.jpg

20160518_174026.jpg

20160518_174010.jpg
モトスミ・ブレーメン通り商店街 [2016年05月16日(Mon)]
モトスミ・ブレーメン通り商店街 
平成27年1月、ブレーメン通り商店街が第3回かながわ商店街大賞授賞式において、「ビッグバンド、ビールまで作ってしまう先進、独自の商店街」と評価され同大賞を受賞した。
モトスミ・ブレーメン通り商店街は元住吉駅西口から始まる駅前商店街である。
平成2年モール化とともに「元住吉西口商店街」より名称を変更した。全長約550メートル、加盟店約180店舗が集まる商店街である。
商店街は、買い物の場所としてだけでなく、人が集う地域交流の場として、また、地域の方々へ安心・安全・快適を届ける役割も求められている。
モトスミ・ブレーメン通り商店街では、人にやさしい商店街をスローガンに様々な活動を行っている。
1.防犯ガーディアンズ
「自らの手で自らの街を守る」そんな発想から生まれた「防犯ガーディアンズ」は、主に商店街の青年部メンバーで構成されています。立ち上げのきっかけは、ここ数年、商店街で空き巣や万引き、ひったくりなどの被害が多発したこと。自衛はもちろん、お客様の保護のために警察の防犯講習を受けたことを機に、商店街の見回りもするようになり、団体発足に至った。
2.出張商店街「ぶれーめん」
出張商店街「ぶれーめん」は2010年からスタートした。出張先は主に、商店街から車で30分ほどで行ける高齢者施設で、数店舗がそれぞれ商品を持って伺い、定期的に出張販売を行っている。また、物販だけでなく、ブレーメン・バンドや文化芸能活動を行っている影絵の団体などを施設に派遣し、みなさんに楽しんでいただいている。
3.住んでみたい街・元住吉
元住吉駅は東急東横線の渋谷と横浜のほぼ中間に位置し、どちらに行くにも約20分という通勤・通学のアクセスによい場所にある。元住吉駅には目黒線、日比谷線、南北線、都営三田線の4線も乗り入れている。さらに平成25年3月からは東京メトロ副都心線との相互直通運転が開始され利便性が向上した。渋谷方向に一駅乗れば、隣の武蔵小杉にはJR南武線と横須賀線が、横浜方向の日吉には横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れているなど、「どこに出るにも便利で暮らしやすい」と住み心地のよさに満足されている方が多く、また、「住んでみたい街」として人気の高い場所のひとつです。
4.便利な元住吉駅
元住吉駅の平成23年度の一日平均乗降人員は、東横線が45,308人、目黒線が14,877人である。平成22年に完成した駅舎は、駅開設から数えて三代目になり、環境にやさしい駅のモデルケースとして、太陽光発電や、雨水再利用システム、エスカレーターの回転を利用した発電など、さまざまなエコシステムを採用している。3階の改札前コンコースは庭園のような植栽を設し、開放感あふれる緑の中、電車好きの親子や待ち合わせの人たちの憩いの場となっている。
DSC05059.JPG

DSC05060.JPG

DSC05065.JPG

DSC05061.JPG

DSC05068.JPG
蒲田西口東口商店街 [2016年05月15日(Sun)]
蒲田西口東口商店街
戦後昭和20年焼け跡から一早くヤミ市が出来て復興の兆しが見え、昭和30年頃から区画整理を中心に現在の商店街の前身が出来上がり、サンロードアーケードが昭和40年にサンライズアーケードが昭和52年に完成し、JR蒲田駅西口に振興組合として商店街が発足した。
 JR蒲田駅西口は駅ビルのグランデュオ、東急線の東急ビル名店街と西口商店街で一体となって活動しており、現在の蒲田西口商店街は、デフレ経済の進化、各種の規制緩和を過て商店街も色々なイベント等(蒲田行進曲フェスタ絆、ちびっ子仮装大会、クリスマスコンサート等々)を実施しております。平成23年にはこの蒲田が観光庁の東京の3つの地域の一つに指定され、区でも一段と観光に力を入れている。
平成24年は4月からのNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の舞台として、この蒲田が一躍全国的に知られ地名度が上った。
蒲田の街コン『愛に♡恋』第4弾 “本気で婚活宣言”〜 またまた7組のカップル誕生 〜 平成27年で4回目になる蒲田の街コン『愛に♡恋』が12月13日(日)、蒲田西口東口商店街の主催によって開催された。知名度もあがり申込者数が急増、参加人数は抽選で男性29名、女性26名の合計55名になり、2組が成婚まで至った。

DSC05034.JPG

DSC05035.JPG

DSC05053.JPG

DSC05056.JPG
ハイブリッド型ショッピングモール ヴィーナスフォート [2016年05月12日(Thu)]
ハイブリッド型ショッピングモール ヴィーナスフォート
都心のアミューズメントエリアとして、幅広い年齢層に支持され、常に脚光を浴びつづけるお台場エリア、いまでは観光客でにぎわっている。
「ヴィーナスフォート」は平成11年8月、そのお台場にテーマパーク型のエンクローズドモール(屋内型モール)としてオープンした。3層で構成された施設のうち、2層吹き抜けの2階、3階エリアでは、17〜18世紀の南フランスや北イタリアのような魅惑的な街並みの中に、ファッションやジュエリー、アクセサリー、雑貨など約170ものショップやレストランが並んでいる。2階部分には、教会広場、噴水広場、オリーブ広場が造られ、より南欧風の雰囲気を醸し出させている。
1階エリアはペットと共に楽しめる総合ペットストアや屋内型アミューズメント施設、総合家電や住まいのトータルコーディネートショップ、おしゃれキッズ・ベビーのためのショップなどバラエティ豊かな約20のショップやレストランが並んでいる。施設全体で約190ものさまざまなカテゴリーの店舗でお買い物やお食事を楽しむことができます。
毎年恒例の「ハワイフェスティバル」や「ヴィーナスフォート・イルミネーション」など、施設全体でシーズンごとに変わる装飾やイベントも行われている。
平成21年12月には、3階に50もの国内外のブランドが軒を連ねるアウトレットフロア「Venus OUTLET」を新設したことで、3層それぞれが異なる性質・個性を持った、全国初の"ハイブリッド型ショッピングモール"としてリニューアルオープンし、今もお台場エリア全体のランドマークとしてその存在感を示している。
DSC05018.JPG

DSC05023.JPG

DSC05024.JPG

DSC05032.JPG

DSC05025.JPG

DSC05031.JPG
| 次へ
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ