CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
亀戸 連休期間のイベント [2011年04月29日(Fri)]
亀戸 連休期間のイベント
 4月29日から5月8日まで
1、亀戸勝運商店街
 屋台村の実施
2、十三間通り商店街
 十三間通りの歩行者天国
 この通りでのフりーマーケット
3、亀戸天満宮
 フジ祭り
4、亀戸中央通り商店街
 例年行われていた「鯉のぼり祭り」は、
今年は中止、鯉のぼりを飾るロープを張る
街路とで、一部根元が不安定なものがあり
全面交換後の来年、再度実施される。


十三間通りの歩行者天国





上2枚、亀戸勝運商店街の屋台村





亀戸天満宮
 フジ祭り
山形市中心商店街スプリングフェスティバル [2011年04月28日(Thu)]
中心商店街スプリングフェスティバル
「はたらく車大集合」5月5日
 山形商工会議所あきんど倶楽部などが主催するスプリングフェスティバル「はたらく車大集合」が開催される。七日町・本町のほっとなる通りに、はしご車、リフト車、白バイなど約25台のはたらく車が勢ぞろいする。
 また、今回は東日本大震災復興支援チャリティーコンサートの開催や義援金の募金コーナーを設置して「がんばろう!東北」を合言葉に各種イベントを開催する。
日  時 平成23年5月5日(木)10:00〜15:45 (雨天決行)
会  場 ほっとなる通り
その他会場内のイベント(予定)
 ・子供似顔絵コーナー(ほっとなる広場公園)
 ・キッズリユースマーケット(七日町一番街)
 ・ミニ縁日(ナナ・ビーンズ)
 ・ミニSL試乗会(山形駅前広場)
※ナナ・ビーンズ〜東北電力まで交通規制となる(10:00〜16:00)





上の2枚、七日町の通り


ナナビーンの建物


ほっとなる広場


昨年の様子
HPより
亀戸香取・勝運商店街 、昭和レトロな町さんぽ [2011年04月27日(Wed)]
亀戸香取・勝運商店街 、昭和レトロな町さんぽ
江東区で最も古い歴史を持つ亀戸香取神社、香取大門商店会・勝運商店街は、元々は香取神社の境内だったという参道に明治の頃から発展してきた商店街である。スカイツリーから約1.6kmと散歩にもちょうどいい距離にある。
 2011年3月に「昭和30年代」をキーワードとした観光レトロ商店街として、リニューアル・オープンして亀戸地域一帯で盛り上がっている。リニューアル・オープン後は、各店が一店逸品を用意し、それぞれの店主が趣向を凝らした品を食べ歩きすることがでる。昔懐かしい遊びや青空市、夜市など様々なイベントも企画されている。
4月29日(金)から5月5日(木)まで商店街の通りに屋台村が現れる。亀戸天神の藤祭りも開催されており地域一帯が盛り上がる。



亀戸香取・勝運商店街の入口


レトロな建物と屋台


銅葺の店舗


屋台村開催のお知らせ


亀戸天神の満開のフジ
第3回高円寺びっくり大道芸 [2011年04月23日(Sat)]
第3回高円寺びっくり大道芸
今年のテーマは「希望」 4月30日(土)・5月1日(土)
今年の第3回高円寺びっくり大道芸は、東日本復興支援を目的とし、「みんなでつながろう!」を合い言葉に出演者、スタッフが一丸となって義援金募金活動等を行う。
高円寺を愛する皆様、大道芸を愛する皆様と共に、被災地の一日も早い復興を応援します。 各商店街の25を超える特設会場や座・高円寺では、中国雑技や空中ブランコ、パントマイムにジャグリングなど、40組のパフォーマーによる様々なお楽しみが待っている。  昨年と比べ今年は会場も増え、フェイスペイントやアートマーケットにオリジナルの帽子づくりなど盛りだくさんあり、街中をくまなく歩いて大道芸と高円寺の街を満喫しよう。
テーマ:「希望」
日 時:平成23年4月30日(土)、5月1日(日) 12:00 〜18:00
会 場:高円寺の10商店街、座・高円寺、高円寺北公園、高円寺中央公園
主 催:高円寺びっくり大道芸実行委員会
http://www.koenji-daidogei.com/index.html

義援金募金
杉並区を通して区が災害時相互援助協定を締結している「福島県南相馬市」及び、「日本赤十字社東京都支部杉並区地区」に送ります。
高円寺びっくり大道芸出演者及び実行委員会一同


今年の大道芸を知らせる立て看板








上4枚は昨年の大道芸の様子
阿佐ヶ谷パールセンター東日本大震災チャリチェー笑ライブショウ [2011年04月20日(Wed)]
阿佐ヶ谷パールセンター
東日本大震災チャリチェー笑ライブショウ
日 時:4月24日(日)14:00〜
会 場:阿佐ヶ谷わがふるさと館
大人から子供まで楽しめる唄と語りと演奏のバラエティライブショウ
14:00〜 矢野忠と青空ロマンス楽団
14:30〜 ことり&Mammy uuu
15:00〜 フーミン・ワンマンバンド From佐賀

JR阿佐ヶ谷駅下車 商店街中ほど





かっぱの皿の乾かない商店街 [2011年04月19日(Tue)]
かっぱの皿の乾かない商店街
かっぱの里 完成1周年記念イベント 5月1日(土)午前11時から
 かっぱの皿が乾かない環境づくりをコンセプトにした、商店街環境整備事業が平成22年3月末に完成しました。それから1周年が経過した5月1日に完成1周年記念イベントが行われる。今年は東日本大震災の影響で、通行止めのイベントは行われませんが、雨水タンクの「かっぱ」の公募イラスト表彰式が行われる。
かっぱ橋本通り公西会商店街振興組合
http://www.e-kappa.jp/ 









昨年のオープニングイベントの様子
鍋屋横丁(なべやよこちょう) [2011年04月17日(Sun)]
鍋屋横丁(なべやよこちょう)
鍋屋横丁は、東京都中野区の本町・中央一帯を指す地区名としても用いられ、鍋横(なべよこ)という通称で親しまれている。「鍋屋横丁交差点」で青梅街道(本町通)と交差しており、近くには東京地下鉄丸ノ内線新中野駅がある。
 江戸時代前期に現在の杉並区堀ノ内にある妙法寺に向かう参拝道(参道)として人の往来が盛んであった。江戸・新宿から青梅街道を経由して妙法寺に向かう際、現在の鍋屋横丁交差点を左折することになるが、参拝客が休息した「鍋屋」という名の茶店であったことから、「鍋屋の横丁」とこの名がついたのが由来である。
 明治時代以後も中野駅と青梅街道を結ぶ通りとして栄えた。鍋屋横丁交差点の近くに都電の停留所があった。以前は西武鉄道の路面電車であったが、その軌道を東京都交通局が買取り、都電14系統杉並選(新宿〜荻窪)間を運行していた。昭和37年、地下鉄開通、これに伴い昭和38年、都電杉並線が廃止された。
この交差点を中心に構成される鍋横大通商店会が60周年記念モニュメントの時計塔を平成22年11月に建て、その記念イベントを開催した。昭和30年代に最も商店街が賑わったときにあった時計の復活である。
夏季には「なべよこ夏まつり」や「七夕まつり」を開催し歩行者天国などの催しで賑わいを見せる。青梅街道沿いに鍋横商店街(振)や三味線橋共栄会と、鍋横一帯の商業地区を構成している。また、中野坂上の宝仙寺前通商店会とも七夕まつりの共同イベントを行う。


鍋屋横丁の交差点


鍋屋横丁の由来の碑


なべよこ祭り


青梅街道七夕まつり


交差点の時計塔
第37回 野毛大道芸開催決定 [2011年04月16日(Sat)]
第37回 野毛大道芸開催決定
  開催日時2011年4月23・24日 午前11時より午後4時 小雨決行   
 国内外から40組のトップパフォーマーが「横浜の下町・野毛」に集結し、妙技を披露します。第37回 野毛大道芸は本来の開催目的である「野毛地区の活性化・振興」、「大道芸普及」の主旨を「東北関東大震災復旧支援」と変更して開催します。   
 主催の野毛地区街づくり会、出演者、スタッフが一丸となって被害に遭われた皆様、関係者の方々の一日も早い復旧をお祈り申し上げ、義援の募金活動を行います。   
1、野毛大道芸のはじまり
 JR桜木町駅前に広がる野毛町は、戦後「闇市」として賑わい、桜木町駅が国鉄の終点であったころまで活気に溢れる飲食店・商店街でした。しかし、線路の延伸、近郊の開発、発展などにより、年々寂れていった。この地盤沈下に悩んでいた街の人々は街興しのため露天画廊・大道芸を出し物にした横浜野毛祭を企画した。もともと野毛の街を山から見守る成田山別院の境内には、その昔、香具師(やし)や大道芸人が訪れ、国民的歌手美空ひばりさんが初舞台を踏んだ国際劇場があり、野毛は芸能に縁がある土地柄であった。
 野毛祭は、観客動員数3000人を記録し、中でも人気のあった大道芸をメインにした祭りを翌年1986年春からスタートさせたのが、野毛大道芸の始まりです。
2、野毛大道芸の特徴
 横浜の小さな街、 下町情緒が色濃く残る街、野毛が企画した野毛大道芸というお祭りのユニークな点は、芸を披露するスペースが、交通封鎖した歩行者天国です 。
また、野毛大道芸では、出演者たちに出演料がありません。交通費と食事を支給するだけで、投げ銭を自分の腕で稼いでもらいます。
 そして、ジャグリング(西洋風お手玉)やマジック、パントマイム、 アクロバット、または口上芸(ガマの油)などが大道芸のジャンルとして有名ですが「道で披露する芸すべてが大道芸」と、ジャンルにこだわらない演出で、常に新しいことにチャレンジしている。
 運営の中心になる実行委員会は街の 仲間、商店主と野毛内外から集まっていただくボランティアスタッフを中心に構成されている。野毛大道芸が、ボランティアによる手作りのお祭りである点です。スタッフはそれぞれの仕事や学校を終えた後、野毛に集まり 、企画から資金集めの準備をし、当日の運営をする。
 野毛大道芸はいろいろな方達の協力を得て、第1回から18回までは春と秋の年2回開催、第19回より年1回の開催として、みなとみらい地区まで開催区域を広げ、第26回からイセザキ・モール1・2stも開催地区に加わり、2005年に20周年・第30回の記念の年を迎えました。 また、第31回からは町おこしの原点に戻って野毛地区で開催しています。

問い合わせ先野毛大道芸実行委員会
横浜市中区宮川町1−14 TEL 045(262)1234
e-mail daidogei@noge-net.com


都橋から見た野毛本通り




野毛本通りの開催を知らせるポスター




過去の開催の様子
第12回ヨコハマ吉田町通りアート&ジャズフェスティバル [2011年04月14日(Thu)]
第12回ヨコハマ吉田町通りアート&ジャズフェスティバル
2011年4月16日(土)17日(日)の両日開催
吉田町通りは、伊勢佐木町モールの入り口と野毛地区をつなぐ約250メートルの商店街
である。画廊と画材店や古美術商、造形教室、骨董、バー、ジャズ喫茶、ダンス教室など「アート」に関係する店が軒を連ねている大人の雰囲気を持つ街です。最近は若いオーナーが経営するおしゃれなカフェや雑貨店が少しずつ増えており、古き良き横浜の面影を残しながら若い人たち増えている面白いスポットでもある。

会場:吉田町通名店会
http://www.yoshidamachi.org/


都橋から見た吉田町


ポスター





上2枚、イベントの様子
大宮駅東口の商業集積 [2011年04月08日(Fri)]
大宮駅東口の商業集積
大宮駅東口の駅前通り(中央通り)から北に走る銀座通りと旧中山道の間の大門一丁目から宮町一丁目にすみれ小路、すずらん通り、さくら小路、ウエストサイドストリート、一番街通りがある。通りや小路の幅員は、一番街で4メートルほど、すみれ小路に至っては1メートル弱である。戦後の混乱期の闇市の後であり、区画整理はされていなく、通りや小路の名称の由来は一番街を除き不明である。ほとんどの店舗は、飲食店で構成されている。 
大宮は中山道の宿場町(大宮宿)や武藏一宮氷川神社の門前町として、江戸時代から発展してきた。明治18年(1885年)3月に、大宮駅が誕生し、中山道の宿場大宮宿が鉄道と製糸の町として生まれ変わった。戦前の大宮は鉄道と製糸の町と言われた。
 戦争の末期、昭和20年4月(1945年)に宮町一帯(大門の北)が空襲を受け、現在の銀座通りの北側および一番街周辺は焼け野原と化した。そのため、建物の強制疎開が始まって駅周辺の様相が一変した。 戦後、中央通り(駅前通り)の両側(大門・仲町)に、いわゆる「ヤミ市」ができ、昭和21年12月には「ストリート・ナンバーワン」の看板が宮町の両入口に掲げられ、のちの一番街商店街となった。現在のさくら小路やすずらん通りは、この時の闇市の通りの名残と思われる。昭和30年代に入ると好景気に町が賑わい、昭和39年の東京オリンピック以降の昭和40年代には大宮市の商圏は、大型店進出のラッシュを迎える。東口にも西武(現ロフト)や高島屋が進出する。
 現在の銀座通りは、昔川越新道と呼ばれていたが、通りの舗装と車歩道区分や銀座にちなみ柳の街路樹を植えたのをきっかけに銀座通りと名を変えた。後に駅東口から大栄橋までの300メートルのアーケードの大宮銀座通り商店街が誕生する。そのアーケードの現在ではない。


大宮1番街商店街


すみれ小路


すずらん通りのアーチ


すずらん通り、大宮アルジジィーヤの旗が


さくら通りのアーチ
| 次へ
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ