CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
永福町商店街 「永福町の小さなピカソたち」 [2010年09月10日(Fri)]
永福町商店街 「永福町の小さなピカソたち」
井の頭線永福町駅コンコースの両側に地元小学校の子どもたちがそれぞれ思いおもいに夢のある絵を描いて楽しい壁面を創りました。京王電鉄のご理解とご支援を得て,また地域ボランティアの皆様のご協力によって「しあわせバザール」お絵かき大会が開催されています。永福町駅で乗降の際は「永福町の小さなピカソたち」として展示しています。
 永福町駅舎の建て替えが急ピッチで進行し日々姿を変えています。念願の「南口」は本年3月21日に一足早く完成し多くの住民の方々に喜ばれ利用されています。
 駅舎が一部完成しただけでも雰囲気が変わってきましたが、来年春にグランドオープンするともっと印象が良くなると思います。








最後の1枚は、商店街HPより
第13回、かかしコンクール開催中 [2010年09月10日(Fri)]
第13回、かかしコンクール開催中 
深川資料館通り商店街 9月20まで
江東区三好・白河一丁目の清澄通りから、欅が繁る資料館通りに入り深川江戸資料館が
ある通りから、現代美術館のある四丁目までの約900メートルの間に約100店舗が軒を連
ねるのが深川資料館通り商店街である。
 この商店街組織である「深川資料館通り商店街協同組合」は、昭和23年に任意団体「区役所通り商栄会」として発足し、昭和36年に商店街組織をより強固にするため「江東区役所通り商店街協同組合」に法人化した。その後、昭和49年に江東区役所の東陽町への移転に伴い名称を「元区役所通り商店街協同組合」に変更し、さらに、江東区役所の跡地に深川江戸資料館が完成した昭和62年に現在の名称に変更した。かつては、木場を後背地に控えて活気があったが、その木場は、昭和40年代に移転した。
 イベント事業として平成10年より毎年9月1日か組合員や一般から応募のあった「かかし」を期間中商店街の道路上に展示する「かかしコンクール」を行っている。
 9月20日には、深川資料館レクレーションホールで表彰式がおこなわれる。










プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ