CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
砂町銀座商店街 春の砂町銀座フェアー  [2010年03月31日(Wed)]
砂町銀座商店街 第24回 春の砂町銀座フェアー 4月8日(木)〜11日(日)
8日(木):花まつりパレード
午後1時より幼稚園児による鼓笛隊パレード
稚児行列、白象パレード
11日(日):チャリティー募金
200円以上の募金の方にティシュ(5箱)プレゼント!
    ☆昔懐かしい、ちんどん屋さんの賑やかな練り歩き
    ☆子供広場   当日、おたのしみに!
10日(土)〜11日(日)ばか値市 開催

セブン&アイ・ホールディングス傘下にある「イトーヨーカドー」が店舗開発を行っている大型ショッピングセンター「アリオ北砂」が10年6月末にオープンする。アリオとは、英語で“空気の精”などを意味する「Ariel」という言葉に「O(オー)」をつけた造語である。イトーヨーカドーをキーテナントに専門店モールが併設されるスタイルの大型施設で、専門店が約120店舗ほどテナント出店するようである。
商店街(竹井理事長)の話では、休日に車などで「アリオ北砂」に訪れたお客が砂町銀座まで足を伸ばすことを期待している。毎月行われている「ばか値市」も月2回実施するなど形を変えて行うことを考えている。


砂町銀座商店街のアーチ


昨年の花まつりの様子


花まつりの看板、御稚児さん募集は3月31日まで


下2枚はオープンまじかの「アリオ北砂」

日進駅前きらら商店街振興組合 [2010年03月30日(Tue)]
日進駅前きらら商店街振興組合
日進駅地区は、さいたま市の北西部に位置し、南は近隣商業地、北は住宅地から市街地が形成されています。南側にあるきらら商店街は、身近な商店街として親しまれ、また、毎年8月に行われる日進七夕祭りは、大宮夏祭りの1つとして大変に賑わっています。
 しかし、日進駅の改札は南側しかなく駅前広場も未整備で、橋上駅舎による北口開設は長年の懸案事項になっているほか、日進商店街の活性化や歩行者が安心して通行できる道路整備など様々な問題を抱えております。
地元では、これらの改善を目指して、日進駅南地区及び北地区のそれぞれにまちづくり組織が結成され、長年にわたる活動を行なってきました。これまでは、別々に活動していた組織ですが、共通の課題である橋上駅舎と南北駅前広場の早期実現を目指して合同で検討のため、平成16年2月に「日進駅の橋上化と駅前広場並びに駅周辺整備を実現する会(現名称:日進駅周辺整備を実現する会)」を発足させました。
 当会は平成16年2月に発足して以来、日進駅橋上化・北口開設の早期実現を最優先課題としてさいたま市と協働して取り組んできましたが、平成22年3月28日(日)初電より南北自由通路・橋上駅舎が開設されました。これにより、南口・北口からの駅利用が可能になり、自由通路による駅南北への24時間通行ができるようになりました。今後は当地区の新しい玄関口としてふさわしいまちづくりを地元主体で行うことになります。当会としましては引き続き安全・安心に暮らせるまち、人にやさしい賑わいのある七夕のまちを目指して活動してまいります。
また、平成20年度中小商業活力向上事業で、きらら商店街振興組合は、ポイントカードシステムを導入し、日進駅周辺の消費者の新たな顧客確保と周辺大型店への消費の流出を防ぐとともに、ポイントカードを利用したイベントを充実させて、地域密着型のサービスを提供し商店街の活性化を図る事業開始しております。




上2枚は夕暮れのきらら商店街の通り




上2枚はポイントカードが使用できる店舗の前にある幟
新仲見世 新アーケード完成 [2010年03月26日(Fri)]
新仲見世 新アーケード完成
 新仲見世のアーケードが、3月末で完成します。
 新仲見世とは、浅草寺門前の仲見世に対して「新仲見世」といわれます。昭和の初め、松屋がオープンした時に、ロックを結ぶ通りとして造られました。江戸の仲見世、昭和の新仲見世です。また、仲見世が雷門〜浅草寺の間を南北に延びているのに対し、「しんなか」は浅草を東西に延び、上野の寛永寺に向いています。 交通の要所である新仲1部(東側玄関)には、東武線、銀座線、浅草線、都バス、隅田川水上バスの駅があり、浅草の娯楽街である新仲5部(西側玄関)には、落語・漫才や映画館、ボウリング場がならぶ六区商店街に隣接しています。店舗数108、新仲1部〜5部の長さは 380メートルです。
 年間3000万人もの人が訪れる日本を代表する歴史・観光のまちが「浅草」です。 1年の始まりである新年参拝、5月の三社祭、7月の隅田川花火大会、ほおずき市、8月の浅草サンバカーニバル、11月の酉の市、12月の羽子板市など、国内はもとより、世界中から観光客が訪れるのが「浅草」です。この浅草の東西を結ぶ浅草最大のショッピングモールが新仲見世商店街振興組合、通称、「しんなか」と呼ばれています。


覆いが掛けられているアーチ


工事中の通路


工事中の通路


新仲の文字が見える完成まじかのアーチ
井荻街の駅 [2010年03月25日(Thu)]
井荻街の駅
西武新宿線井荻駅から駅前通りの西武井荻商店街振興組合へ出てすぐに「みんなの街の駅」と掲げた2階建ての建物が目に入る。ガラス張りの1階休憩スペースには壁に大きな商店街マップや商店街のあゆみをたどる懐かしい写真など、地元買い物客のみならず遠方から訪れた散策客にも便利な憩いのスポットとなっている。
 休憩スペースではエコバッグの無料貸し出しやイス・テーブルも置かれており、奥にはバリアフリートイレも設置されている。血圧計や体重・体脂肪計も常設されており、定期的に区の保健所による健康相談会も行われている。2階および壁面は有料の貸し出しスペースとなっており、市民サークルや有志のミニコンサートなどの開催が予定されている。
 施設面でとくに特徴的なのが、休憩スペース奥のバリアフリー配慮型トイレである。車椅子対応の約2メートル四方の広さに加え、外部へのアラーム機能、簡易式ベッド、チャイルドシートなどを設置されている。建物表口とは別にトイレ入り口に直結したスロープ付きドアも設置するなど、高齢者・障害者のみならず子供連れの主婦層にも配慮されている。 一方で拠点の設営および運営面では、市民参画の仕組みがされている。休憩スペースの大きな商店街マップは、地元小学校3年生と中学校美術部生徒たちによる共同制作である。また開館時間の午前10時から午後6時のうち、4時から6時までは市民ボランティアが常駐している。


井荻商店街のアーチ


井荻商店街の通り


街の駅

東京スカイツリー 2 [2010年03月17日(Wed)]
東京スカイツリー 2
 東京スカイツリーの足元は、三角形でできています。「3」という数は、三脚のように最も少ない単位で安定が得られ、その合理的な形状により周辺の圧迫感や日影等の影響も考慮でき、さらに隅田川・荒川・交通の東西軸で囲まれたこの地域を象徴する形状でもあるからです。また、シルエットは、伝統的日本建築などにみられる「そり」や「むくり」を意識しています。頂部から足元に向かって変化するしなやかな曲線が、タワーに凛とした佇まいと優美な雰囲気を生み出します。さらに、タワーの足元から頂部へ視点を移すと、基本となる造形が三角形から円形へと変化しているのに気づかれるでしょう。見る角度や眺める場所によって多彩な表情を持たせることで、他のどの都市にもないオリジナリティあふれるランドマークにもなります。日本の伝統的な美意識のもと、先端テクノロジーを駆使して生まれるのが東京スカイツリーです。伝統と先端の新しいシンボルとして、時空を超えた新たな景観を創造します。
 万全の耐震、耐風、耐火性能を備えることにより、平常時はもとより災害時こそ電波塔の有する情報インフラとしての社会的意義を発揮するとともに、地震・火災・水害等の災害に十分耐え得る街づくりを進めることで、地域の防災性能の向上に貢献し、地域に安全と安心を提供します。
 東京スカイツリーは、空に向かって伸びる大きな木をイメージしています。シルエットは、伝統的日本建築などにみられる「そり」や「むくり」を意識し、大きな木の下に、人々が集い、心を寄せ合う様子を表しています。名前そのものから連想される澄んだ空と木々の豊かな緑も、「人に地球にやさしい、豊かなコミュニティ」を目指した、この街全体の開発コンセプトを表したもので、タワーの元に環境に優しい街が生まれ、世界の人々が集い、新しい文化が創造されていくという願いが込められています。タワーの足元は三角形となっており、圧迫感の低減や日影等の影響にも配慮しています。さらに、頂部に向けて円形へと変化し、見る角度や眺める場所によって多様な表情を持っています。



北十間川から見た建設中の新タワー


新タワーの中心部


改修中の北十間川と新タワー


護岸整備予想図
東京スカイツリー 1 [2010年03月16日(Tue)]
江戸期の景観を代表する隅田川を背景に、日本の伝統的な美意識のもと最新技術を駆使して造形した意匠により、足元の北十間川から連なる水の系が織り成す情景や下町の粋な雰囲気と融合し、他の地区にはない、時空を超えたランドスケープを創造します。
浅草や錦糸町、両国などの広域集客拠点に隣接し、交通利便性に恵まれた立地ポテンシャルを生かし、世界一の観光タワーを中核とした大規模複合開発により、地域とともに東東京エリアの新たな交流、観光、産業拠点を形成し、地域社会の活性化を牽引するとともに、国際観光都市東京の実現に貢献します。
伝統的な江戸文化の残るこの地域で、新たな賑わいを創り、つなげ、広げていくために、東京スカイツリーの足元は、人をやさしく迎え入れ、施設へと導くだけでなく、街と街・人と人との交流を象徴し、よりよき未来への入口をも予感させるアーチ状とし、3つの開かれたゲートのような形状にしています。また、地上350mと450mに2つの展望台を設置。350m部分にはレストラン・店舗等も計画しており、関東一円を眼下に、グルメなどを楽しめます。高さ450mの展望ロビーの外周には、ガラスで覆われた空中回廊を設ける予定で、世界一の高さを散歩しながら、遠い江戸から未来にまで思いを馳せることでしょう。さらに、東京スカイツリーの周辺には、下町らしい個性あふれる賑わいを演出した複合施設を計画しており、老若男女、国籍を問わず、誰もが楽しめる空間を創り出します。








写真は新東京タワーと改修が行われれいる北十間川
かっぱの皿の乾かない商店街 [2010年03月10日(Wed)]
かっぱの皿の乾かない商店街
かっぱ橋本通り公西会商店街振興組合は、このたび「台東区景観まちづくり条例」に基づく景観協定を締結し、区長の認定を受けました。本協定は台東区で第6号の認定となります。
本景観協定地区は、「かっぱの皿の乾かない環境づくり」と題し、この地域の歴史性の象徴である「かっぱ」と、東京スカイツリーへの良好な眺望を有する地域特性を活かし、水とみどりにあふれた良好な通景づくりに努め、来街者が楽しみながら歩ける「オアシス」としての環境づくりを進めます。
1.景観協定の名称
 「かっぱ橋本通り公西会“かっぱの皿の乾かない環境づくり”のための景観協定」
2.景観協定区域
  台東区西浅草二丁目22番〜西浅草二丁目27番
     西浅草三丁目1番〜西浅草三丁目7番
3.協定認定の年月日:平成21年11月16日
4.協定期間:平成21年11月16日から10年間
この地域の歴史性の象徴である「かっぱ」と、東京スカイツリーへのベストビューポイントという強みを活かし、来街者が楽しみながら歩ける水と緑にあふれた環境づくりを進めます。


アーケードのある商店街通り


アーケードを外した商店街通り



上と同じ


新しい設備の基礎の取り付け


上に同じ
とれたて村、ハッピーロード大山商店街振興組合 [2010年03月01日(Mon)]
とれたて村、ハッピーロード大山商店街振興組合 
「とれたて村」は商店街がおこなう農商工連携事業、全国市町村のためのシティセールス拠点で
す。 全国ふる里ふれあいショップ「とれたて村」は板橋区・東京都の支援を受けて商店街が経営する、全国市町村のためのシティセールス拠点のアンテナショップです。
 現在、板橋区内の2つの商店街(大山:ハッピーロード大山商店街振興組合、上板橋:上板南口
銀座商店街振興組合)で事業をおこなっています。とれたて村は「都市と農山漁村の共生と対流」を
支援する活動を通じ、「農商工連携」による商店街と全国市町村の双方の活性化をはかることに寄
与しています。
 「とれたて村」の理念は【商店街と農山漁村の連携・相互支援による双方の活性化】 〜 全国の
自治体や生産者の方と提携し、作った人の「顔の見える」安心安全な農水産品を仕入れて販売す
る「とれたて村」ショップと、産地の方が来て都市の消費者と直接触れあう「ふるさとイベント」の2つの
事業を通じ、産地の応援、都市と農山漁村との交流支援をおこなっています。










プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ