CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
塩釜水産物仲卸市場 [2009年04月30日(Thu)]
塩釜水産物仲卸市場
〒985-0001 宮城県塩釜市新浜町一丁目20番74号
TEL 022-362-5518 / FAX 022-362-5517
営業時間 / 月曜日〜金曜日午前3時より午後1時まで:土曜日午前3時より午後2時まで
     日曜祝祭日午前6時より午後2時まで
休  日 / 臨時休業日:1月1日〜4日(正月休日)2月11日(建国記念日)    
      5月6日(振替休日)   9月23日(秋分の日)
東北の中心・仙台と日本三景・松島の中間に位置する、日本一の生マグロの水揚げを誇るのが塩釜漁港である。そこに隣接する塩釜水産物仲卸市場は、この度、市場の活性化を目指して、全国の消費者の皆様に向けてホームページを開設した。
 市場は、産地市場の資格を得た仲卸業者の集まりで、参加4団体367店舗を要し、取扱品は多種多様である。業務用、高級鮨種をはじめ、マグロ、カツオ、三陸近海のカレイ、エビ、カニ、サンマ、タコ等、更には冷凍魚、北洋産のサケ、マス、筋子、及び練製品等の加工食品全般を網羅している。仲卸業者の数367店。新鮮な魚介類や干物、また加工品類などが市価より3割ほど安く購入できる。早朝は出入りの業者で混雑するので、8時過ぎ頃行くのがおすすめである。









亀戸下町こいのぼり祭り [2009年04月29日(Wed)]
亀戸下町こいのぼり祭り
亀戸5丁目中央通り商店街(振)は、JR亀戸駅から十三間通りを北に少し歩いたところにある。生鮮3品店や日常品を取り扱う150店ほどが加盟する下町らしい商店街である。
4月28日(火)〜5月6日(水)まで「こいのぼり祭り」が行なわれている。地元の水神小学校の児童達による手書き鯉のぼりや吹流しの鯉のぼり200以上が商店街通りを彩る。イベント期間中には「鯉のぼりの数当てクイズ」行なわれる。締め切りは5月5日12時まで、商店街の通り4ヶ所に投票用紙と投票箱が置かれている。5月6日午後4時から正解発表・抽選会が行なわれる。また、1日・2日の特売を中心とした「破価市(ばかいち)」を行う。特にこの時期、亀戸天神社の藤まつりには多くの人が集まるが、今年は天候の性か藤が咲いていない。






仙台一番町四丁目商店街 [2009年04月29日(Wed)]
仙台一番町四丁目商店街
東一番丁は、藩政時代には侍屋敷が並ぶ通りであった。明治維新で侍が録を失い街は荒廃したが、その後商人町として蘇り、現在の商店街形成の始まりと言われている。明治初期〜中期はまだ新興の商店街だが、明治の終わりには劇場・活動写真館・西洋料理店等が集まり東北一の商店街としての繁栄を見せようになった。昭和3年には、商店街の振興策として始まったのが「七夕祭り」である。戦中には中断したが、昭和21年8月仙台の復興は東一番丁からと通りに七夕飾りが飾られた。翌年、昭和天皇巡幸を機に、七夕祭りは本格的に復活し、現在にいたっている。
○商店街から買い物公園に
 東一番丁は、昭和29年に東北初のアーケード街になった。昭和50年代には、仙台駅周辺に大型店が出店、中央通りが賑わうようになったため、東一番丁の活性化を図るため昭和54年に1番街買い物公園化、57年に1番町四丁目買い物公園化、61年にはサンモール1番町としてフルモール化を行い、商店街の近代化を図った。一番町四丁目商店街は、1970年代に買物公園として、ぶらんどーむ一番町商店街といっしょに、全国の商店街にさきがけて車両乗り入れの終日規制を行った。
○一番町四丁目商店街の概要
同商店街は広瀬通の交差点から定禅寺通りまでの街路370bに買回り品店46店舗、最寄品店22店舗、飲食・サービス業店41店舗、その他店舗等135店舗が軒を並べる商店街である。賦課金収入は年間6千万円、駐車場手数料、その他等を合わせて年間一億円ほどの事業規模である。賦課金は基本賦課金(一律と間口割)基本的な組合運営に使用、販促費(基本賦課金の15%)イベント等、維持管理費(間口割と一律)の構成になっている。

広瀬通りから見た商店街






7年ほど途絶えていた鯉のぼりが復活
小名木川貨物操車場跡地再開発開始 [2009年04月13日(Mon)]
小名木川貨物操車場跡地再開発開始
 JR貨物は3月末日より、江東区北砂の小名木川貨物操車場跡地に計画中の大型商業施設の建設に着工した。この大型商業施設の敷地面積は約5万6千平方メートルでショッピングセンター棟が床面積(延べ)8万6千6百千平方メートル地上4階。駐車場(地上5階)フィットネス棟(地上2階)の同じく2万5千7百平方メートルの建設を開始、10年5月末に完成予定である。施設はイトーヨーカ堂に一括貸しする。この施設には駐車場2150台、駐輪場1118台を設ける。JR貨物は01年から地元協議や行政手続きを始めていた。近くの商店街理事長が当時、建設を認めた区長に対抗して区長選に立候補するなど、地元の商業者を中心に反対が続いてきた。







プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ