CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
商店街診断終了 [2017年10月30日(Mon)]
商店街診断終了
 9月16日から開始した商店街診断1か月半かけて行い台風が吹き荒れる中、昨日終了した。今回の対象商店街は、住宅地にある近隣型商店街、店舗数は約180店舗で大型の商店街である。
 平成27年度の商店街実態調査と我々の調査内容はほぼ同じで、問題点もほぼ緒は寺であった。以下、平成27年度商店街実態調査より
商店街への来街者のうち最も多い中心層は、「高齢者(38、2% )」、「主婦(35.2% )」の順に多くなっている。「近隣型商店街」や「地域型商店街」では「高齢者」、「主婦」が中心である。
商店街がターゲットとしている屑についてみると。「主婦(57、6% )」、「高齢者(50.9% )」、「家族連れ(40.8%)」の順に多くなっている。ターゲット層を獲得するための取組について、「実施している」と同答した商店街は25.5% であり、その具体的な取組としてご主婦向けには夕方タイムサービス、子育て支援事業、ポイントカード事業等が、高齢者向けには年金支給日セール」配達サービスが実施されている。
来街者が「増えた」または「変わらない」要因としては、「集客イベント等の実施(44.6% )」、「商店街の情報の発信(PR )(23.0% )」の順に多くなっている。
商店街の情報の発信(PR )による集客では、HP、SNSやキャラクターなど総合的に取り組んでいる商店街が有利で、発信方法の優劣が結果に結びついていると思われる。
終了後は、お疲れさま会でご参加の皆様のご意見等で盛り上がった。

DSC07266.JPG

DSC07267.JPG

DSC07270.JPG

DSC07268.JPG

DSC07269.JPG
協同組合飯能銀座商店街 [2016年10月18日(Tue)]


協同組合飯能銀座商店街
 商店街は、西武池袋線飯能駅北口、駅前通りと、交差する一方通行の市道に面した商店街である。大小様々な商店、色々な業種の店が集積し、飯能市の玄関口にふさわしい賑わいを見せていて、空き店舗が少ない。商店街活動も、まちぜみ、100円商店街をはじめとしたイベント、売り出し、リサイクル活動、高齢者サービスなど多彩である。飯能スタンプ会のスタンプ事業でも中心的な役割を担っている。
カラー舗装、明るい街並みが自慢で、大型店にはない親しみやすい接客に努め、一店一店が個々のお得意先をつかんでいる。
組合事務所は「ぎんざ・リサイクルハウス」とも呼ばれ、牛乳パックの回収や不用品交換のための伝言ボードを掲示しリサイクル活動も盛んで、マイバックや簡易包装運動など、常時、ゴミの減量化に取り組んでいる。
高齢者サービスでは、各種の特典やライフカードの役割を持つ、シルバーカード「銀ギンカード」を発行し、会員の方へ各店舗がさまざまなサービスを行いて、高齢者や障害を持つ方々が安心して買物できる環境づくりに努めている。
DSC05689.JPG

DSC05720.JPG

DSC05699.JPG

DSC05721.JPG

DSC05686.JPG
蒲田西口の広東料理店の台湾ラーメン [2016年07月06日(Wed)]
蒲田西口の広東料理店の台湾ラーメン
JR蒲田駅西口へ出ると、サンロードとサンライズの全蓋式アーケードの2筋の商店街が併行して西に伸びている。2筋合わせると200店舗を超える規模で、飲食店からファッション、クリニック、雑貨、パチンコ、映画館まで多種多様で活気がある。サンロード蒲田は入口がかなり狭く、道幅も狭く路地の雰囲気の商店街である。2筋とも懐かしさがただよう商店街であるが、多種多様な店が連なりレトロな風情で活気のある商店街である。
 この、サンロード商店街の中ほどに、広東料理酔香園がある。昼食に広東麺を食べようと中に入りメニューを見ると、台湾ラーメンと半チャハーンのランチがあった。台湾ラーメンは食べたことがないので思わず頼んだ。
台湾ラーメンは、主に名古屋圏の中華料理店・台湾料理店にて提供されるラーメンの仲間である。豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたもので、ニンニクをたくさん入れるのも特徴の一つで、名古屋市が発祥の地である。
1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店「味仙」の台湾人店主の郭明優が、台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされる。名古屋人の好みに合わせて味付けを辛くしたもので、台湾人店主が考案したため「台湾ラーメン」と名付けられた。
 あとから何人かの人が入店してきたが、ほとんどが広東麺と餃子のランチを頼んでいた。ある人は、広東麺ランチを入り口で頼むを戻っていったが、お店の人がカウンターに広東麺ランチをセットし、その人を呼びに行くと店内に入り食事をしていた。

DSC05231.JPG

DSC05230.JPG

20160706_114058.jpg
成田市花崎町商栄会商店街 [2016年05月28日(Sat)]
成田市花崎町商栄会商店街
成田山参詣の楽しみの一つに、門前町(表参道)散策がある。JR成田駅前から成田山に至る商店街が中心のの表参道になる。もう一つは、京成成田駅前からは赤い欄干の開運橋を渡って表参道に合流する道である。
ここには、創業百年以上という貫禄を見せる老舗もある。随所に蔵造りの漢方薬店、見上げるばかりの有形文化財の三階建木造建築の大型旅館などが見られる。表参道ばかりでなく、路地も多く、裏参道にあたる新道や新々道には道標が置かれている。
成田名物のようかんの本店、裏には洋館博物館がある。鉄砲漬、川魚の佃煮、成田の地酒長命泉、何軒もの手焼きせんべいやウナギ屋があり門前町ならではの散策が楽しめる。
JR成田駅から成田山新勝寺に向かう参道の玄関口に当たる成田市花崎町地区の商店街が、歌舞伎をモチーフにしたオリジナルキャラクター「花一屋」を作成した。「成田屋」の屋号を持つ歌舞伎の市川団十郎家は新勝寺と縁が深く、参道で襲名披露の「お練り」も行っている。同商店街は活性化のため、歌舞伎演目の看板を沿道建物に設置する取り組みも進めており、「歌舞伎ロード花崎町」の触れ込みでPRしている。商店街の約50店舗で、おすすめ商品を紹介する店頭チラシやシールにも活用しいる。

DSC04973.JPG

DSC04970.JPG

DSC04974.JPG

DSC04971.JPG

DSC04972.JPG
モトスミ・ブレーメン通り商店街 [2016年05月16日(Mon)]
モトスミ・ブレーメン通り商店街 
平成27年1月、ブレーメン通り商店街が第3回かながわ商店街大賞授賞式において、「ビッグバンド、ビールまで作ってしまう先進、独自の商店街」と評価され同大賞を受賞した。
モトスミ・ブレーメン通り商店街は元住吉駅西口から始まる駅前商店街である。
平成2年モール化とともに「元住吉西口商店街」より名称を変更した。全長約550メートル、加盟店約180店舗が集まる商店街である。
商店街は、買い物の場所としてだけでなく、人が集う地域交流の場として、また、地域の方々へ安心・安全・快適を届ける役割も求められている。
モトスミ・ブレーメン通り商店街では、人にやさしい商店街をスローガンに様々な活動を行っている。
1.防犯ガーディアンズ
「自らの手で自らの街を守る」そんな発想から生まれた「防犯ガーディアンズ」は、主に商店街の青年部メンバーで構成されています。立ち上げのきっかけは、ここ数年、商店街で空き巣や万引き、ひったくりなどの被害が多発したこと。自衛はもちろん、お客様の保護のために警察の防犯講習を受けたことを機に、商店街の見回りもするようになり、団体発足に至った。
2.出張商店街「ぶれーめん」
出張商店街「ぶれーめん」は2010年からスタートした。出張先は主に、商店街から車で30分ほどで行ける高齢者施設で、数店舗がそれぞれ商品を持って伺い、定期的に出張販売を行っている。また、物販だけでなく、ブレーメン・バンドや文化芸能活動を行っている影絵の団体などを施設に派遣し、みなさんに楽しんでいただいている。
3.住んでみたい街・元住吉
元住吉駅は東急東横線の渋谷と横浜のほぼ中間に位置し、どちらに行くにも約20分という通勤・通学のアクセスによい場所にある。元住吉駅には目黒線、日比谷線、南北線、都営三田線の4線も乗り入れている。さらに平成25年3月からは東京メトロ副都心線との相互直通運転が開始され利便性が向上した。渋谷方向に一駅乗れば、隣の武蔵小杉にはJR南武線と横須賀線が、横浜方向の日吉には横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れているなど、「どこに出るにも便利で暮らしやすい」と住み心地のよさに満足されている方が多く、また、「住んでみたい街」として人気の高い場所のひとつです。
4.便利な元住吉駅
元住吉駅の平成23年度の一日平均乗降人員は、東横線が45,308人、目黒線が14,877人である。平成22年に完成した駅舎は、駅開設から数えて三代目になり、環境にやさしい駅のモデルケースとして、太陽光発電や、雨水再利用システム、エスカレーターの回転を利用した発電など、さまざまなエコシステムを採用している。3階の改札前コンコースは庭園のような植栽を設し、開放感あふれる緑の中、電車好きの親子や待ち合わせの人たちの憩いの場となっている。
DSC05059.JPG

DSC05060.JPG

DSC05065.JPG

DSC05061.JPG

DSC05068.JPG
蒲田西口東口商店街 [2016年05月15日(Sun)]
蒲田西口東口商店街
戦後昭和20年焼け跡から一早くヤミ市が出来て復興の兆しが見え、昭和30年頃から区画整理を中心に現在の商店街の前身が出来上がり、サンロードアーケードが昭和40年にサンライズアーケードが昭和52年に完成し、JR蒲田駅西口に振興組合として商店街が発足した。
 JR蒲田駅西口は駅ビルのグランデュオ、東急線の東急ビル名店街と西口商店街で一体となって活動しており、現在の蒲田西口商店街は、デフレ経済の進化、各種の規制緩和を過て商店街も色々なイベント等(蒲田行進曲フェスタ絆、ちびっ子仮装大会、クリスマスコンサート等々)を実施しております。平成23年にはこの蒲田が観光庁の東京の3つの地域の一つに指定され、区でも一段と観光に力を入れている。
平成24年は4月からのNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の舞台として、この蒲田が一躍全国的に知られ地名度が上った。
蒲田の街コン『愛に♡恋』第4弾 “本気で婚活宣言”〜 またまた7組のカップル誕生 〜 平成27年で4回目になる蒲田の街コン『愛に♡恋』が12月13日(日)、蒲田西口東口商店街の主催によって開催された。知名度もあがり申込者数が急増、参加人数は抽選で男性29名、女性26名の合計55名になり、2組が成婚まで至った。

DSC05034.JPG

DSC05035.JPG

DSC05053.JPG

DSC05056.JPG
京都古川町商店街 [2016年05月10日(Tue)]
京都古川町商店街
京都市東山区古川町通三条下る3丁目唐戸鼻町555番地
古川町商店街は、古くから東の錦と呼ばれにぎわっていました。その時代から、人と人とのつながりを大切に守り続け、気がつけば昔と変わらない、ゆったりとした時間が流れる、レトロな商店街になっていました。
安土桃山時代以前より若狭街道(通称:鯖街道)として南北に通っており、寛文6年(1666年)に古川町通りとなりました。町名の由来は、近くを流れる白川の旧流水路または畑地の字地名によるといわれています。
江戸時代中期以降、附近に人家が密集して市街地化が急速に進むことになります。現在の商店街北入口と交差する三条通はかつての東海道であり、京都の表玄関として交通の要点で、知恩院、八坂神社、清水寺への参道として人の往来が盛んでした。主に食料品、日用必需品をあきない、明治以降も同様に繁盛をしましたが、周辺居住地域の開発と共に次第に商圏は狭まれました。
戦後、昭和25年に古川町朝日会として発足し、昭和38年に簡易アーケードを建設、昭和39年に商店街振興組合に法人化、昭和47年には本格アーケードを建設、昭和56年に統一看板を設置、南北約300メートルの通りの中に約50軒もの店舗が立ち並ぶ商店街となり、以降も商店街の街路整備、近代化に努力し、店舗数は減少しましたが現在に至っています。

DSC04709.JPG

DSC04712.JPG

DSC04710.JPG
台場一丁目商店街 [2016年05月08日(Sun)]
台場一丁目商店街(だいばいっちょうめしょうてんがい)
東京都港区台場のデックス東京ビーチにあるテーマゾーンで、昭和30年代をイメージしたレトロな町並みを再現した商店街で、いわゆるレトロテーマパークの一つです。
デックス東京ビーチは、東京都港区台場に立地する都市型のショッピングモールで、ゆりかもめ開業後の、台場エリアに建てられた最初の大型商業施設です。建物は住友商事・住友生命保険が事業主で、設計・施工は大成建設が、運営は住商子会社の住商アーバン開発株式会社が行っていたが、現在は別会社になっています。
施設内商店街の各店舗の看板や外観は昭和30年代当時らしく街全体でレトロな雰囲気を演出していて、「ひばり銀座商店街」「カミナリ横町」「大宝通商店街」「台場提燈横町」「石原大神商店街」などといった名称がつけられています。駄菓子や和雑貨、レトロ雑貨、リサイクル着物や玩具など、見て歩くだけでも懐かしい。その他、お土産に買って帰っても喜ばれそうなグッズなどがたくさんあります。ショッピング以外にはセピア調の合成写真を作ってくれる写真館や懐かしの射的コーナーもあり、これまた懐かしのピンボールやたこ焼き屋、大衆食堂、たばこ屋、床屋、ボウリング場、牛乳屋、歌声喫茶、公衆電話ボックスなど所狭しと並んでいます。
DSC04865.JPG

DSC04866.JPG

DSC04867.JPG
中野サンモール商店街 [2016年05月08日(Sun)]
中野サンモール商店街(なかのサンモールしょうてんがい)
JR中野駅北口正面より、ほぼ直結する全長およそ240メートルのアーケード商店街である。入居店舗数は100店舗以上あり、買い物客、観光客のほか、近隣住民、中野駅利用者の通り道として1日3万人が利用している。中野ブロードウェイを通り早稲田通り、梅照院新井薬師へと続く通り道にもなり、昼夜を問わず多くの通行人で賑わいを見せる。
関東大震災後の住宅需要から中野区への人口流入が増加し、生活需要に対応できる商業集積として現在の商店街の原型となる「中野北口美観商店街」ができる。
東京の戦災復興計画として昭和23年に都市計画課課長の石川栄耀(いしかわ ひであき)都市計画家が考案した東京都美観商店街制度を実施し、都内31の商店街が指定された1つである。
戦後の商業復興、大規模百貨店に対する攻防策、取り組みとして、昭和33年に現在の原型となるモールアーケードが完成した。昭和44年に完成した中野ブロードウェイに見劣りしない改装を手がけ、大理石舗装された歩道、大型シャンデリアをモチーフとする照明を用いた大型商業施設を完成させ集客力を大きく伸ばす。昭和45年のアーケード改装の際、商店街の愛称を公募し「サンモール」と命名された。

DSC04988.JPG

DSC04987.JPG

DSC04989.JPG
岩村田本町商店街 [2013年08月30日(Fri)]
 
岩村田本町商店街 
岩村田(長野県佐久市岩村田)は、長野県の東側に位置し群馬県との境を接する佐久市にあります。古くは中山道69次のうち第22次の宿場町として栄え、商業も発展しました。
 今なお発展を続ける首都圏からの玄関口の佐久平駅周辺とその外側の住宅を中心とした昔ながらの街並みの対比が出来ます。岩村田本町商店街はそんな古き良き時代を色濃く残した地域の商店街です。
岩村田商店街は、郊外型大型店舗の進出や地域住民の生活スタイルの変化に伴い、大きく変化しました。商店街としての役割を見直し「地域住民のコミュニティの場」として位置づけ、商店街振興組合主導で様々な事業に取り組んでいます。
岩村田本町商店街のテーマは「手づくり、手仕事、技(わざ)の街」です。テーマのとおり、商店街には丁寧に人の手をかけて作られた特長のある商品やサービスを提供するお店がたくさんあり、岩村田本町商店街の特長とも言えるアーケードも健在です。

商店街のアーケード
iwamurata.JPG

空き店舗を利用した寺子屋塾
iwamurata2.JPG
| 次へ
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ