CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
立川南口中央通り商店会 農産物直売所「みどりっ子」 [2011年03月28日(Mon)]
立川南口中央通り商店会 農産物直売所「みどりっ子」
相次ぐ周辺への大型スーパー出店や、都内有数の大型店集積を誇るJR立川駅から南へ徒歩5分の立地に地産地消の農産物直売所「みどりっ子」がある。 
 「みどりっ子」は、東京みどり農業協同組合(JA)と立川南口中央通り商店会の立川市の三者が協議を重ねて企画・開設した商店街空き店舗活用事業で、地元産野菜の直売や食育啓発拠点との位置づけの下、平成21年11月16日に新装オープンした。
酒店の倉庫となっていた1階150平方メートル、2階80平方メートルを活用して、都の新・元気を出せ!商店街事業を活用した「農商連携型空き店舗活用事業」、国のふるさと雇用再生特別基金事業「地産地消推進事業」により、開設時の改装費や今後の家賃等について助成を受けている。
商品面では、地元産限定ながらも、JA側の全面協力により充実した品揃えを確保。朝採りならではの鮮度と生産者の“顔が見える”安全安心な品質で人気を集めている。キャベツ、大根、立川名物ウドなど約30種がずらりと並び、店の壁には「私たちが生産しております」との50名超の地元農家の写真が並び、手書きPOPには食材の紹介やお勧めレシピもあり、連日250名を超える地元客を集めている。今後は同拠点との連携イベントや、地場野菜との連携による個店の新商品開発、地元飲食店でのコラボ・メニュー提供なども予定している。
 平成22年4月にはこの「みどりっ子」隣接スペースに長野県大町市の物産館もオープンし、2階会議室を拠点活用しての、多摩地域の大学との連携企画も進行中している。


立川南口中央通り商店会の街路、モノレールが走っている


「みどりっ子」の正面


「みどりっ子」の店内


店内に張り出されて、生産者の顔写真


長野県大町市の物産館
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ