CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
彼岸と曼殊沙華 [2018年09月23日(Sun)]
彼岸と曼殊沙華
彼岸(ひがん)は、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼ぶ。 最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」(あるいは地方によっては「はしりくち」)と呼ぶ。 中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされている。明日の24日は孫を連れてお墓参りの予定である。
由来は、浄土思想でいう「極楽浄土」(阿弥陀如来が治める浄土の一種、西方浄土)は西方にあり、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりである。現在ではこのように仏教行事として説明される場合が多い。やがて、祖先供養の行事へと趣旨が変わって定着してきた。
しかし、彼岸の行事は日本独自のものでインドや中国の仏教にはないことから、民俗学では、日本古来の土俗的な祖霊信仰が起源ではないかと推定されている。彼岸という言葉は「日願(ひがん)」から来ており、仏教語の「彼岸」は後から結びついたものであるという。
 この時期に咲くのが、彼岸花または曼殊沙華、ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)、学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれる。
 仙台掘り公園には、毎年この彼岸花が、たくさん咲いている。

DSC08304.JPG

DSC08305.JPG
彼岸と曼殊沙華 [2018年09月23日(Sun)]
彼岸と曼殊沙華
彼岸(ひがん)は、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼ぶ。 最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」(あるいは地方によっては「はしりくち」)と呼ぶ。 中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされている。明日の24日は孫を連れてお墓参りの予定である。
由来は、浄土思想でいう「極楽浄土」(阿弥陀如来が治める浄土の一種、西方浄土)は西方にあり、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりである。現在ではこのように仏教行事として説明される場合が多い。やがて、祖先供養の行事へと趣旨が変わって定着してきた。
しかし、彼岸の行事は日本独自のものでインドや中国の仏教にはないことから、民俗学では、日本古来の土俗的な祖霊信仰が起源ではないかと推定されている。彼岸という言葉は「日願(ひがん)」から来ており、仏教語の「彼岸」は後から結びついたものであるという。
 この時期に咲くのが、彼岸花または曼殊沙華、ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)、学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれる。
 仙台掘り公園には、毎年この彼岸花が、たくさん咲いている。

DSC08304.JPG

DSC08305.JPG
西永福の盆踊り [2018年08月26日(Sun)]


西永福の盆踊り
盆踊りといえば夏祭りの代表格で太鼓や笛に音にのって、やぐらを囲んで輪になって踊ったり、踊りながら町中を流したり、盆踊りをします。盆踊りは単なるサマー・イベントではなく、本来、盆踊りはお盆に帰ってきた先祖の霊を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事です。原型は、死者を供養する念仏踊り(自分で念仏を唱えながら踊る)にあり,次第に念仏を唱える人と踊る人に役割が分化し、発展した踊り念仏が盂蘭盆(お盆のこと)と結びつき、精霊を慰めたり送り出すための行事になりました。盆踊り(ぼんおどり)は、盆の時期に死者を供養するための行事、またその行事内で行なわれる踊りになりました。
盆踊りにはいろいろな説があり、仏教行事であるとする説、原始信仰の儀式だったとする説などがありますが、文献に最初に登場するのは室町時代と言われています。平安時代、空也上人によって始められた踊念仏が、民間習俗と習合して念仏踊りとなり、盂蘭盆会の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事として定着していったと考えられます。死者の供養の意味合いを持っていた初期の盆踊りでは、新盆を迎える家に人々が赴き、家の前で輪を作って踊り、家人は踊り手を御馳走でもてなしました。盆には死者が家に帰って来るという考え方から、頬被りをして人相を隠し、死者の生き返った姿に扮した人がその物語を演じたといいます。
知らないで踊っている日本人の多いこと「チコチャン」にぼーっとして生きているんじゃないと怒られますよ

DSC08216.JPG

DSC08218.JPG

DSC08217.JPG

DSC08220.JPG

DSC08221.JPG

DSC08222.JPG
西永福の盆踊り [2018年08月26日(Sun)]


西永福の盆踊り
盆踊りといえば夏祭りの代表格で太鼓や笛に音にのって、やぐらを囲んで輪になって踊ったり、踊りながら町中を流したり、盆踊りをします。盆踊りは単なるサマー・イベントではなく、本来、盆踊りはお盆に帰ってきた先祖の霊を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事です。原型は、死者を供養する念仏踊り(自分で念仏を唱えながら踊る)にあり,次第に念仏を唱える人と踊る人に役割が分化し、発展した踊り念仏が盂蘭盆(お盆のこと)と結びつき、精霊を慰めたり送り出すための行事になりました。盆踊り(ぼんおどり)は、盆の時期に死者を供養するための行事、またその行事内で行なわれる踊りになりました。
盆踊りにはいろいろな説があり、仏教行事であるとする説、原始信仰の儀式だったとする説などがありますが、文献に最初に登場するのは室町時代と言われています。平安時代、空也上人によって始められた踊念仏が、民間習俗と習合して念仏踊りとなり、盂蘭盆会の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事として定着していったと考えられます。死者の供養の意味合いを持っていた初期の盆踊りでは、新盆を迎える家に人々が赴き、家の前で輪を作って踊り、家人は踊り手を御馳走でもてなしました。盆には死者が家に帰って来るという考え方から、頬被りをして人相を隠し、死者の生き返った姿に扮した人がその物語を演じたといいます。
知らないで踊っている日本人の多いこと「チコチャン」にぼーっとして生きているんじゃないと怒られますよ

DSC08216.JPG

DSC08218.JPG

DSC08217.JPG

DSC08220.JPG

DSC08221.JPG

DSC08222.JPG
パディントン・マーケット (Paddington Market) [2018年04月03日(Tue)]
パディントン・マーケット (Paddington Market)
 住所: 395 Oxford St, Paddington  開催日:土10:00〜16:00
ローカル色が強く、洗練された雰囲気のマーケットで。パディントンの教会(Paddington Uniting Church)で開かれている土曜日のパディントンマーケットに行ってきた。このマーケットは、昔から若手デザイナーの登竜門的な役割をしていて、シドニー近郊で最も古い歴史をもつという。若手デザイナーの作品も多く、お店などでは見ない目を引くデザインのアクセサリーや雑貨が豊富。手作りコスメやアロマオイルなど、全体的におしゃれな品揃えが特徴です。

DSC07715.JPG

DSC07716.JPG

DSC07717.JPG

DSC07718.JPG

DSC07719.JPG
パディントン・マーケット (Paddington Market) [2018年04月03日(Tue)]
パディントン・マーケット (Paddington Market)
 住所: 395 Oxford St, Paddington  開催日:土10:00〜16:00
ローカル色が強く、洗練された雰囲気のマーケットで。パディントンの教会(Paddington Uniting Church)で開かれている土曜日のパディントンマーケットに行ってきた。このマーケットは、昔から若手デザイナーの登竜門的な役割をしていて、シドニー近郊で最も古い歴史をもつという。若手デザイナーの作品も多く、お店などでは見ない目を引くデザインのアクセサリーや雑貨が豊富。手作りコスメやアロマオイルなど、全体的におしゃれな品揃えが特徴です。

DSC07715.JPG

DSC07716.JPG

DSC07717.JPG

DSC07718.JPG

DSC07719.JPG
さわら雛めぐり(2月10日から3月25日まで) [2018年03月08日(Thu)]
さわら雛めぐり(2月10日から3月25日まで)
 江戸の商都の面影を残す佐原の町並みをめぐり、それぞれの商家自慢のお宝を見てもらう「佐原まちぐるみ博物館」を佐原おかみさん会が運営していますが、その企画展の一つとして、2月から「佐原雛めぐり」を毎年開催しています。
 佐原まちぐるみ博物館に参加している店舗の半数以上で期間中、江戸・明治期の古びなや御所を模した建物に人形が収まる御殿飾りなど各家に伝わる大切な雛人形が店頭に飾られます。
 また、伊能忠敬記念館や佐原町並み交流館などの周辺施設でも雛人形を飾るなど、まち全体で春の空間を演出しています。
 店先の桃色のまねき布が展示場所の目印になります。月曜日や水曜日はお休みが多くなっています。

DSC07645.JPG

DSC07646.JPG

DSC07662.JPG

DSC07661.JPG

DSC07659.JPG
深川みなとや [2018年02月02日(Fri)]
深川みなとや
みなとやは東京深川で昭和23年に創業しました。 「伝統の製法」を守り「手作りの味」を大切に守り煎餅と豆菓子を作り続けて約70年、現在の店主で三代目になりました。 当店では毎年この時期には節分豆やひなあられといった自慢の品を中心に昔ながらの製法で作り「伝統の味」 を守ってきました。 また、現代に合った新しい形の米菓はないか、研究を重ねています。

DSC07492.JPG

DSC07494.JPG

DSC07493.JPG
第64回阿佐谷七夕まつり [2017年08月05日(Sat)]
第64回阿佐谷七夕まつり
平成29年8月4日(金) 〜 8月8日(火)
阿佐ヶ谷駅前から続くアーケードに吹流しや竹飾り、商店主手作りのブームや世相を反映したハリボテ飾りが吊り下げられる。期間中は、商店の前にお店自慢の露店風の100店以上出店(数えていない)し、毎年多くの人で賑わう。
「阿佐谷七夕まつり」は今年で64回目を迎える。戦後の混乱が残る昭和20年代、暑い盛りの8月にも、商店街に大勢の人を集める方法はないだろうか、ということで始まったと言われる。「阿佐谷七夕まつり」は、昭和29年の初回から続く伝統のハリボテが、今年もパールセンター商店街やすずらん通り商店街、駅北側の商店街に飾られる。また、各店独自のセール企画も多数実施。阿佐ヶ谷駅周辺8商店会による連携イベントも開催される。

DSC06581.JPG

DSC06585.JPG

DSC06583.JPG

DSC06587.JPG

DSC06584.JPG

DSC06586.JPG

DSC06582.JPG
第70回砂銀七夕まつり 8月4日(金)〜6日(日) [2017年08月04日(Fri)]
第70回砂銀七夕まつり 8月4日(金)〜6日(日)
江東区の風物詩、今年も開催致します。
●期間中は、全店参加の 七夕まつり超特価市
●こども神輿(区立小名木川第二保育園5歳児による)
8月4日 金曜日
●期間中3日間に特設会場にて
「七夕まつり抽選会」開催
●歌謡ショー
8月5日 土曜日
北砂公園にて 雨天決行  ※愛称 バナナ公園
●こども縁日広場
8月6日 日曜日
北砂公園にて  ※愛称 バナナ公園
●ききビール大会
8月6日 日曜日 (雨天決行)
砂町銀座商店街事務所近くの特設会場にて
※なお、未成年、車両(自転車含む)を運転される方の参加は厳禁とします。
※バナナ公園という愛称の由来は、公園の隣にバナナを売る青果店の存在が大きく、「バナナ屋の隣の公園」から「バナナ公園」と愛称になりました。
 9月16日からは2年に1回の商店街診断の開始、

DSC06560.JPG

DSC06561.JPG

DSC06562.JPG

DSC06564.JPG
| 次へ
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ