CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
アーバンドック ららぽーと豊洲 [2017年10月19日(Thu)]
アーバンドック ららぽーと豊洲(アーバンドック ららぽーととよす)
東京都江東区豊洲二丁目に立地する三井不動産商業マネジメント運営のショッピングセンターである。2006年10月5日に開業した。東京都江東区豊洲2丁目区画整理事業の一環として、旧石川島播磨重工業(現・IHI)東京第一工場跡地であるアーバンドック内に建設された。超高層マンションのパークシティ豊洲と隣接している。
主な出店テナントは、フードストアあおき、アプレシオ、ユナイテッド・シネマ(シネマコンプレックス)、東急ハンズ、紀伊國屋書店、HMV、キッザニア東京、ドゥ・スポーツプ、ラザ、
ユニクロ、GAP等である
現在では高級指向を持つファミリー層、富裕層が住むタワーマンション街となっているが、もともとは工業地帯であったが、現在は区画整理・大規模再開発が盛んで、中高層の共同住宅や商業施設が多くなっている。都心にも近い一方で他地域の同水準の物件に比べて坪単価が2から3割安い豊洲では埋立地の開発が進み、築地市場の移転先(豊洲市場)にも決定している。
1923年(大正12年)の関東大震災の瓦礫処理で当地や有明、東雲などが埋め立てられた。このエリアは、1980年代後半までは主に工業地として使われていた。転機としては、有楽町線開通、産業構造の変化などがある。
工業地として発展し、20世紀後半までに、石川島播磨重工業などの工場、新東京火力発電所などのほかに、各種流通設備が立地し、さらに関係者向けの商店・社宅等もあるという状況が続いた。この時代、日本初のコンビニエンスストアとも言われるセブンイレブン日本法人の一号店や、当時珍しかったフィットネスクラブ(ドゥ・スポーツプラザ)が設置された。

DSC07248.JPG

DSC07250.JPG

DSC07251.JPG

DSC07253.JPG

DSC07254.JPG

DSC07252.JPG
ペリエ千葉オープン [2017年09月14日(Thu)]
ペリエ千葉オープン
 千葉駅で建て替え中の駅ビル「ペリエ千葉」の2〜7階が9月7日に開業した。千葉市初出店の生活雑貨店「東急ハンズ」やセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」など107店が出店し、ファッションを中心にレストランやクリニック、ドラックなどが入り、新たなにぎわいの創出を目指している。
 2〜7階は店舗面積が約1万4500平方メートルで、JR東日本子会社でビル運営会社の千葉ステーションビル(千葉市)は各階にコンセプトを設定し、2〜3階にはワークショップやイベントを定期開催できるフリースペースを設けた。
5階には憩いの場として利用できる「えきうえひろば」を整備した。
 東急ハンズやビームスを中心に雑貨やアパレル、家具などの店舗を充実させるほか、クリニックを3カ所に配置した。2018年4月には「植草学園千葉駅保育園(仮称)」も開園する予定で、子育て支援にも力を入れるよていである。
 ペリエ千葉は1階と地下1階が18年夏以降にオープンし、全面開業する。すでに開業している改札内の商業施設「ペリエ千葉エキナカ」との相乗効果で集客増を狙う。
 こんなすごいのができるから、中心部の「パルコ」や「千葉三越」が撤退するのもうなずける。支援企業の店舗も条件が合わず撤退した。

DSC06825.JPG

DSC06824.JPG

DSC06826.JPG

DSC06827.JPG

DSC06828.JPG
GINZA SIX(ギンザ シックス) [2017年06月24日(Sat)]
GINZA SIX(ギンザ シックス)
平成29年4月20日(木)、銀座に「GINZA SIX(ギンザ シックス)」がオープンした同施設を訪問した。場所は、銀座松坂屋の跡地で、銀座の新たな顔として、多くのオシャレ好きやグルメ通を集めている。
GINZA SIX のコンセプトは「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」で、地下2階から6階までの各フロアと13階のレストランフロアには、日本だけでなく世界中から集まった貴重なフードやドリンクの店や、世界的なファッションブランド、ライフスタイルを豊かに彩る専門店241店舗が集まっている。その中で食に関わるショップやカフェ、レストランは63店舗である。6階はほぼすべてが蔦屋書店である。2階の上が大きな吹き抜けとなっていて大きなアドバルーン?があり、魅力的である。
屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」(約4,000u)は、地上13階、高さ約56mの建築物屋上に位置し、屋上庭園の約56%にあたる約2,200uの緑地である。

DSC06424.JPG

DSC06432.JPG

DSC06425.JPG

DSC06432.JPG

DSC06430.JPG

DSC06429.JPG
バスタ新宿 [2017年04月11日(Tue)]
バスタ新宿
バスタ新宿は、東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目の新宿駅南口地区にある鉄道駅や高速バスターミナル、タクシー乗降場などを集約した交通ターミナルである。正式名称は新宿南口交通ターミナルという
国土交通省関東地方整備局が事業主体として施行した「新宿駅南口地区基盤整備事業」の一環で整備されたバスターミナルで、国土交通省が東日本旅客鉄道(JR東日本)に委託し、平成18年4月8日に起工、平成28年春に完成し、平成28年4月4日に運用を開始した。新宿駅のうち「新南口」と称されていた甲州街道(国道20号)南側部分に建設された人工地盤上に駅施設や歩行者広場、タクシーの乗降場、高速路線バス関連施設を立体的に配置している。

DSC06164.JPG

DSC06163.JPG

DSC06165.JPG

DSC06166.JPG
武蔵小山再開発 [2016年12月29日(Thu)]
武蔵小山再開発
 武蔵小山商店街パルム(パルム商店街)は、総延長は約800メートルのL字形アーケード商店街で、東急目黒線・武蔵小山駅の東口(東京都品川区)から中原街道まで延びている。昼夜問わず多くの人々が行きかっているが、都の再開発が計画されており、アーケードや界隈(かいわい)の風景が一変する。
アーケードの左側の一角の店舗12軒と昭和のノスタルジックな雰囲気が残るスナックが立ち並ぶ飲食街「りゅえる」が解体され、この跡地に4年後、住宅を併設した41階建てのビルが建設中である。再開発地域はここだけではなく、さらに周辺の計画も現在進行している。

DSC05884.JPG
DSC05880.JPG
DSC05885.JPG
DSC05881.JPG
DSC05882.JPG
千葉県成田市JR成田駅 [2016年10月09日(Sun)]
千葉県成田市JR成田駅
同市は、千葉県の北部中央の下総台地に位置する市で、成田国際空港や成田山新勝寺などあり、国際ビジネス・イノベーションの拠点として国家戦略特区に指定され、業務核都市や国際会議観光都市にも指定されている。このような背景の中でJR成田駅周辺は、再開発により新しい駅前広場が造られた。
成田の歴史は天慶年間、常総の地を揺るがした平将門の乱を鎮めるため、寛朝大僧正によって成田山明王院神護新勝寺が創建されたのが始まりである。
元禄時代になると成田詣が盛んになり、成田は江戸から行ける行楽地として大いに繁栄した。門前町の店々では、江戸でのうなぎ人気の高まりとともに、特に夏場にはうなぎ料理でお客様をおもてなしし喜ばれた。この名残で、成田山周辺を中心に成田市内にはうなぎ料理を出すお店が今でも数多くある。距離800m、徒歩約15分の成田山表参道には古くからの旅館や料理店が軒を連ね、このうち数多くの飲食店がうなぎ料理をメニューにしている。これだけの密度でうなぎ屋が集まっている成田は、「うなぎの街」なのである。
 昭和29年3月31日、町村合併促進法によって成田町などの1町6か村が合併して成田市(人口45,075人)が誕生した。昭和41年7月、成田国際空港の設置が決まり、反対闘争を経て昭和53年 5月20日に開港した。現在、航空機が1日平均512便離着陸し、空港旅客数は年間3000万人を超え、名実ともに日本の空の表玄関となった。平成18年3月27日、香取郡下総町、同郡大栄町の2町と合併し人口約12万人の成田市が誕生した。田園観光都市成田は、信仰のまちとしての顔と、交通、経済、文化の様々な分野で国際交流の拠点として、国際交流都市のまちへと大きく変貌している。

DSC05647.JPG

DSC05649.JPG

DSC05650.JPG

DSC05648.JPG

DSC05651.JPG
流山おおたかの森 S・C [2016年10月07日(Fri)]
流山おおたかの森 S・C(ながれやまおおたかのもり ショッピングセンター)
千葉県流山市西初石六丁目に所在する高島屋子会社の東神開発株式会社が運営するショッピングセンターである。つくばEXと東武アーバンラインの流山おおたかの森駅の接するSCで、大きな駐車場、高速道路のインターの近くなどという従来の条件を満たしていないところが魅力があるのかもしれない。東側にイトーヨーカ堂、西側に高島屋の食料品売り場があり、生活者に対する試みがなされているように思われる。
また流山市では、緑豊かな流山の価値を損なわないように、緑の存在が流山に住むことの最大の価値となるようにとのことから、「グリーンチェーン認定基準」を設けている。当SCは、建物内外の緑化や環境に配慮した商業施設として認定を受けている。
店舗概要:所在地 千葉県流山市西初石六丁目185番地2
開業日:平成19年3月12日  施設管理者:東神開発株式会社、  
敷地面積:40,573m2  商業施設面積:41,120m2  延床面積:106,52m2
店舗数:130  営業時間:店舗により異なる
駐車台数:約2,200台  商圏人口:5km圏で約40万人
最寄駅:つくばEX、アーバンライン 流山おおたかの森駅
都市再生機構を施工者とする「流山市新市街地地区一体型特定土地区画整理事業」区域において、2004年(平成16年)夏季に開発事業に着手し、2007年(平成19年)3月12日に開業した。建物は地上3階建ての本館、地上5階建ての本館駐車場棟、別棟の地上6階建てのANNEXとで構成されている。
DSC05622.JPG

DSC05621.JPG

DSC05623.JPG

DSC05629.JPG

DSC05619.JPG

DSC05627.JPG
ユーカリが丘ニュータウン  [2016年09月14日(Wed)]
ユーカリが丘ニュータウン 
ユーカリが丘は、千葉県佐倉市にあるニュータウンで、ユーカリが丘1から7丁目・南ユーカリが丘・西ユーカリが丘1-7丁目・宮ノ台1-6丁目などを中心とする地域で、2015年5月末現在の世帯数は7,178戸、人口は17,936人ある。
1971年に不動産会社の山万が開発を始め、1979年に分譲が開始された。都心から約38kmの距離に位置する典型的なベッドタウンで、東京駅までの電車での移動時間は47分。都市機能のハード面とソフト面の両方を山万が整備している。
ユーカリが丘は、通常のニュータウン開発手法である「分譲撤退型」ではなく、長期的な街づくりを前提とした「成長管理型」の開発が行われ、「自然と都市機能の調和」「少子高齢化」「安心・安全」「文化の発信」「高度情報通信化」の5つのキーワードに沿った、一貫した開発が行われている。キャッチコピーは「未来の見える街」である。
ニュータウン内には山万が運行する新交通システム山万ユーカリが丘線が運行され、京成電鉄のユーカリが丘駅に接続している。ユーカリが丘駅前のユーカリが丘4丁目は、千葉県で初めて整備された超高層住宅・商業施設・放送局・総合子育て支援センターの入る複合開発「スカイプラザ・ユーカリが丘」やウィシュトンホテル・ユーカリ、シネマコンプレックスからなるショッピングセンター(YOUPLA)等の超高層住宅・商業立体開発エリアとして整備されている。ユーカリが丘4丁目の大部分は、佐倉市唯一の高度利用地区として設定されている
ユーカリが丘では、毎年の分譲件数を一定に決めており、コンスタントに若い世代を入居させることで、居住世代を分散化するように配慮されている。このため、日本各地のニュータウンで急速に進んでいる住民の高齢化による過疎化が起きにくくなっている。また、ユーカリが丘地域内での住替えを簡単にするための「ハッピーサークルシステム」が整備されており、生活スタイルに合った住替えが容易になる配慮がなされている。これも、居住世代を分散化する配慮の一環として行われている。

DSC05511.JPG

DSC05510.JPG

DSC05513.JPG

DSC05512.JPG
京浜急行空港線 [2016年06月07日(Tue)]
京浜急行空港線(くうこうせん)
空港線は、東京都大田区の京急蒲田駅と羽田空港国内線ターミナル駅を結ぶ、京浜急行電鉄の鉄道路線である。大田区内を東西に走り、東京国際空港(羽田空港)への空港連絡鉄道としての役割を担う。京急の支線としては唯一東京都内のみを経由する路線である。おおむね環八通りと併走しており、京浜間の主要道路との交差する場所も多くなっている。
2000年から当駅を中心とした本線4.7km(平和島 - 六郷土手間)と空港線1.3km(京急蒲田 - 大鳥居間)の合計6kmを連続立体交差化(高架化)する工事を施工し、当駅ではそれに併せて本線・空港線での平面交差の解消や当駅での緩急接続などを目的に、駅舎の建て替えと線路の移設工事が行われることになった。工事に当たっては国土交通省の鉄道駅総合改善事業補助を受けるため、大田区が出資した第三セクターの蒲田開発事業株式会社が駅関係施設を保有して事業主体となり京急が受託する形となった。施工については京急建設と鹿島建設が主体となって工事が進められ、2010年5月に一部高架化し、2012年10月に全面高架化となった。
 箱根駅伝では、2012年(第88回)まで往路1区と復路10区が京急蒲田駅そばの第一京浜にかかる踏切を通過していた。1月2日の往路では全出場校がすぐに通過するが、1月3日の復路ではトップの通過から最後尾までの差が30分程度開く。そのため、毎年1月3日には競技への影響を抑えるため、本線からの直通運転を中止していたが、2012年10月に全面高架化になってからは行われていない。

DSC05155.JPG

DSC05158.JPG

DSC05160.JPG

DSC05157.JPG
東中野ムーンロード [2016年05月29日(Sun)]
東中野ムーンロード
東中野ムーンロードとはJR東中野駅前の飲食店街で約40店舗ものお店が軒を連ねている。 正式名称は「東中野駅前飲食店会」で、小路が三日月のように曲がっていることから「ムーンロード」と呼ばれている。 現在では珍しい昭和の雰囲気が漂う通りの中に、様々なジャンルのお店が集まっている。東中野ムーンロードには普通の居酒屋以外にも、生演奏のジャズやシャンソンを間近で聴けるお店や映画・アニメ・プロレスなどのサブカルチャー系のマニアックなバーなど、他の場所にはない珍しいお店もたくさんある。 
昭和20年頃に「飲食店街 住吉小路」という飲食店会を発足。 以来、約60年の長い歴史がある中で、いつしか「東中野ムーンロード」と呼ばれ、親しまれるようになった。
この昭和のまちに起きているのが地上げ、裁判が行われている
傍聴報告: 3/22、第5回口頭弁論のご報告です。そろそろ山場と相手も認識しているのか、傍聴席には地上げ屋の若手社員2人に加えて管理職らしい年かさ1人。ムーンロード側は10人ほど・・下のフェースブックから
ビルオーナーでも地上げ屋には絶対売り渡さないと表明している方も多く、まだまだ踏ん張れます。

https://www.facebook.com/東中野ムーンロード-1426696964325266/

DSC05106.JPG

DSC05102.JPG

DSC05100.JPG

DSC05104.JPG
| 次へ
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ