CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
梅むらのこだわり [2019年01月11日(Fri)]
梅むらのこだわり
 先代からの変わらぬ味、こだわりの塩うどん、ひとつひとつ手作りのお稲荷さん、ぜひ一度味わってください。
1950年・・・先代が江東・砂町の地に店を構え、当店の歩みは始まりました。
先代が生みだした名物「塩うどん」に「おいなりさん」、自家製あんこで作る餅菓子など、先代からの変わらぬ味と製法を守り、地域の皆さまやリピーターの皆さまにご支持頂いています。
 当店の塩うどんは、季節ごとに選別された煮干し(いりこ)と北海道産日高昆布でダシをとり、そこへ「先代が考案した割下」を加えることで生みだされます。関東風や関西風など、どこにも当てはまらない当店自慢の塩うどんを、ぜひ一度ご賞味ください。おいなりさんは、薄味のおいなりさんが主流となる現在でも、創業当時から変わらぬ甘じょっぱい懐かしい味を守っております。
東京都江東区北砂3-30-9
www.sunagin-umemura.com
DSC08763.JPG

DSC08765.JPG

DSC08764.JPG
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1419468
コメント
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ