CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まち、商店街

今高齢化・人口減少の時代を迎え全国のまちや商店街は、特に地方都市の中心市街地や大都市でも近隣型、地域型と呼ばれる商店街は疲弊が激しい。かって都市の顔と呼ばれていたが見るもない中心市街地や商店街が増えてきた。それは、地域や都市そのモノが疲弊しているからに他ならない。それに追い討ちをかけるように郊外に大型店が出店している。全国の商店街やまちづくり団体は懸命にこれらに対処しようとしています。これらの取り組みを紹介してゆきたいと思います。


<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
にゃんこさん
日進駅前きらら商店街振興組合 (12/12) 試しです
浅草すしや通り商店街振興組合 (02/25) ひなめぐり実行委員会
第6回 沼袋まちかど雛めぐり  (02/11) 墨田区大好き!
おしなりくんの家 (12/01) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (11/25) 沼袋まちかどひなめぐり実行委員会
第5回 沼袋まちかど雛めぐり  (10/02) 新多 右東
香川県高松市 高松丸亀町商店街1 (05/07) おお
成田の街 表参道 (04/15) たかはし
宝仙寺前通商店会イベント (12/23) ご先祖
八ッ場(やんば)ダム (10/19)
最新トラックバック
かかし (09/27)
春分の日(しゅんぶんのひ)と彼岸(ひがん) [2019年03月22日(Fri)]
春分の日(しゅんぶんのひ)と彼岸(ひがん)
 昨日は彼岸の中日、成田まで墓参りに行ってきました。
春分の日は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされています。通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日がそれにあたります。しばしば昼が長くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれていますが、実際は昼の方が少し長くなっています。
彼岸とは、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)を言います。この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼びます。最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」(あるいは地方によっては「はしりくち」)と呼びます。俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされています。浄土思想でいう「極楽浄土」(阿弥陀如来が治める浄土の一種、西方浄土)は西方にあり、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりであります。現在ではこのように仏教行事として説明される場合が多きなっていますが、それがやがて、祖先供養の行事へと趣旨が変わって定着しましたた。

DSC08971.JPG

DSC08965.JPG

DSC08970.JPG

DSC08969.JPG

DSC08966.JPG

DSC08967.JPG

DSC08964.JPG

DSC08968.JPG
春分の日(しゅんぶんのひ)と彼岸(ひがん) [2019年03月22日(Fri)]
春分の日(しゅんぶんのひ)と彼岸(ひがん)
 昨日は彼岸の中日、成田まで墓参りに行ってきました。
春分の日は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされています。通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日がそれにあたります。しばしば昼が長くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれていますが、実際は昼の方が少し長くなっています。
彼岸とは、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)を言います。この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼びます。最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」(あるいは地方によっては「はしりくち」)と呼びます。俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされています。浄土思想でいう「極楽浄土」(阿弥陀如来が治める浄土の一種、西方浄土)は西方にあり、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりであります。現在ではこのように仏教行事として説明される場合が多きなっていますが、それがやがて、祖先供養の行事へと趣旨が変わって定着しましたた。

DSC08971.JPG

DSC08965.JPG

DSC08970.JPG

DSC08969.JPG

DSC08966.JPG

DSC08967.JPG

DSC08964.JPG

DSC08968.JPG
川崎銀柳街商業協同組合 [2019年03月20日(Wed)]
川崎銀柳街商業協同組合
 銀柳街(ぎんりゅうがい)は、神奈川県川崎市川崎区にある商店街で、新川通りと市役所通りを結んでいる商店街で、1日2万5千人が通ります。
「川崎銀柳街」のまちづくりについて、商店街における全ての当事者が組合への協議・届出を通じて互いに協調し、街のにぎわいと未来への発展を担保します。併せて、街内環境の安心・安全や維持管理活動とともに、道路空間の利活用による一層の賑わいと集客力の向上に向けて活動を行います。
 現在、銀柳街の秩序ある街並みづくりに向けて、街内にて店舗を経営する方、土地・建物を所有する方や行政関係者が集まり、銀柳街 街づくり特別委員会を開催しております。
 この度、そこで話し合われた成果として「銀柳街 街づくりルール」がまとめられました。このルールは、街内での法令による規制が強化されていく中で、そうした法令を遵守しつつも、街内の買い物環境を皆様の総意で組合が自主的に管理することによって、街の特色を生み出し、新たなにぎわいと未来への発展を担保することを目的としています。
 アーケードは38年前に大成建設が造りました。毎年の維持管理費で2千万円がかかりますが、小学・中学の見学会で、アーケードの屋根を開けるのが大変受けています。本日は晴天にためアーケードの屋根は解放されていました。お店の数は60店舗ほど、ほとんどがチェーン店で街づくりルールの必要があります。

DSC08951.JPG

DSC08952.JPG

DSC08953.JPG

DSC08957.JPG

DSC08956.JPG

DSC08951.JPG

DSC08958.JPG

DSC08960.JPG

川崎銀柳街商業協同組合 [2019年03月20日(Wed)]
川崎銀柳街商業協同組合
 銀柳街(ぎんりゅうがい)は、神奈川県川崎市川崎区にある商店街で、新川通りと市役所通りを結んでいる商店街で、1日2万5千人が通ります。
「川崎銀柳街」のまちづくりについて、商店街における全ての当事者が組合への協議・届出を通じて互いに協調し、街のにぎわいと未来への発展を担保します。併せて、街内環境の安心・安全や維持管理活動とともに、道路空間の利活用による一層の賑わいと集客力の向上に向けて活動を行います。
 現在、銀柳街の秩序ある街並みづくりに向けて、街内にて店舗を経営する方、土地・建物を所有する方や行政関係者が集まり、銀柳街 街づくり特別委員会を開催しております。
 この度、そこで話し合われた成果として「銀柳街 街づくりルール」がまとめられました。このルールは、街内での法令による規制が強化されていく中で、そうした法令を遵守しつつも、街内の買い物環境を皆様の総意で組合が自主的に管理することによって、街の特色を生み出し、新たなにぎわいと未来への発展を担保することを目的としています。
 アーケードは38年前に大成建設が造りました。毎年の維持管理費で2千万円がかかりますが、小学・中学の見学会で、アーケードの屋根を開けるのが大変受けています。本日は晴天にためアーケードの屋根は解放されていました。お店の数は60店舗ほど、ほとんどがチェーン店で街づくりルールの必要があります。

DSC08951.JPG

DSC08952.JPG

DSC08953.JPG

DSC08957.JPG

DSC08956.JPG

DSC08951.JPG

DSC08958.JPG

DSC08960.JPG

酒菜膳 江戸川橋 いちりづか [2019年03月17日(Sun)]
酒菜膳 江戸川橋 いちりづか
住所:東京都文京区関口1-11-4
昨日の最後は、とんかつと鮮魚が美味しい創作和食店で〆になりました。ここで頂いたのが、清酒「寫楽(写楽)」です。福島県会津若松市の宮泉銘醸のお酒です。蔵は会津 鶴ヶ城(会津若松城)の門前に蔵を構えています。灘の「宮水」に品質の近い井戸水が蔵内にあることから「宮泉」と銘々され地元に愛されています。「寫楽」は新しい銘柄で、現社長が蔵に戻ってから地酒専門店向けに立ち上げた新ブランドです。寫楽 純愛仕込み純米酒は、契約田にて福島県酒造好適米「夢の香」を使用、五百万石、山田錦、雄町米などすべて酒造好適米を使用、愛を込めて丁寧に仕込んだ手造りの地酒です。
会社名:宮泉銘醸株式会社
所在地:〒965-0872 福島県会津若松市東栄町 八番七号

DSC08945.JPG

DSC08946.JPG

DSC08947.JPG
酒菜膳 江戸川橋 いちりづか [2019年03月17日(Sun)]
酒菜膳 江戸川橋 いちりづか
住所:東京都文京区関口1-11-4
昨日の最後は、とんかつと鮮魚が美味しい創作和食店で〆になりました。ここで頂いたのが、清酒「寫楽(写楽)」です。福島県会津若松市の宮泉銘醸のお酒です。蔵は会津 鶴ヶ城(会津若松城)の門前に蔵を構えています。灘の「宮水」に品質の近い井戸水が蔵内にあることから「宮泉」と銘々され地元に愛されています。「寫楽」は新しい銘柄で、現社長が蔵に戻ってから地酒専門店向けに立ち上げた新ブランドです。寫楽 純愛仕込み純米酒は、契約田にて福島県酒造好適米「夢の香」を使用、五百万石、山田錦、雄町米などすべて酒造好適米を使用、愛を込めて丁寧に仕込んだ手造りの地酒です。
会社名:宮泉銘醸株式会社
所在地:〒965-0872 福島県会津若松市東栄町 八番七号

DSC08945.JPG

DSC08946.JPG

DSC08947.JPG
JIZO CAFÉ [2019年03月17日(Sun)]
JIZO CAFÉ
東京メトロ有楽町線、江戸川橋駅の「地蔵通り商店街」にあるので「ジゾウカフェ」と言うそうです。こだわりコーヒー専門店!カウンター6席のほか2人席テーブルが二と4人席テーブルが一つの小さな店内ですが、JIZO CAFEは、カフェらしいファザードが目を引きます。入口を入ってすぐ左側にはコーヒー豆の焙煎機、午前中は焙煎が中心でコーヒー豆の販売も行なっています。店内の至る所にコーヒー豆の麻袋が飾ってあり、10種類以上のコーヒー豆から選ぶことが可能です。
エチオピア、コロンビア、ブラジル、インドネシアなど様々なコーヒー豆があります。
 今日は本日のおすすめを頂きました。
営業時間:12:00から19:00まで、定休日:月曜日

DSC08941.JPG

DSC08942.JPG

DSC08940.JPG

DSC08943.JPG

DSC08944.JPG
JIZO CAFÉ [2019年03月17日(Sun)]
JIZO CAFÉ
東京メトロ有楽町線、江戸川橋駅の「地蔵通り商店街」にあるので「ジゾウカフェ」と言うそうです。こだわりコーヒー専門店!カウンター6席のほか2人席テーブルが二と4人席テーブルが一つの小さな店内ですが、JIZO CAFEは、カフェらしいファザードが目を引きます。入口を入ってすぐ左側にはコーヒー豆の焙煎機、午前中は焙煎が中心でコーヒー豆の販売も行なっています。店内の至る所にコーヒー豆の麻袋が飾ってあり、10種類以上のコーヒー豆から選ぶことが可能です。
エチオピア、コロンビア、ブラジル、インドネシアなど様々なコーヒー豆があります。
 今日は本日のおすすめを頂きました。
営業時間:12:00から19:00まで、定休日:月曜日

DSC08941.JPG

DSC08942.JPG

DSC08940.JPG

DSC08943.JPG

DSC08944.JPG
江戸端会議室 [2019年03月17日(Sun)]

江戸端会議室
 3月16日は、商店街研究会の定例会、地蔵通り商店街を訪問、島田理事長から商店街の取組の宅配便事業「お地蔵さんの横丁便」について、江戸端会議室でお話をお聞きしました。
工務店が運営し、建築家が管理人をするハウススタジオ・レンタルスペースです。古きよき古町家の佇まいに現代要素を取り入れリノベーションしました。華やな金箔の襖紙や色彩豊かな土壁がなつかしい空気を醸し出し居心地のよい和空間となっています。会議・ギャラリー・勉強会・御習い事教室・商品撮影・ロケなどにご利用頂けます。キッチンのある6畳+8畳+8畳+水廻りで約55uあります。空間名は昭和40年代までの旧町名が小日向であったこと、江戸川橋界隈には井戸が数多く残ることが由来で 『小日向31番地 江戸端会議室』となづけました。
江戸端会議室HPより

DSC08930.JPG

DSC08933.JPG

DSC08934.JPG

DSC08931.JPG

DSC08935.JPG

DSC08936.JPG

DSC08932.JPG

DSC08938.JPG

DSC08937.JPG

DSC08939.JPG
江戸端会議室 [2019年03月17日(Sun)]

江戸端会議室
 3月16日は、商店街研究会の定例会、地蔵通り商店街を訪問、島田理事長から商店街の取組の宅配便事業「お地蔵さんの横丁便」について、江戸端会議室でお話をお聞きしました。
工務店が運営し、建築家が管理人をするハウススタジオ・レンタルスペースです。古きよき古町家の佇まいに現代要素を取り入れリノベーションしました。華やな金箔の襖紙や色彩豊かな土壁がなつかしい空気を醸し出し居心地のよい和空間となっています。会議・ギャラリー・勉強会・御習い事教室・商品撮影・ロケなどにご利用頂けます。キッチンのある6畳+8畳+8畳+水廻りで約55uあります。空間名は昭和40年代までの旧町名が小日向であったこと、江戸川橋界隈には井戸が数多く残ることが由来で 『小日向31番地 江戸端会議室』となづけました。
江戸端会議室HPより

DSC08930.JPG

DSC08933.JPG

DSC08934.JPG

DSC08931.JPG

DSC08935.JPG

DSC08936.JPG

DSC08932.JPG

DSC08938.JPG

DSC08937.JPG

DSC08939.JPG
| 次へ
プロフィール

タカサンさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoutenngai/index2_0.xml
月別アーカイブ