CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第40回ボトックスの総括 | Main | 第41回ボトックスの総括»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
hara juniti
第34回ボトックス日記 (10/01) hara juniti
第34回ボトックス日記 (07/25) 坂本 征男
第34回ボトックス日記 (06/23) Nami
第34回ボトックス日記 (06/23) 坂本 征男
日常生活の不都合 (06/15) はじめまして
日常生活の不都合 (06/12) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/21) hara juniti
第32回ボトックス日記 (02/14) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/13) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/10)
第42回ボトックス日記 [2019年08月30日(Fri)]
第42回ボトックス日記



DSCN5222 a.JPG
三浦半島西海岸の立石。あまりにも平凡なので仕上げ色を変えてみました。

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook

http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

多田ゆりこさんのブログです。
薬害根絶デー。厚労省前で2名の向精神薬被害者がリレートークしました。
今年で2回目のトーク。
素晴らしい実績をおさめております
https://ameblo.jp/yuriri0924

全国ベンゾジアゼピン薬害連絡協議会
https://ameblo.jp/bya-1108/entry-12387239643.html

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.pmda.go.jp/

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7


制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
代表
https://g-frontier.xyz

ご寄付のお願い!!(上記ホームンページの12項からも見られます)
チラシ印刷代、交通費、郵送代、サーバー代など諸々かかっております。寄付金でのご支援もよろしくお願いします。なお、ご寄付いただいた場合はお問い合わせフォームからご一報くださると幸いです。
以下口座情報
ゆうちょ銀行
普通口座
口座名 みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会
記号10300
番号 89780041
店名 0三八(ゼロサンハチ)
店番 038
口座番号8978004


マリナさん(発達障害・眼球使用困難症)のツイート
眼球困難フロンティアの会 広報
休養中です。

専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。


NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA

茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w


AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

残念ですが28日間の無料視聴は終了しました。
参考 
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p857?utm_campaign=episode_share_fb&utm_medium=social&utm_source=facebook

立川くるみさんの年金裁判。
日時 9月30日(月)11:30
場所 東京高裁808号室
審議をする事が決まっただけ。
12月18日(水)14:00東京高裁808号法廷
法廷の傍聴と応援をよろしくお願いいたします。
この裁判の正当性を訴えるための署名活動を行っております。眼球困難フロンティアの会のホームページhttps://g-frontier.xyzの見開きから簡単に署名ができます。

お知らせ! 5月29日
大部、経ってしまいましが3月31日に馬場村塾で、立川くるみさんが視覚障害の資格獲得に向けた若倉医師の厚労省に向けた活動をコントにて発表しました。一部、私も参加しております。お聴きください。
https://m.youtube.com/watch?v=G8Yj8HDOMaM&feature=youtu.be



11月7日(木)BTX10週
衆院第1議員会館で行われた講演を聴きに行ってきた。
1、ベンゾ被害当事者 ダグラス・ウエイン氏の自分の体験、裁判、まともな人権を認められない生活について。
2、若倉雅登井上眼科病院名誉院長
眼瞼けいれんの病気・問題点を解説
3、東京都都議会議員 上田令子氏
薬害、特に向精神薬についての実情と警鐘
等だが今ここで詳細は書けない。

もう一つ第19回製薬協フォーラムを聴きに行った。
薬害の問題を一言話そうと思っていったら、的はずれでPMDAの新たな取り組みを高らかに歌い上げる、お祭りイベントであった。折角、会場からの質問を受けてくれたので『局所ジストニア眼瞼痙攣の患者を扱う医師は神経内科、心療内科、眼科、神経眼科等になるが治療として使う薬剤が異なり、薬剤禍をきたしている。このような問題は何処にぶつければいいか』と質問した。『医師同士で話し合い、解決して貰いたいと』あっさり片付けられた。質問は私一人で議論する場でもなく終えてしまった。

眼は昨日よりわずかに良くなった。重要問題にかかわる講演に出たので眼は前は向き志向で少し良くなったみたいだ。

眼の状態 0



11月6日(水)BTX70日
極めて絶対音感に優れていると子供の頃か期待されていた青年のヴァイオリンコンサートを聴きに行った。ヨーロッパでも勉強し活躍をして今は一時期日本帰国しているとの事だ。久しぶりに聴いて、アッ音が良くなったな! 選曲も昔の難曲に取り組む姿とは随分変わった気がする。素人の私が評論するのはおこがましいのだが。
会場に行く電車は時間より安さを重視して京急、東横、大井町、田園都市の4路線を使った。地図でみると馬鹿にしか見えない遠回りだ。

今日も快晴、乾燥で太陽がサンサンと輝き、眼には苦しいだけの最悪の日となった。
立ち止まらずに歩けたから良かった。瞼が離れずに立ち止まって瞼が開くの待って歩くようになったら成績は−1になってしまう。眩しさが特別酷かったのが今日の特徴で他の症状は昨日と同様である。

眼の状態 0−


11月5日(火)BTX69日
今日も良い天気で何処かへ行きたいところだが、町内自治会館が古臭くなって建て替えようと話が進んでいる。その為には不用品を捨てなければと、有志が集まって廃棄物を整理した。それだけでは済まない、隔月やるワンコイン茶話会で歌う歌集を作るという偉い作業があった。38曲を30冊作るのに、印刷から初めてクリアーファイルに収めるのに8人で2時間半かかった。クリアーファイルに歌詞を一枚一枚入れるまだるこっしい事、精神的に極めて悪い。皆でやったから出来たけれど一人ではとても無理、放り出してしまうだろう。

こんな訳で詰まらない作業と、乾燥した晴天は非常に悪影響があった。瞼は下がって、ショボショボする、眼の奥は緊張感が強まりドライアイが顕著になった。口は絶えず尖がらせたり、への字にしたり、頬は痙攣した。

眼の状態 0−


11月4日(月)振替休日 BTX68日
晴れたのは良いが、変に忙しかった。演芸大会向けに臨時合唱の練習と公園清掃が午前中にやることになってしまtった。会場準備⇒公園清掃準備と開始。途中から自治会館に行き合唱の練習⇒自宅に戻り簡単に昼食⇒自治会館の不用品を選び⇒老人会の役員会。帰ってから庭の手入れ。

疲労が溜まって眼が良くなる訳がない!!

眼の状態0


11月3日(日)文化の日 BTX67日
終日在宅で平穏、即ち消極的生活となった。実際二日連続で遠距離を歩くと疲れが出てしまい。何となくボンヤリ過ごすようになる。これではいかんと気を取り直して土をひっくり返して庭づくりに励んだ。しかしどうしても今一気が乗らない。こんな時は諦めてテレビを聴きながら時間を過ごした。こんな調子だから後になって番組は何だったか分からない。N響のコンサートを聞き逃してしまった。

眼は悪い。ショボショボ、シブシブで頭はボンヤリしている。

眼の状態0


11月2日(土)BTX66日
恒例の友の会交流会が台風の影響で中止になっていたが、スタッフや医師の努力で延期開催となり本日となった。私は近所のYさんとお互いに付き添いとなって会場に向かった。いつも往復4時間かかるので良い情報交換の機会となっている。
会場では立川くるみさんが『眼瞼けいれん発症体験マンガ』を作ってきた。中々良く出来ている。『みんなだ勝ち取る眼球困難フロンティアの会』はいつも資金不足で困っているから、これを売って少しは賄おうと言うわけだ。裏表全6ページA5版。500円ぐらいで売りたいがどうだろう・・・・皆さんに買って頂きたい。
テーブルごとに話し合いがあって、役員の方とたまたま看護士さんが二人もいらっしゃって話がすっかり盛り上がって賑やかで愉快な時間が過ごせたのは大きかった。

追浜から電車に乗って会場まで、殆ど電車に乗りっぱなしである。途中、屋外を歩くことはほとんどない。会場では賑やかに話ができたけれど、その反動も眼に出たらしい。眼に緊張感が強くなって、ショボショボするようになった。

眼の状態0


11月1日(金)BTX65日
追浜地区老人会の演芸大会に出るため、楽譜の表紙を揃えるのだが探したファイルが中々見当たらずにとうとう6駅も離れた大きな店まで行く羽目になった。折角だからとファイル以外に剪定鋏や菜の花まで買ってしまった。消費税アップに対応してカード払いとポイント稼ぎも怠らないようにしている。ここまで来ると、帰りは海岸に沿って3駅分は歩きながら海の景色を歩いて帰った。

矢張り秋の青空は眼に悪い。眩しいのが一番気になる。ドライアイでショボショボシブシブになり、引きずられて眼が痛くなり、緊張感もました。

眼の状態0−


10月31日(木)BTX9週
朝方は靄か霞みかと思う天候で晴れて暖かい。勿論風もない。従って庭作業に集中した。季節が変わってきて植物も大人しくなった。この季節に来春の準備をしないと手遅れになる。急ぎたいが焦らずに集中した。老人会の仕事もあって、書類作りをして配布しなら町内を回っていると簡単に一時間は過ぎてしまった。

眼は割と良い状態になった。穏やかな天候が助けてくれたような気分である。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:少し強い。シブシブやショボショボ感につながる。
眩しさ:最近の天候は雨か曇り。眩しさは弱い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:緩くなった。眼より気持ちの面で助かる。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月30日(水)BTX63日
今日は快晴のなか都内の実家に行って来た。オーブントースターの交換が重くて運べないからと頼まれたからだ。尤も母の命日とあってお寺に行くのがメインだ。
今は大江戸線が走っていてお寺から実家まで簡単に行けるので助かる。この路線はかなりの地下を深く走っているの・・・大水害と停電があったらあっという間に水没するのではないか、排水ポンプの非常電源はあると言ってもその危うさを最近実感するばかり。悪天候の際は地下鉄に乗らないように心掛けている。
帰りに澁谷から東横線に乗り換えると一時期に比べ通路が分かるようになった。やっと駅ビルの一端が見えるようになって、近代ビルの綺麗な明るい透明感を楽しませる雰囲気が感じる。

晴れで明るく、湿度は低く、気分は普通と眼には悪条件だが、案外眼は酷く悪くもならずに済んだ。

眼の状態 0+


10月29日(火)BTX62日
小雨降る中を都内の芸術劇場に出掛けた。小学校からの友人からヴァイオリン奏者前橋汀子さんのコンサートを聴きに行った。満員盛況でまず驚いた。彼女は私より年上なので、申しわけないが演奏活動はしていない・・・と思っていた。
私にとって知っている10曲で、わかり易く十分楽しかった。たまたま私の町内でクリスマスコンサートをする元神奈川フィルのコンサートマスターの方も毎回ティゴエルワイゼンを弾く、ヴァイオリン奏者には好まれる曲なのかもしへない。前橋さんの情熱とプロ意識には唯々驚かされるばかり。
この演奏会を教えてくれた友人は立派な合唱団のメンバーで、そのメンバーの方が私の臨席になりいろいろと話を伺うことが出来たのも楽しかった。

雨で薄暗く、湿度も高く、気分も良くと好条件が揃ったので眼は少し良くなった気がする。・・・尤もこの条件でも悪いときもあるから何とも言えないが。

眼の状態 0+


10月28日(月)BTX61日
カラオケ部に突然二人が参加してきた。嬉しいが11月10日の演芸大会に出演して頂こうと特訓をした。この一年間なにしていいたの? 私がわぞと歌わずにいたら声はでないし、音程も怪しい。色々演習したが流石に皆さん反省してもう一回練習日を設ける事にしたた。でも7名かあ9名に増えて私もやる気がました。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 0


10月27日(日)BTX60日
午前中は先月行ったコンサートの打ち上げ会が練習後にあった。私はまだ曲も歌えず観客に徹していたが、皆さんと知り合う良いチャンスと考え参加した。途中から市の文化祭の最終日なので、見に行き自分の写真は佳作にもならない事を知った。
風変わりな抽象画的写真は、先生方に気に入ることはないだろう。やむを得ない、力なき自己主張であった。

眼は今日も悪い。一時は良くなったり、症状を忘れたりするがどうにもならない。

眼の状態 0


10月26日(土)BTX59日
物置小屋にはもういい加減要らないだろうと思う物が詰まっていて、肝心の室内が片付かない。女房に了解を得て石油ストーブを処分することにした。非常時の災害には役立つと思ったが、もう火が付かない。50cm以下にしないと市が無料で処分してくれないから、分解だけでは済まず金鋸やたがねも使ってそれでも小さくならい鉄板はハンマーで叩き折曲げた。近所迷惑な音を出しながら約3時間で終わった。これで1,000円也の節約になった。
女房は夕方合唱の演奏会とやらで、勝手に食べて下さいとのことだ。近くのスーパーで豆腐とトンカツを買ってきて他は自分で何とかした。

一日中雲が取れない空であった。廃棄作業は作業姿勢が悪くて、結構な重労働になってしまった。特に腰の辛さは格別で眼の辛さと2重奏だ。もう少しヨガをやりたい。眼は今日もしんどく、眩しい日だった。

眼の状態 0


10月25日(金)BTX58日
また台風21号だ。朝から土砂降りが続いた。しかし昨日書いた手紙を出したり、自治会館に用が出来たり、スーパーへ買い物に行ったりと積極的外出主義で過ごした。カッパ、長靴、勿論傘で重装備で出かけた。皆さんは案外簡単な服装で歩いているけれど帰宅して随分煩わしい作業になるのでではないか。重装備は脱いでしまえばむしろ快適になる。

眼は急に悪くなった。こんな時は何かする気が起きない。何となくテレビを聴いてダラダラと過ごした。これでは拙いと気を取り直し、練習に入った歌のメロディーをパソコンに入れた。この音楽ソフトもWindows10版に入れ替えるのに丸々1日かかってやっと使えるようになったばかりだ。
眼が悪くなのも当たり前もしれない。瞼が閉じっぱなしになる寸前だ。

眼の状態 0ー


10月24日(木)BTX8週
また天候が悪くなった。いつでも雨が降りそうな雲が空を覆っている。外出は控えて手紙を書くことにした。立川くるみさんの年金裁判を支援する署名活動を行っているので、その一環としての事であり眼瞼痙攣に関する活動をしている会へ向け協力をお願いしたものだ。
この署名は国会請願ではなく裁判所に正当性のある主張である事を訴え届けるのが狙いなので、皆様にもご協力をお願い致します。簡易的な署名で住所は都府県までで町名は要らない。自分の家族や障害者の代理署名も可能である。インターネット上でも、ダウンロードした記入用紙に記入して送ることもできる。
因みに、眼球困難フロンティアの会のホームページhttps://g-frontier.xyzの見開きから簡単に署名ができます。

慣れない手紙を書いたら眼が悪くなってしまった。精々メールのやりとい程度だからまともな文章も正確な文字も慣れていない。いちいち気を使うので疲れた。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:少し強い。シブシブやショボショボ感につながる。
眩しさ:最近の天候は雨か曇り。眩しさは弱い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:ウズウズと落ち着きのない緊張感を少し感じる。この症状は精神的に滅入らせる。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月23日(水)BTX56日
やっと晴天が訪れた。嬉しくなって近くの鷹取山を目指して散歩「に出掛けた。あいにく台風の被害で倒れたり木や崩れた土砂の後片付けをしていて通行止めになっていた。やむを得ないから歩行数を稼ぐためにいろいろな所まで足を延ばした。一番遠い中学校脇を抜け16号線に降りた。カメラを持っていたので鷹取川沿いに水面の風景を観察しながら下った。満潮どきで水の流れは殆どなく穏やかで、写真を撮りたい景色では無かった。少し波だったり、川底が見えたりと変化があった方が良い。丁度良く行政センターがあり中のコミセンに寄ってヨガ教室を探した。高齢になったらリズムのある体操や筋トレより静かなヨガの方が良い。体調が良くなり体の痛みもない。残念だが日時あう教室は無かった。帰り道は太陽に向かい、川面の反射も面白くなって暫くシャッターを切り続けた。私の写真は風変わりなので、通る人が”この人何を撮っているの?”そんな雰囲気で私を見たり、撮っている方向を眺めて不審そうな顔をする。それを見ているのも私には面白い。
帰宅する頃は青空に雄大積雲や層積雲が並び豊かな風景をみせていた。しかし、この天気はそう続かない。

久しぶりにしっかりと11,727歩を気持ち良く歩けたので眼の辛さを忘れる事が出来た。

眼の状態 0+



10月22日(火)BTX55日
即位礼正殿の儀の日。私は申し訳ないが祭日になっている事を知らなかった。代わりに小学校のクラス会に都内飯田橋に出掛けた。何時も様に偉く気楽で楽しい、特別な事はしないが雰囲気だけで十分だ。健康については皆何かを持っているが危機感を持っている者はいない。唯一人素晴らしく健康な女性がいる。ここまで病気で医者に罹ったことが無い、常用する薬は何もない・・・あるとすれば日本酒を毎日楽しむだけ。お化粧はしないが色白で全く若々しい。自分の生き方に自信を持っており、年々発言が積極的になる。・・・全く恐れ入りました。
天皇陛下と皇后さまは立派だ、全く日本の象徴として相応しい。

昨日同様、天候は冴えないが眼は悪くなって、会話にも変な緊張感が出て困った。

眼の状態 0


10月21日(月)BTX54日
町内の公園清掃は案の定大荒れになった落ち葉と折れた枝の整理に追いまくられた。
前回の清掃も時間切れで終わったのに、台風19号で上乗せされてしまった。
またまた来月に持ち越してしまった。
最近は日常の体操や軽い筋トレではあまり効果なく、月一のヨガをやろうと探して歩いた。市のすこや館で都合の良いヨガ教室を2件探して歩いた。ついでに演芸大会に出る際の楽譜ファイルを探したがこれは見つからずに終わった。こんな感じで歩き回ったら13,000歩を簡単にクリアーした。
たまに雨が降るどんよりとした天気でカメラを持っていてもチャンスはなく、面白さに欠けるウオーキングだった。
夜にはWindows10にはトラブルの多い音楽ソフトのヴァージョンアップを行ったら、訳の分からないことだらけで一旦中止を余儀なくされた。高齢者泣かせだ。

何故か眼が少し楽になった。何時ものように原因は分からないが、薄暗い天候と湿度の高さが影響しているかもしれない。

眼の状態 0+


10月20日(日)BTX53日
合唱の練習に行ってきた。会場は小学校の教室で椅子も机も小さくて面白い。
先日コンサートが目出度く終わって、新しい楽譜が配られた。ビックリしたのはコールユーブンゲンも買わされた事。合唱基礎訓練の本で中学校で習ったことを思い出した。およそ勉強などする気がなかったから、何も覚えていない。今から70の手習いだ、いや来年は80の手習いになる。新曲は”誰もいない海” ”希望” ”峠の我が家” ”小さな好み”で皆知っているものばかりでカラオケなんかでは簡単に歌える。合唱となると細かい所まで気を配らないと揃わない・・・今までは随分雑に歌っていたことに気が付くしまつ。

それでも楽しく歌えたし、生徒さん達と話が出来て良かった。練習だけでサッサと帰るのではつまらない。その効果は眼に出てきた? 少しは症状が軽くなった。

眼の状態 0


10月19日(土)BTX52日
またまた天候が悪くなってきた。今の天気予報は精度が高くてネットで調べると横須賀の天気を1時間毎に明日、明後日と教えてくれる。確率付きで雨量、風速、風向きが分かる。テレビの天気予報も画像の作りが凄い、特に風の流れはまるで水の流れが動くようだ。恐ろしい程の世界の気候変動にはこの位の事をする必要がありそうだ。それは兎も角カメラを持って出掛ける気にはならず、廃棄物の解体に取り組んだ、錆びて使えない装飾品、リスの小屋、嵩張る電気製品等々を50cm以下の大きさにした。一方庭木の剪定も必要になってきた、いつの間にか自由勝手に伸びだしている。良い天候が続けばやることは山の様ある。

眼はショボショボして瞼が重く下がる。最近は晴天が少なく眩しさの負担がかからないので助かる。

眼の状態 0


10月18(金)BTX51日
朝寝坊を決め込んで、軽く食事を済ませた。今日は町内老人会の誕生日会である。
特に大きな準備も要らない。弁当、お酒、飲み物程度で誕生日該当者はこれにお赤飯がつく。会長が祝辞をのべて乾杯、該当者はお礼の挨拶程度だ。あとはお知らせ位で会話が続く。そんな程度で難しい話はしない。少しは話題になるかと、私が紐を使ったクイズを出した。実は先月の誕生会でもやって誰も出来なくて、宿題にしておいた。結局一か月たっても誰も出来なかった。ヒントを要求されて一言喋ったら、忽ち一人が回答を出した。流石に頭脳明晰な女性であった。
このクイズをここで披露したいが、このブログでは絵が描けない。

結構楽しんだが、眼はそうは行かない。たまたまタイミングよく、私の症状も悪いので皆さまに私の眼瞼痙攣、眼球使用困難症の解説を見本として行った。勿論裁判の経過説明も行い、今後の署名活動に協力をお願いした。

眼はこのところ変わりなく悪い。

眼の状態 0


10月17日(木)BTX7週
高齢者のミニ日帰り旅行に都内目黒にある庭園美術館に行った。団体扱いの20名で予約したが、足が痛い、股関節が痛い、忘れた・・・等々の理由で参加は15名になってしまった。これが高齢者団体の現状である。
芝の綺麗な庭園で車座になって弁当を済ませてからは,やっとの思いで運営している私達の会をどうしたらよいかと、随分と熱心討議を行った。折角の見学そっちのけになることが心配でハラハラしながら見守った。
見学は各自で行い解散し、飲めなくなった男3人とまだ飲める男一人で酒場に寄った。一人はコーヒー、私はノンアルコール、お付き合いにほんの少しビール、まともな酒の注文は一人だけ。店長も大笑いだ。
ここでも会を存続する為にと、議論沸騰すれども名案はなく飲むだけでサッパリ酔うことも無く終わった。

眼は悪い状態は続いている。
眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:強い。シブシブやショボショボ感につながる。
眩しさ:最近の天候は雨か曇り。眩しさは弱い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:ウズウズと落ち着きのない緊張感を少し感じる。この症状は精神的に滅入らせる。眼玉が落ち着かず振戦を起こしているかもしれない。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月16日(水)BTX49日
台風の被害のニュースが止まる事がない。恐ろしくなる。天気は良くならず、追浜まで出かけてPASMOに2000円を入れて、明日のミニ旅行に向けての準備をした。
要するに朝になってから手際よく物事を片付けられずに間違いを起こすからなのだ。
眼球使用困難症で裁判を起こしている立川さんを支援する署名活動を始めた。まずは学生時代の友人にネット利用署名の協力を頼んだ。高齢者だから慣れない事が出来るか、ネットに対する不信感があるだろう、どんな反応ああ来るか楽しみだ。
早速視覚障害者1級の友人から協力する旨の連絡があった。ただスマホを奥さんが使っているだけで、本人は何もできないから手書き署名の用紙を送ってくれとの事だった。もう一軒はお前がやっている活動だから女房と一緒にネット利用で署名すると電話がきた。他の友人達はどうするかな?

眼は相変わらず渋ちん状態が続く。

眼の状態 0



10月15日(火)BTX48日
台風19号の被害が分かるにつれて、途轍もない広範囲であり深刻かつ重大であることがわかってきた。被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。
気休めみたいで申し訳ありませんが、少しでも早く復旧されることをお祈り申し上げます。
気象学者がもう40年以上前から、異常気象に気づいていたことを思い出します。ただ地球温暖化のような見解は出ていなかった。しかし退職する20年前には京都議定書が決まり、日本が大胆なCO2削減目標を世界に発表したのでIGES(地球環境戦略気候)関係者達がパニックになりそうだったのを思い出す。
年々気象被害が大きくなれば、後追い対策では間に合わない。地球規模の一致協力体制ができるのだろうか? 『温暖化なんてフェイクだ』と喚いていた大統領が世界を騒がしている位だ。

眼は残念ながら昨日同様。精神的に参る。

眼の状態 0−


10月14日(月)体育の日 BTX47日
朝から雨が降りだしてしまった。老人会のカラオケの出席が悪くなる。
まあ我々は歌の練習、カラオケそれに茶話会だ。歌がきっかけで集まり、話し合える貴重行事になっている。止めよう等と言う噂は出てこないから私もこまる。止めるにやめられない。
午後は視覚障害者向けのヨガに参加した。始めい一人一人一言スピーチを行う。
私は『台風の被害は全くなし。気候が良くなって眠くて仕方がない。目の覚めるようなヨガをお願いします』と挨拶した。きついヨガを期待したが、それ程のことも無く終わった。

寒い位で薄暗い天候になった。上着が必要になった位だ。通常は眼に良い天候なのだがサッパリだ。ショボショボ、シブシブ、鼻に皺寄せ、口はへの字かひょっとこのように突き出し、頬に痙攣をおこしかなり辛い日になった。

眼の状態 0ー


10月13日(日)BTX46日
BLIND WORLDと言う視覚障害者向けイベントがあるので逗子文化プラザ市民交流センターに行っ的にみたら台風直後とあって中止となってしまった。関連のポスター・チラシ、案内、資料を先生がお一人で展示、説明をなさっていた。希望した講習はなかったので、そのまま地元の合唱発表会に行ったら此処も中止。やむを得ない一日となった。
今回の台風の被害はまた大きな水の被害となってしまった。大規模の気象災害は地球温暖化によることを皆認識するようになったが、世界共通認識で対応する様子は見られない。目標あれど実行不可能と諦めた様子、最終的には人類破綻に突き進むのだろうか。

台風一過、眼の悪さも殆どなくなった。ショボショボ感だけは抜けない。
外を歩き回り15,329歩になった。気持ちの上では辛さは無かった。

眼の状態 0+


10月12日(土)BTX45日
最強の台風19号が来たけれど、上陸地点は伊豆半島に大きく西側にそれた。
海に近いので実家の都内より強い風が吹き荒れた。雨よけになるシャッターは、ドオツ―と風がなると、バーンと叩きつける凄まじい音がする。始めのうちは何処かで金属を叩いているかのように思った位。速度も速く22時過ぎる頃は、シーンと静かになってしまった。玄関を開けて外にでると、嘘のように静かな普段の夜になっていた。準備した屋外も困るものが飛び散ることもなく、助かった。

眼はだんだん頭が重く、瞼も重く開かず鬱陶しい限りで単純に瞼が閉じるより遥かにしんどく精神的にこたえる。

眼の状態 0


10月11日(金)BTX44日
台風で風に飛ばされないように、いろいろ想定しながら準備を完了した。でも40〜50m/秒(144〜180km/時)なんてどうすれば十分なのか分からない。比較邸小さい窓にはシャッターがないから気休めにテープを貼ろうか?ゴミ回収の箱が3種類ある。風の来ない裏側のお宅の間に寝かせてレンガをのせて置いた。いつも吹き溜まりになる所に置いたのだが、さて?

眼は一層悪くなった。ショボショボ、強く閉じる、眼の奥に僅かに緊張感を感じます。これが憂鬱にさせます。

眼の状態 0―


10月10日(木)BTX6週
やっと庭の雑草退治が終わった。しかし台風の準備に忙しくなった。植木鉢がゴロゴロしているのを纏めたり積み上げたりと忙しい。
昨日歌の先生の事が気になって、会長さんに電話で話してみた。先生はイタリア語やドイツ語で歌うのが大好きらしい。また皆が歌うのを聞いては、もっと良くならないかとドンドン修正するようだ。その度に生徒さんはパニックになるとの事。10人に満たない小グループだから、納得ずくでそんな事も気にせず楽しんでいる会だ。それならこちらももう少し気楽に参加できるだろう。

眼は昨日また悪くなった。ショボショボ、閉じる、眼の奥に緊張感がある。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱いけれど瞼が重ったるい。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:今の季節は太陽の日差しが低いのでやや強い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:ウズウズと落ち着きのない緊張感を少し感じる。この症状は精神的に滅入らせる。眼玉が落ち着かず振戦を起こしているかもしれない。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月9日(水)BTX42日
矢張り終日休息かつ終日在宅となった。台風19号がこちらに向かいそうで気になる。建物の外周に吹き飛ばされそうな物を纏めて準備し、雑草刈を行った。どうやらこの草刈りも終わりが近づいた。もう一息頑張ろう。

疲労が抜けないけれど、眼は若干良くなった。風邪をひき掛けているらしいので
ルル3錠を飲んで何時もに輪をかけグウタラらで過ごした。

眼の状態 0


10月8日(火)BTX41日
小グループの歌の会に出掛けた。この先生は合唱の編曲するのが楽しいらしい。
歌ってみてから色々と直すので生徒たちはパニックになる。私のようにまだ慣れていないと何も分からずのに済ましてしまう。ちょっと困った。
これでは年末に内輪のコンサートには歌えなくなりそうだ。・・・そう先生に言ったら、心配して辞めないで下さいよ、と偉く心配させてしまったらしい。
今日も練習会場に行く電車賃節約と健康増進のために5区間を行きは2区間、帰りは3区間分を歩いた。都合13,436歩になった。実際これは歩きすぎで、明日は疲れて家で休んでしまうのが普通だ。

眼はショボショボで瞼が開けない。

眼の状態 0


10月7日(月)BTX40日
老人会の公園清掃を久しぶりに行った。暑いから夏休みと天候不良と台風襲来もあったせいだ。公園は雑草が元気に育ちすぎ、台風で枝折れと木の葉が大量に盛り上がっていた。とても我ら老人ではやり切れない、2週間後になるがその頃にはまた元に戻ってしまいそうだ。また19号台風は頗る協力だとの事、最近の天気予報はかなり正確になったので恐ろしい。非常事態に備えるか。水、食料は兎も角、
大停電にはどうすりゃ良いのだ。
清掃後はすぐに役員会があって秋の演芸大会に我々カラオケ部が3曲を披露することになった。参加することに意義あり。

眼は歩いているとき60%以上閉じてしまう。瞼が重く、ショボショボし、ドライアイも強くなった。頭の中はボンヤリして働かない、唯でさえボケに悩まされているのに堪らない。

眼の状態 0―


10月6日(日)BTX39日
日本のラグビーが大活躍をしてくれ嬉しい。日本人には無理だろうと思っていたスポーツの一つだ。フィギュアスケートは既に世界トップクラスでこれからはラグビーに期待してしまう。更にバスケットボールもこれから楽しみになってきた。
先日NHKテレビで慢性痛の話があった。この中で日記と瞑想について解説していた。
どこも悪くないのに痛みに悩まされる。日記と瞑想は自分を良く観察し、自分を把握して積極的な生きることが痛みから防ぐ・・・そんな風に理解した。症状を忘れる位、自分を好きな事に集中させることが重要であると思った。自分には合唱や写真に夢中になることに通じているように思えた。

そんな事を考える一方で眼は昨日より更に悪くなってきた。症状は昨日と変わらないが程度が進んでいる。

眼の状態 0


10月5日(土)BTX38日
毎年今頃になると『よこすか海洋シンポジウム』がボランティア活動で行っている。地道な活動で人気を集めているが今年は『近代日本と鯨』および『日本の生活と鯨』
のテーマで行われた。前者ではアメリカが捕鯨のために日本に来たことやその基地として日本に開国を求めてきた話を聞かせてもらい、あまり知られていないペルリ以前の様子を知ることが出来て面白かった。
この講演会の後はいつものように友人達と一杯を楽しんだ。しかし私達のミニ日帰り旅行会も高齢化が進みリーダー不在となり、一方会員も減って困っている。皆自分がリーダーになるが気力が失せて『決めてくれれば、ついて行きます』の雰囲気が濃厚になった。

朝から眼が重くなって瞼が閉じてしまう。表現のしようがない、しんどさや不快感が強くなった。人と話をしているときも頬が痙攣するので苦労した。最近はノンアルコールで済ませるから気持ちが今一高揚しないので尚更である。

眼の状態 0



10月4日(金)BTX37日
私の歳になると当然準備そしなければいけない事がある。実家に出掛けて区の臨時相談室に行ってみた。案外やるべき事は常識的であり以外に思う事は無かった。難しいと言うよりは実行するかどうかの方が問題である。ただ最近大手の不動産会社や金融機関が信託などとお手伝いをしてあげる旨の広告宣伝がある。最近はこの手の案内が増えてきた。十分注意を要する。
姉弟で久しぶりだからとわざわざ築地に出向いた。有名寿司店に入るとお店も構えが立派で一体幾ら掛るかと心配しながら待っていた。出てきた寿司を口に入れたら
”あっ! シャリが暖かい”炊き立でかもしれない、これは無いだろう。
すっかり白けてしまった。素人だから何とも言えないが???

瞼の重さが気になり、睫毛の位置に当たる脳の感覚に変な緊張と重さを感じ不快感を引き起こしている。閉じる力もやや強くなって特に下側瞼が変に上に動き閉じようとする。頬や口の周辺の痙攣と緊張もはっきり意識するようになった。BTX注射後一か月を過ぎている。この頃から悪くなったケースも経験済みで驚く事も慌てることもない。

眼の状態 0


10月3日(木)BTX5週
ミニ旅行会に参加する人数が20人になった。高齢化してメンバーだから、人数が纏まらなくなっている。まして湘南地域から都内の庭園美術館となると尚更である。
無理なお願いをしてトラブルが起きても困る。何しろ大半が70代なんだから。
この美術館は20名以上を団体扱いにしている。頼む、誰も休まないで!
高齢者の団体割引も大きいから、天の神様、仏様、キリスト様お願いします。アラーの神様は信者がいないからお願いしなくてもいいかな。
今日も雑草刈を続けた。家の北側だから苔や羊歯やドクダミや苔などが多い。
土ごと大きく掘り返して、引っこ抜くが腰の負担が大きい。

瞼が重ったるくて、開けるのに負担が大きい。でもそれだけで贅沢は言えない。
道路を横断する際に左右を確認するのに困る。眼がうまく動かないから、首ごと大きく振らざるを得ない。他人が見れば、隋便大袈裟なことをする人に見えるだろう。
そうは言っても、瞼はそんなに閉じないの我慢する範囲だ。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱いけれど瞼が重ったるい。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:今の季節は太陽の日差しが低いのでやや強い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月2日(水)BTX35日
横須賀文化祭に出品する写真のプリントを指導の先生から受け取った。しかしこの先生はあまり煩い指導は行わない。あくまで自主性を重んじるので、上手く編集して下さい等と言うと断られる。もっともな話で、自分の作品でなく先生の作品になってしますからだ。世の中には自分流に直す先生も珍しくない。流派などと言うのはこう言うケースだろう。私の作品は風変わりだから、出品しても入賞することはないと思う。とにかくプリントの出来は気に入った。上々の出来栄えだ。
引き取りの帰りには海岸を散策しようと意気込んでいたが、あれこれと溜まった仕
事を思い出すとサッサと帰宅してしまった。

本日も眼は助かっている。不自由なりに満足する。

眼の状態 0+


10月1日(火)BTX34日
また連続で2日を一万ぽ以上歩いたせいらしい。疲れてまた外出をサボった。
それでも家内の仕事はやっている。掃除機で清掃、風呂の清掃、自分の着るものの洗濯そして庭作業だ。この庭作業が徐々に苦しくなってゆく。体操や 軽い筋力トレーニング、スクワットを頑張ると却って疲労が溜まる。もう頑張れる時期は終わったみたい。歩くのは結構いけるが、毎日連続は矢張り難しい。
愚痴ったが猛烈な雑草刈を続けている。これもどうやら先が見えてきた、次は庭木の剪定作業が待っている。季節が焦るくらい早い、植物は私を待っていない。

眼は助かる。不自由なりに満足する。

眼の状態 0+



9月30日(月)BTX33日
眼球困難フロンティアの会代表の立川くるみさんの東京高裁に於ける控訴裁判を傍聴してきた。始まったら裁判長は最初から地裁判決を打倒として、サッサと控訴を却下して終わろうとした。勿論、国側検事も同じであった。控訴など無用で早く終えてしまいたいとの意図ははっきりしていた。弁護側の意見を無視できないので、もう一回弁論を認め12月18日に結審する日程が出されました。
この裁判は最初から難しい闘いになるとおもっていました。まず診断基準そのものが不備であり、法律見直し検討会では多数決で眼瞼痙攣は程度に拘わらず障害手当金で済ませてしまたことも大変不利に影響しています。更に障害が発生した時期H25年について本人の症状を厳密に、客観的にわかり易く照明するのが難しいことです。医師の診断書でも裁判で使うような記録ではないと思います。医師が自分の診療記録として後に使えるためにしているのであって、裁判で証明するための記述ではないからです。検事側では揚げ足取りで原告を嘘の主張しているかのようにする不毛の議論をして本質から逸らしている。
弁護側は『機能障害』と『能力障害』の説明で議論の本質を主張するようだ。
前者は文字通りの障害であり、後者は本人が努力(音声機能を使い読む聴く、白状を習得する等)で足りない能力を補うがそれでも補えない障害が残ること。
検事側の主張はこの二つを混ぜ返して、本人が努力して補った行動を逆手に使い
『出来るくせに嘘をついて出来ないと主張していると』裁判官に訴えている。
今度の高裁で弁護側はどのように主張できるか、裁判官はどう判断するかしっかり見て行こう。


私は技術端であり、生産会社で働いてきた者として眼科の診断基準に極めてルーズだと思っている。
視覚障害の判断基準はご承知のように視力と視野で決められている。
視力では表示されている表の明るさがどの程度範囲に収められているか、キャリブレーションは定期的に行っているか?点検記録はあるのか?明るさの規定範囲で判読しているか?まさかサングラスを着用していないだろうな?規定時間内に判読しているか?そもそも規定時間はあるのか?
既定の明るさや規定時間内に判読出来なければ、時間をかけて何度も違う文字で検査したら読めない文字も読めてしまうこともある。
勿論、被験者がわざと視力をごまかさないための配慮をして時間をかけていることもあるとは思うが。
眼瞼痙攣の患者は眩しいことが多く瞼を閉じてしまう。この検査に眩しくて応じられないなら、視力障害があると判断すべきである。
視野検査では、光点を移動させて視野範囲に入っているかどうかを確認して判断をしている。光点は自動的に移動するが、ただ手動でゆっくり時間をかけ移動し検査することができる。
視点が移動すると、私のような眼瞼痙攣の患者は苦しくて追いきれないで瞼は閉じてしまう。実質、視野が極端に狭くなっているのと同じであり視野障害があると判断すべきである。

以上のように工業の世界では考えられない位曖昧な検査に思える。時間の要素を無視しているのだ。日常生活で時間要素を無視したらとんでもないことだ。車の運転、スポーツ、歩行者だってそうだ。動体視力と言う時間要素の概念が欠如している。
外国から技術導入をして、日本国にも適用させる手法は工業技術の世界ではもうとっくに終わっている。眼科医学界でも独自に基準を作り、世界をリードしたらどうか。

裁判後、傍聴に来ていただいた方を含め7名と昼食・懇談をした。馬場村塾から2名、ブラインドサイトから1名、付き添い1名、立川さんの友人、眼瞼痙攣の患者は立川、坂本の2名。皆さんの明るい前向きな会話は楽しく愉快でした。終わってからは一人で日比谷公園を散策して写真を撮りまくって帰りました。

眼は今日も元気で一万歩を歩くことが出来ました。

眼の状態 0+


9月29日(日)BTX32日
所属する会のコンサートを聞きに行ってきた。私は入会したばかりで、沢山の曲を覚える時間もなくてパスした。立派な演奏会で演出もしっかり出来て、私のような初心者程度では今後一緒にやれるかなと思うくらい。でもその分楽しみで来月から本格的に練習参加する。
今日も運動と節約を兼ねて十分歩いた。16,000歩になった。明日の疲労が心配になる。

眼は疲れが酷かったが、瞼は何とか開いていた。まあまあである。

眼の状態 0+


9月28日(土)BTX31日
良い天候に恵まれて追浜地区老人会の町内対抗グラウンドゴルフ大会に参加してきた。行ったら私の町内の会長がドタキャンしてしまった。それでもクレームをつける人もなく順調に終わった。私達二人はスコアが56と57で如何なる賞品も貰えなかった。終わってかなり遠いい街の行政センターに出掛け、インクジェットプリンターの不用品回収箱まで届けてから帰宅して今日も一万歩を達成した。
帰ってからはまたもや雑草と取り組み、もう足腰を立たせるのがやっとの状態になった。

眼は今日も良い。

眼の状態 0+


9月27日(金)BTX30日
昨日も8000歩程度歩いたのでまたぐうたら生活になった。午前中は歌の楽譜を一生懸命にパソコンへ取り込んだら全て一瞬で消えてしまった。音楽ソフトのメーカーに問い合わせをするとwindows10では使えないので、新しいソフトを買ってくださいとの事。4,800円に新しい消費税が乗るのだろう。参るな!
午後は雑草と格闘して終わった。
今日も散歩の帰りにノンアルコールビールとトコロテンを買って帰り、夕食に備えた。

眼は今日も良い。

眼の状態 0+


9月26日(木)BTX4週
前立腺手術後の定期検査に出掛けた。結果は全く問題なしでこれから3か月毎から半年毎に切り替わった。時間はかかるものの順調な回復と思う。いつもこの病院に来ると近くに住んでいる友人と情報交換をしている。病院最上階の東京湾を見渡す絶好の場所である。お互いにあらゆる分野での意見交換をしている。・・・実際はただの世間話で高邁な精神に基ずく様なレベルではない。それでもタップリと2時間も話して病院から『診察室にお出で下さい』とアナウンスを受けることがある。

友人と話しているときだけ瞼が閉じたり、片目を強く閉じたり、口の周辺が痙攣したりしんどい症状があった。ただそれだけで、その後は普通の悪さに戻った。

最近どうも字が読みにくくなった。白内障や老眼が進んでいると思う。そろそろ手術を覚悟しなければならない。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い
ドライアイ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月25日(水)BTX28日
市の文化祭に出す写真候補を先生に送った。2枚しか出せないので却って選択に迷ってしまう。考えれば考える程これと言ってきめるのが難しくなる。昨日の交通費節約兼体力維持で疲れてしまった。残念ながら1万歩は翌日に影響を残すことがはっきりしてきた。

眼の方は有難いことに、程々の調子でこれと言って特に悪い症状はない。

眼の状態 0+



9月24(火)BTX27日
今日はまた別の先生の歌の会に出掛けた。Edelweis,愛のテーマ、MY WAY、Jesus bleit meine Freud、La Traviata。恐れ入りました、幼稚な歌(初心者向け)ばかり歌っていたので驚く、たまげる、ひっくり返る。でも折角のチャンスだから図々しくやってみる。先生だって私が歌うのを聴いて『良いお声です、是非入会なさってください』と心配りを頂いたのだ、今更断れないだろう。会場に向かうのに二駅分を節約して一日分の8000歩をクリアーしてかつ電車賃を二駅分節約している。往復80円になるから、これでノンアルコールビール1缶に近くなる。今度回数券にすればもう少し、あと一息かな。

今日も眼は同じ状態を維持している。

眼の状態 0+


9月23日(月)BTX26日
敬老の日だが、周辺では特にイベントはない。定例の老人会カラオケ練習日だ。休息時のお菓子を当番の人が忘れてしまって、お茶ばかり飲んでいた。秋の追浜地区で行う演芸大会の曲を決めた。ただ中にはキーが高いので下げてくれとの希望がでる。他の曲だと歌っているのに何故なの? と思うが。彼女曰く男性は声が高いと言う。五木ひろしだって高いでしょ・・・と言う。私には説得も指導も出来ない。結局1音下げたCDを作る事にした。
高めの気温と強風で過ごしやすくは無かった。皆さん、足腰悪くて会場準備もケガしないように余程注意しなければいけない。

眼は同じ状態を維持している。感謝、感謝!

眼の状態 0+


9月22日(日)BTX25日
9月30日に合唱コンサートがある。私はまだ一か月しか経っていないので、参加は辞退して練習のみ参加している。指導の先生の高まりと、生徒さんさんの全体レベルの高まり差は大きい。先生は一生懸命にここまでは歌って頂戴と教えている雰囲気が良く伝わってくる。コンサート後の新曲から参加するのが楽しみだ。この先生は障害者の歌の指導も行っているのが嬉しい。コンサートに歌う。

眼は本当にまあまあの状態を維持してくれている。この程度なら日常生活にあまり懸念はない。交通事故だけは要注意だ。

眼の状態 0+


9月21日(土)BTX24日
三日連続で都内に出掛けたら、疲れてしまった。眠っても休まらず、何か仕事をしても集中力が足りなく、続かない。やりたい事は次々と頭の中に湧き出すがとてもこなせない。もう歳だ仕方がない。グズグズと悩まず諦める。最後まで諦めてはいけない等と言うが、この様なケースには該当しない。でも合唱の練習には出かけてきた。声がかすれて発声が心もとない。歌うチャンスが少ないのが残念だ。今、二つのサークルに入っているが月に5回しかない。自分としては週に2回のペースが欲しい。時間もお金もちょっとむりかな? そもそも眼球困難フロンティアの会に力を注ぐべきだが。

いろいろあるが、眼は耐えてくれている。不自由なれど辛くはない・・・ちょっと我慢しすぎかもしれない。

眼の状態 0+


9月20日(金)BTX23日
お昼の弁当を提供する、老人会の誕生日会が開かれた。これとワンコイン茶話会がある。毎月どちらかを実施しているが、そうそう良いアイディアがある訳もない。マンネリ化してしまう。素人手品をやったり、今日のように私が紐を使ったクイズを出しても種切れになる。でも不思議なもので皆さん集まって話をして食事をすれば、それだけでも満足する。如何にコミュニケーションが不足しているかが分かる。
終わって都内で視覚障害の方向け『楽しく勉強する会の馬場村塾』に参加した。
事前に私達の眼球困難フロンティア会の代表立川さんと食事と話し合いを行い、彼女の友達Sさんも一緒になった。
この塾に参加する方々は大変積極的で前向きであり、参加することが楽しい。段々慣れてきたし、私も発言をしようと思う。人に会える事、話すことは前向き思考を育てるものだ。

本当に眼は良い状態をキープしている。不自由なれど辛さや溜息をつかないで済む事は嬉しい。今注射で世話になっている先生は片道2時間半位かかる。幸い横浜にも良い先生が見つかったので、11月末を最終日として来年からは横浜に移ろう。

眼の状態 0+


9月19日(木)BTX3週
ミニ日帰り旅行で都内四谷にある東京都消防庁を見学した。江戸時代の火消しの様子や最近の消防車、梯子車、防災ヘリと面白かった。子供さん達も興味を持ちそうだ。帰りはお決まりのコースでわざわざビールで乾杯するために、銀座に寄った。我らおのぼりさんはささやかなたのしみだ。帰りになると皆、帰り道が分からなくなって私一人はぐれてしまった。それでも眼の悪い私が一番早く駅にたどりつた。
酔っ払いの高齢者は危ない、私はノンアルコールビールしか飲んでいないが迷う。

まあ楽しく過ごせたから眼も良かった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い
ドライアイ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月18日(水)BTX21日
姉が暑さに負けて体調不良と聞き、都内実家へ見舞に行った。幸い重篤ではなかった。横須賀の高齢者の間では強い咳が続くことは知られているが、私が世話になっている内科医もしらない。軽い咳止めとうがい薬程度の処方との事で私の経験と同じ。散々な目に遭った。
通過する澁谷の駅は私を混迷させる。幾たびごとに、建設中で景色が変わり乗換時に同じ通路を歩くのが難しく危険と間違いが身に及びそう。完成したら見事な都市ビルの風景が見られるだろう。写真撮影の興味が楽しみになる。

都内では眼が疲れてストレスも溜まる。喫茶店で休んでも痙攣が強く続いた。

眼の状態 0


9月17日(火)BTX20日
朝方は結構雨が降って、老人会の公園清掃は中止となった。順延で木曜日になるが私は日帰りミニ旅行への参加があるので無理、結局大半の方々が都合が悪かったり体調不良で中止となった。20日の馬場村塾に出るので名刺を作ろうと決心したものの、ギブアップした。画面上では出来上がっているのに、印刷ができない。
まだ時間があるからもう少し頑張ろう。眼球フロンティアの缶バッジをシンボルマークとして名刺に取り込んでみた。
この会の会計を集計すると、この1年で交通費だけでも3万円ぐらいになる。寄付だけでなく、会費を頂くことが必要になる。寄付は安定収入にはならない。

昨夜、頑健けいれんの方から、眼調不良で電話相談を頂いた。かなりのしっかり者で頭脳明晰、何事にもよく気配りが行き届く。前向きで自分の眼調をどうやってクリアーするか積極的に考え、行動をする。私からはアレコレと指導なんかできない。
むしろ、のんびり、ゆったり過ごしたらと言うくらいだ。この方はそれが出来ない性分で損をしてしまうような気がしてならない。

ゆっくり過ごせたのは良かった。

眼の状態 0+


9月16日(月)BTX19日
昨夜からまた強い雨が降り続いた。本当に千葉県は弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂だ。高圧送電線の鉄塔が倒れたり、塩害による絶縁不良による停電だが。いつも沖縄はどうやってこの被害を防いでいるのだろうと思う。昔から台風の通り道だから、当たり前のように対策が施されているのではないか。行政は沖縄へ見学に行くなり指導を受けたらどうか。議員さん物見遊山の勉強ではなく沖縄から学んでもらいたい。老人会の公園清掃は中止となって、申し訳ないがちょっと嬉しい。
夕方には雨が止んでいて、自宅で逞しく伸び切った雑草と奮闘した。蚊の攻撃を防ぐために自分の周辺に蚊取り線香を3個配置している。これだけやると流石に蚊は全く近寄らない。風の方向が変わっても大丈夫だ。

お蔭様で、あまり悪い症状を気にせずに済んだ。案外好成績だ。

眼の状態 0+


9月15日(日)BTX18日
チャレンジド ヨガに参加。知り合いとは簡単に挨拶する程度で、そんなにお喋りをする余裕はない。終わった後にお茶の出ない茶話会があってから小一時間程話し合う。先生が視覚障害の初心者向けの話し合う場にしたいとのご希望である。皆さんヨガが終わったらサッサ帰ってしまう。夕方にかけて早く帰りたいだろう。もっと楽しく話し合える雰囲気を作らなければ。
いつも一杯やるメンバーも今日は用があって、何事もなく解散となった。

今日も終日ボンヤリ状態であまり悪い症状を気にせずに済んだ。

眼の状態 0+


9月14日(土)BTX17日
天候は薄い雲が広がって涼しく感じる一日。老人会の用事でちょと出かけたのと、ノンアルコールビールの在庫が切れたので買い足しに行った程度済ませてしまった。
しかし千葉県の方々の停電被害は深刻で、お気の毒だがこちらも忽ちお役に立てることがない。電気がこんなに普及していると、電気文明の脆弱さを思い知らされる。
戦中、戦後のどさくさは却って停電で悩む事は無かった。インフラが高度に整備すると突発的な事態にはあまりにも弱い。平和な日本は良い、戦争でミサイルがボンボン飛んできたら忽ち日本は機能不全になる。

何となくボンヤリした眼で過ごした。ボンヤリは眼に良い。

眼の状態 0+


9月13日(金)BTX16日
写真の勉強会の日。いつものように私の作品は綺麗な風景や花、可愛い動物はないので女性方には凡そ関心がない。この記事の始めにFACEBOOKのアドレスを紹介しているので、良かったらご覧ください。終わった写真展と今月の勉強作をアップしておきます。そんな訳で人気がないが、時々関心を持って下さる貴重な方々もいらっしゃる。奇特な方がご自分のリトグラフ作品個展に2、3枚置かせてくれるとの事。折角だから引き受けよう、でもご本人に迷惑を掛けないよう頑張ろう。来年
だから鬼が笑う話だ、再来年は個展をやりなさいと・・・・後押しして貰った。
鬼の野郎どもの高笑いが聞こえそうだ。

勉強後は真っすぐに帰宅し、ノンアルビールとところてんで一杯し満足した。

眼の状態 0+


9月12日(木)BTX15日
本日もひねもすのたりのたりであった。夕方、鷹取山に登ったら並木の桜が5、6本も5m幅の歩道を遮ってしまい、上を乗り越え下をくぐり登坂障害物競争みたいになった。・・・・うん、チョット大袈裟すぎたか?ここは岩山なので、薄い地層に這っていた木は簡単に岩から剥がれて倒れていた。それれにしても今回の15号台風の威力は凄かった。我が家のすぐ脇、あるいは眼に入った位を通過したんだから
無事だったことは奇跡かもしれない。
我が家には屋根に問題があったけれど、大修理をしただけの事十分にあった。
築20年たったとき、大手住宅ハウスメーカーD社が点検にきて『問題ありません』として帰って行った。ただ塗装をする時期だったので、塗装の業者さんにお願いした。ついでに鉄板瓦ぶき屋根の塗装も点検してもらった。その結果驚きの大問題が発覚した。西側の瓦が90枚以上位置がずれていたのだ。自宅近所の大工さんに事情を話したら、『基本作業が全くできていない。上場会社なのに考えられない』と唖然としていたのを思い出す。D社は保証期限切れだから有償工事で引き受けますと嘯くばかり。そんな訳で今最強と言われる屋根に切り替えたが良かった。近くに東海した家の屋根、壁が道路をふさいでいたのも見かけている。
今日も雑草と格闘した。

眼は嘘のようにマアマア状態を維持している。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:やや強い
ドライアイ:やや強い。眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読めたけれど今は出来ない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感気になる。会話中に気になる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月11日(水)BTX14日
ヤッパリ昨日の余計な散歩の反動が出てしまった。それに暑い。怠けご心に鞭を打ち、雑草と取り組んだら忽ちバテてしまった。それでも休み、休み、嫌々やっていたら中高時代の友人から秋のクラス会の相談がきた。友人は都内在住だからお互いに便利な中間の品川か横浜にしようと提案だ。すぐに横浜案が決まり日程調整をお願いした。夕暮れにはノンアルコールビールと冷奴を気持ちよく楽しんだ。
ノンアルは慣れてきたが、缶一本で十分だ。沢山飲んでも酔っていい気分になることはない。却ってお腹が冷たくなってしまう。

お蔭様でここのところ、眼は何とか良い状態を続けている。

眼の状態 0+


9月10日(火)BTX13日
歌の会でまた間違えた。午後なのに午前10時から会場に行ってしまった。丁度良いからと逗子の海岸に出てみた。波は静かで立ち漕ぎでサーフィンボードを練習していいる風景が面白かった。上手な人は真っ直ぐ立つけれど、初心者は膝も腰も曲げて必死に漕いでいる。私は立つこともできないが。余計な行動をしたので今日は22,969歩(約16km)も歩いてしまった。明日の反動が恐ろしい。

歌の会に眼瞼痙攣の方を発見した。何事につけて敏感で大腸カタルで悩まされ、アレルギー体質。瞼が閉じたときは指でこじ開けても開けられない閉眼固守になる。
ただ、アレルギーの薬を飲んで40分程ジッと我慢していると治るそうだ。
個人差の大きさには驚くばかり。

眼は以外に良い。本当に今回のBTXは成功の部になるかもしれない。

眼の状態 0+


9月9日(月)BTX12日
台風の被害らしいものは無かった。木の葉と小枝が自宅の庭や道路に散らばった程度だ、そう作業用の長靴のしまい方が悪かったので中に水が溜まった位。でも台風は自宅のすぐそばを、イヤイヤ頭の上を通ったに違いない。お天気番組を見ると、台風の目を見る事ができたのではないか?・・・と思う。残念!!
結局老人会のカラオケは皆さまの合意で中止になった。おかしなもので、こんな時に自治会館のカラオケを訪れた人がいる。普段は参加しないのに。
台風の被害が無かったというのは自分の事。停電している地域を見ると横須賀も被害を受けている。塩害漏電が彼方此方で起きている、我が家はラッキーだったのだ。

患者会の活動で気に気になることがある。お蔭様で患者同士の繋がりは随分広がった。私達frontierの会のネット利用は大きく貢献している。代表の活躍は非常に大きい、また日本盲人連合会の協力も大きく有難い。でも患者本人の周辺、例えばご近所、友人、サークルその方々の知り合いに広げてくれる・・・こんなエネルギーが少ない。皆、不自由な生活を強いられているから難しいが自分の近くの人からの協力を拡げて行きたい。今、厚労省のやっている眼の問題について調査・研究をしている。ここへ多く方達の賛同を得てアッピールすることは必要だ。

眼は今日も安泰。満足には程遠いが。

眼の状態 0+


9月8日(日)BTX11日
強力な台風がくるというには静かな天気。昨日頑張って歩いてしまったので怠け心持ち上がってきた。屋外の風に飛ばされそうなものは、女房が片付けてくれた。明日は老人会のカラオケがあるので、中止するかどうか微妙な時間帯になりそうだ。我が家は周辺の建物に遮られていつも被害が少ない。夜は時々起き上がって周辺の様子を見るがあまり心配する程ではない。ただ風の音はなかなかのものでシャッターがガタガタ叩かれるので吹き飛ばされるだろうかと気にはなった。結局は何事も無かった。完全に戸締りして締め切り状態で蒸し暑さは凄くて扇風機をオールナイトで回していた。

眼は少し落ち着いてきた。我慢し続けられる範囲の症状になった。

眼の状態 0+


9月7日(土)BTX10日
合唱の練習日に出掛けた。私は最近会に入ったばかりなので、月末のコンサートには間に合わない。帰りに自宅まで徒歩で帰ってみようと決心した。10年前なら難なく歩いた山道は廃道寸前で道があるのか心配になった。人口減少でハイカーも減って山道全体に草木が茂り景色も見渡せず寂しい。所要1時間と思ったのが2時間になり汗だくで帰宅した。おかげで15000歩になった。

かなりの疲れで帰宅後は2時間ばかり寝てしまった。今日も眼の症状は緩んでいる。

眼の状態 0


9月6日(金)BTX9日
まだまだ暑い。そんな中横浜に出掛けて親戚と会った。もう月一回の定例行事となり『日常生活情報交換会』のようなものだ。スカイビルにあるレストランでビルと運河と遠く三浦半島を眺め食事をした。お酒は止めたのでノンアルコールビールをお替りした。酔わなくても楽しめるように訓練して徐々に慣れてきた。
事故が一部復旧した京急電車で横浜まで乗車できて助かった。電車もガラガラ。

少しBTXが効きだしたのか、症状が緩和してきた。以前のように良い、悪いが何だかはっきりしない。感覚が鈍っているように思う。

眼の状態 0


9月5日(木)BTX8日
目と心の相談室の講演に行ってきた。都内町田市にある和光大学ポリプリホールで『広げよう思いやりの輪・輪・輪』と謳う講演会だ。後援者セアまりさんは網膜色素変性症で失明されているが、自分で頭の中に芸術的な作品を描きそれをアシスタントに透明フィルムに描き数枚を重ねるという手法で素晴らしい作品2点を紹介された。2点あって一つは具体的な形で大雑把に言うなら雪の結晶に色付けた感じのもの、もう一つは抽象画のようで色のついたいくつかの光の帯。特に抽象画の方が良かった。彼女の積極さ、前向き思考には驚かされる。
相沢桂子さんは『眼球使用困難症はなぜ理解されないか』はわかり易く我々患者の症状、日常生活の難しいさを説明して頂いた。皆さんの理解を得られたと思う。
若倉 純さんのミニライブ「緘黙の歌声」は4曲 
〇優しい場所 〇あなたがいたから 〇君は頑張っているよ 〇歌声
初めて聞くご本人の『場面緘黙』と言う精神の悩みを克服しながら歌ったもので説得力があった。また歌声が良くてもっと活躍できそうな気がした。
帰り掛けには眼科女医先生から『ブラインドワールド』の活動と冊子の案内と
お子さんが眼球使用困難症で苦労されている方と話ながら電車で途中まで帰った。

今日も行き掛けは電車を乗り越し料金も損をした。帰りには京急電車の踏切大事故で大回りして帰った。振替料金をお願いしたら、パスモを使ったら出来ませんと断られてしまった。目的のある切符でないとダメとのことでした。

眼は本日も良くない。横浜駅の事故による雑踏は悩まされた。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:やや強い
ドライアイ:やや強い。眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読めたけれど今は出来ない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感気になる。会話中に気になる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月4日(水)BTX7日
来月のミニ旅行会の案内状を作成した。もう現地を下見して材料は揃っているので楽に出来た。行き先は東京都庭園美術館でなかなか良い所だ。元々1933年に朝香宮邸として出来た豪快邸宅と庭園である。戦後は吉田茂氏の総理大臣公邸や外務大臣公邸として使われたものだ。https://www.teien-art-museum.ne.jp

明日は目と心の相談室5周年記念講演に行くが遠いいので、休息して備えた。
眼調は変わりありません。

眼の状態 0


9月3日(火)BTX6日
また大失敗をした。このブログの第41回ボトックス日記が消失してしまった。て暫くは茫然自失となった。CANPAN事務局に問合せしているが、私の操作に問題があったかもしれない。つい最近ボトックス日記第42回をアップしたときのことだ。操作を簡略するために、CANPANブログにある第41回ボトックス日記の原文ファイルを引き出してこれを修正し不要な文を削除した上で第42回ボトックス日記として登録しました。この際に41回は42回に更新されてしまったのだろうと推測しています。普通パソコンに収納したファイルを取り出して修正し新しいファイルを作り新しいファイル名で保存すれば旧ファイルは残りますが、このブログでは旧ファイルを消してしまうのでしょう。
私は毎日、手書きで詳しく日記をつけているけれどこれを基にもう一回41回版を起こすことはできますが、気力がおきません。

こんな訳で眼は悪いままです。

眼の状態 0


9月2日(月)BTX5日
朝から老人会の公園清掃に参加した。清掃も夏休みにしたので一時間の草刈り清掃ではやりきれない。大体健康第一の方が大切だ、チリチリジリジリと日差しが強いので倒れたら大問題になってしまう。その後は役員会でいろいろな行事の計画を相談したが、私は11月の演芸大会に参加して3曲歌う事になる。元気に参加して歌いきれればいい、それ以上は望めない。
眼科で一般の診察と処方を受けた。先生は”もうBTXがあまり効かなくなったようですね”と。良くも悪く原因は分からない他に良い治療がない以上は仕方がない。ドライアイ用のムコスタ点眼液を受けた。
眼圧は右13、左12mmHgとなかなか良い数字だ。
お酒を止めて血圧が下がり良くなった。一時は139に上がったが最近は上104、下55、脈拍67と極めて良い。
帰り際に喫茶店カメリアに寄って、世間話無駄話をした。私の写真を3か月も無償で店の壁に飾ってくれ話題にしてくれた。有難い存在である。

身体全体、頭のなかがスッキリしない。薄い霧で曇ったいる。近くの鷹取山から東京湾を見下ろすと白く水蒸気で煙っていることがある・・・そんな感じだ。

眼の状態 0


9月1日(日)BTX4日
また昨日の遠出で疲れがでた。それでも庭の雑草と取り組み、汗だくになりながら奮闘した。疲れが出てだるさが気になる。夜もよく眠れない。私にしては珍しいことで体重も1kg程減ってしまった。

眼は不調を続けている。なのに眼の開き具合は昨日より良い。

眼の状態 0


8月31日(土)BTX3日
馬場村塾に参加してきた。視覚障害に関わる方が自由に講演を行い討論をする明るい雰囲気の会合である。私の年代とは二回りも下の方達で積極的な活動と意見交換に楽しさを感じ、ハンディキャップを感じさせない。ITを使い意志疎通を図る事に慣れている。私の年代は世の中を見直さなければドンドン遅れるばかりだ。
参加は3回目になる、次回が楽しみだ。

眼は不調を続けている。
眼の状態 0−


8月30日(金)BTX2日
残念ながら遠出をすると疲れが出てしまった。夏も終わりに近づき涼しい日が出るにつれ身体が安心するのか体調が何となく悪くなる。これは冬から春にかけても出てくる私の症状である。そんな訳で今日はぐったりして何もする気が起きない。この時期でも夏バテと言うのか。
テレビのミステリーを聴くのが好きなので、無為に時間を過ごしていた。なにか心にわだかまりが残る。
眼も引きずられかなり悪い症状が続いた。

眼の状態 0−



8月29日(木)BTX初日
注射の都合もあって代表の立川くるみさんと会った。驚く程元気が良かったのでビックリした。
これからの活躍が期待出来そうだ。

今、注射をして頂く先生が都内立川に異動され、私も後を追いかけて2回目になった。かってからずーっと50単位、全8か所、一か所当たり6.25単位で場所も同じで変わらない。瞼を閉じる筋肉の力を緩める基本的な注射か所と言える。今回も全く同じだ。先生が変わると注射か所や量が随分異なるが、それ程差があるとも思えない。メイジュや額に深い皺がある場合は異なり、私もメイジュに違いないが、拘らないことにしている。

病院までの距離が長く、行くだけで疲れてしまう。連日のメイジュ症候群で眼だけではなく、顔中いつもクシャクシャ状態が続いた。先生の注射も痛かった。注射中に痙攣が起きると針の周囲に影響して痛いとのことだ。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:かなり強い
ドライアイ:やや強い。眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み弱い。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新聞記事が10分位読めたけれど今は出来ない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感気になる。会話中に気になる。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント