CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第38回ボトックスの総括 | Main | 第39回ボトックの総括»
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
hara juniti
第34回ボトックス日記 (10/01) hara juniti
第34回ボトックス日記 (07/25) 坂本 征男
第34回ボトックス日記 (06/23) Nami
第34回ボトックス日記 (06/23) 坂本 征男
日常生活の不都合 (06/15) はじめまして
日常生活の不都合 (06/12) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/21) hara juniti
第32回ボトックス日記 (02/14) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/13) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/10)
第40回ボトックス日記 [2019年03月02日(Sat)]
第40回ボトックス日記


DSCN2933 a.JPG

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook
http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7

制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
眼球困難フロンティアの会 代表 立川くるみ
https://g-frontier.xyz

マリナさん(発達障害・眼球使用困難症)のツイート
眼球困難フロンティアの会 広報
https://twitter.com/marinakoganei

専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。


NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA

茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w


AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

残念ですが28日間の無料視聴は終了しました。
参考 
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p857?utm_campaign=episode_share_fb&utm_medium=social&utm_source=facebook

立川くるみさんの年金裁判。
裁判官の交代で判決が伸ばされていましたが、判決が出ます。
日時 6月21日(金)13:30
場所 東京地裁803号室
沢山の方々の傍聴をお願い致します。

先日の法廷では新しい裁判官に引き継ぎされただけの開廷でした。よって、新たに決まった判決美が6月21日金曜日東京地裁803号法廷13時半と発表されました!
さて、いよいよです。真に私たち当事者の現状に合った、公正公平な判決を期待します!!!
なお、3月に私が取材を受けた共同通信の記事が山梨日日新聞や琉球新聞などに掲載されました。今後も掲載媒体が増えると思われます。また、GW明けには朝日新聞からも取材を受ける予定になっています。



5月21日(火)BTX83日
素晴らしい晴天になって、自宅に籠って居られなくなった。電車で二駅の金沢文庫駅から稱名寺に行き静かな庭園をジックリと観察しながら写真を撮った。撮影会は苦手である。自分が好きな写真の対象に集中してしまうので、一緒にいる人達に配慮する余裕がない。他人の撮影対象が自分と会わないと、いつの間にか離れてしまうからだ。一人で風景と対話しているような気になっているのかもしれない。引き続いて八景島シーパラダイスにも足を延ばした。ここではついに誘惑に負けて生ビールとホットドッグで暫し休息した。海に近いので案外涼しく快適な散歩になった。

気分の良さに紛れていたが、実際思い起こすと眼は良くない。ただ、この紛れていることが大切である。大きな気分転換になっているのだ。

眼の状態 0


5月21日(火)BTX83日
昨日申し込んだ歌の会に出掛けた。体操で発声の基本を教えてから、発声練習をまた丹念に体の構造から詳しく教えて頂いた。その後やっと歌い始めたら、またこれも詳しく教えて下さる。こんな先生は初めてで、続けて行く気になった。生徒さんは全員で4人しかいないので、個人指導までして頂けた。
所で猛烈な雨と風に見舞われて、カッパをかぶって出かける程の凄さになった。
ちょっと嬉しい話があった。たまに出掛ける喫茶店のご主人が、私の写真を5枚もお店の壁に飾って呉れた。額縁まで探して、・・・・全く恐れ入ってしまった。写真好きのお客さんとの話題位にはなるかとクリアファイルに入れて渡しただけなのに。
これではお店に足繁く通わなければならない。コーヒーに拘りがあるご主人だから、私には似つかわしくない高級なコーヒーもケーキも注文しなきゃいかんかな。

悪天候は眼に悪くはない筈だが、かなり苦痛を感じる日になった。歌っているときも、歌のテンポに眼が追いついて行かず楽譜で何処を歌っているのか分からなくなった。ジストニアの症状で手が震えるので、随分緊張していいますねと言われる程であった。

眼の状態 0−


5月20日(月)BTX82日
午前中は町内公園清掃に参加、ここでも雑草が伸びだしてきた。それに今は常緑樹が落葉する時期でこの量が結構多くてやり切れずに次回に回す事になった。最近は歌の練習が減って、声が出にくくなっている。このままでは拙いと市の『まなびかん』に行き歌を教える教室を探した。ようやく一つの先生を見つけて、明日の練習日に体験参加することにした。尚、この際だからと自宅から『すこやかん』まで3駅歩いた。また申し込み後また二駅遠くまで歩いてから電車に乗って帰った。十分二日分になる20,000歩を歩いた。まだ十分歩けると自信を得た。

眼は本日も冴えない。

眼の状態 0



5月19日(日)BTX81日
日課の散歩から帰って、習っている歌を聴いたり、西田敏行の”もしもピアノが弾けたなら”を聴きこれどを覚えたいなどと口ずさんでいた。お蔭様でYOUTUBEにはお世話になっている。いろな曲を聴いているうちに”さだまさし””佐渡裕””風に立つライオン”が出てきた。エッ?なんだこの組み合わせは?と聴いたらすっかり感動してしまった。オーケストラを指揮している佐渡裕も感動して、顔をクシャクシャしていた。歌うさだまさしは歌曲を歌うひとではないが、彼の詩や歌い方は堅苦しいジャンルを遥かに超えていた。今日は良い日だった。この録画は2013−7−27だから既に多くの方が知っているのだろう。知らぬは私ばかりかな。

眼の症状として際立ってものはないが、鬱陶しくて物を見るのが嫌になる。拒絶反応を起こしているような感じである。

眼の状態 0


5月18日(土)BTX80日
年のせいだろう、一昨日の愉快な飲みすぎがまだ後を引いて体の動きが悪かった。
それでも念入りに部屋の清掃をして、芍薬の手入れ位はやった。でもそれまでで後はぐったりしていた。そんな中嬉しいい人の輪が繋がった。元々私の知り合いであったSさんとIさんを紹介したら、合唱の先生の繋がりが元でImさんとIkさんにまで縁があることが分かった。じゃ、今度の先生のコンサートは一緒に行くことになった。私の年代になるとあまり男だ女だと余計な気遣いも要らない。付き合いが広がり会話が豊富になると、周囲から受ける考えから自然に得るものが多く楽しさも大きくなる。外に出て空気を吸い多くの方から受ける何とも言えない楽しさ喜びは素晴らしい。いつもハッピーに進むわけではないが、それさえも一つの切っ掛けになるような気がしている。


5月17月(金)BTX79日
昨日飲み過ぎたせいもあって、軽い二日酔いと喉が痛くなった。残念だがラテンクラシックの練習は休みにした。午後は老人会でやるワンコイン茶話会で、これは500円で弁当を食べ、ソフトドリンクと誰もが知っている歌をギター伴奏で全員で歌う。他愛ないようだが中々人気があって20人程集まってくる。
時間があると今日も庭の手入れで、芍薬の花が咲きだしているので、倒れないように竹でつっかえ棒にした。花は多重になって見事だが、傷つきやすい。まだまだ研究する必要がある。

眼は相変わらず良くない。数値で0と書いているが、健常者の眼は+1である。実態はー1と言えるし瞼を開けるのが20%以下をー1として表している。−1では連続歩行はっできない。立ち止まって瞼を開けて歩くようになる。ただ私はもう慣れたので、かなり眼を瞑っても歩けるのでこの判断基準も大雑把になっている。

眼の状態 0


5月16日(木)BTX11週
日帰りミニ旅行の日でした。我が家から30分程しかない野島公園だ、ここに初代内閣総理大臣伊藤博文の別邸がある。一度立て直しているが、それでも古びた建物に見える。20人程集まって見学をして、芝生で弁当を撮りながら話し合い楽しく過ごした。現地解散で私達男性は追浜に移動してリーズナブルな酒屋でもう一回愉快に過ごした。何でも気軽に話し合えるからストレス解消には最高である。

眼は思うに任せず、昨日と同様苦戦している。飲み屋に行ってもこれは余り効果がない。でもしゃべる事は兎に角症状を忘れさせる。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:やや強い。
ドライアイ:強い。ショボショボする。
眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。ドライアイに関係するので続くと痛むようになる。
フラフラ:少し良くなってきた。筋力低下なのかジストニアの症状なのか分からない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み弱い。集中力に欠ける。
新聞社説:最近少し読めるようになってきた。どうやら確実に読めるようになってきた。
首肩のこり:ない。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感がある。痙攣も起きている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


5月15月(水)BTX77日
自宅で雑草取りや松のみどり摘みを行った。松は面白い性質があって一旦切り落とした枝の樹幹に近い方からは絶対に眼が出ない。また剪定をサボると葉が大きく太く繫ってくる。毎年丹念に剪定すると葉が細く、小さくなる。

眼は昨日より良いかな?そんな程度だ。

眼の状態 0


5月14(火)BTX76日
中学・高校時代の友達4人が毎年三浦半島を訪ねてくる。毎年楽しみにしているが、今年は横須賀の馬堀海岸、走水、観音崎公園を歩いた。いつ雨が降るか分からないが、海岸沿いを気持ち良く歩くことができた。太陽は隠れてどんよりと暗い空と海だが風はなく静かで、他愛のない話をしながら歩き続けた。
目的の新鮮さを売り物にする魚料理の店について、十分地元の魚を味わうことができた。更に観音崎公園まで歩き、ホテルの喫茶店ですぐそばを通る外国航路の貨物船や千葉県君津の海岸を眺めて過ごした。リラックスできる楽しい時間が過ごせた。

気分は楽しく、眼は苦しい。ショボショボ、閉じる、頬や口周辺の痙攣で難渋した。誰も何も言わないが、心配させただろう。

眼の状態 ー0


5月13日(月)BTX75日
町内のカラオケ練習日。最近は皆さんが主体でドンドン曲を入れて、歌うようになった。一人一人に一曲どうですか?等と言う必要が無くなって嬉しい。これが本来の姿だろう。その間私はお茶を飲んだり、事務整理をやりながら歌えば済むようになった。ただ私も含めて皆高齢者だからカラオケ装置や液晶テレビなどは重くて慎重に扱う必要がある。お茶を入れるのも火傷の心配ある。なかなか後釜がない。時間があれば今日も雑草取りだ。
ヨガのポーズを毎日の体操に一部取り込もうと始めた。自力でやるには中々難しいが少しずつやってみよう。

眼はまた悪くなった。症状は一通り出ている。

眼の状態 0


5月12日(日)BTX74日
今日はヨガの日であり、花の日でもある。
ヨガではFACEBOOKで活躍しているISAKO HARADAさんご夫妻が連続お休みになったのできになる。ヨガはやるほどに体に良いことを実感している。週一回かせめて月3回位欲しいところだ。いつもなら終わった後に皆さんと一杯飲んで愉快に爽快になるところだ、しかしは今日は母の日を利用して花を買ったから、真っすぐに帰宅した。女房に私たら、何なの?とか言っていたが案外素直に受けて取ってくれた。まだ信頼感は切れていないようだ。

眼は閉じる程度としてはむしろ良い方だが、症状はショボショボ、渋い、ドライアイ、頬には痙攣と多彩な症状をみせている。

眼の状態 0+


5月11日(土)BTX73日
写真クラブの案内状を頼まれて、慣れない作業に集中して作成印刷まで完了できた。重荷がちょっと降ろせたかんじでホットした。朝、昼、晩とかかってしまった。

残念だが眼のショボショボと口、頬周辺の痙攣が更に悪くなっている。下記の数値は変わらないが下降している。

眼の状態 0


5月10日(金)BTX72日
忙しい日だった。午前中は合唱の勉強。生徒さんが今年になってから急に増えて、数人から30人になった。先生が張り切りだして、市の合唱団体に加入しようとか軽いお披露目発表会をやろうと言い出した。私も目標があると気持ちが集中してくるので嬉しい。
午後は写真同国会に出て、そのまま喫茶店で笑い話の絶えない時間を過ごし更に一杯飲み屋でメンバーを集めまた会話を楽しみ良い気分で帰宅した。

残念だが眼のショボショボと口、頬周辺の痙攣が目立ち始めた。

眼の状態 0


5月9日(木)BTX10週
実家でテレビ、電話、携帯類などを4一括某社にまとめるので、打ち合わせに来てくれと頼まれ都内まで行ってきた。大体私だって時代遅れに」なっているから、他社との比較なで出来るわけがない。手続き上の間違えさえおこさなければ良いと思う。また契約問題なく終わった。
お互いに殆ど健康問題なくなんきよりだ。私も眼には悩まされるが、毎日使う薬はないし、抜け歯もない。眼瞼痙攣を持っているが故に他の病気にならないよう、自然に気を付けるようになった。

まあまあ良かった眼の状態に陰りが出てきた。ショボショボ、がやや強くなってきた。それに引きずられて口の周辺や頬に痙攣が生じている。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:足元が少し心許ない。筋力低下なのかジストニアの症状なのか分からない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み弱い。集中力に欠ける。
新聞社説:最近少し読めるようになってきた。画期的な事である。
首肩のこり:少しある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感がある。痙攣も起きている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


5月8日(水)BTX69日
昨日の反省で、荒れた公園脇の整理に取り組んだ。カラスのエンドウやススキ、葛などの蔦類と奮闘すること1時間半でダウンした。自宅に戻ってまた雑草取りと除草剤の手を借りた。こうでもしなければ、私には出来ない。業者に頼むのととんでもない費用になるし、そもそも庭作業がしたくてこの家に住んでいるのだ。
WINDOWS10からパソコンが使いきれず困っていたが、写真の勉強会が迫ってきた。きわめて不本意だが何とか10枚を選択してプリントした。プリンターのインクが高価で悩まされる。年金生活だから、いつまでもこんな贅沢やっていられるだろうか、気になる。

少し眼に緊張感が出てきた。だけどまだまだ程々に良い状態はキープしている。

眼の状態 0+


5月7日(火)BTX68日
庭にあるカンナは繁殖力が強い、手入れをしなくても毎年増えてしまう。貰ってくれる人もなく、庭もスペース不足で年々生ごみにしていた。幸い老人会の中で、第2公園に植えてもいいと話しが纏まって、実行した。日差しもあり、スペースもありで素晴らしい。ドクダミと植え込みの根っこが一杯あって、手こずった。ここなら順調に育つだろう。
一方私も近くの公園脇に春は菜の花を咲かせたが、今は雑草が生い茂り荒れてしまった。こちらも生き返らせなければと反省することになった。
しかし忙しいし、体力不足で我が家の雑草取りと室内掃除をしたらも後は何もできない。椅子で居眠りしているだけだった。

でもまだ眼は程々に良い状態を続けている。

眼の状態 0+


5月6日(月)BTX67日
町内の公園清掃と役員会に参加。雑草が増え始めてきた。これから半年は大変だ。

お蔭様、今日も眼は程々に良い。

眼の状態 0+


5月5日(日)子供の日BTX66日
今日も良い天気に恵まれて、友人と市中央で軽く飲み重要な世間話をした。重要な話も酒の話題するのは不謹慎かもしれないけれど。

どうなっているのだろう? また眼が何となく良い。

眼の状態 0+


5月4日(土)BTX65日
私が練習しているラテンクラシックの方がみなとみらいで小ホールでソロを歌う。我々生徒は揃って聴きに行った。お花を持って行ったが、場合によっては多すぎて困る場合もあるらしい。
全員素人でクラシックのソロを2曲歌った。こんな難しい曲を良く歌えるものだと感心するばかり。一年間かけて練習している、熱意は私と程遠い。ただそうは言っても素人でプロと比較はできない。
プロと素人の違いを序実に見せつけられた。最後に先生が歌った霧を愛した等素晴らしかった。
終わったあとは皆さん忙しく、一杯飲むこともなく期待した。

参加している色々なグループの一つで、トラブルが起きている。ここで書くわけには行かないが、
先輩のアドバイス『トラブルが起きるのは生きている証拠だ。』と激励されたことが気持ちを取り直す切っ掛けになる。
しかし、気持ちが沈むのを簡単に変えられない。眼も何となく悪くなった。

眼の状態 0


5月3日(金)BTX64日
暑い位の好天気。小グループの軽いハイキングのために、下見に行った。人を案内するためには休憩場所やトイレなどを配慮しておかないと困る。それは兎も角、面白かった。いい景色だなと思って通り過ぎるのとは違う面白さを感じる。地元の方と話をしたり、気が付かない風景に出会ったり、写真を撮ったり、なにがしかの看板を見ても以外な発見もある。車でサッと通り過ぎれば、観光案内の印刷物の確認程度しかない。馬堀海岸駅から観音崎灯台公園まで約4kmだが往路は2時間余り、帰りにバスで戻ると10分程度。歩く楽しさや充実感が全然違う。かかった費用はパスモの1000円とコンビニ弁当198円で済んだ。

気分爽快で眼も何となく良い。極端に悪い症状を感じないで済んでしまった。

眼の状態 0+


5月2日(木)BTX9週
天気が良いのでお決まりの鷹取山〜追浜コースでサンキング(散歩とハイキング)をして帰宅。その後またもや雑草取りに集中した。

本日も眼は良い。何日続いているか? 

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:足元が少し心許ない。筋力低下なのかジストニアの症状なのか分からない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み弱い。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:少しある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感がある。痙攣も起きている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。





令和元年5月1日(水)BTX63日
曇りのち雨。この季節はかなり晴天の多い日だったような気がするけれど。出来る限り庭作業をした。
終日在宅となった。
新天皇即位。戦争の準備が進むことが無い時代で欲しい。決めるのは国民。準備を進めることは周辺国を更にエスカレートする。専守防衛を忘れないで。

今日も何もしないのが良かったらしい。

眼の状態 0+


4月30日(火)BTX62日
月末で老人会のカレンダー配布をしながら一回りした。追浜の街に出掛けて写真展に向けてはがきを450枚、麻ひも、風呂用ブラシ購入した。そう、もう一つ紺色野球帽も買った。屋外作業をヤル気にならず。
風呂場の清掃位で、何もしない日であった。

怠けるのは眼瞼痙攣の対症療法なのか、眼は良い。

眼の状態 0+


4月29日(月)BTX61日
雨が降らなければ庭作業はやることにした。そうでもしないとかたずかない。散歩後の途中でご主人の面白い喫茶店に寄った。私達がお付き合いをしているグループの女性が社長業を終えて、次の人生では楽しく花や野菜を育て楽しく過ごしたい思っている。喫茶店の主人はいろいろな人脈を作り交流の場を広げて、多彩な体験話をミニ新聞で発行し始めた。丁度良いと、彼女を喫茶店に誘ってみたら大成功で、お互いについでにに私も含め話が盛り上がった。終わってからは彼女と飲み屋によってご機嫌で他愛ない話をたっぷりして終わった。少し日本酒を飲み過ぎたようだ、自粛しよう事故にならないように。しかし普段はごく常識的な人でも、酒が入ると悪くなる人もいる。糞真面目で、不器用で、人畜無害な私は問題も起こせない小さな人間である。それじゃ付き合う人が居なくなるだろうと思うが、案外そうでもない。眼瞼痙攣の病気のお蔭でいろいろな方とのお付き合いも増えた。病気だって悪いことばかりではない。

散歩中の眼はまあまあ開いていたが、話に夢中になったころからは眼の事はすっかり忘れてしまった。二日酔いになった。

眼の状態 0+


4月28日(日)BTX60日
雲一つない晴天。思い切って銀座のビルを撮りに出かけた。実は凡そ銀座に似つかわしくない、戦前のビルがあって趣がある。銀座2丁目だと思うが見つからなかった。ただ、一軒みすぼらしいビルはあった。シャッターが降りて、出入り口はしまって看板は銀座ビルとしてあった。・・・これだろうか、中は見られないしどう頑張って撮影対象には向かなかった。証拠として撮影はしたが。
久し振りに銀座は競うように、立派なビルが並んでいる。撮ってはみたが、建築家の鮮やかさには
負けてしまう。自分なりの特徴で撮影すことが出来なかった。皇居を横に見ながら、日比谷公園を歩き回り写真を撮った。途中コンビニで買ったサンドイッチを持参した水で流し込みながら、風景を楽しんだ。何かとキベントがあるらしく、大音響で歌と音楽を流していた。私に取っては煩いだけで無い方ご良かった。それにしても外国人が多く、楽しんでいる姿はいい。結局JR新橋まで歩いて本日は15000歩になった。まあ、本日は満足。

晴天でも眩しさにも負けず、眼の悪さをあまり気にせずに済んだ。決して気持ちの良い芽ではない。ただ程度は良かった。

眼の状態 0+


4月27日(土)BTX59日
雨が降りそうな一日で庭作業をする気がおきない。と言うよりやらなければならない事を始めた。貯めこんでしまったこのブログを纏めて書いた。一日の最後に記入しようとすると、夜になってああ!明日にするか・・・とサボってしまう事が多い。
合唱の先生が急にコンサートをしましょうと言い始めた。私も前向きになってパソコンに楽譜にを入れて勉強するきなりだした。音程、テンポが正確にわかるので、私には大変助かる基礎bヴぇん教になる。
来月の写真同好会の定例発表に向けて、撮りだめから抽出作業をしている。夢中になるが、眼には非常に悪い。良いときは割に早く戻る。今日は眼調は良いようだ。
パソコンも手当をしないと、動きが悪くなって始末に負えなくなる。幸いパソコンには管理ツールがあるので、整理するとトラブルが減り、作業速度も速くなる。

眼の鬱陶しさは相変わらずだが、それでも今日はその症状も緩やかで凌ぎやすい。

眼の状態 0


4月26日(金)BTX58日
合唱の先生が真剣になってきた。以前はコンサートはやるつもりはない・・と言っていたのが、衣装なんか白と黒でやればいいでしょう。秋の他のコンサートを見てやりましょう、と変わってきた。
最近メンバーが増えて案外皆が上手なのでやる気が起きたらしい。矢張り目標がないと練習に張り合いができる。嬉しいことだ。

雨が降って寒くなった。眼が悪いから体が疲れているように感じる。真昼間から布団を敷いて寝てしまった。眼は悪い。痛み、眼の中緊張感、痺れ、ドライアイ、閉じる。

眼の状態 0−


4月25日(木)BTX8週
体調が悪い。疲れか、風邪でもひき掛けているのか。分からない、一体どこの医者にゆけばいいのか分からない。兎に角庭作業を続けている。

眼が痛くて、頭が痺れる、頭が働かない。当然瞼がなかなか開けない。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:強い。
眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:強い。
フラフラ:足元が少し心許ない。筋力低下なのかジストニアの症状なのか分からない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み強い。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:少しある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感がある。痙攣も起きている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


4月24日(水)BTX56日
小さくてやっているのを気付かないような喫茶店がある。追浜の街は有名な安くい喫茶店が一軒とこの店しかない。ご主人は文化人的な特徴ある人々といろいろな方面での出会いを期待している。お蔭で私の眼球使用困難症のポスターやコンサート或いは写真展のポスターも貼ってくれる。写真展で私の写真が風変わりなのでちょっと評判があった。これをご主人に見せたら貼ってくれそうだ。
様々な人々が話題を提供して、知り合いができるのは面白い。早速リタイアしてから、シェアハウスで一緒に住む人を紹介した。何処まで話が発展するのか分からないが、話し合いの出来る場所があるのはいい。お互いにチャンスを見つけられるならハッピーだ。

今日も曇って暑い位の日。湿度が高くなった。眼は開くが痛くクシャクシャする。気分は鬱陶しい。

眼の状態 0+


4月23日(火)BTX55日
相も変わらず庭作業を続けている。忘れ物の多い私だから、室内に戻ったり2階に駆け上がったりと無駄な作業が多いのが特徴だ。お蔭で散歩以外にも良い運動になっている。自分の最適な運動量はどんな程度なのだろう。努力している積りだが膝が震えたり、がくがくしたり、フラフラとバランスを崩したり情けない。ヨガは効果があるけれど、自己流の運動の効果は良く分からない。以前は自信を持っていたが、やりすぎなのか?不足なのか?迷っている。日に8000歩も却って疲れが溜まっているかと思う時と、やって良いのだと思うときもある。判定が難しい・・・これはとしのせいか?

雲って、暑くて、湿度が低い。変な天気だ。眼の症状は軽減されているので助かる。

眼の状態 0+


4月22日(月)BTX54日
午前中は老人会のカラオケ指導をやって、大急ぎで片付けてから友人に誘われた、久里浜のカラオケ店で超懐メロを歌った。サ−ビスデイで安いのにウーロンハイ、とソフトドリンクは飲み放題で焼きそば付き。店の雰囲気は社交ダンスのグループが踊り歌いまくって、物凄い賑やかさだ。これが真昼間で、年金受給者が一番楽しめる時期だ。私位になると皆さん大人しくなるだろう。友人はもう一軒小料理とカラオケ付きの店を案内してくれた。長年の付き合いらしく、家族の事から何もかも知り合って間らしい。ここでも、友人は見ごとな歌を披露し、私は十数年来の歌を苦労しながら歌った。これで連続飲み会は4日目になった。

飲んでの治らない眼は連日の症状を続けている。我慢んしながら付き合っている。相手に失礼かもしれないが、話を続けいられるのは助かる。

眼の状態 0−


4月21日(日)BTX53日
チャレンジド ヨガの日で知り合いも多く7人になった。最近左腰後ろ側が痛んでいたが、今日のメニューは私にピッタリだった。かなりきついが、やった分の効果を感じている。キツイので自分一人ではできない。みんなの一緒になら続けられる。毎週一回はやりたい。
終わった後はあた友人と2杯飲んで別れた。これで3日連続で飲んでいる、血糖値に影響しそうで心配だ。

飲みながらでも、眼は気になる。顔と眼の症状を我慢しながらの会話は相手に申し訳ない気がしてしまう。

眼の状態 0−


4月20日(土)BTX52日
大学の同期の総会。皆さん元気だが、参加も減る高齢となって今一大人しくなっている。遠隔地からの参加がすっかり減ってしまった。皆さんはこれから2次会、3次会と続くのだろうが私はお先に失礼した。最近は夜おそくなるのが心配になる。事故に会うことが無いように・・・そんな気持ちになってしまう。帰宅に2時間もかかれえば、当然でもある。

今日も眼は悪い。閉じる、眼から後頭部への痛みと痺れも顕著だ。

眼の状態 0−


4月19日(金)BTX51日
ラテンクラシックの歌の勉強会。先生は個性的でクラシックのような決まった教え方はしない。ジョークも多い。皆、楽しんでいる雰囲気で気楽でいい。でも私のような初心者には戸惑いが多い、慣れるのに時間がかかりそうだ。午後は老人会の総会と誕生日会があって、連続の飲み会となっている。

楽しんでいるものの、眼は厳しい。症状は連日と変わらない。

眼の状態 0−


4月18日(木)BTX50日
散歩以外は自宅で庭作業。暖かさも手伝って、植物の育ち方が顕著になった。閑があれば庭に出て闘う。芝の中に入り込んだドクダミは始末が悪い。地中30cm位はうどんが絡まっているように太く長く連なっている。5mm程度の端切れの根っこでの十分育つ。除草剤を使うと言っても高価でそんなに使えないし、枯らしきれるものではない。手作業で地中から掘り出して、補助に使う程度にしている。
血圧測定 103/66、63 108/67、65・・・良い状態だ。
友人たちは低すぎると思っているが。

散歩に出ると、眼の具合はかなり悪い。ショボショボ、閉じる、ドライアイ、眼の奥がジンジンと痺れる痛み。頬や口の周辺も違和感と痙攣がでる。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:強い
眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:強い。
フラフラ:足元が少し心許ない。筋力低下なのかジストニアの症状なのか分からない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:疲れと痛みで眼の中に緊張感と痛みがある。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:弱い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感がある。痙攣も起きている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。



4月17日(水)BTX49日
散歩以外は自宅で庭作業。暖かさも手伝って、植物の育ち方が顕著になった。閑があれば庭に出て闘う。芝の中に入り込んだドクダミは始末が悪い。地中30cm位はうどんが絡まっているように太く長く連なっている。5mm程度の端切れの根っこでの十分育つ。除草剤を使うと言っても高価でそんなに使えないし、枯らしきれるものではない。手作業で地中から掘り出して、補助に使う程度にしている。
血圧測定 103/66、63 108/67、65・・・良い状態だ。
友人たちは低すぎると思っているが。

散歩に出ると、眼の具合はかなり悪い。ショボショボ、閉じる、ドライアイ、眼の奥がジンジンと痺れる痛み。頬や口の周辺も違和感と痙攣がでる。

眼の状態 0−



4月16日(火)BTX48日
暖かい、やや暑い位の晴天になった。ミニ旅行会の訪問先を下見に出かけた。班長さん以下計3人で日本の初代総理大臣・伊藤博文が憲法草案を練ったと言われる金沢八景の野島にある別邸に行ってきた。案外質素で海辺の松林の中で、庭にはボタンが咲き始めていた。昔の建物だから一階建てで広く複雑な間取りに驚かされる。当時からガラス障子で景色が歪んで見えるのが何とも言えない、雰囲気がいい。風呂は大きいいが、どうやって使うか?入るのか?皆で考えたが分からない。
簡単に終わって帰宅後は庭作業を一生懸命やった。松のみどり摘む時期になってきた。

立川くるみさんの裁判の判決日は決まっていたが、何故か再審議になっていた。上記のように日程が決まりました。応援、支援に傍聴をお願いします。

眼はあまり違和感に悩まされずにすんでいた。眩しさも軽い。

眼の状態 0+


4月15日(月)BTX47日
晴れたので、庭の雑草取りに励んだ。次から次へと新しい芽が出てくる。追いかけ作業ばっかりで、庭づくりに進まない。しかし作業後に見ると、やるかやらないかは歴然としている。根競べである。
夕方散歩に出ての帰りは、見事な夕焼けに恵まれ暫く写真を撮り続けた。鮮やかな写真が撮れればいいが。

夕焼けは良いが、眼は低調だ。写真を撮っている最中は良いが、後はしょぼつきと閉じると疲労感に悩まされる。
こうやって自分の症状を見ていると、全体には良くなっている気がしている。新聞記事を読むのは諦めていたが、テストしてみようかと思う。また悪化したら困るが・・・・。


4月14日(日)BTX46日
神奈川県のライトハウスでアイフェスタがあるので、始めて見学に行った。日赤が後援している組織なので立派な会館があった。視覚障害者むけの補助器具が多種多様に展示されている。展示そのものに目新しいものそれ程なかった。眼鏡に小型カメラを取り付けて、文字を音読する装置は2種類程興味があったが、まだ実用の域に達していいない。
眼球使用困難症のフロンティアの会としては、主催のJRSP神奈川の受付で私達のポスター・チラシを置いて頂いた。また先日、馬場村塾で講演をさせて頂いたので、そこのブースにも置かせていただいた。難しかったのは神奈川ライトセンター受付窓口で担当者で、置かせていただくのは難しく後日返事するとのことであった。
講演では『補装具・日常生活のあれこれ』は私には参考になった。質問も切実な問題が提起され、回答した神奈視協の鈴木会長の答えも患者に寄り添った考えで良かった。鈴木会長は私達眼球使用困難症についても積極的な応援をして頂いている。挨拶が出来て良かった。
会場の中でチャレンジドヨガのAさんと会えて良いタイミング、帰りの軽く一杯をする事ができた。

眼の方は閉じ加減が強くて、口や頬が痙攣して困った。

眼の状態 0


4月13日(土)BTX45日
私の住む所に4名眼瞼痙攣の患者さんがいる。其の中の3名が逗子に集まって近況を伝え合った。Hさんはネット上でも良く知られている方だが、眼瞼痙攣だけでなく緑内障もあるので日常生活で3人のなかで一番不自由されている。お一人で外出は不可能。Yさんはまだ病歴が浅いけど主婦業には苦労されているし、一人で外出はご主人なしでは危険な状態だ。私達はいくら頑張っても治癒の可能性や良い対症療法もない。話し合って気を取り直す切っ掛けになる程度になるか。喫茶店でコーヒーとレストランでカレーと慎ましいひと時であった。
帰宅してからは、庭作業に熱中した。竹の根っこを探し出し掘り出すの中々の重労働だ。

最近は疲れが溜まって、休むと直ぐに居眠りが始まってしまう。このせいだろう、眼はショボショボして瞼が開くことが難しくなった。

眼の状態 0+


4月12日(金)BTX44日
毎月第2週金曜日は忙しくなる。午前は合唱練習、午後は写真の月例勉強会。合唱の練習会場もなかなか競争率が高くて難しく、最後には何処か町内の自治会館を借りて、使用料を払いピアノは無いからキーボードを持参すする。それは兎も角、先生が発声練習をしっかりやってから歌に入るので、有難い。先生は小学校の生徒を教えているので、元気がいい・・・体育会系みたいだ。
午後は買っておいたサンドイッチと自宅から持ってきた水を市の文化会館の片隅で食べた。ついつい居眠りしたらもう写真の勉強会は始まっていた。老人性居眠り症候群だ。
こちらでは会員が減りだしている、高齢が大きく影響している。私の作品は影を生かしものだけ評価されたが、丹沢のユーシンブルーの作品は、興味を引くことはなかった。今年の作品展は会場が取れず、8月になり余裕がない。私は画像修正技術が下手くそなので、自分の個性の強い作品にしないと出品する意味も無くなってしまう。

眼の中の緊張とショボショボ感が気になるが、閉じる頻度では60〜80%で状の部になる。

眼の状態 0+


4月11日(木)BTX6週
小規模な写真の同好会にも入っていて、総会があった。寒さが気になるが、海辺に出たかった。でも、もう一方の同好会は月例発表会になるので余裕がない。大体プリンターのインクが少なくなってしまった。量販店で安いインクを買って帰宅を急いだ。最近疲れが早くなるし、足腰が心許ない。何となく自信を持って歩けず力不足を感じてしまう。体操、スクワット、ヨガと体力増強に努めるが思うようにならない。
どうやら頑張って月例会のプリントは出来上がった。

それでも眼はかなり良い状態で、持ちこたえている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い
ドライアイ:弱い
眩しさ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:震えるのが傍目にも分かる。足元が少し心許ない。筋力低下なのかジストニアの症状なのか分からない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:疲れと痛みで眼の中に緊張感と痛みがある。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:弱い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感が少しあり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


4月10日(水)BTX42日
終日雨降りで鬱陶しい。寒い。風呂にゆっくり入って、洗濯もした。勿論、洗濯機が洗っている。写真同好会の準備で撮り溜めたした写真を片っ端からチェックするが、これは眼の負担が大きい。それでも、疲れるだけで左程眼の症状が悪化することも無かった。訳の分からない眼の中の緊張感が強い。

眼の状態 0+


4月9日(火)BTX41日
学生時代の友人から、うまい魚を食べに行くから計画してくれ。横須賀の小グループではハイキングをしてから、弁当食べて一杯やろうなどと誘いがくる。そんな訳で馬堀海岸を散策して観音崎へのルートを下見した。海岸は高潮対策をかねた防潮堤と観光道路がある。気持ちよく歩くと向かい側の千葉県君津がすぐそばに見える。更に進むと美味しい水が湧く走水水源地があり盛りを過ぎた桜が並んでいる。ここから急に坂を登ると大楠山の向こうに真っ白な富士山が見えた。8合目以上だろうか、上だけしか見えないのが残念である。津波が来たらどうするんだろうと思うようなところに走水小学校がある。ここを下がると走水神社の近く安くて旨い魚料理の店が見つかった。店は小さいが4,5人が外で待っていて、私は30分待って生きのいいタコ刺定食に満足して観音崎にある横須賀美術館の前についてから、バスでUターンした。海も空も気持ちの良いハイキングになった。

眼玉の中にいつも変な緊張感が続きショボショボして閉じる。その程度で辛くなる程ではなかった。それでも鬱陶しい。

眼の状態 0+


4月8日(月)BTX40日
老人会のカラオケ練習日。雨が降ったので何人くるかな?・・と自治会館でチンタラしながら準備をしていたら、休みは一人のみだった。休んだ方は根性があって、簡単には休まない。傘と杖と荷物を持って急坂を登っては来られないと言う。それは当然、こんな所で遭難しては私も責任上困る。
最近はどうもひと様から同情されているのかもしれない。電車で席を譲られることが多くなった。それも外国人の女性までも・・・。アラブからの観光に来た女性が帰国で羽田空港に向かう途中。大分前田だインド人の180cm位の背のある女性。周辺んきいた日本人はどう思っていたのか。
それは兎も角、皆さんが積極的に準備、後片付けをして頂けるので却ってこちらが困ってしまう位。
下手な私が発声練習を指導しているのを先生が知ったら、本当に笑い者にされそう。

雨が降って薄暗く眼には良い天候の筈だがそうはゆかない。シブシブ、ショボショボ、閉じるで眼は疲労困憊したような感覚になった。眼の中に痛みも感じている。

眼の状態 0


4月7日(日)BTX39日
県知事選と県会議員選の日。ときどき候補者の応援で電話が来ていた、今回も投票率は低いのだろう。私には信じられない。例えるなら病気かかっても、治療を諦めているように見える。自分の事だと思っていないこの感覚は何処から生まれるのか。家庭、学校、社会で働いていてもこんな自立心ない大人になるものなかのか?投票所は閑散としている。小泉純一郎が立候補したときは、まるでスター扱いに投票所にウキウキした表情で人が集まっていたのに。まるで仰向きに口を開けていれば、美味しいご馳走が入ってくると思うのか?
庭で雑草と奮闘した。雑草の根っこの研究をしたら面白いだろう。どの様に生き延びる工夫をしているかそのメカニズムは興味がある。竹の根スタイル、真っすぐ地下深く伸びるスタイル、地表に浅く広くとろろ昆布のスタイル、根っこは小さいが執拗に彼方此方に顔を出すスタイル・・・等々。

本日の眼も連日のように、良い方だった。


4月6日(土)BTX38日
決心して横浜にプリンターを買いに出かけた。悔しいので手持で帰ったが、矢張り相当重く感じた。百メートルも歩かないうちに地面に置いて、手を持ち替え歩く。電車に乗れば座れるまで周囲の邪魔と自分のバランスの悪さに苦慮する。座れば立っている人の邪魔になる。各駅停車で帰ったものの気疲れと体力不足を改めて実感した。喫茶店で休息してからバスに乗った。ここでも狭苦しい座席ではプリンターがでかすぎて二人分を独占した。まあ空いていたので良かったが。早速プリンター設定をして動く所までこぎ着けることが出来た。

今日も天候が良く、眼に負担も感じないで済んだ。眩しさも閉じる力も特に感じない。ただ、眼の中にはショボショボ感と不快感は気になる。

眼の状態 0+



4月5日(金)BTX37日
午前中はラテンクラシックの練習日。何時も慣れないラテン系の言葉、テンポ、メロディーに苦心しながら歌ってくる。先生の個性がこれに向いている。高齢者の遊びながらの訓練もかねているが、まだ楽しむ所までゆかない。
そのまま横浜まで出かけ、プリンターを探し親戚と待ち合わせ山下公園の花見に行った。強風のなか帽子が飛ばないように抑え、カバンを肩にかけ、楽譜、カメラ、水を袋に入れて歩くのは厄介であった。幸い花は満開で、風に飛ばされる事なく見事であった。
安いプリンターも見つかって、良かった。でも新品のインクが無駄になる・・・5000円もしているのに。

外出中眼にあまり煩わされずに、かなり良い状態だった。

眼の状態 0+


4月4日(木)BTX5週
晴れているものの、寒さが戻っている。昨日のお酒が残ってあまり動きたくない。いつものように庭の雑草取りをしてから山登りと街下りの散歩にでた。本当に十年ぶり位に町内の男性と出会い、お互いに元気であると確認して別れた。
今年の花粉症はかなり過激だと聞いている。鈍感な私でも、鼻がムズムズ、クシャミがでる。もしかして眼がクシャクシャするのもそうかもしれない。
NHKのラジオでシリーズ腰痛について大先生が話をしていた。その中で治療法のない対策は非常に参考になった。
散歩をすること・・・外にでるだけで、周囲から受ける刺激が良い効果をもたらす。記録を残すこと。更に腰痛の悪さを10段階に分けて評価を残す。・・・そんな事だったと思う。
私が毎日やっていることと同じだ。勿論眼と腰では違うが、評価段階も5段階で異なる。歩くこと、観察すること、評価すること、毎日続けること。
私はボトックスのお蔭で物足りなさを感じているが、激しいい症状は殆ど出てこない。観察していつも自分の状態を冷静に見ていることが重要なことであると思った。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い
ドライアイ:弱い
眩しさ:やや強い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや震える。足元が少し心許ない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:弱い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感が少しあり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


4月3日(水)BTX34日
楽しいお花見になりました。私が参加しているチャレンジド ヨガのお友達も二人で一緒に乾杯をしました。何となくやってみようと話し合っただけで何人集まるか心配しましたが12名になりました。広い公園に桜が並び、晴れて懸念した強風も住宅地なので遮られ良い雰囲気で楽しい宴会になりました。引き続き市の中央に場所を変えてお店でゆったりと2次会を実施。ご無沙汰した日本酒でやや飲み過ぎたようです。

良く症状は覚えていないのですが、日記には良かったらしく書いてありました。

眼の状態 0+



4月2日(火)BTX33日
十分朝寝坊をして、溜まったブログを書いていた。性能の良いパソコンと思っていたら、訳の分からないメッセージや性能アップのソフトだか矢鱈と画面に出てくる。この煩わしいこと、作業が進まない。その内、メモリーが不足しています・・・なんてメッセージが出てくると動きが極端に遅くなる。ついに画面が白っぽくなって仕事にならなくなった。素人だが兎に角、思いつくことを丹念に処理していたら何とかなった。
午後からは写真展の最終日で一回り見て、自分の作品を回収した。この2,3年で皆さんの作風が変わってきているのが分かる。少し個性が出てきたような気がする・・・私がこんな事を言うのは生意気かもしれない。でも事実だ。画像修正の技術がものすごく進歩している影響は見逃せない。

眼を真剣に使ったので、また悪くなった。

眼の状態 0


4月1日(月)BTX32日
冷たい晴天の日。お昼ごろになっても暖かさがない。朝から老人会の公園清掃を実施したが、今年はまだ雑草の芽が出てこない。落ち葉は昨年の残りが僅かにあるのみ。楽な清掃作業だった。終わると役員会で金の整理と総会の準備確認で順調に終わった。楽しみのバス旅行はもう行くところがなくなってきた。日帰りで予算も8000円程度ではやむを得ない。唯一良いのは我が家のそばまでバスが来てくれることだ。このメリットのお蔭で人は集まってくる。午後は会員に資料配り、これが結構良い運動になる。
エイプリルフールの冗談話は何処かへ飛んで行って、新元号の発表と解説と裏話ニュースで賑わった。
今、れいわと平仮名を入れたら、一番に令和が出てきた。これにはビックリだ。今のワープロはニュースを取り込んでいるのか。

晴天寒空ではあったが、人と付き合い話し合いで良い気分転換になる。眼の薬になっていると思う。
お蔭で眼の症状は緩み、助かった。

眼の状態 0+


3月31日(日)BTX31日
視覚障害者向けの楽しく愉快に勉強する馬場村塾に立川代表の講演を行うので出かけた。横須賀から視覚障害者のチャレンジド ヨガの人達を含め4人が参加した。充実した講演で聴きに来た皆さんに視野、視力のみで判断される障害者手帳の法理的不備を十分理解して頂けたと思う。これで視覚障害の皆さんには支援をしてい頂ける大きな切っ掛けになったと思う。
横須賀組は遠いいので、懇親会は辞退し途中品川で軽く一杯やって帰った。
この中で3人に何となく自由に参加して貰う花見を誘ったら、直ぐに参加しますと、快諾。多分断られると思ったのが大間違い。そもそも4,5人でやろうとしたら皆さんがドンドン入って来て15名になってしまった。・・・大変!

眼は悪く、ショボショボが継続していた。緊張で講演中は症状を忘れ、一杯では気楽になって症状は緩和した。

眼の状態 0


3月30日(土)BTX31日
気温が12〜14℃で寒く出かけたくない日。でもいつものコースを歩き通した。標高差120m、1万歩で良い運動になる。

眼は下降気味。ショボショボ感が強く、心許ない。

眼の状態 0−


3月29日(金)BTX30日
雨の降りそうな曇った日。ジッと家にいたら案外眼に良かったらしい。
夜には立川代表、Hさん、私で明日の馬場村塾講演でやる朗読寸劇の練習を行った。これで万全の態勢だ。

時には何もしないで家のいるのも、眼に良いのかもしれない。

眼の状態 0+


3月28日(木)BTX4週
半年ぶりの病院訪問。もう4年になる前立腺がんの密封小線源療法の定期検査の日だ。朝から尿検査と採血検査を行い、14時半から先生の診断になった。毎回この空き時間に困るので、何かと病気がちの友人を病院に来てもらって、展望の良いレストランでたっぷり話し合った。大体私の方が聞き役になる。様々な症状は兎も角、友人は毎日20種類の飲み薬を使っている。私は特別継続している飲み薬は無いのでビックリしている。薬を使うより健康維持に努めて自分の自然治癒力を発揮させてほうが、副作用もなくお金も掛からない・・・良いことずくめだ。
検査ではPSA値0.807とやや時間がかかり過ぎだが、順調に低下して良い傾向だ。

友人とお喋りする中、眼のショボショボが進みだした。レストランは海が良く見える明るい10階なので気持ちが良い。ただそれが眼の負担になってショボショボ、閉じるが顕著になりとうとう頬や口周辺まで痙攣してしまった。

眼の状態 0


3月27日(水)BTX28日
最近、左足親指の爪の部分が痛くて困っていた。爪の側面と肉の部分が赤く腫れている。皮膚科の先生を訪ねてみたら大した事はなかった。湾曲した爪が肉に食い込んでしまったとのこと。原因は爪を切り過ぎた事で曲がったしまったらしい。もう少し伸びれば爪が平らに戻るからと痛み止めの飲み薬に軟膏の処方を2週間貰った。心配はないが、良く歩くので治りが遅くなりそうだ。
薬局での血圧測定
122/67、70

眼は程々に調子が良い。

眼の状態 0+



3月26日(火)BTX27日
合唱の先生がコンサートを開くので、チケットを売らなければと、自宅の門にポスターを出している。4000円を5枚で計2万円だ。ご近所のご婦人が大好きなのでぜひ行きたいとの申し出があって嬉しかった。
散歩はいつも通りのコースで代わり映えがない。でも一万歩で2時間かかるし標高差120m位は昇降するので良い運動にはなっている。

原因は分からないが、症状は全般に少し良くなった。
眼の状態 0


3月25日(月)BTX26日
床屋で千円カットで済ませ、皮膚科に行ったら臨時休診ですっぽかされた。今年の秋の全国フォーラムの打ち合わせに衆議院議員会館に向かった。時間に余裕が出来て有楽町の喫茶店で時間調整をしたが、これはまた高くつく店で参った、都内は恐ろしい。矢張り私は横須賀が似合う。有名なリーズナブルな大衆的喫茶店がいい。
会議はフォーラムのテーマとポスター・チラシについての話し合いを行った。皆さん活動を真剣に行っているベテランなので、対話の中から得る収穫は大きい。

眼は昨日同様、極端な悪い症状はないが全体しんどい。鬱陶しい。

眼の状態 0


3月24日(日)BTX25日
晴天、風なし、やや寒い。庭に出て石ころを始末したり、雑草は根っこから退治する。ドクダミは一旦出てきたら終わり。薬剤で枯らすのは簡単だが、ほかの植物も枯れてしまう。こまめに且つ根っこをできる限り引きずり出す。昨年あたりからカラスのエンドウとか言うマメ科の植物らしきものが繁茂しだした。閑に任せて片っ端から処分するが、芝の中は芝を生かして駆除する除草剤を使う。お隣のお宅の広い見事な芝の庭は、カラスのエンドウで緑一杯になってしまった。ご夫婦で刈り取っているが、そんなことでは済まない。その内濃いピンクの花が咲き、豆が出来る。まあどこまで対処できるか見ものだ。
散歩も同じ道ばかりで面白くない。景色はいいのだろうが、新鮮さがない。カメラを持って歩くが、もう撮る対象がなくなった。撮影旅行をする程の時間も経済力もない。身近で発見するしかない。私もへそ曲がりだから、皆で揃って同じ写真を撮りたくない。綺麗な写真と自分の心や思いを映すのとは異なる。・・・生意気言ったかもしれない。
庭に畑を作りチンゲン菜の種をまいた。年に2回収穫できるらしい、中華風料理でも自分でつくるか。

眼は下降気味だ。症状全体に悪くなっている。

眼の状態 0


3月23日(土)BTX24日
眼瞼・顔面けいれん友の会の定例会に参加した。今回は眼球使用困難症の一つの原因になっている『慢性疼痛、線維筋痛症』の岡寛医師のお話があるので聴きに行った。疫学調査が行われていること、研究が学術的に行われデーターで実証しているところが良かった。私達の眼瞼痙攣や眼球使用困難症ではここまで到達していないように思う。原因がまだハッキリしていないことや症状が多岐にわたるので難しい。
私が経験した治療法は経頭部刺激術で磁気が強く顔がひん曲がるような装置とか、磁気が軽くて負担は何もなく周波数を替えながらα、β、γの脳波測定を分析していた事をお話した。結局疼痛がなければ、眼瞼痙攣には使えない事が分かった。また分かり易く言い換えると、磁気ショックの引き金で治ることを期待する装置ということらしい。
講演後仲間四人でしばし喫茶店で過ごし解散した。このなかで、薬剤の被害の問題に触れるなかで、私の友人が危機的状況に陥りかけているか或いはもうすでに陥ったのかが心配になって、マイスリーを減らせと・・・電話してしまった。

血圧は次の通り
起床時、6:15
129/87、75  126/89、76  118/91、72
夕食後かなり時間が経って 21:45
123/82、74  136/86、71  114/75、69

眼は朝からお昼ごろにかけて良かったが、講演を聴き終わって喫茶店に行った頃から調子が悪くなるばかりであった。ショボショボと閉じると眼頭のしんどさが際立った。

眼の状態 0


3月22日(金)BTX23日
連日遠方へ出掛けているので、大人しく過ごした。大した量はないが菜の花の収穫や雑草取りで過ごした。
昨年庭の桜を切り倒した効果はあって庭が明るくなり、椿が盛んに咲き芍薬が急に背を伸ばしている。
菜の花の後はチンゲン菜にしようと思う。種まき時期や収穫時期は丁度良い。それに年2回収穫できる。

血圧は次の通り
朝食後
129/64、66  123/80、66  119/61、70
16:00頃
96/57、64  117/72、74
参考に健康診断に於ける基準値は
最大血圧130/最小血圧85、単位mmHg

眼は上の部に入る位で推移している。眼が弱弱しく、しょぼつき、何となく閉じてしまう。


3月21日(木)BTX2週
 春分の日。曇りがちで傘を持って出たが、帰りには日差しが戻り暑い位になった。何時も通りお墓を清掃、花、線香をあげてまた何時ものように親戚と食事をした。このような都内で賑わう処でさえ、お墓には誰も来なくなってしまった所があって、お寺さんもご親戚探しに苦労している。
 レストランで面白いことがおきた。ビールのグラスがほんの一回り小さく見えたので、半分飲み終えてから”チョット違うじゃない?”と確認したら大慌てで新しいグラスを一杯+してくれ、おまけにビール代金はなしにした。偉く得をしました。

眼は疲れが出たらしく、ショボショボと閉じるが顕著になった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:やや強い。
ドライアイ:弱い
眩しさ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや震える。足元が少し心許ない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:弱い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感が少しあり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


3月20日(水)BTX20日
 ユーシンブルーをご存知ですか。丹沢湖周辺のハイキングに行く際、バスの中で囁かれていました。もしか私が行こうとしている場所ではないかと思いながら想像をめぐらしていました。湖畔の玄倉停留所脇にあるお店でユーシンに行こうと相談したら、最近は渓谷周辺は崩落が連続していて途中で閉鎖しているとのことだ。50年ほど前に、丹沢の塔が岳を下るときに間違えてユーシン山の家に出てしまった。
 延々と渓谷沿いに歩いてダム脇に出た事がある。疲れを忘れる程水のいろが濃い青空の色に澄み切って、感動したことがある。その思い出をもう一度と出かけたが残念でした。いつからか此処の渓谷水の色をユーシンブルーと呼ばれるようになったらしい。
 インターネットでユージンブルーを検索すると解説があります。

 行けるだけ渓谷を遡り、描いた水も風景も見られず行きどまりの厳重な柵を見てから湖に戻った。折角だからとまだ花も少ない湖水を周回する立派で全く人気のない観光道路を歩いた。湖は小さいがヒトデのような形状とリアス式海岸のように出入りを繰り返す道をひたすら歩いた。サンドイッチとクッキーと水を口に入れながら先を急いだ。やっと半周して人気のある所に辿り着いたのは14:30頃、バスは16:00までない。わずかに開いている食堂で蕎麦とビールをチビチビと飲みながら時間をまった。

 休日でもなく、まだ花はミツマタの黄色い花が満開になっているだけだから閑散としているのも無理はない。
途中富士山の7合目位上が真っ白く鮮やかだった、気温も上りハイキング日よりで気持ちが良かった。
地元の方は紅葉の時期が一番で中川温泉を進めてくれた。帰宅後に歩いた歩数は20,302歩で約20km歩いていた。心もとなくなっていた脚力も体力も僅かに自信を取り戻すことができた。

血圧は次の通り
18:30
108/72、77  111/77、79  101/65、77

 眼はいつになく良かった。渓谷を歩いているとき眼と頭が痛くなり小休止してサングラスを薄茶から濃い黒青のサングラスに替えて良くなった。それ以外のに特別強い症状は出ないで済んだ。私はすっきりと綺麗に見えるのは有難いが、逆に使かれてしまう。気持ちとは逆に少しボケている位がいい。

眼の状態 +1


3月19日(火)BTX20日
私は花粉症には縁がないと思っていたら、最近顔が痒いとか頭が痒いと言う症状がでる。風呂でちゃんと洗っているのに。今年の杉花粉の飛び散り方が凄いと言われているので・・・もしかしたら? クシャミも多いし、鼻もムズムズする。散歩をしながら、痒くて頭を掻くこと多い。

血圧は次の通り
9:40
131/70、70
18:00
123/77、 69

眼はまあまあ良い。閉じる以外に強い症状はない。

眼の状態 0+


3月18日(月)BTX19日
昨日は飲み過ぎて二日酔いになった。こんな事は何年ぶりか記憶がない。しかし命に関わる猛反省している。他人に迷惑は掛けなかった、会計もチャンとしているので最小限の事はやった。
午後には体調も戻って庭作業をやり、どうやら庭らしくなってきた。シクラメンは本来いつ咲く花だろう。この3週間ぐらいで立派に咲いている。クリスマスや正月に贈答品として店頭に飾られる代表的な花だが。
庭にはクリスマスローズが元気よく咲き始めた、これもなにか時季外れなのか。梅は散って、水仙が盛んだ。
ラージスケールスノウフレークの蕾が膨らみ始めた。芍薬の芽がぐんぐんと伸びている。春らしくなった。
夜は馬場村塾のコントの練習を行った。なかなか難しいがプロじゃあるまいし限度はある。

血圧は次の通り
12:00
130/82、76
18:00
120/89、69  142/87、68  
22:00
130/82、74  140/84、71

眼はまあまあ良いを継続している。

眼の状態 0+


3月17日(日)BTX18日
視覚障害者向けのチャレンジド ヨガの日である。今回から合唱でしりあった女性も参加して貰った。階段の下りが如何にも不自由そうなので紹介した。ヨガは見た目よりかなりえキツイので、かなりの運動になる。
ヨガ後は懇談会をして解散した。私達はこれからが本日の大きな目標になる飲み会を開始した。お互いにすっかり打ち解けて随分飲んでしまった。レシートの時刻は21時を過ぎている。帰りは追浜の駅から歩いて山登りをして我が家に到着した。足元がふらついて5m道路を右へ左へとジグザグ歩行した。とんでもないことだ、気を付けないと命に関わる。

温かさと共に眼は良くなったきがする。勿論BTXの効果は大きいのだろうが。若倉医師が眼は快適なければならない・・・と仰っていたような記憶がある。眼瞼痙攣の症状が緩めば、楽にはなる。しかし快適とは程遠いのだ。
初めてBTXが効いたの3回目の注射の時だ。まさのに快適そのもので、嬉しくて御茶ノ水から新橋まで歩いてしまった。でもあの時の快適さは2度と戻ったことはない。

眼の状態 0+


3月16日(土)BTX17日
女房は健在だが、奥さんを無くした友人が日常生活に困っているという。お金がどこにあるかも分からない。食事も作れない、心配した独身の息子が同居してくれたものの自分の作った飯は不味いから食べない・・・奥さん任せで不自由している。それで私も朝、昼の食事は自分でする、自分の洗濯物は自分でする等々を実行している。因みに朝食は小さなフライパンに肉玉子野菜炒め、売ってい要るスープ、チーズ、ジャム、パン、果物ですませる。案外この程度なら負担も感じないし、面白さもある。
日中は殆ど庭作業に終始した。困るのは足腰がよたついてしまい、かなり神経を使うようになった。割と運動に心掛けているので以外に感じている。何か別な病気が起きていないか、心配になる。庭作業はかがむ姿勢が多いので腰がつかれるけれど、体操すれば治る。

血圧は次の通り
庭作業後 11:20
121/77、81  116/80、81  117/81、77、
夕方18:00
126/89、64  142/89、68  124/85、68

眼は良い状態を継続している。もうBTXの効果も40回目では終わりかなと思っていたら、今回は結構良くなった。病気の不思議、BTXの不思議・・・それでもBTXをやめることはできない。

眼の状態 0+



3月15日(金)BTX16日
最近習い始めたラテンクラシックは難しい。ポルトガル語をカタカナでふるのは良いが意味が分からない。英文で翻訳して貰ったが、なかなか心が通うまではまだまだ。テンポを合わせるだけで精一杯だ。でも新しい歌もやってみれば徐々に面白くなる。午後は老人会の食事と歌の会に参加。まだ役員の端っこにいるので・・・それに会のカラオケ部とあってはそうそう止めるわけにも行かない。
夜はフロンティアの会くるみ代表が熱心にコント練習をすすめている。聴講に会以外の方が参加してくれて大変良かった。皆さんは視覚障害者ではあっても、何とか努力をしながら生活をしている。一人一人の様子を伺うとその背景は私なんか想像もしなかった事を知る。レーシック手術で失敗し術後に医師は逃げだしてしまう。この手術はもう人気が無くなっているが、それでもまだ実施されており、救いの道が閉ざされた方々がいる。眼瞼痙攣の患者より多いのではないか・・・そんな話まで交わされる状態なのだ。

眼はまだ良い。ただ、昨日一昨日よりショボショボが強くなった。

眼の状態 0+


3月14日(木)BTX第2週
室内も一生懸命に清掃した。冬はどうしても不精して隅々まではやらないから、暖かくなるとヤル気が出てくる。掃除機をフル運転させて頑張った。不思議に室内の空気が綺麗になった気がする。

血圧は次の通り
朝食前
108/72、70  110/74、69  100/71、69
昼食前
124/82、66  153/82、66  125/84、69
散歩後
112/78、73  101/67、67  127/73、73

眼はまあまあ良い。昨日並み。

眼の状態 +1

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い。
ドライアイ:弱い
眩しさ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:無い。
フラフラ:悪い。足元がしっかりできない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:弱い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感あり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


3月13日(水)BTX14日
最近は庭作業が中心になっている。このときいつも作業服のポケットにはガラ携と家の鍵を入れている。自分の家なのに女房は何がそんなに心配なのか、カギをかけて入れないようにする。無意識でやるんだと言うが本当なのか?40年経っても変わらない?別な意図はないか?

馬場村塾と言う会があって、参加してみたら結構面白かった。視覚障害者が楽しみながら勉強する会だ。この3月末は眼球使用困難フロンティアの会代表立川くるみさんが一時間ほどの講演をおこなう。私達が視覚障害者として認定されないこと、障害者手帳が貰えない事情、彼女が闘っている年金裁判の模様を説明する予定だ。一部にコントも入れて楽しむ計画も準備している。乞うご期待!
立川さんはかなり熱心で、練習に熱が籠ってきた。

血圧は次の通り
朝食後
97/68、71  97/67、71  97/62、72  
夕食後
118/80、63  129/78、61  121/78、62 

眼については、良く分からないが上々のできだ。すべ得ての症状が緩んで楽になった。

眼の状態 +1


3月12日(火)BTX13日
ここの所天候は温かく、血圧は下がっている、眼も何となくまあまあ良い。ヤッパリ歩くのがいいかなと思って、追浜の日産埠頭のある海岸まで行った。帰りに眼科に寄るのを忘れもう一回追浜まで一往復することになった。

血圧は次の通り
朝起床時7:30
117/74、67  129/80、66  106/67、63  112/80、70
朝食直後9:10
116/74、70  115/69、68  103/61、69  
帰宅直後16:00頃
98/65、66  98/69、77  100/69、75
薬局で17:30
125/67、78  110/67、81

眼科のデーター
眼圧 右16、左15 mmHg
結膜に傷あり・・・ドライアイのせい
処方 ムコスタを2か月分

眼はまあまあの状態を維持している。この程度なら我慢する範囲だ

眼の状態 0+


3月11日(月)BTX12日
朝方は天候不良で風が強かった。老人会のカラオケは皆さんのご希望で中止とした。普段でさえ、自治会館まで歩いてくるのがやっとなのに、強風下では強制できない。転倒事故は大病に繋がる。
でもお昼前には晴れ上がり、温かく絶好の外出日和となってジッとしていられない。水とカメラを持って飛び出してしまった。海が荒れて丁度良いと西海岸の立石海岸に向かった。海べりに棒のような岩が突っ立ている、この辺り波が大きく、砕ける様子はすっかり気に入った。チャンスを生かそうと久留和からトンネルを抜けて、軽い坂が続く道を進み子安の里でキャベツや菜の花の風景を楽しみながら、湘南国際村についた。しばし、121円のおにぎりを持参したただの水で昼食にした。のどかではあるが、人は少なくレストランや喫茶店は殆ど休みだ。たまに開いていても高いから近ずく気にもならない。
ここからは帰る事にしてバスで東海岸の汐入出てから自宅に向かった。
血圧は次の通り
朝食と掃除後
102/61、78  106/71、72  99/62、73
12,549歩(約9km)いて帰宅直後
89/64、91  90/67,86  96/72、87
夕食後、風呂上り
93/66、71  98/66、73  95/54、74

眼は連日程々に良い。

眼の状態 0+


3月10日(日)BTX11日
暖かくなるにつれて、雑草も芽を吹きだし始めた。大体、芝自体が伸び切っているなかで雑草を駆除するのが難しい。大雑把に芝刈り機で短くして、雑草を切ったり、抜いたりしてそこに除草剤をまいて若芽のうちに退治しようとやっている。季節は遠慮なく近ずき、あっと言う間に通り過ぎてしまう。殆ど手遅れのことが多い。

血圧に凝り始めた。本日のデーターは次のとおりです。参考までに。
朝8時ごろ、朝食前
97/73、81  101/73、77  101/74、78
昼食後
99/58、82  106/61、79  101/65、81
夕食後20:30頃
156/91、76  101/65、65  96/65、68  108/61、70

温かい季節のせいか、BTXのせいか眼はまあまあ良い。

眼の状態 0+



3月9日(土)BTX10日
日常生活でしっかり歩く習慣を怠ってはならない、・・・そう思って海にある野島ままで往復した。勿論、晴天で暖かく気持ちが良かった。野島のわきには伊藤博文の別荘が記念に立ててある。ここで明治憲法の草案を練ったとのことである。趣のある質素な旧家の家屋と庭である。一回りして野島の天辺に登ったが、もやで富士山が霞んで僅かに見えた。ここでお爺ちゃんと孫位の女の子と出会った。女の子は泣きじゃくって、高齢の男性が慰めながら歩いているのに出会った。暫くすると迷子の案内放送があった。どうやら迷子の女の子を徘徊していた男性が、親切に親を探していたとの事。無事で良かった。しかし、考えさせる一件であった。
肝心の散歩は17,299歩で約12km位歩いた。
また血圧を測定した。
まず帰宅して休んだ後
122/73,68  102/68,68  109/73,67
夕食後
126/82,68  132/79,68  122/78,62
風呂上り
104/65,81  102/67,77  100/62,78
となった。

眼は昨日同様程々に良かった。

眼の状態 0


3月8日(金)BTX9日
午前は歌、午後は写真と忙しい。今、習っている歌はラテンクラシックという範疇だ。今回初めて知った。従来のクラシックの感じだとAve Mariaだが他は初めてだ。Passion、A DAY IN THE LIFE OF A FOOL(Manha De Carnaval)だが発音も分からず、意味も分からず。翻訳をくださいと言ったら英語しかなくてと、頂けたが。兎に角いつになったら慣れるか、覚束ない。

今日も眼は何とかなっている。このままでも維持してくれると有難い。断っておくが満足ではない。

眼の状態 0

帰宅後血圧測定した結果
146/84,75  138/77,67  133/79,64 


3月7日(木)BTX1週
明日の写真クラブの発表勉強会に向けて、A4、10枚をプリントした。最近は写真に向かう時間が少なくて、作品がぶったるんできた。撮影チャンスを求めて、犬も歩けば某に当たる気持ちでさまよわないとだめだ。ついでに友達と花見に行った写真もプリントしておいた。

今日は外出をしないので、2階へ連続20回往復を行った。血圧計で連続3回測ったら、
136/76,87  139/79,81  111/79,81となった。
その内、データーについて素人検討をしてみたい。

眼の症状が 全般に緩んだ。とても良いとは言えないが、兎に角少しは良い。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが強い
眩しさ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:やや強い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:弱い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感あり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


3月6日(水)BTX7日
友人から一献傾けようと誘いに乗り出かけた。外出は日課の歩くチャンスと心得て、遠回りして追浜駅に出て、一駅下車して横須賀中央の飲み屋に到着した。これで本日の分は賄えた。話はお互いの健康、日常生活生活のあれや」これや・・・で愉快に過ごした。
また一緒に旅行へ行こう、今度飲むときは某さんを呼ぼうとか約束をした。

眼はまだ良くならない。BTXは毎回効果の聞き始めなど期待はできない。結果が出てくるのを待つしかない。効いても、効果の程度も毎回変わる・・・・こんな注射でも高価な支払いをしなければならない。もっとも、気に入らなければ止めなきゃ良いと言われるとこっちも困る。他に良い治療がないから仕方がない。

眼の状態 0−


3月5日(火)BTX6日
雲っているが暖かい。雑草が一杯生えて、伸び切った芝の手入れに着手した。下には竹の根っこがあって掘り起こしてはいるが、残っているとまた恐ろしいことになる。芝刈り機で一通り刈り取ってから周辺の機械が使えない部分を手作業で鋏チョキチョキとやる。これも結構負担に感じる。
でも、着手して気持ちがすっきりした。
夜には立川くるみさんが馬場村塾でコントをやると言う。下手糞に決まっているが、手不足らしいので参加しすることにした。まあ彼女の積極さは抜群だ、良い成果に繋がるように応援をしてゆく。

散歩でも自宅内にいても、眼の症状は殆ど変わらない。症状は昨日と変わらず

眼の状態 0


3月4日(月)BTX5日
冷たい雨が降って、老人会の公園清掃は延期となった。それでも役員会は開かれるので自治会館に出かけた。エアコンをフル運転してもあばら家だから、リラックス出来るほどの暖かさには程遠い。とうとう年度末になった。頭の痛いテーマは会員減少と役員辞退。私達は命の続く限り役員をしなければいけないのか?

眼は最悪状態にはならず、顔をクシャクシャ、口を曲げ、尖らせ、モグモグさせながら我慢している。でもまだ瞼は開ける。

眼の状態 0


3月3日(日)BTX4日
今日は腰を据え、眼の症状は我慢して写真の勉強会に出す作品を選び修正、仕上げに集中した。今のパソコンを使った編集、修正の技術は素晴らしいで。修正ではまるで絵を描くように直すことができる。幾つか撮った写真から部分的に切り取り、貼り付け新しい一枚の写真として作ってしまう。私のような古い頭に凝り固まっていると遅れるばかりだ。鑑賞する人たちは、何も写真らしい写真に拘らなくなった。手段は問わず1枚の芸術作品ができればいいと思う・・・これは良い意味での大きな進歩だろう。デッサンはもう要らなくなったのかもしれない。

眼の症状は若干良くなった。これだけ眼を使っても酷くならないこともある。不思議だ。

眼の状態 0

3月2日(土)BTX3日
今日も庭で剪定樹木を切りそろえていた。竹も、竹の根っこもやったが、鋸で引くのはえらく厄介だ。眼がショボショボして閉じる、眩しいのを殆ど無意識でやっている。手指などけがしをしないで良かったと思うくらいだ。そろそろ今月の写真の勉強会も近づいて、少ない撮り溜め写真を眺めていた。

BTXの効果は感じられない。そのうち良くなるのか? いつの間にか、注射を期待しなくなっている。じゃ、なんで続けているのか・・・自分でも明快には答えられない。もとは技術者なのに、随分曖昧だ。他の治療法より良さそうだから!この言葉は政治のアンケートで出てくる『他の政党より良さそうだから』似ている。何とも言えない危うさや信頼の薄さ、儚さを感じる。

眼の状態 0−



3月1日(金)BTX2日
歌の練習に出かけたが、電車に乗っていると友人が会場を間違て教えてしまったので確認すると連絡があった。それじゃきっと汐入駅の近くだなと思い引き返していたら、また久里浜でしたと連絡があった。また電車から降りて会場に向かった。コミュニティセンターへ向かうときに近道を行ったら間違えて遠回りになった。散々な目にあってしまった。高齢者はもっとしっかりしなければと猛反省した。帰りがけに友人と先生を誘って昼食をした、会を変えてからまだ知り合いになって貰おうとざっくばらんな話をした。
そのまま、横浜に出向き親戚と定例の会食を行い情報交換を行った。

注射が効いたのか、症状全体が緩んでいた。眼に涙が潤ったの良い傾向だ。

眼の状態 0


2月28日(木)BTX1日(注射当日) 第40回ボトックス注射
暫定的にこのまま続けます。改めて新記事としてアップします。
雨が降って寒い日になった。ボトックス注射40回目の記念すべき日だが眼は冴えない。
洗足池に近いこの病院で、この治療をするのも今回で最後になる。4月からは都内へ異動されるとの事だ。取り敢えずはこの先生追いかけて41回目の注射をすることになるだろう。
注射の要領は変わらず50単位、全8か所、注射箇所も変わらず。
症状は悪く後は注射量を増やす程度した方法はないとの事。先生の治療法は飲み薬を勧めているが、ベンゾジアゼピン系なので、私が拒否しているのでやむを得ない。

帰りに手首で測る血圧計を買った。一昨年から少し高めに推移しているので参考にしようと思う。
血圧計の変動は非常に大きく、買うのを止めた事がある。お店で何通りの計器で測ったら20〜30位変わってしまったからだ。まあ、その位血圧は変わるものらしい。因みに買った血圧計で連続5回測った結果は次の通り。
上/下血圧、脈拍で示す。
116/79、77   105/68、72  112/72、72 102/65、74  
96/65、78
皆さんどう思いますか。

注射直後から眼の症状が緩んできた。

眼の状態 0





【ボトックス日記最新の最新記事】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1431935

コメントする
コメント