CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第35回ボトックス日記 | Main | 第36回ボトックス日記»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
hara juniti
第34回ボトックス日記 (10/01) hara juniti
第34回ボトックス日記 (07/25) 坂本 征男
第34回ボトックス日記 (06/23) Nami
第34回ボトックス日記 (06/23) 坂本 征男
日常生活の不都合 (06/15) はじめまして
日常生活の不都合 (06/12) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/21) hara juniti
第32回ボトックス日記 (02/14) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/13) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/10)
第34回ボトックスの総括 [2017年12月16日(Sat)]
第34回ボトックス総括

btx344.png

btxdis344.png
今、第35回目のボトックスを受けた結果を毎日記録している。ここ出しているのは第34回目の結果報告で、遅すぎて古い新聞をご覧に入れているようなものだ。まあそれでも参考になればと思う。久し振りにBTXの効果の良さを感じていたので、注射期間を何時もより1カ月延長して様子をみた。一時は目が治るのではないかと思った時期もあるくらいだった。ところが、3カ月過ぎてから急に悪くなってしまい、4カ月終わるまで絶不調の連続となってしまった。私が練習している歌”愛の喜び”を思い出させてくれる。歌詞に”はかなきはー愛の喜びよ・・・”が何度も出てくる。
とんでもない所で”・・・捧げし我が愛はーそむかれ空しく消えぬ”まさに歌を現実に経験させて貰った。下手な冗談と思って頂ければ幸いである。左の成績頒布を見てもマイナスが多い。

btx343.png

btxdis343.png
4ヶ月全体の推移で、最後の1カ月が極端に悪くなっているのがはっきりみえる。なんでこんなに急激に変化するのか? 体調に何かあったか?生活上の環境変化があったのか?心当たりがない。
そもそもBTXは4ヶ月を開けて注射していたが、残りの1ヶ月が成績不良になる傾向があって期間を3ヶ月にした経緯がある。このテストを再現したことになる。左の成績分布が上の4ヶ月と比較すると違いが歴然としている。私に関する限り、注射期間は3ヶ月にするのが適切である。


btxm34.png
過去の成績と比較するため、3ヶ月の平均値0.146をグラフに採用した。過去のベスト3になる好成績である。因みに4ヶ月では−0.14になる。それでも3ヶ月に変更した第19回以降の成績を比較しても悪くは無い。
2008年から始めて9年になった。注射をしなければ成績は−1になるので、BTXの効果は絶大だと認められる。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント