CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第31回ボトックス日記 | Main | 第32回ボトックス日記»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
hara juniti
第34回ボトックス日記 (10/01) hara juniti
第34回ボトックス日記 (07/25) 坂本 征男
第34回ボトックス日記 (06/23) Nami
第34回ボトックス日記 (06/23) 坂本 征男
日常生活の不都合 (06/15) はじめまして
日常生活の不都合 (06/12) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/21) hara juniti
第32回ボトックス日記 (02/14) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/13) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/10)
第30回ボトックスの総括 [2016年09月20日(Tue)]
第30回ボトックス総括



btx30.png


no-title


1、 第30回は大変好成績で期間平均+0.126は過去の第3位になった。
2、 目まぐるしく上下に変動しているが、大半−0.3以上だ。+0.3の頻度が多く−1が非常に少なかったのが原因だ。大雑把に言えば90日のうち、一ヶ月は効果がない。残り2ヶ月は薬がきいている。
3、 さて、注射直後から効果が出るまでの時間を短縮するのは難しいだろう。
注射して2ヶ月経って悪くなったら成るべく早く次回注射をすれば、目の悪い期間を減らすことができる。
BTXは2ヶ月経てば抗体が出来ないと言うから、終わりの時期を極力減らすのが良いと思う。そう簡単に判定出来るだろうか。


btxm30.png



1、 通算の成績を比較すれば大変良い。しかし私にとって3回目は非常に良く幸せを感じた位だったのだが、その良さは滅多に無い。一日限りならたまにはあるが、極めてまれで2度とあの気持ちの良さはない。
2、 不満はあっても、注射する前の苦しい症状と毎日の生活を思えば天国にいるような気がする。
3、 グラフを自分に良いよう眺めれば、快方に向かって0.4位は戻りそうに見えなくもない。加齢は眼の快方に寄与するのか、逆になるか?大変気になるところだ。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント