CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ホームページ:公益社団法人 関東小型船安全協会:http://www.shoankyo.or.jp/
« 灯台・ブイ関係 | Main | 航行安全»
会員専用ページ
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
過去のトピックス
最新コメント

サン
開設 (03/20)
http://blog.canpan.info/syoankyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoankyo/index2_0.xml
簡易シミュレータ

小安協グッズ
好評斡旋中!

マリンレジャーを
安全に楽しく!
関東小安協
http://blog.canpan.info/syoankyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/syoankyo/index2_0.xml
東京分岐水路第一号灯浮標の名称等変更について
2017年03月07日(Tue)
◆ 京浜港東京第3区において、中央防波堤内側埋立地北側に新たな水路名称(中防北水路)が付与され、海図に記載されたことに伴い、「東京分岐水路第一号灯浮標」の名称及び灯質(光り方)が変更されます。

変更予定日
 ・平成29年3月14日〜15日(予備日16日) *天候等により予定日が変更される場合があります。

◆ 詳しくはこちらをご覧ください(PDF)

◆ この情報は東京海上保安部ホームページおよび海の安全情報においても周知されています。


海図への水路名称変更について(中防北水路)
2017年01月20日(Fri)
◆ 京浜港(東京区)における船舶交通の安全確保のため、中央防波堤内側埋立地北側海域の水路名称が「中防北水路」として海図に記載されることになりました。
詳しくは、東京海上保安部HPをご覧ください。


平成28年度『操船技術研修実施』について
2016年11月10日(Thu)
◆ 平成28年度『操船技術研修』を11月8日(火)に実施いたしました。

・実施日時: 平成28年度11月8日(火)
・実施場所: (株)日本海洋科学 シミュレーションセンター
・研修内容: 大型船の操船シミュレーション演習及び座学
・参加人数: 25名

h28sousen1.jpg
座学の様子

h28sousen2.jpg
シミュレーション演習の様子


◆ 本研修は、毎年実施する計画にしており、多くの会員の方々に参加をいただき、海難防止や一般ユーザーの方々への安全指導活動に役立つものと期待されております。

YL4錨地内における落錨について(その1)
2016年10月12日(Wed)
・ 注意してください ・


平成28年10月12日現在、京浜港横浜区第3区のYL4錨地内(北緯35° −25.66 東経139° −43.19)付近海域において落錨(錨鎖約302.5m付)が存在します。同錨地付近に錨泊する船舶等は十分に注意してください。

◆ 詳しくはこちらをクリックしてください


『小型船舶(ヨット等)で海外に出向される方へ』 大事なお知らせです
2016年09月23日(Fri)
『船舶衛生証明書』を持っていますか?

kennekijyo.jpg
小型船舶(ヨット等)で海外に出向される方へお知らせです

exclamation帰国の際、日本に入港後、スムーズに上陸するために必要な事
@ 船舶衛生証明書を取得しておく
A 最寄りの検疫所へ事前に連絡する

exclamationなぜ必要?
日本入港後は、『検疫」を受けた後でなければ上陸できません。
 「船舶衛生証明書」を持っていれば、検疫官が乗船せずに審査する「無線検疫」を受けることができます

exclamation無線検疫とは?
・感染症の日本国内への侵入を防ぐために、海外から入港するすべての船舶は「検疫」の手続きを受ける必要があります。
 *日本を出港し、海外に寄港した後に入国する場合も対象となります。

・手続きには「臨船検疫」と「無線検疫」があり、無線検疫では、健康状態などを事前に連絡することで検疫官が乗船せずに審査するため、入港後スムーズに上陸することが可能です。

exclamation詳しくは、最寄りの検疫所にご相談ください(検疫所HP FORTHへリンク)

exclamation 『船舶衛生証明書』についてのリーフレットはこちら (PDF)

新海面処分場建設工事及びこれに伴う航泊禁止等のお知らせ
2016年07月29日(Fri)
◆ 東京都江東区青海三丁目地先(京浜港東京区第4区)において、引き続き新海面処分場建設工事が施工されます。付近海域を航行する船舶は、十分注意してください。

◆ 詳しくはこちらをクリックしてください(PDF)
濃霧による狭視界時の海難防止について
2016年05月02日(Mon)
◆濃霧による海難事故に注意してください!!


初夏から夏にかけて、茨城県から静岡県の沿岸海域では、濃霧が頻繁に発生します。
狭視界時における衝突、乗揚げ海難事故等を防止するためには、安全運航を最優先する意識を持ち、適切な見張りの励行や安全な速力での航行といった基本的な航法等を遵守することが大切です。


◆狭視界時における安全運航にかかわる基本事項の遵守について

1. 最新の気象海象を早期に把握し、十分余裕のある航海計画の立案につとめること
2. 狭視界時においては、見張り員を増員するなど、状況に応じた適切な見張りを励行し、レーダー、AIS(船舶自動識別装置)等を有効かつ適切に利用すること
3. 霧中信号を励行するとともに、VHF等を活用し積極的に船舶間でコミュニケーションを図ること
4. 視界状況に応じた安全な速力での航行を励行すること
5. 自船の周辺海域が狭視界となった際船長への報告を徹底すること
6. 海上保安庁が提供する霧通報、海の安全情報による情報を有効活用すること
7. 海上交通安全法に基づく視界制限時における航路外待機の指示を遵守すること



平成28年 潮干狩りカレンダー
2016年04月15日(Fri)
ひらめき 第三管区海上保安本部より今年の潮干狩りカレンダーが発表されました。
詳しくはこちらをクリックしてください。(第三管区 海上保安本部 海洋情報部HPへリンク)

海のレジャーとして手軽に楽しめる「潮干狩り」ですが、例年事故も発生しています。
「潮干狩り」を安全に楽しむために、事故を未然に防止するための心構えを忘れずに!


災害時等における応急対策業務に関する協定締結について(伊豆支部)
2016年04月01日(Fri)
◆ 当協会では、海難防止、船舶の海上航行の安全を図るため安全パトロール艇、海上安全指導員を中心として会員による活動を実施していますが、これから発生が予想される東海地震並びに神奈川県西部地震等による大規模な災害に備えるため、静岡県熱海土木事務所所長と、伊豆小型船安全協会長(当協会 伊豆支部)との間で「災害時における応急対策業務に関する協定」(平成28年3月1日付)を締結いたしました。

今後は災害時の復旧活動、水際における安全活動等、各自治体と連携協力し県民生活の安全確保を図っていくことにしております。
izushibu kyoutei.jpg

富浦湾における乗揚げ海難に注意してください!!
2014年07月24日(Thu)
〜 注 意 ! 〜

◆ 富浦湾は岩礁等の障害物が多く点在しており、乗揚げ海難が多発する航海の難所です。
周辺海域を航行する際には十分に注意してください! 

《乗揚げ海難防止の5箇条》

1 事前の海域調査       2 岩礁等の位置の把握
3 自船位置の確認       4 見張りの励行       5 安全な速力

tomiurawann.jpg
クリックすると図が大きくなります

◆ 詳しくはこちらをクリックしてください


| 次へ