CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人Synapse40 シナプス ブログ

人間のクリエイティブな活動を生み出すのは数百億もの神経細胞です。
これらの神経細胞は精妙な働きをするためにシナプス(synapse)を介してネットワークをつくります。その神経細胞がシナプスを仲介として巧みに結合しなければなりません。

シナプスのように子どもを取り巻く数多くの有能な個人や組織体を巧みに結合させ,ニーズを丁寧に把握してマッチングするプログラムづくりと実践を提供する組織として,共に未来に生きる子ども達の教育に活かす効果が生み出されるものと期待されます。

これまで得た教育資産を活かし,地域の社会資源(ひと,もの,こと)を発掘し,0歳から親世代までを対象にした子どもの学び支援及び子育て支援並びに人財育成プランの普及啓発活動を進めます。個人及び団体並びに組織を結合する仲介役として、寄附文化を醸成しシチズンシップ及びシビックプライドを育み宮城県、大崎市の活性化に寄与します。


2016第4回定例会のご案内 [2016年10月06日(Thu)]
【2016テーマ】

「考え議論する」道徳科の転換とライフスキル教育

【趣旨】
 道徳授業の質的転換が求められています。
 これまでの道徳教育とこれからの道徳教育を考える上での道徳授業の現状をおさえつつ,「考える」とは何か,何を「議論する」のかを共に学び合います。
「考える材料を提供し,多面的・多角的な思考を促す」ように作られているライオンズクエストプログラムの特性を踏まえ,道徳科とどう関連性をもって授業ができるのか可能性を探りたいと考えています。

【講師】
 認定キャリア教育コーディネーター 法人まなびのたねネットワーク 
  代表理事 伊勢みゆき氏

【内容】
 第4回は「内容項目」Cをファシリテーションの手法を使って「構想の段階」「指導過程」さら に「多様な考えを認める学級づくり」について学びます。

【参加対象】
 教員・一般の教育に関心のある方

【今後の予定】
  第5回定例会: 11月9日(水) 講師:千葉繁美
  「アクティーブ・ラーニングの視点に基づく道徳授業で何が改善されるのか。
    〜日本道徳教育学会第88回(平成28年度秋季)大会から考える〜」

  第6回定例会:12月24日(土) 講師:JIYD認定講師柴咲子氏(元中学校教員)
午前「ライオンズクエストのフオローアップセミナー」
午後「ライオンズクエストを活用した道徳模擬授業」

div align="center">第4回チラシ.png
【(仮)みやぎライフスキル教育研究会とは】

 宮城県内では、ライオンズクエスト教育プログラムのワークシッョプを修了した教育関係者は500名になっています。2014年11月から,大崎地区の教員や関係者を対象にしてキックオフミーティングを2回実施してきました。そのなかで,この会の性格を「学びをとおして人とのつながりをもとう」「学びを他の分野・領域にひろげよう」として大崎地区から発信し,県内各地に広げようと2015年7月から定例化してきました。
 今年のテーマは『「考え議論する」道徳科の転換とライフスキル教育』」として,常に探求心を持って学びあう場としてこの会を
位置付けています。
  多忙感が常態化している中ではありますが,
Off-the-job Ttainingとして自らをブラッシュアップ
する学び合う場を提供していきます。
  子どもを取り巻く大人自身が「アクティーブ・
ラーナー」となることが求められています。

2016もったいない寄附「不要本・不要絵本・不要CD等交換会」の開催案内 [2016年04月28日(Thu)]
2016もったいない寄附
「不要本・不要絵本・不要CD等交換会」開催のお知らせ


昨年も大変好評だった交換会を開催します。交換会ロゴマーク「ヒゲ造(未承認)」のノボリ旗のテントでお待ちしています。
どうぞ楽しみにして下さい。

FullSizeRender-8.jpg

【日時】5月5日  10時〜14時30分まで

【場所】宮城県大崎市古川吉野作造記念館前ひろば

【主催】NPO法人Synapse40

【事業名】住みよいまちづくり事業「読書活動推進プロジェクト」

【内容】
❶読み終えた本、使っていない絵本、聞かなくなったCD、観なくなったDVD、遊びに飽きたゲームなどを持ち寄ってもらい、団体に寄附します。
❷8割分の引換券を受け取ります。
❸交換タイムに好きな物と引換券分を交換します。
【期待したい効果】
❶「寄附者」
・普段使わない物の整理ができる。
・読みたい聴きたい物が手に入る。
・志誠塾「おおさき寺子屋」の活動に寄附できる。
・交換会を通じて人と繋がる。
❷「Synapse40」
・寄附していただいた物をリサイクル業社に買取ってもらい、志誠塾「おおさき寺子屋」のテキストなどの購入資金になる。
・不要な物を活用することにより寄附文化が醸成できる。
・人や他の団体と繋がるキッカケとなる。
・団体の活動の理解が促進される。

【住みよいまちづくり事業でめざす3R】
換金できなかった物や絵本等を再活用することが望ましいと判断した物は、市内の児童センターや放課後児童クラブに団体から寄附をします。
交換会をとおして、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)を促進します。

【注意事項】
・落書きや破損・汚れ、劣化しているもの、レンタル落ちや公共施設等のゴム印がある物、リサイクル店から購入した物は回収不可または、引換券が配られない場合があります。

本交換会は平成28年度【公益信託仙台銀行まちづくり基金】の助成金を活用させて頂いています。

2016GW.jpg
「みやぎチャレンジプロジェクト」の御礼 [2016年04月15日(Fri)]
広告.png




何度かこの場で皆様方にお知らせとお願いをしてきた宮城県共同募金会との協働で学び直し「志誠塾『おおさき寺子屋』」の開設・運用に向けた「みやぎチャレンジプロジェクト」の寄付金の総額等と領収書が送られてきました。

 目標額の半分にはいきませんでしたが289,713円もの寄付金が寄せられました。

 活動をとおして地域の実態や問題そして取り組みべき地域課題の解決に向けた計画案に共感していただいたものと思います。
皆様方の温かいお気持ちとして集まった寄附金を有効に活用させていただきます。
こうした取り組みが地域の新たなムーブメントになるはずと確信しています。
 

 昨日から今日にかけて直接訪問して御礼に伺っております。なお、遠方の皆様方には郵送により御礼をさせていただきますことをお許しください。


FullSizeRender [313040].jpg
平成28年度学生ボランティア説明会 [2016年04月05日(Tue)]
4月6日大崎市にある宮城誠真短期大学において,1年生に向けた「平成28年度学生ボランティア説明会」が開催されました。

誠真短期大学.JPG

昨年は,出席できず担当の職員と打合せをして依頼しましたが,今年は代表理事が 6番ラストバッターとしてプレゼンテーションを行いました。

スライド1.png


「我々の団体がなぜボランティアを求めるのか」
ボランティアに協力や参加要請するのではなく
対等の協働者として当団体は受け容れることを


スライド2.png



6番目のラストバッターとして熱く語りました。
「2016誰もやらない子ども駄菓子屋プロジェクト」ミーティング [2016年04月03日(Sun)]
FullSizeRender [62540].jpg



「2016誰もやらない子ども駄菓子屋プロジェクト」が始動しました。


IMG_8060 [62541].JPG


昨年のプロジェクトに参加した子ども達に
今年は自分たちでよりよい活動となるために主体的に資金調達をしようと
ミーティング参加の声を掛けました。
3/27に引き続き今日4/2,「子ども『力』に参加したいと意思を表明したのが6名。

「去年の実践でどんなことが問題だったか?」
「在庫が出たからこれを何とか売りたいね」
「そのためにどうする?」
「じゃあ!ガチャガチャでうったらどうか?」



IMG_8065 [62542].JPG

面白いたくさんのアイデアが沢山出されました。

新しいゆるキャラが誕生か?

さぁ。助成金申請までに具体のカタチとして作っていきましょうね。

IMG_8071 


[62543].JPG
(写真は全て親の同意を得て掲載しています。)
社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」ご賛同いただきありがとうございました。 [2016年04月01日(Fri)]
3か月間の長いようで短かった社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」も昨日で終了となりました。


広告.png



ご賛同のご寄付をいただきました皆様方、大変ありがとうございました。
寄付文化が薄いと言われている地域で無謀にもチャレンジしたことは、納税をとおして享受するカタチではなく、社会課題解決の活動に対して直接支援するという新しいカタチが生まれるキッカケになったかも知れません。

皆様方の弊団体へのプロジェクトにご声援、お励ましの言葉と温かいご支援があったことによりこれまで取組めたものと思います。ここに衷心より感謝申し上げます。
このプロジェクトを通じて寄付に対する考え方や温情について考えさせられることが多々ありました。

行動には結びつかなくとも、こうした考えをもっている弊団体が地域でムーブメントを起こそうとしていることへ関心をもっていただいた方々にはボランティアや声掛け等、社会貢献活動への受入等地域でやれることはあります。

募金額の集計は県共同募金から来るまでに数日ありますので寄付状況がどうなっているかはわかりませんが、取り組みの理解は進み共感していただける方が確実に増えてきています。

今後ともご支援をお願いし申し上げます。
学び直し塾 志誠塾「おおさき寺子屋」キックオフ塾生 大募集!! [2016年03月01日(Tue)]
キックオフポスター.jpg


6月開塾予定の 学び直し塾 志誠塾「おおさき寺子屋
の開塾準備の 塾生大募集です。

3月21日(祝)・27日(日)・4月10日(日)24(日)の午前9時30分から11時30分までの時間で
大崎市古川大宮児童センター・大崎市古川災害公営住宅集会所で予定!

まずはお問い合わせください。



キックオフポスター裏.jpg


PDFファイルはこちらからダウンロートしてください。
第8回定例会の報告 [2016年02月11日(Thu)]

単元7「人生の道のり」は「自分の人生で何を成し遂げたいのだろうか?」「自分は何になるのだろうか?」を問い、疑問を解決したり、目標設定する方法を学ぶ単元。まさにキャリア教育


昨日は、単元の導入部「さあ、はじめよう!」の目標に対する3つの意見について共感できるところ、同意出来ないところを一人ずつの発表からスタート。

正しい答えはあるの?いやいや!

多様な考え方がある。多様な考え方があっていい。そこを指導者が持てるかどうか。

IMG_7683.JPG


発表者の福地初美先生のいつもニコやか、前向き、ポジティブな人柄が沢山詰まった実践発表。

ライフスキル教育の手法を随所に使い、まなびのたねネットワークの伊勢みゆきさんのファシリテーョンで学んだことを活かした内容。
IMG_7687.JPG

合唱コンクールに向けて、「最優秀賞をとる」いう目標をかかげ、「何のためにそれをやるのか」というイメージをもたせ、そのための道のりで発生する、発生するであろう課題をスモールステップで設定し、シッカリ話し合わせる様な流れ。教師の支援者としての立ち位置を明確にした姿勢は生徒との関係性が良好である事が伺えます。

IMG_7685.JPG
目標に向けて行動すれば当然困難な状況が出てきます。そこを乗り越えるには、一人の貴重な存在として認められる学級集団を形成する事が大切です。

「Stand by me」困難な状況、倒れてしまう様な状況、逃げ出したい状況に置かれても、僕の側に居てくれ!僕が支えてあげるよ!との関係が何より安心できる学級集団です。こんな学級では、「いじめ」を生み出さない、立ち向かうチカラができてきます。

今年の定例会のテーマ「レジリエンスとライフスキル教育」をシッカリ掴んた実践でした。

ワークショップの修了者、定例会参加者の皆さんもう一度テキストを読んでみましょう。

合唱コンクールで「最優秀賞をとる」「駄菓子屋を経営する」はあくまで、一つのキッカケ。

これらの取組をとおして何を学ばせるか、どんなスキルを身につけさせるか、感動体験をどうつくるかが問われています。

ライフスキル教育には沢山の素材が用意されています。それをどう調理するかはシェフたる指導者の力量にかかっています。

今年度最終の定例会は3月9日水曜日です。
青少年のための宮城県民会議(とらいゆ〜す MIYAGI)主催の地域研修会(大崎・栗原) [2016年02月09日(Tue)]

P1110419-3.JPG


先週4日大崎合同庁舎で、青少年のための宮城県民会議(とらいゆ〜す MIYAGI)主催の地域研修会(大崎・栗原)

「子ども駄菓子屋に込めた青少年育成」
として講話をしてきました。

FullSizeRender-8.jpg


地域の青少年健全育成活動を永年やられてこられた方々の前で、初めての取組を講話するのはためらいました。ただ、今の青少年の置かれている状況などを知ってもらうためには絶好の機会としてお引き受けしました。
誰もやらない「2015子ども駄菓子屋プロジェクト」に込めた団体の想いと子ども達の育ちを中心に述べました。
FullSizeRender-2.jpg


FullSizeRender-3.jpg


FullSizeRender-4.jpg


FullSizeRender-5.jpg



FullSizeRender-6.jpg



失敗OK!その中で学ぶ方が本当の力が付く。
「楽しかった!」だけの感想から周りから認められ、自分が社会と繋がっているという実感をもたせる。

FullSizeRender-11.jpg



効率を追求する人には、実にムダだと一蹴されるかもしれないが、
子育て、教育は時間のかかるもの。

FullSizeRender-7.jpg


親の子どもへのかかわりが、子どもの発達課題を 習得する過程において大きく影響することを実感。
もったいな寄附『不要本・不要絵本・不要CD交換会』」の寄付行為等が終わりました [2016年02月04日(Thu)]
不要本ロゴ.jpg

昨年5月5日,子どもの日に吉野作造記念館前広場で実施した「もったいな寄附『不要本・不要絵本・不要CD交換会』」の寄付行為等が終わりましたのでお知らせします。

ご寄附いただいた本等を
ある県外の買取企業に依頼しました。

2か月毎に売れば20パーセントの買取価格アップということで選びました。
寄附されたものを2か月毎に4回にわたって売ったところ昨日、最終振込が確認でき総額5,955円となりました。
この額が多いか少ないかは、色々ご意見があると思います。
この額で、スタッフの報酬やボランティアの謝金はどうだなどの、費用対効果はどうなの?とかはあります。
IMG_6521.JPG
でも!この金額を当団体が開設・運営する
学び直し「志誠塾『おおさき寺子屋』」への教材購入に使わせてもらうとの目的を明確にした取り組みでした。
皆様の善意を全額ここに使わせていただきます。

来年度は、この取組に対して「公益信託仙台銀行まちづくり基金」助成金に応募したところ、採択されました。個人や団体にお借りして実施した物を団体として備える備品等の購入に使わせていただきます。

5月5日他2回に「2016もったいな寄附『不要本・不要絵本・不要CD・ゲームソフト交換会』」を実施します。家にある不用品は捨てないでこの日まで取っておいてください。

私たちの団体は、寄附文化の醸成も団体のミッションにし、善意のサイクルが有効に活用できる社会も目指しています。


IMG_6525.JPG
IMG_6522.JPG
売れなかった物はどうしたか?のご質問にお答えします。

綺麗に埃などをとりラベルを貼り、大崎市古川大宮児童センターの図書室にご寄附しました。
IMG_2099.JPG

この様に、善意のお気持ちが子どもの達の情操形成に役立っています。

IMG_2100.JPG


IMG_2103.JPG



| 次へ