CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
NB-IoTを活用した鳥獣罠センサーを日本で初めて開発し、伊那市で鳥獣被害の軽減に向けた実証事業を開始/時事通信 [2019年10月31日(Thu)]
ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、狩猟関連機器やサービスの企画・開発・販売を行う株式会社huntech(ハンテック、以下「huntech」)とIoT機器向けのLTE通信規格であるNB-IoTを活用した鳥獣罠(わな)センサー「スマートトラップ NB-IoT」を日本で初めて※1開発し、国立大学法人信州大学および伊那市有線放送農業協同組合などと共に、長野県伊那市において鳥獣被害の軽減に向けた実証事業を2019年10月から開始しました。この実証事業は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)から受託した、「信州伊那谷におけるLPWA(LoRaWAN等)鳥獣罠センサーの高度活用」に関する実証型研究開発※2の一環として行うものです。
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000008.000029310&g=prt
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:21 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟、女性にPR フェスタで疑似体験 和歌山 /和歌山/毎日新聞 [2019年10月31日(Thu)]
女性や若者にイノシシなどの狩猟をPRするイベント「狩りガールフェスタ」が27日、和歌山市美園町5の県JAビルであり、多くの親子連れなどが訪れた。
https://mainichi.jp/articles/20191031/ddl/k30/040/359000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:20 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米でのオオカミ再導入事例紹介 阿南でフォーラム/徳島/徳島新聞 [2019年10月30日(Wed)]
シカやイノシシといった有害鳥獣の増加に歯止めをかけて生態系を守るため、オオカミを日本の山に放つ意義について考える「日米オオカミふぉーらむ2019」(日本オオカミ協会四国支部主催)が、阿南市橘町の橘公民館であり、住民ら約40人が参加した。
https://www.topics.or.jp/articles/-/277080
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:41 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この地に生きる(13)岡本健太郎さん=津山市 猟師の日常、自身モデルの人気作で知られる漫画家/岡山/山陽新聞 [2019年10月30日(Wed)]
銃を構えてウサギやキジバトを狙い、自作のわなでイノシシやシカを捕る。個性豊かな猟師仲間や地域の人との笑いあり、涙ありのエピソードが、親しみやすいタッチと緻密な描写で描かれている。
https://www.sanyonews.jp/article/953726/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:40 | またぎぃ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
有害鳥獣被害、解決策は 全国の学生ら座学・実技研修/佐賀/佐賀新聞 [2019年10月30日(Wed)]
有害鳥獣の対策などを学ぶ「けもの塾」が、みやき町と上峰町の両町内で開かれた。全国から参加した自治体職員や学生ら16人が、座学や実技研修を通じて、イノシシなどの被害に悩む地域の解決策を探った。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/447506
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:39 | またぎぃ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新聞記者、銃をとる 新米猟師奮闘記/22 豚コレラの拡散防ぐには/滋賀/毎日新聞 [2019年10月30日(Wed)]
11月1日から今年のイノシシ、シカ猟が解禁となる。ハンターにとっては、待ちに待ったシーズンの到来である。食通にとってはいよいよジビエのシーズン・インとなる。
https://mainichi.jp/articles/20191029/ddl/k25/070/444000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:38 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
捕獲イノシシ大きさを競う 参加狩猟者県募る/茨城/読売新聞 [2019年10月29日(Tue)]
県は11月から2月までの狩猟期に、捕獲したイノシシの大きさを競うコンテストを開催する。狩猟の担い手不足の解消につなげることが狙い。都道府県主催としては初めての試みという。
https://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20191028-OYTNT50071/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ重点捕獲エリア 狩猟規制にばらつき 18都府県全面解禁 豚コレラ拡大懸念 本紙調べ/日本農業新聞 [2019年10月29日(Tue)]
日本農業新聞は、農水省が定めた豚コレラの発生に伴うイノシシ重点捕獲エリアの21都府県を対象に、野生イノシシの狩猟体制について調査した。11月からの狩猟規制の有無を聞いたところ、規制するのは岐阜と三重の2県で、18都府県が例年通り狩猟を解禁し、体制にばらつきがあることが分かった。狩猟で捕獲数は増えるが、山に人の出入りが増えるなどで豚コレラを拡散させる恐れがある。狩猟しなければ農業被害拡大、狩猟者減少などの課題もあり、各地は難しい判断を迫られている。
https://www.agrinews.co.jp/p49106.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:53 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ捕獲で市が奨励金支給へ…1頭1万円/秋田/読売新聞 [2019年10月29日(Tue)]
秋田県南部を中心に、イノシシの食害が拡大する中、同県由利本荘市は、今期の狩猟期間(11月1日〜来年2月15日)から狩猟者に、捕獲1頭につき1万円の奨励金を支給する。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191028-OYT1T50240/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:52 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ撃退機に注文殺到、製造法公開 悲鳴を発信「農家の助けに」 福岡「発明王」/西日本新聞 [2019年10月26日(Sat)]
元電機メーカー技術者で「里の発明王」とも呼ばれる福岡県みやこ町の漆谷正義さん(74)が、4年前に開発した「イノシシ撃退機」の製造方法を科学専門誌に公開した。1台1万円(税別)と安価で、動物に傷を負わせることもない機械に注文が相次ぎ、個人の手作業では製造が追い付かないためだ。一時は半年待ちになるほどで、ようやく仕上げて連絡すると、被害に耐えられず既に廃業していた農家もあった。「自由に作って、農産物の被害防止に役立てて」と話している。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/554163/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:02 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ