CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main
生分解テープでねぐら封鎖 上川でカワウ対策/長野/長野日報 [2019年01月23日(Wed)]
県水産試験場諏訪支場(下諏訪町)などは諏訪湖の水産資源への被害軽減策として魚食性鳥類のカワウのねぐらになりつつあった諏訪市上川の上川右岸の木3本に植物由来のテープを巻く実験を行っている。沢本良宏支場長によると、対策前に約160羽いたカワウはテープを嫌い、ねぐらを移したとみられ、「思った以上の効果」とこれまでの観察を振り返った。
http://www.nagano-np.co.jp/articles/43451
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:52 | またぎぃ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ぎふジビエ、逆風負けず…岐阜の料理店 県産にこだわり調達…狩猟禁止区域外から/読売新聞 [2019年01月23日(Wed)]
栄養価の高さやヘルシーさが注目され、人気が高まっているジビエ料理。自然豊かな県内で育った野生のイノシシやシカの肉は、「ぎふジビエ」としてブランド化が図られている。家畜伝染病の「豚とんコレラ」の影響で、風評被害や狩猟制限などの逆風が吹き続ける中、岐阜市の日本料理店「桜梅桃李」の店主・玉越勝利さん(51)は「ぎふジビエのおいしさを知ってほしい」と、県産にこだわっている。
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20190122-OYTNT50108.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野生動物を女子高生が罠で捕獲「罠ガール」3巻ではサル、イノシシと対決/コミックナタリー [2019年01月23日(Wed)]
緑山のぶひろ「罠ガール」3巻が、1月26日に発売される。一部書店には購入者特典が用意された。
https://natalie.mu/comic/news/316899
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【知ってる!?】ジビエの有効活用(4)「十分な加熱」で安心・安全/産経新聞 [2019年01月21日(Mon)]
シカやイノシシなどの野生鳥獣の肉である「ジビエ」の普及のカギとなるのが、安心・安全の確保だ。山野を駆け巡って育った“天然の恵み”のジビエは、食肉用に育てられた家畜よりも寄生虫や細菌のリスクが高い。ジビエをおいしく安全に食べるには、衛生管理が重要となる。
https://www.sankei.com/life/news/190121/lif1901210013-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
車から散弾銃の弾盗まれる 兵庫・猪名川町/産経新聞 [2019年01月20日(Sun)]
18日午後6時10分ごろ、兵庫県猪名川町の道の駅「いながわ」の駐車場に乗用車を止めていた大阪市西区の無職の男性(80)が「猟銃の弾が入ったボストンバッグを車から盗まれた」と兵庫県警川西署に届け出た。同署が窃盗事件として捜査している。
https://www.sankei.com/affairs/news/190119/afr1901190001-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:16 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシに襲われ死亡 狩猟中の男性 山梨市の山中/FNN PRIME [2019年01月20日(Sun)]
山梨市の山中で、狩猟中の男性が、イノシシに襲われて死亡した。
20日午前10時前、山梨市牧丘町の山中で、狩猟中の会社員・長谷川洋さん(59)がイノシシに襲われ、病院に運ばれたが死亡した。
長谷川さんのふくらはぎには、10cmほどのイノシシにかまれた傷があり、死因は失血死だった。
https://www.fnn.jp/posts/00410162CX
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:15 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野生鳥獣の被害防げ 捕獲に新たな担い手 わな猟に若い世代/群馬/上毛新聞 [2019年01月20日(Sun)]
シカやイノシシ、サルなど野生動物の目撃が近年は群馬県内で相次ぎ、市街地への出没例も増えている。耕作放棄地の増加や里山の手入れが行き届かない中で行動範囲が広がり、捕獲の担い手の高齢化や減少も背景にあるとされる。行政は対策を強化し、農林業被害は全体的に縮小へ向かうが、県民が被害軽減を実感できる態勢づくりが急務だ。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/106234
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:14 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ捕獲、最多ペース 珠洲市、今年度1500頭超に/石川/北國新聞 [2019年01月20日(Sun)]
珠洲市内で今年度、イノシシの捕獲数が急増し、4〜12月末は前年同期の約4倍の1484頭と過去最多となり、1500頭を超えるペースとなっている。市内では2014年2月に初めてイノシシ1頭が捕獲されて以降、個体数の急増によって農作物被害が拡大しており、捕獲おりや電気柵を設置する動きが進んだことが背景にある。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190119105.htm
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:13 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成生まれの新米シカ猟師、師匠は95歳 限界集落の絆/静岡/朝日新聞 [2019年01月17日(Thu)]
年がおよそ70歳離れたシカ猟師の師弟が静岡県伊豆市持越にいる。高齢者が大多数を占める典型的な過疎集落。昨年移住してきた平成生まれの弟子が、大正生まれの師匠から指導を受けている。
https://www.asahi.com/articles/ASLDT3WNGLDTUTPB001.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:01 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシの捕獲情報をスマホで確認可能に、マスプロ電工がLPWA活用の通知システム/日経XTECH [2019年01月17日(Thu)]
マスプロ電工は2019年1月16日、愛知県日進市および日進市猟友会と共同で、イノシシなどの有害獣が箱罠で捕獲された情報をLPWA (Low Power Wide Area)を利用して通知するシステムの実証実験を開始したと発表した。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/03856/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:59 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ