CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
【ジビエ】激ウマ「猪」を食べまくれ! 全国の“猪肉食べくらべ”神イベント/Peachy [2019年01月31日(Thu)]
2019年2月16日(土)、東京都江東区・豊洲の「CAFE;HAUS」にて「日本猪祭り」が開催されます!
http://news.livedoor.com/article/detail/15952894/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:09 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカの捕獲作戦始まる 設楽町の段戸国有林/愛知/中日新聞 [2019年01月31日(Thu)]
設楽町の北西部に広がる段戸国有林で、ニホンジカによる樹木の食害が深刻化している。このままでは森林の機能や生態系に悪影響が生じる恐れもある。林野庁愛知森林管理事務所(新城市庭野)はシカ対策を二〇一八年度の重点課題に掲げ、昨年暮れには職員による捕獲作戦も始めた。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190131/CK2019013102000055.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:08 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ じわり拡大 県内フェア開幕 最多の91店参加/石川/中日新聞 [2019年01月31日(Thu)]
地元で捕獲されたイノシシなどを石川県内各地の飲食店やホテルが一斉に提供する「いしかわジビエ料理フェア」(いしかわジビエ利用促進研究会主催)が28日、始まった。4回目となる今回は、過去最多の91店が参加。農作物の被害が拡大する一方、イノシシの駆除数が増え、料理への活用も進んでいる。
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019012902100015.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:07 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【業務用食材卸売サイト】地方発のジビエ、品揃え拡大/CNET [2019年01月31日(Thu)]
【業務用食材卸売サイト】「ISPフーズ リンク」 ブーム到来「業務用ジビエ」販売好調
~飲食店集客の目玉商品として注目される地方発のジビエ、品揃え拡大~
https://japan.cnet.com/release/30294864/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:06 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【つくば市】ドローンによるイノシシ生態調査について/財形新聞 [2019年01月30日(Wed)]
昨今、筑波山麓においてイノシシによる生活環境及び農業の被害が多発しており、地域住民にとっては深刻な問題となっています。
https://www.zaikei.co.jp/releases/748714/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:45 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
蓼科で日本のジビエを!/WINE-WHAT!? [2019年01月30日(Wed)]
日本ジビエ振興協会代表理事・藤木徳彦さん(オーベルジュ・エスポワール)に訊く
ジビエの季節まっだなか! ジビエといえばワインである。だから、WINE-WHAT!?は、ジビエの楽しみを提案したい。まずは、日本のジビエの現在を聞いてみよう。行き先は長野県蓼科だ。
https://www.wine-what.jp/foods/48147/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:44 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新聞記者、銃をとる 新米猟師奮闘記/7 恵みに感謝、シカ初捕獲 /滋賀/毎日新聞 [2019年01月30日(Wed)]
イノシシとシカを除く狩猟シーズンは2月15日で終わる。残り1カ月もない。ラストスパートでカモの捕獲数を増やしたいところだが、現実は昨年12月後半から、ほとんど捕れなくなっている。どこが危ないか、どこなら撃たれないか、カモたちにこれでもかというほど、学習成果を見せつけられている。
https://mainichi.jp/articles/20190129/ddl/k25/070/434000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:41 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
徳島)「祖谷の地美栄」が国産ジビエ認証 全国2例目/朝日新聞 [2019年01月29日(Tue)]
地元で捕獲された野生のシカやイノシシの肉(ジビエ)を生産している食肉処理施設「祖谷の地美栄(じびえ)」(徳島県三好市東祖谷)が農林水産省の「国産ジビエ認証」を受けた。認証は京都府京丹波町の「京丹波自然工房」に次いで全国2例目。
https://www.asahi.com/articles/ASM1B3VSRM1BPUTB002.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:31 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「狩りガール」の活躍期待 県猟友会が女性部会設立/福井/中日新聞 [2019年01月29日(Tue)]
有害鳥獣の捕獲や狩猟技術の継承につなげようと県猟友会は二十七日、女性部会を設立した。会員の高齢化が進む中、全国的に増えている女性ハンター「狩りガール」の力に期待を寄せている。
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20190128/CK2019012802000008.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:29 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
捕獲イノシシ、皮製品に 丈夫な素材、手縫いで加工 今治/愛媛/YAHOOニュース [2019年01月28日(Mon)]
愛媛県今治市の大三島、伯方島で捕獲されたイノシシを革素材「島シシレザー」として活用する重信幹広さん(38)、瑠依(るい)さん(32)夫妻が大三島の民家にギャラリー・ショップを開いた。都会から移り住み、イノシシ革という得難い素材に出会った2人。「自分の尺度」を意識したいという思いに「磁石」をかけ、ブランド名は「自尺」(Jishac)に。暮らしに寄り添えるものを作りたいという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000019-mai-soci
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:44 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ