CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年08月 | Main | 2018年10月»
今年のクマの行動範囲は広がる? 長野県が出没予測/THE PAGE [2018年09月30日(Sun)]
クマの大量出没はなさそうだが、行動範囲が広がりそう――。長野県は今秋のツキノワグマの出没予測をまとめました。ドングリなどの餌の成り具合にばらつきが大きいため、クマの行動範囲が広がる可能性があり、入山した人との遭遇の危険があると指摘。地域によっては里の農地周辺に出没する可能性があり、注意を呼び掛けています。
https://thepage.jp/detail/20180930-00000003-wordleaf
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:55 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ料理やハンター講演 奈良女子大でイベント、狩猟を身近に/奈良/産経ニュース [2018年09月30日(Sun)]
狩猟活動について理解や関心を深めてもらおうと、ジビエ料理の試食会やハンターなどによる講演を行うイベント「狩猟のいろは」が29日、奈良市の奈良女子大で開かれた。
http://www.sankei.com/region/news/180930/rgn1809300031-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高校生が競うジビエ料理 テーマは「煮込み料理」 1日から参加チーム募集 日田市 [大分県]/西日本新聞 [2018年09月30日(Sun)]
日田市と市ジビエ推進協議会(事務局・市林業振興課)は10月1日から、同市の獣肉処理施設で加工処理されたイノシシ肉やシカ肉といった「ひたジビエ」を使った創作料理のアイデア、出来栄えを競う「第2回高校生 ひたジビエレシピグランプリ」の参加チームの募集を始める。締め切りは同15日。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/453671/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
予防研修会 動物からの感染、注意 11月15日狩猟解禁控え 府内初、宇治で /京都/毎日新聞 [2018年09月29日(Sat)]
「狩猟等における動物由来感染症の予防研修会」が27日、宇治市の府山城広域振興局であった。11月15日の狩猟解禁を前に、野生鳥獣に接触する機会の多い狩猟者を中心に現在確認されている感染症を紹介し、予防法や感染時の対応などについて注意喚起する催しで、府内では初の開催。約60人の市町村有害鳥獣捕獲班員や狩猟者らが熱心に耳を傾けた。
https://mainichi.jp/articles/20180928/ddl/k26/040/432000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:41 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟の魅力まるわかりフォーラム(兵庫県)の開催について/環境省 [2018年09月29日(Sat)]
近年、ニホンジカ等の野生鳥獣による生態系や農林水産業への被害が深刻化するとともに、鳥獣保護管理の担い手となる狩猟者の減少と高齢化が進んでいます。そこで環境省では、将来の鳥獣保護管理の担い手確保を目的とした「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」を、今年度も全国2会場で企画し、第1回目を兵庫県神戸市の「神戸サンボーホール」で平成30年10月28日(日)に開催します(入場無料・申込み不要)。 昨年度同様、狩猟の魅力や社会的役割を実感できるプログラムが満載です。さらに、大人気ハンター漫画「山賊ダイアリー」とのコラボ企画による来場者への豪華特典もご用意しています。
https://www.env.go.jp/press/106002.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:40 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豚コレラ、野生イノシシ感染8頭目 各務原市で初確認/岐阜/岐阜新聞 [2018年09月29日(Sat)]
岐阜市で養豚場の豚や野生イノシシが家畜伝染病「豚コレラ」に感染した問題で、県は28日、発生農場から約7・4キロ離れた各務原市須衛の山中で野生のイノシシの死骸が見つかり、検査により感染が確認されたと発表した。感染が確認されたイノシシは8頭目。今月9日に豚の感染が判明した後、岐阜市外で感染が確認されたのは初めて。
https://www.gifu-np.co.jp/news/20180929/20180929-77763.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
島根県央 シカ捕獲数急増 広島から生息範囲拡大か/山陰中央新報 [2018年09月28日(Fri)]
島根県の県央地域でニホンジカの捕獲数が増えている。大田市、川本、美郷、邑南3町での捕獲数は2008年度にはゼロだったが、17年度には110頭に急増した。県は、県央地域内にある国立公園で、希少な植物群が自生する三瓶山の自然環境に悪影響を与える懸念があるとして、山麓で初めての出没状況の把握調査を25日夜に実施した。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1538011567511/index.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:21 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
組み立ても移動も簡単「楽おり」/和歌山/日高新報 [2018年09月28日(Fri)]
印南町鳥獣被害防止対策協議会(尾曽紀文会長)は従来品より軽く、組み立て・解体が簡単な獣害対策用のパイプ連結式箱わな「楽おり」を導入した。
http://www.hidakashimpo.co.jp/news1/2018/09/組み立ても移動も簡単.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:19 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ串、移動販売で 金沢のジビエ工房三谷、30日から 臭いイメージ払しょくを/石川/北國新聞 [2018年09月28日(Fri)]
金沢市三谷地区に生息する、イノシシの有効活用に取り組む「ジビエ工房三谷」(高坂町)は30日、イノシシの串焼きの移動販売を始める。調理機能を備えた移動販売車で県内のイベント会場へ出向き、加工肉をその場で焼いて提供する。「ジビエ料理は臭(くさ)い」というイメージを払しょくするとともに、おいしい食べ方も提案し、消費拡大につなげたい考えだ。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20180928103.htm
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:18 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
仕方がないと言っていられない! 伊吹山の現在の姿から考える、シカの食害と鹿柵・駆除/YAMAKEI ONLINE [2018年09月27日(Thu)]
イブキジャコウソウ、イブキトラノオなど「イブキ」を冠した植物がいくつもあるほど、植物の宝庫として知られている伊吹山。その伊吹山の植物たちが現在、危機的状況に見舞われているという。その理由は――
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=494
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:23 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ