CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年05月 | Main | 2018年07月»
佐竹知事、クマ対策で長期計画策定へ 専門家らと協議会/秋田/秋田魁新報 [2018年06月30日(Sat)]
佐竹敬久秋田県知事は28日、ツキノワグマをはじめとする野生鳥獣と向き合うための中長期的な計画を来年度、策定する考えを明らかにした。県内外の専門家や有識者、猟友会、農業関係者などによる協議会を組織し、計画内容を検討する。秋田魁新報社のインタビューに答えた。
http://www.sakigake.jp/news/article/20180629AK0017/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:54 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
たべんとう 田部高生が地元食材で弁当試作 体育大会で販売 メインはジビエコロッケ/山口/毎日新聞 [2018年06月30日(Sat)]
下関市菊川町の県立田部高校(渡辺義明校長)で、総合生活科の2年生32人が地元食材を使った弁当「たべんとう」の試作に取り組んだ。生徒たちが考案した栄養、彩り豊かな弁当は、試作を手伝った「企業組合 うつい工房」が今後改良を加え、7月21日に開かれる体育大会で一般向けに販売される。
https://mainichi.jp/articles/20180629/ddl/k35/100/338000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:53 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成30年度滋賀県カワウ総合対策協議会の開催について/滋賀県 [2018年06月29日(Fri)]
「滋賀県カワウ第二種特定鳥獣管理計画」に基づき実施するカワウ対策の内容および実施された事業に関すること、その他カワウ対策に関することについて意見交換を行うため、下記のとおり標記の協議会を開催します。
http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/dg00/20180712.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:50 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
深川で害獣駆除されたシカ肉を食べる会 猟師のセミナーなども/東京/深川経済新聞 [2018年06月29日(Fri)]
江東区の民家(江東区常盤1)で6月23日、深川北エリアの情報発信を行うウェブサイト「いいね森下」(常盤2)が中心となり、「鹿肉を食べる会」が開催された。
https://fukagawa.keizai.biz/headline/636/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:49 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
利根実が最優秀賞 イノシシ防護柵 評価《高校環境化学賞》/群馬/上毛新聞 [2018年06月28日(Thu)]
日本環境化学会主催の第13回高校環境化学賞(5月23日、那覇市)で、利根実業高(横手静夫校長)の生物資源研究部が、初出場で最優秀賞「松居記念賞」に輝いた。26日には、群馬県沼田市の同校で報告会が開かれた。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/62154
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:59 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新川地区に獣肉生産組合 8月までにNPO法人化目指す/富山/中日新聞 [2018年06月28日(Thu)]
魚津、黒部両市の鳥獣被害対策実施隊メンバーを中心とした「新川地区獣肉生産組合」の設立総会が二十六日、魚津市内のホテルであった。農作物の被害が拡大しているイノシシの肉のジビエ料理などへの有効活用を図るため発足。八月までにNPO法人化を目指す。
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20180628/CK2018062802000010.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:58 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥獣被害7年連続減 上伊那振興局/長野/長野日報 [2018年06月28日(Thu)]
上伊那地方の2017年度の野生鳥獣による農林業被害額は前年比約1380万円減の7890万円となり、7年連続で減ったことが27日、県上伊那地域振興局林務課への取材で分かった。被害の大部分を占めるシカのほか、サルや鳥類などの被害も総じて減少。市町村や猟友会、集落と連携して捕獲や防護、環境整備といった総合対策を継続してきた成果とみている。
http://www.nagano-np.co.jp/articles/33868
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:56 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
遺体頭部や手足にかんだ跡、クマが襲撃か/秋田/読売新聞 [2018年06月27日(Wed)]
秋田県仙北市田沢湖玉川地区の国有林で23日に発見された身元不明の遺体の頭部や腹部、手足に、獣がかむなどした跡があることが25日、県警の調べで分かった。現場周辺では昨年5月、女性がクマに襲われ死亡しており、県警は今回もクマが人を襲った可能性があるとみて捜査を進めている。仙北市は現場周辺に注意看板を設置。地元猟友会などと連携し、捕獲用のオリを仕掛けるなど対策強化に向けた検討を始めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180626-OYT1T50027.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:04 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
若者 女性 狩猟の担い手に 輪広げ魅力を発信/日本農業新聞 [2018年06月27日(Wed)]
狩猟者の減少や高齢化が深刻な課題となる中、狩猟免許を取得する女性や若者が増加しており、狩猟者人口の減少に歯止めがかかってきた。大日本猟友会の会員数は2017年度に10万5700人を超え、前年度から500人以上増え、会員増はここ40年で2回目となる。若者らで青年部を立ち上げるなど、仲間づくりや狩猟ビジネスに挑戦。市民へ、狩猟の魅力発信にも貢献する。
https://www.agrinews.co.jp/p44458.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシの骨使い児童が絵の具作り 宇目緑豊小 /大分/大分合同新聞 [2018年06月27日(Wed)]
佐伯市の宇目緑豊小学校(伊東俊昭校長、91人)で25、26の両日、地元特産のジビエ料理の材料となるイノシシの骨を使い、黒色の絵の具を作るワークショップがあった。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/06/27/JD0057045897
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ