CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年07月 | Main | 2017年09月»
知ってほしい 高山のシカ食害(山梨県)/日テレNEWS24 [2017年08月31日(Thu)]
シカによる食害が南アルプスなどの高山帯でも深刻化している。この現状を多くの人に知ってもらおうと県森林総合研究所が南アルプスにおける食害の現状をまとめた冊子を作った。
http://www.news24.jp/nnn/news88811205.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:05 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市の中心部にクマ続々、ハンター見回り…北海道(読売新聞) [2017年08月31日(Thu)]
北見市中心部の住宅街などで、30日までにヒグマの出没が相次いで確認されている。
 同市によると、市中心部などでヒグマが確認されたのは初めてで、連日、猟友会のハンターが一帯を見回るなど、緊迫した雰囲気に包まれている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170831-OYT1T50006.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:05 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥獣捕獲「尾」で証明…補助金不正でルール統一(読売新聞) [2017年08月31日(Thu)]
有害鳥獣の捕獲頭数を水増しして報告し、補助金をだまし取る不正が各地で相次いでいることを受け、農林水産省は、各自治体がそれぞれ定めている補助金申請時のルールを統一する方針を固めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170830-OYT1T50160.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:04 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
飛騨市が9月補正予算案 飛騨猟友会の新射撃場整備/岐阜(建通新聞) [2017年08月31日(Thu)]
飛騨市は、9月補正予算案として一般会計に4億6568万円を追加した。7月の豪雨で被災した土木施設や農業施設の災害復旧に7000万円を充てる他、飛騨猟友会の新射撃場整備に対し1500万円を補助する。
http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/170830300009.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カワウの被害実態報告 環境省、中四国の広域協(日本経済新聞) [2017年08月31日(Thu)]
環境省中国四国地方環境事務所は30日、有害鳥獣の水鳥、カワウに関する情報共有などを進めるため、岡山市内で「中国四国カワウ広域協議会」を開催した。中国四国9県や農林水産省の担当者に加え、オブザーバーで大分県や国土交通省の関係者など約30人が参加し、被害状況や駆除対策などを報告した。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2056294030082017LCC000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
丹波でクマ対策会議 出没時の対応など情報共有/兵庫(神戸新聞) [2017年08月30日(Wed)]
秋に活発になるツキノワグマの対策を話し合う会議が29日、兵庫県丹波市柏原町柏原の丹波県民局で開かれた。丹波、篠山両市の猟師や関係者23人が集まり、クマの生態や住民への注意喚起、人への被害が心配される場合に有害獣として捕獲することなどを確認し合った。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/201708/0010506133.shtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:12 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農業青年、意外な方法で敵を撃退?イノシシとアイデア勝負【ゆるパブ】/福井(福井新聞) [2017年08月30日(Wed)]
8月11日、夜。
福井県越前町熊谷。
民家の明かりとも、街の喧騒とも無縁の山間部。
暗闇と山々に覆われた田畑の中を、ダンスビートが突き抜ける。
ライトアップされた雑木林で、地元のコメ農家の青年、井上高宏さん(32歳)が、いつもは軽トラを運転する手で、ターンテーブルを巧みに操る。
井上さんのまわりには音楽に合わせ、それぞれのステップでダンスする人たち。
コンガなどの打楽器を打ち鳴らす人たち。
まさに文字通りの「どんちゃん騒ぎ」が そこでは行われていた。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/232066
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:11 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コレ・良かんべ 那珂川町がブランド化 野生イノシシ肉「八溝ししまる」 脂のり、臭みも出にくく/栃木(毎日新聞) [2017年08月30日(Wed)]
獣害をもたらす動物を名物に。そんな発想で発売された野生イノシシ肉「八溝ししまる」が、徐々に売り上げを伸ばしている。
 山間部にある那珂川町では長年イノシシによる農作物被害に悩まされてきた。一方、豊かな自然の中で十分に栄養を取って育ったイノシシ肉は脂ののりが良く、味は抜群なことから、2009年に専用の食肉処理施設を建設してブランド化を進めてきた。
https://mainichi.jp/articles/20170830/ddl/k09/040/110000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:10 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ヒアリ騒動が拡大する中「猛毒殺人ダニ」が多発 症例が顕在化(LivedoorNews) [2017年08月30日(Wed)]
7月上旬、北海道でマダニに咬まれた70代男性がダニ媒介脳炎で亡くなった
ダニ脳炎の患者は国内3例目で、発症すれば致死率は30%に及ぶと専門家
マダニを原因とする病気は発症数、死亡数共に年々増加傾向にあるという
http://news.livedoor.com/article/detail/13539342/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:08 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ローラワン活用、技術者検討 伊那でイベント/長野(中日新聞) [2017年08月30日(Wed)]
省電力で広域を網羅する次世代無線通信方式「LoRaWAN(ローラワン)」を活用した地域課題の解決策を考えるイベント「ハッカソン」が二十六日から二日間、伊那市狐島のJA上伊那本所であった。
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170830/CK2017083002000023.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:07 | またぎぃ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ