CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年05月 | Main
カワウVSドローン 桐生・渡良瀬川 両毛漁協が放流稚魚の保護に活用/群馬(東京新聞) [2017年06月25日(Sun)]
カワウによる川魚の食害対策にドローンを使う動きが始まっている。ただ追い払うだけではなく、巣にドライアイスを投下するなどして、ゆくゆくは繁殖そのものを抑制するのが狙いだ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201706/CK2017062502000167.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:12 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ 渓流釣りの夫婦襲われ大けが クマよけ鈴効果なしか/秋田(毎日新聞) [2017年06月25日(Sun)]
24日午前10時ごろ、秋田県藤里町の素波里湖付近の山林で、沢沿いを前後に並んで歩いていた会社役員の石塚修さん(56)と妻昌子さん(61)=いずれも秋田市=が、左前方の茂みから突然現れたクマ1頭に襲われた。修さんはのどや腕、昌子さんは顔や腕を引っかかれ、大けがをした。2人は自力で下山し、病院に運ばれた。
https://mainichi.jp/articles/20170625/k00/00m/040/033000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
民家にクマ出没し米ぬか食す、住人が木刀で撃退 滋賀・高島市(産経WEST) [2017年06月25日(Sun)]
23日午前5時ごろ、滋賀県高島市今津町椋川の民家の庭で、体長約1・5メートルのクマを住人の男性(85)が発見。男性が木刀でクマをたたくと、民家の裏の山に逃げていった。
http://www.sankei.com/west/news/170625/wst1706250018-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:10 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカ肉と梅のパスタでございます/和歌山(日高新報) [2017年06月25日(Sun)]
日高川町西原にある日高高校中津分校(池田尚弘校長)では同町のシカ肉PRへ、2年生の女子3人が中心となり、8月に有田川町の飲食店でオリジナル料理を提供する。23日にはメニューとなる「シカ肉と梅の冷製パスタ」を試作。今後、改良を重ねて完成させる。
http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2017/06/post-7100.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:09 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
有害鳥獣 分解し乾燥 富津市、来月から実証実験 全国初/千葉(毎日新聞) [2017年06月24日(Sat)]
富津市は、駆除した有害鳥獣を圧力容器で加水分解し、乾燥処理する実証実験を来月から始める。
https://mainichi.jp/articles/20170624/ddl/k12/040/306000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:49 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟免許を取得・五味舞さん(26)/山梨(産経ニュース) [2017年06月24日(Sat)]
■「自分で射止める」デビューへ腕磨く おいしいジビエ、探求心に火
ハンターの義父と夫が昨年6月に開設した「明野ジビエ肉処理加工施設」(北杜市明野町上手)。当初、肉を真空パックする担当をしていた五味舞さん(26)は今年2月、散弾銃やライフルも扱える狩猟免許(1種)を取得した。食肉加工に携わることで、おいしいジビエ(シカ肉)の探求心に火がついたという。射撃場に通いながら猟場デビューへ向け、銃の腕を磨く日々が続く。
http://www.sankei.com/region/news/170624/rgn1706240056-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:48 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駆除した鳥獣食べて農作物被害減らそう 香川県が2種類の冊子作成(産経ニュース) [2017年06月24日(Sat)]
農作物被害防止などのために駆除された野生鳥獣を食材として有効活用してもらおうと、香川県は「イノシシ・ニホンジカ解体技術プログラム」と「里山の恵みレシピ集」の2種類の冊子を作成した。狩猟免許取得者へ送付するほか、県みどり保全課で配布している。
http://www.sankei.com/region/news/170624/rgn1706240029-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:47 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
都会住まいでも手軽に楽しめる!今注目のエアライフルハンティング(JCASTニュース) [2017年06月24日(Sat)]
「ハンティング」という言葉を聞いた人の多くは、『モンスターハンター』のようなゲームの世界や、海外の超お金持ちの娯楽を想像されるのではないでしょうか。確かに、日本国内で銃を撃って動物を仕留めるなんて趣味は、金銭的にも時間的にも普通のサラリーマンにとってはハードルの高い世界のように思えます。
しかし実は今、『エアライフルハンティング』というアウトドアが、都心住まいのサラリーマンを中心に注目されてきているのをご存じでしょうか?このエアライフルハンティングは、従来のショットガンやライフル、罠を使ったハンティングよりも簡単に始めることができ、山奥まで行かなくても都心から1時間程度の場所で手軽に遊ぶことができ、さらに美味しいジビエをゲットできてしまうなど、様々な魅力が詰まっているのだそうです。
https://www.j-cast.com/bookwatch/2017/06/23301398.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:46 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
いわき市街地でサル目撃相次ぐ 2月から314件、作物被害も/福島(福島民友) [2017年06月23日(Fri)]
いわき市内で2月下旬から、市街地などでサルの目撃情報が相次いでいる。目撃情報が出始めた2月25日から6月22日までに、市に314件の目撃情報が寄せられている。小学生が足をつかまれたり、民家の庭の果実や農作物が食べられたりする被害もあった。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170623-182607.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:00 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ出没の注意報発令 県、2シーズン連続 /岩手(岩手日報) [2017年06月22日(Thu)]
県は21日、ツキノワグマによる人身被害が増える恐れがあるとして、出没に関する注意報を発令した。発令は2シーズン連続4度目。本年度は既に人身被害が9件起きており、住民や関係機関に警戒を強く呼び掛ける。
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170622_3
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:04 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ