CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年04月 | Main | 2017年06月»
ビワを守れ!「猿害」の切り札ドローン実験 /大分(大分合同新聞) [2017年05月31日(Wed)]
大分市は30日、高崎山周辺の同市田ノ浦地区で農作物を荒らすニホンザル対策として、ドローン(小型無人機)を飛ばして追い払う実験を始めた。昨秋、タカを飛ばして被害軽減を狙ったが効果は限定的だったため、次なる一手は最先端技術。本年度末まで月1、2回程度実験を続け、有効打となるか確かめる。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/05/30/130552380
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「有害鳥獣捕獲隊」伊万里市12人に辞令/佐賀(佐賀新聞) [2017年05月31日(Wed)]
イノシシやカラス、アライグマなどの有害鳥獣の捕獲作戦を指揮する「有害鳥獣捕獲隊」の辞令交付式が30日、伊万里市役所であった。里山を荒らし、ナシをはじめとする特産の果樹に被害を与える難敵の封じ込めに一丸となる決意を固めた。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/433917
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ被害対策を 筑波山麓区長会、つくば市長に要望書/茨城(茨城新聞) [2017年05月31日(Wed)]
筑波山や周辺地区のイノシシによる農作物被害、民家被害を減少させようと、筑波山周辺の区長らによる「筑波山麓区長会」のメンバー7人が30日、つくば市役所を訪れ、イノシシ被害の防止対策を求め、五十嵐立青市長に要望書を手渡した。五十嵐市長は「皆さんからの知恵をいただき、できる限りの事をしたい」と取り組み推進を約束した。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14961501702860
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駆除の鳥獣水増し 報酬の不正取得相次ぐ 仕留めた1頭の写真、角度を変えて複数に見せかけ(産経WEST) [2017年05月31日(Wed)]
農林業に害を及ぼす鳥獣を駆除した猟師が、自治体から報酬を不正に受け取るケースが相次いでいる。イノシシ1頭を別の場所や角度で撮影して捕獲数を水増しするといった手口が多く、鹿児島県霧島市は30日、うその報告が252件あったと発表した。確認の甘さを突く不正がまだ潜んでいる恐れがあるとみて、農林水産省は全国一斉の実態調査に乗り出した。
http://www.sankei.com/west/news/170530/wst1705300063-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:00 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鹿を狩る女性たち −− 日本の農地は私たちが守る(BUSINESS INSIDER JAPAN) [2017年05月31日(Wed)]
日本では、猟に出る前の男性に女性が声をかけることがタブーとされていた時期があった。しかし、今では政府の要請もあって、銃を手にした女性の猟師が増加し始めている。
https://www.businessinsider.jp/post-33837
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:59 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ 出没に注意を 昨年は5〜7月に集中 県HPで情報公開 /山形(毎日新聞) [2017年05月30日(Tue)]
クマの本格的な活動シーズンを迎え、県が注意を呼び掛けている。目撃件数が過去最多となった2016年(計575件)は、半数以上が5〜7月に集中。山菜採り、行楽など山に入り込む機会が増すことも、不測の遭遇を招いている。
https://mainichi.jp/articles/20170530/ddl/k06/040/088000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋田 クマ被害 山への立ち入り防止で入山料徴収中止(NHK) [2017年05月30日(Tue)]
秋田県仙北市の山林で、クマに襲われたと見られるタケノコ採りの女性が死亡したことを受け、仙北市内の国有林では、危険な山への立ち入りを助長しかねないとして、今シーズンは入山料の徴収を取りやめることになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170530/k10010999581000.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
何者かがイノシシわなから逃がす? 福島、原発避難の町で続発(産経ニュース) [2017年05月30日(Tue)]
東京電力福島第1原発事故の避難指示が3月末に一部解除された福島県浪江町で、民家や畑を荒らすイノシシなどを捕獲するために仕掛けたわなが、何者かに外される被害が相次いでいる。平成28年度には3件発生。故意に逃がしたとみられ、町の担当者は「興奮した動物が市街地に迷い込めば、帰還した住民を襲う恐れもある」と警戒、県警にも相談している。
http://www.sankei.com/life/news/170530/lif1705300058-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:01 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ捕獲倍増、被害減る 城原地区「捕獲隊」発足1周年/佐賀(佐賀新聞) [2017年05月30日(Tue)]
神埼市神埼町城原地区でイノシシ対策に取り組む捕獲隊が設立して1年がたった。イノシシの年間捕獲数は設立前に比べ倍増。さらに効率よく駆除を進めるため、最先端のICT技術活用を検討する動きも出始めた。28日にはしし肉料理を家庭へ普及させ「地産地消」につなげようと、地域住民を招いた試食会が開かれた。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/433608
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:00 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥獣駆除不正、霧島市議も虚偽申請 29人関与計241万円 市、報償返還要請へ/鹿児島(西日本新聞) [2017年05月30日(Tue)]
鹿児島県霧島市でイノシシなど有害鳥獣の捕獲を偽り、捕獲隊員が報償費を不正受給した問題で、市は29日、2013年度からの4年間で252件の不正があり、総額は241万8200円に上るとの調査結果を市議会全員協議会で明らかにした。不正を認めた隊員は29人で、現職市議1人が含まれることが分かった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/331917/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:59 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ