CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年03月 | Main | 2017年05月»
ニホンジカ 伊万里で目撃 県が調査へ 農林業被害を懸念/佐賀(佐賀新聞) [2017年04月29日(Sat)]
佐賀県は28日、伊万里市の山林でニホンジカの目撃情報があったと発表した。県内では野生のニホンジカは生息していないとされるが、写真も撮影されたのを受けて調査に乗り出した。行楽シーズンで登山客が増えるのに合わせ、「シカを見かけたら情報提供を」と呼び掛けている。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/425610
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:55 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駆除した鳥獣慰霊祭 別府市で県猟友会/(大分) [2017年04月29日(Sat)]
県猟友会は28日、別府市の志高湖畔にある鳥獣供養塔前で、県内・・・
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/04/29/JD0055705155
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
富山市の農家が考案 ドローン活用でイノシシ退治を(チューリップテレビ) [2017年04月29日(Sat)]
イノシシによる農業被害が問題となる中、富山市の農家が、ドローンを活用したイノシシ全滅作戦を新たに考案しました。
農業被害を防ぐ新たな一手となるでしょうか。
富山市山田清水の農家、谷上健次さんが考案したのは、ドローンと赤外線カメラを使った、「イノシシ全滅作戦」。
サーモグラフィー機能つきのカメラをドローンにつけて飛ばし、上空からリアルタムでイノシシの位置を把握。
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20170428193040
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:53 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップ鳥獣害(85)2016年度鳥獣被害対策 優良活動表彰(3) 農村振興局長賞(捕獲鳥獣利活用部門(団体))(全国農業新聞) [2017年04月29日(Sat)]
岐阜・揖斐川町 所産業(株)および(株)キサラエフアールカンパニーズ
岐阜市の西北に位置する揖斐川町は東京23区の1.3倍ほどの広さ。中でも西端の谷汲(たにぐみ)地区は近年被害が深刻で、住民から「イノシシとシカを何とかしてくれ」「シカと車がぶつかった」といった声が上がっていた。
そこで立ち上がったのが地元で土建業を営む所竜也さん(42)。2010〜2012年、自らワナと猟銃の免許を相次いで取得。鳥獣の捕獲や柵の設置業務などができるよう会社の定款も変更した。
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=9409
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:52 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ拡大、官邸主導で 鳥獣被害対策、菅氏が旗振り役(朝日新聞) [2017年04月29日(Sat)]
シカやイノシシなど、農作物に深刻な被害を与える野生の鳥獣。安倍政権きっての実力者である菅義偉官房長官が旗振り役になり、政府が対策に乗り出すことになった。目指すは野生鳥獣肉(ジビエ)の利用拡大。官邸主導で盛り上げ、被害減少と農村の所得向上という「一石二鳥」を追おうとしている。
http://www.asahi.com/articles/ASK4W6520K4WUTFK01B.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:51 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
4/29シカニクの日! 高知県香美市で「鹿ロースト膳」限定30食(高知新聞) [2017年04月28日(Fri)]
高知県香美市物部町別府の「べふ峡温泉」は、4月29日開催のシカ肉を味わうイベント「第4回4月29日シカニクの日!〜べふ峡温泉スプリング・フェスタ〜」で、レストランの当日限定メニューとして「鹿ロースト膳」を30食用意する。
https://www.kochinews.co.jp/article/95471/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
悪天候で成果ゼロ/市のイノシシ駆除/沖縄(宮古毎日新聞) [2017年04月28日(Fri)]
宮古島市によるイノシシの猟銃駆除が27日、前日に引き続き北海岸一帯で実施された。狩猟犬でイノシシを追い詰めて猟銃で仕留める形での駆除を試みたが、風雨が強かったことなどから狩猟犬が臭いからイノシシを探す出すことがうまくいかず、2日間の駆除数はゼロで今回の駆除作業が終了した。
http://www.miyakomainichi.com/2017/04/98972/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「八溝ししまる」に専用タレ開発 消費拡大へ、ユズ風味で食べやすく 地域おこし協力隊員の発案 那珂川/栃木(下野新聞) [2017年04月28日(Fri)]
町特産品の野生イノシシ肉「八溝ししまる」をおいしく味わってもらおうと、イノシシ肉専用の焼き肉のタレが開発された。町地域おこし協力隊員の佐藤豊彦(さとうとよひこ)さん(52)のアイデアを基に、大山田下郷の調味料製造会社「関東ユウキ食品工業」が商品化。ユズの風味を生かしたさっぱりした味わいが特徴だ。手軽な料理法の焼き肉が食べやすくなることで、関係者は「家庭などでのイノシシ肉の消費拡大につながるといい」と期待している。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20170428/2674422
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:01 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カラスの営巣活発化 巣やひなに近づかないで/北海道(苫小牧民報) [2017年04月28日(Fri)]
苫小牧市内では今年も4月に入り、樹木や電柱へのカラスの営巣が相次いでいる。繁殖期を迎えたカラスは攻撃的になるため、市は「巣やひなにむやみに近づかないで」と注意を喚起している。
http://www.tomamin.co.jp/20170449964
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:00 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
R&Dの取り組み〜鳥獣害対策を例として:NTTサービスエボリューション研究所(InfoComニューズレター) [2017年04月27日(Thu)]
NTTグループが推進する農業×ICTの取り組みの最後は、NTT研究所です。NTT研究所では(1)ネットワーク上で動くコミュニケーションサービスやアプリケーション、(2)ネットワークの基盤技術、(3)将来を見据えた基礎研究の3領域の研究を担っています。NTTは世界最先端のネットワークを提供していますが、それはR&D組織であるNTT研究所の成果に基づいたものです。この成果を今、農業分野に適用して新サービスを展開しようと取り組んでいます。
http://www.icr.co.jp/newsletter/agri20170427-6-furukawa.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ