CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年01月 | Main | 2016年03月»
ヒノキとシカ革で太鼓手作り 三木で教室/兵庫(神戸新聞) [2016年02月29日(Mon)]
木と革で太鼓を手作りする教室が28日、兵庫県三木市福井の三木山森林公園であった。独創的な楽器を作る、1級建築士の岡本進一さん(53)=佐用町佐用=が講師役を務め、15組28人が木を塗装したり革を張ったりした。
https://www.kobe-np.co.jp/news/miki/201602/0008846026.shtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:12 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ肉で粗びきソーセージ 新見のミナミ、野趣あふれる風味/岡山(山陽新聞) [2016年02月29日(Mon)]
イノシシ肉を販売する「ミナミ」(新見市上市)は、ソーセージ「あら挽(び)きイノシシのワイルドフランク」を商品化した。
市内で捕獲したイノシシの頬の肉などを使用。ジューシーさと歯ごたえのある食感を楽しめるよう粗びきにし、黒こしょうを効かせた味付けで、野趣あふれる肉の風味を引き立てている。
http://www.sanyonews.jp/article/306769
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:11 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ加工食品の開発活発化 岡山県内の猟師や精肉店(山陽新聞) [2016年02月29日(Mon)]
岡山県内の猟師や精肉店が、有害獣などとして捕獲されたイノシシやシカの肉を使った加工食品の開発を活発化させている。県産ジビエ(狩猟肉)で収入増を図りながら、深刻化する農作物被害の抑制につなげる“一石二鳥”の取り組みで、塩漬けやソーセージなどを相次いで発売している。
http://www.sanyonews.jp/article/306977
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:09 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ、早くもお目覚め 那須塩原の国道で目撃/栃木(下野新聞) [2016年02月28日(Sun)]
27日午後7時半ごろ、那須塩原市塩原の国道400号で、道路を横切るクマ1頭を車で走行中の男性(44)が目撃し、通報した。
那須塩原署によると、クマは体長約1メートル。山側から箒川の方に向かって走り去ったという。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/accident/news/20160228/2249053
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:13 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
手軽に鹿肉料理を 伊那で初の講習会 /長野(長野日報) [2016年02月28日(Sun)]
鹿肉の活用に取り組む上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班と伊那市新山定住促進協議会は27日、「新山日本鹿調理講習会」を同市富県の新山集落センターで開いた。地元住民ら約20人が参加。畜産班顧問の境久雄教諭と高校生4人が鹿肉の料理方法を紹介し、畜産班が開発した新商品を試食してもらった。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=36435
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:12 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
牧場の競走馬2頭死ぬ 猟銃で撃たれた? 北海道・新冠町(産経ニュース) [2016年02月28日(Sun)]
28日午前7時5分ごろ、北海道新冠町朝日の「競優牧場」で、放牧中のサラブレッド2頭が死んでいるのを従業員が見つけ、牧場主を通じて道警静内署に通報した。近くに猟銃の空薬莢(やっきょう)が3個落ちており、静内署は2頭が撃たれて死んだとみて、事件と事故の両面で調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/160228/afr1602280014-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:11 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
<白神山地>ニホンジカ試験捕獲へ(河北新報) [2016年02月28日(Sun)]
白神山地世界遺産地域科学委員会(委員長・中静透東北大大学院教授)は、遺産地域に侵入し、生態系への悪影響が懸念されるニホンジカの詳しい生態を調べるため、2016度中に試験的な捕獲の実施を決めた。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160228_73015.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:09 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
奈良シカ保護見直し、秋にも捕獲へ…食害対策で(読売新聞) [2016年02月28日(Sun)]
国の天然記念物「奈良のシカ」の保護エリア見直しに、奈良県が乗り出す。深刻化するシカの食害に対応するため、「奈良市一円」とされてきた従来の保護エリアに代えて、新たに4段階のエリアを設定。奈良公園を中心とする地域で手厚く保護する一方、周辺部では頭数管理を行い、新たなルールで人とシカの共存を図る。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160228-OYO1T50000.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:08 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ対策、悩む行政 山間部で捕獲数増加 茂原では新システム導入 長生地域/千葉()千葉日報 [2016年02月28日(Sun)]
長生地域でイノシシの捕獲数が増えている。茂原市では警備会社と連携した新システム導入の効果もあり、本年度は1月末時点で昨年度よりも75頭多い131頭を捕獲。
http://www.chibanippo.co.jp/news/local/307465
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:07 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップ鳥獣害(41)「全国ジビエ祭り」福岡県(全国農業新聞) [2016年02月27日(Sat)]
ジビエ(狩猟鳥獣肉)料理の普及に取り組む各地の関係者による初めての「全国ジビエ祭り」が12・13日の両日、福岡市の天神中央公園で開かれた。同じ日に同市で開かれた第2回日本ジビエサミットに併せ、福岡県が全国のジビエ振興団体、レストランなどに参加を呼びかけて開いた。
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=7824
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:12 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ