CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
新型防護柵 農家と開発 底辺張り出し 接近阻む 広島県福山市・内海園芸/日本農業新聞 [2019年10月02日(Wed)]
豚コレラの発生拡大を受けて中国地方でも警戒感が強まる中、鳥獣害防除資材を開発する広島県福山市の内海園芸は、地元の養豚農家と共同で、新型防護柵「コナイシシ養豚場用」を開発した。柵の底辺が外側に張り出したワイヤメッシュ柵。イノシシや鹿の足元を不安定にさせることで、柵自体に近づきにくくした。メッシュの目合いが細かく、ネズミなど小動物の侵入も防止できる。病原菌やウイルスを媒介するとされる野生動物の侵入を徹底的に防ぐ仕組みだ。
https://www.agrinews.co.jp/p48879.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:39 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
千葉科学大学 イノシシ被害軽減へJAちばみどりから対策機材/危機管理学部動物危機管理学科の研究に期待/実態把握し対策法構築/朝日新聞デジタル [2019年10月02日(Wed)]
イノシシによる農作物被害軽減の研究推進へ、千葉科学大学(千葉県銚子市潮見町)に対し2019年9月12日、JAちばみどり(同県旭市)からイノシシ対策機材一式が贈呈されました。
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_6041780/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:38 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
解体について。その種類やリスク管理※注意! 今回も捕獲したイノシシの解体写真がありますので苦手な方は注意してください。/exciteニュース [2019年10月02日(Wed)]
【解体について勉強しよう!】
皆さんこんにちは! 茨城県でヨガのインストラクターの傍ら、新米猟師をしているNozomiです!
https://www.excite.co.jp/news/article/BestTimes_10687/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:36 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「IoTにより有害獣の捕獲情報を通知、ワナの巡回を省く」/bp-Affairs [2019年10月02日(Wed)]
鳥獣による農作物の被害額は164億円。被害面積は5万3千ヘクタール、被害量は47万4千トンで、いずれも前年度より微減あるいは減少しているが、大きな数字であることに変わりは無い。2大窃盗犯(獣)はシカとイノシシ。各被害額は55億円と48億円で、サルでも9億円となっている。
https://bp-affairs.com/news/2019/10/20191001-9535.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:35 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
獣害軽減へ新処理施設 狩猟者の負担減らす 新温泉町/兵庫/神戸新聞 [2019年10月02日(Wed)]
兵庫県新温泉町は1日、有害鳥獣駆除などで捕獲したシカやイノシシを解体する「町鳥獣処理施設」(同町塩山)をオープンした。捕獲したシカなどの処理で狩猟者の負担を軽減することで、捕獲数を増やし、農林業などへの被害減少を目指す。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201910/0012751605.shtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:34 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ