CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
箱罠の作動を即確認 捕獲通知システム実証実験 マスプロ電工/岡山/農業協同組合新聞 [2019年09月30日(Mon)]
マスプロ電工は、岡山県井原市の協力で、イノシシなどの有害獣対策で設置される箱罠の扉が閉まったことをマスプロのSigfox通信を利用して通知するシステムの実証実験を開始した。
https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2019/09/190930-39235.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:07 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドローンでカラス追い払え 農作物被害に効果期待 タカやワシの鳴き声で試験飛行/兵庫/丹波新聞 [2019年09月30日(Mon)]
カラスによる農作物被害を防ごうと、兵庫県丹波市春日町でこのほど、ドローンを使ったカラス撃退飛行の試験が行われた。スピーカーを搭載した小型のドローンが、タカやワシの鳴き声、ドラム缶を叩く音、猟銃の音などを流しながらカラスがいそうな山際を飛行。慌てた様子で飛び立つカラスを確認した会員たちは「効果があるかも」と期待していた。
https://tanba.jp/2019/09/ドローンでカラス追い払え 農作物被害に効果期/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:06 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
赤谷の森でシカ捕獲実験 カメラやわなの調達にオーナー制度導入/群馬/上毛新聞 [2019年09月30日(Mon)]
森林荒廃が問題視されているニホンジカの増加を防ぐため、日本自然保護協会(東京都)は10月5日、群馬県みなかみ町の国有林「赤谷の森」(約1万ヘクタール)で新たな捕獲実験を始める。シカの出現場所を把握し、効率的に捕獲するためのセンサーカメラとわなの調達にオーナー制度を導入した。頭数が少ない段階から個体数を管理する予防法を確立し、全国の森林での応用を目指す。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/163334
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:05 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「奪った命無駄にしない」駆除の獣肉活用へ 猟師が処理施設準備/京都/京都新聞 [2019年09月30日(Mon)]
深刻な農作物被害をもたらす獣害への対策や捕獲されたシカやイノシシの有効活用を目指し、京都府舞鶴市西方寺の猟師清水祐輔さん(34)が獣肉の解体処理施設を設置する準備を進めている。30日までクラウドファンディングを実施し、資金協力を呼び掛けている。
https://this.kiji.is/550977486544929889?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:04 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ