CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
豚コレラ 感染イノシシ発生県 捕獲事業 支援手厚く 補助率20年度上げ 環境省/日本農業新聞 [2019年09月08日(Sun)]
環境省は2020年度から、豚コレラに感染したイノシシが発生した県を対象に、捕獲事業への支援を手厚くする。これまでイノシシや鹿の捕獲事業には、かかる費用の最大半額を補助してきたが、補助の割合を3分の2まで引き上げる。捕獲頭数の増加を後押しし、豚コレラまん延防止につなげたい考えだ。
https://www.agrinews.co.jp/p48669.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:58 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豚コレラ対策へ県が独自マップ 感染イノシシ発見地点記録/長野/信濃毎日新聞 [2019年09月08日(Sun)]
野生イノシシへの豚コレラ感染が広がっている問題で、県は感染イノシシ発見地点やイノシシの出没場所などを示す「イノシシマップ」を独自に作り、捕獲わな増設などの対策に活用している。発見地点から半径10キロ圏内に入る自治体は6日時点で中南信の27市町村。エリアを拡大させないよう、捕獲を重点的に行う「防衛ライン」を地図上に設け、養豚場での豚コレラ発生を防ぐ考えだ。
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190907/KT190906FTI090011000.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | 地図 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ被害深刻で「自己防衛」 宮城・栗原でわな猟免許受験者が急増/河北新報 [2019年09月08日(Sun)]
宮城県栗原市で、わな猟免許試験の受験者が急増している。イノシシによる農作物被害が拡大したため、自己防衛策として免許取得を目指す農家などが多いとみられる。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201909/20190907_13018.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:56 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山口)ピカッ 強力ライトでイノシシ撃退 農業団体実験/朝日新聞 [2019年09月08日(Sun)]
農作物を食い荒らす野生鳥獣の被害を防ごうと、山口県や農業団体らでつくる「山口市南部地域スマート農業活用促進協議会」が今月、LEDの光でイノシシを撃退する実証実験を始めた。サッカー場のナイター施設にも使われるほど強力で、市販されている鳥獣被害対策用のLED照明の数十倍ほどの明るさ。年内まで試行し、効果が確認されれば商品化も視野に入れる。
https://www.asahi.com/articles/ASM9471L2M94TZNB00Q.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:55 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ