CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
野生動物と人間の共存、射殺・放血で「命」を隅々までいただくということ/BIGLOBEニュース [2019年01月05日(Sat)]
カラスやシカ、イノシシ、サルといった野生鳥獣が、農家が手塩にかけて育ててきた農作物を、出荷直前に食べてしまう。その被害額は、年間で約200億円。全体の約7割は、シカ、イノシシ、サルによる被害だという。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0104/sjo_190104_9930022286.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ