CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年05月 | Main | 2017年07月»
さつまマタギ 自分史出版 狩猟歴40年、経験まとめ極意記す 薩摩川内 田代重俊さん(83) /鹿児島(毎日新聞) [2017年06月07日(Wed)]
薩摩川内市東郷町藤川の元喫茶店経営、田代重俊さん(83)が、仕事の傍ら40代のころから続けてきた狩猟の経験を軸にした自分史「八十年( さか )越え さつまマタギの生き日記」(A5判79ページ)を自費出版した。
https://mainichi.jp/articles/20170607/ddl/k46/040/300000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:08 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
京の人今日の人 ジビエハンター 林利栄子さん /京都(毎日新聞) [2017年06月07日(Wed)]
食材にも命、頭の片隅に 林利栄子さん(29)
狙いを定め、猟銃の引き金を絞る。ズドンという音とともに衝撃が肩に食い込む。全身の血液がドクドクと脈打つ。仕留めたシカは皮をはぎ取り、肉を傷つけないよう丁寧にさばく。
https://mainichi.jp/articles/20170607/ddl/k26/070/465000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:07 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農作物の鳥獣被害、3億8300万円 2016年度栃木県内(下野新聞) [2017年06月07日(Wed)]
2016年度の野生鳥獣による県内農作物被害額は、前年度比3%増の3億8300万円となり3年連続で増加したことが6日、県のまとめで分かった。一方、16年度に県内で捕獲した野生動物はイノシシが1万3442頭、シカが8735頭に上り、いずれも過去最多だった。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170607/2714969
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:06 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
天然記念物「奈良のシカ」120頭、捕獲許可(読売新聞) [2017年06月07日(Wed)]
文化庁は、国の天然記念物「奈良のシカ」による農作物被害を減らすため、捕獲計画を申請していた奈良県に、120頭の捕獲を許可した。
1957年に天然記念物に指定されて以来、頭数管理を目的とした捕獲は初めてで、県は7月下旬から狩猟を始める。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170607-OYT1T50040.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:06 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
尾瀬で20年ぶり総合学術調査 シカ害や温暖化の現状把握 新潟(産経ニュース) [2017年06月07日(Wed)]
新潟と福島、栃木、群馬の4県にまたがる尾瀬国立公園で、約20年ぶりとなる第4次の総合学術調査が始まった。地形や生息する動植物のリストの作成といった基礎研究も65年ぶりに実施し、ニホンジカによる被害や地球温暖化の影響を把握し、今後の保全に役立てる。調査は平成31年3月までの3年間の予定。
http://www.sankei.com/region/news/170607/rgn1706070004-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:05 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カラス被害5000万円超 呉羽ナシ 13年比で2000万円増/富山(中日新聞) [2017年06月07日(Wed)]
ワイヤで対策 追い付かず?
富山市の呉羽丘陵で生産される「呉羽ナシ」のカラスによる昨年の被害額が、2年連続で5000万円を超えたことが分かった。過去5年で最も低かった2013年と比べると、約2000万円の増加。6日の県議会農林水産委員会で、県が報告した。
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20170607/CK2017060702000046.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:04 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ