CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« またぎぃ | Main | GPS»
エゾシカ革製品ネット販売 狩猟場所アプリ表示 池田の長谷さん/北海道(北海道新聞) [2017年06月26日(Mon)]
町地域おこし協力隊員の長谷耕平さん(32)は、町内で駆除されたエゾシカの皮で作った靴やバッグなどを販売するネットショップ「エゾレザーワークス」を開設した。町のエゾシカ解体施設で勤務しながら、自らもエゾシカ猟をする長谷さんは「エゾシカの肉だけでなく、皮も付加価値を付けて有効活用したい」と意気込んでいる。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0414284.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | 地図 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
獣害対策にGIS開発キット「MapquestDotNET」を活用「やるシカない!」〜GISのマップクエスト〜(News1st) [2017年06月21日(Wed)]
獣害対策にGIS開発キット「MapQuestDotNET」を活用し、獣害対策支援システム「やるシカない!」を開発しました。
地図の活用で、シカや猿などの出没しやすいエリアや獣害を受けたエリアが一目で把握できます。
目撃情報も簡単に見える化されるので、複数の情報を地図上に重ね合わせて分析することで、獣害対策の効果UPに期待できます。
http://news1st.jp/archives/1358
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:11 | 地図 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
全国の傾斜量区分図(雪崩関連)を公開しました(国土地理院) [2017年04月18日(Tue)]
雪崩は、一般的に一定の傾斜の斜面で発生しやすいことが知られています。
 国土地理院は、平成29年那須町の雪崩を受けて、全国の傾斜量区分図(雪崩関連)を緊急に整備しました。
 これからの春山シーズンの登山や雪崩災害防止などにご活用ください。
 なお、傾斜量区分図は、地形を傾斜角で区分した図であり、雪崩の危険度そのものを評価したものではありません。緩斜面の箇所等でも雪崩が発生又は到達する可能性があり、十分な注意が必要です。
http://www.gsi.go.jp/bousaichiri/slopezone1map.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | 地図 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)