CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 狩猟 | Main | 有害鳥獣捕獲»
豚コレラ 野生イノシシ捕獲強化 目標1万頭超、重点エリア設定 群馬/産経新聞 [2019年10月11日(Fri)]
県は、豚(とん)コレラの主な感染経路である野生イノシシの捕獲強化に乗り出す。全県を5キロ四方に分けて、野生イノシシの生息状況などの情報を基に「捕獲重点エリア」を戦略的に設定。令和元年度末までに1万頭超を捕獲する目標を掲げ、感染の元を絶つことで蔓延(まんえん)防止を図る。
https://www.sankei.com/region/news/191011/rgn1910110018-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:59 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野生イノシシの感染確認=豚コレラ拡大−群馬/JIJI.COM [2019年10月05日(Sat)]
群馬県は4日、県内で捕獲された野生イノシシ2頭について、国の遺伝子検査で家畜伝染病「豚コレラ」の陽性が確認されたと発表した。同県での野生イノシシの感染確認は初めて。2018年以降の国内感染では10県目、関東では埼玉に続き2県目となる。
群馬は豚の飼養頭数で全国4位。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100401138&g=eco
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
もしイノシシに出会ったら?出没増加を受け自治体や猟友会などが研修会 高松市/KSB [2019年09月20日(Fri)]
香川県でイノシシによる人身被害や目撃情報が相次いでいることを受け高松市で、捕獲方法などを学ぶ研修会が開かれました。
研修会には、香川県や高松市、猟友会などから約40人が参加しました。
https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/14855
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:13 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
滋賀県内初、野生イノシシの豚コレラ感染確認 国内8県目/京都新聞 [2019年09月19日(Thu)]
滋賀県多賀町で豚コレラ感染が疑われる野生イノシシ1頭が見つかった問題で、県は19日、国の遺伝子検査で豚コレラウイルスの陽性反応が出て、感染が確定したと発表した。県内での野生イノシシの感染確認は初めて。県や国は養豚場への感染拡大を防ぐため、今月下旬から山間部でワクチンを散布する予定で、準備を急いでいる。
https://this.kiji.is/547251529497019489?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:03 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豚コレラ 関東に拡大 5県目 埼玉の農場で発生/日本農業新聞 [2019年09月14日(Sat)]
農水省は13日、埼玉県秩父市の養豚場で、同県で初の豚コレラが発生したと発表した。関東での豚コレラ確認は、野生のイノシシも含め、初めて。養豚場では全国で41例目、発生は5県に広がった。同省は農場へのウイルス侵入経路を調べている。発生した養豚場からは山梨県笛吹市のと畜場に豚が出荷され、感染が確認された。山梨県は農場や野生のイノシシで陽性は出ていない。
https://www.agrinews.co.jp/p48707.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:43 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「イノブタ」分布拡大か...二本松で個体発見 原発事故で野生化/福島/福島民友 [2019年09月05日(Thu)]
東京電力福島第1原発事故による住民避難で野生化した家畜のブタと、野生イノシシが交雑した「イノブタ」の分布が、原発事故の帰還困難区域や旧避難区域の外にも拡大している可能性があることが、福島大の研究グループの調査で分かった。研究グループが4日、発表した。原発から40キロ以上離れた二本松市でも個体が見つかったという。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20190905-411835.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:08 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ対策強化 家伝法 位置付け検討/日本農業新聞 [2019年09月05日(Thu)]
豚コレラの感染拡大防止の対策を拡充するため、農水省は感染源となる野生イノシシの対策を家畜伝染病予防法(家伝法)に位置付ける方向で検討に入った。野生イノシシへの対応が長期化が予想される中、法的根拠を整え、対策を強化するのが狙い。5日に開く豚コレラ防疫対策本部で、終息に向けた各種対策を正式決定する見込みだ。
https://www.agrinews.co.jp/p48647.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:07 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ囲い込み 餌ワクチン 帯状に/日本農業新聞 [2019年09月04日(Wed)]
豚コレラの感染拡大を防ぐため、農水省は感染源となる野生イノシシの囲い込み対策に乗り出す。餌に混ぜて与える経口ワクチンを発生地を囲むように帯状に集中的に散布し、未発生地域への感染拡大を防ぐ「経口ワクチンベルト」を作る構想だ。発生県と隣県を含む9県で猟友会と連携、捕獲対策も強化する。
https://www.agrinews.co.jp/p48638.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:50 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野生の命を有松絞で再生 駆除シカなど革小物に/愛知/中日新聞 [2019年08月27日(Tue)]
駆除された野生のイノシシやニホンジカの皮を、名古屋市緑区の伝統工芸品「有松絞」の技法で染め、革小物にして販売するプロジェクトがこの夏、本格的に動きだした。農作物の食害を防ぐために駆除された個体を有効活用。有松絞デザイナーの安保(あぼ)成子さん(51)=同区=は「命を大切にしたいとの思いに共感してくれる人に届けたい」と、年内の販売開始を目指している。
https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019082702000282.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:07 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
国有林のノウサギ食害防げ 高知「シカよりも悪質」/日本経済新聞 [2019年08月27日(Tue)]
高知県でノウサギに国有林の苗木を食べられる被害に頭を悩ませている。食害面積が大きいシカの対策は進む一方、見過ごされてきたのが現状だ。四国森林管理局の森林技術・支援センターの鷹野孝司所長は「ノウサギは苗木の幹をかみ切るので成長が止まる。枝を食べるシカより悪質」と指摘。捕獲用のわなを導入しようと工夫を続ける。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49034180X20C19A8AC1000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:06 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ