CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« アンドロイド | Main | イベント»
ぎふジビエ、逆風負けず…岐阜の料理店 県産にこだわり調達…狩猟禁止区域外から/読売新聞 [2019年01月23日(Wed)]
栄養価の高さやヘルシーさが注目され、人気が高まっているジビエ料理。自然豊かな県内で育った野生のイノシシやシカの肉は、「ぎふジビエ」としてブランド化が図られている。家畜伝染病の「豚とんコレラ」の影響で、風評被害や狩猟制限などの逆風が吹き続ける中、岐阜市の日本料理店「桜梅桃李」の店主・玉越勝利さん(51)は「ぎふジビエのおいしさを知ってほしい」と、県産にこだわっている。
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20190122-OYTNT50108.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【知ってる!?】ジビエの有効活用(4)「十分な加熱」で安心・安全/産経新聞 [2019年01月21日(Mon)]
シカやイノシシなどの野生鳥獣の肉である「ジビエ」の普及のカギとなるのが、安心・安全の確保だ。山野を駆け巡って育った“天然の恵み”のジビエは、食肉用に育てられた家畜よりも寄生虫や細菌のリスクが高い。ジビエをおいしく安全に食べるには、衛生管理が重要となる。
https://www.sankei.com/life/news/190121/lif1901210013-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
意外と知らない最旬グルメ「ジビエ」の高い栄養価/@DIME [2019年01月16日(Wed)]
狩猟が解禁される冬期は、「ジビエ」のシーズンでもある。ジビエとは、野生の鳥獣の肉を意味するフランス語。日本では主にシカやイノシシの肉を指し、グルメな人以外にも広く注目されつつある。
https://dime.jp/genre/650158/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
〜ジビエの安全な調理技術習得のための独自カリキュラム提供〜『調理科教員向け 国産ジビエ料理セミナー』2月17日(日)東京で開催!/PRTIMES [2019年01月16日(Wed)]
食のプロを育成する教育機関、辻調理師専門学校(大阪市、校長:辻芳樹)は、一般社団法人日本ジビエ振興協会(長野県、理事長:藤木徳彦)に協力し、「調理科教員向け 国産ジビエ料理セミナー」を2月17日(日)に、東京で開催いたします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000016404.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:16 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ料理に挑戦! 奈留の小学生 野生の味を堪能 五島猟友会 手ほどき/長崎 [2019年01月16日(Wed)]
長崎県五島市猟友会の会員らが、イノシシやシカの肉「ジビエ」を使った郷土料理の作り方を教える教室が12日、同市奈留町の奈留離島開発総合センターであった。参加した地元の小学生らはイノシシ汁などの調理を通して、五島に伝わる狩猟文化の一端に触れた。
https://this.kiji.is/457730004638827617?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:12 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「坂網猟」見学 食事会も 加賀でツアー、カモ肉に舌鼓/石川/中日新聞 [2019年01月14日(Mon)]
加賀市の伝統的なカモ猟「坂網猟」の見学ツアーと食談会が十二日、市内であり、県内をはじめ東京都や熊本県などから十六人が参加した。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190114/CK2019011402000043.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ肉、自粛いつまで 可茂の関係者、豚コレラ収束願う/岐阜/中日新聞 [2019年01月13日(Sun)]
今年は「イノシシ年」。イノシシを中心としたジビエ(野生鳥獣肉)の人気も高まっているが、可茂地域では家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の影響で、イノシシ肉の利用を控える動きが続いている。今は最も脂が乗っておいしい時期。根強いファンも多く、関係者は一日でも早い事態の収束を願っている。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190113/CK2019011302000035.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:32 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「狩りガール」10年で4倍 栃木県内獣害、ジビエ流行背景/下野新聞 [2019年01月12日(Sat)]
「狩りガール」とも呼ばれる狩猟免許を持つ女性が県内で増加傾向にある。2017年度は47人を数え、12人だった07年度の約4倍に上った。ジビエ(野生鳥獣肉)料理ブームなどで狩猟のイメージが見直され、全国的に増加している。イノシシやシカなどの野生鳥獣による農作物被害が後を絶たない中、農林業関係者が免許取得に乗り出すケースも少なくないという。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/120882
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:25 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエの魅力発信 特設サイト開設 和歌山/産経新聞 [2019年01月12日(Sat)]
狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉「ジビエ」の魅力を発信しようと、和歌山県古座川町月野瀬の鳥獣食肉加工処理施設「古座川ジビエ山の光工房」が特設サイトを開設した。古座川ジビエの特長や最高ランクのブランド鹿肉「金もみじ」、町内の魅力などを、写真や説明文もまじえて詳しく紹介している。
https://www.sankei.com/west/news/190112/wst1901120006-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:24 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
伊豆のシカ肉、ペット餌に加工 捕獲の有害獣を活用/静岡/静岡新聞 [2019年01月11日(Fri)]
有害鳥獣として捕獲されたシカの有効活用を図ろうと、伊豆市の市営食肉加工施設「イズシカ問屋」で8年間現場責任者を務めた高山弘次さん(46)が独立し、同市吉奈にペットフード用の加工施設「DERR BASE IZU(ディアベイスイズ)しかまる」を開業した。ペット用という新たな需要を生み出し、順調に受け入れ頭数を伸ばしている。
http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/586687.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ