CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« アンドロイド | Main | イベント»
四国ジビエグルメフェスタ盛況 グランプリに「べふ峡温泉」/高知/高知新聞 [2019年10月21日(Mon)]
シカやイノシシなど野生の鳥獣肉料理を楽しむ「第8回四国ジビエグルメフェスタ」がこのほど、高知県長岡郡大豊町中村大王の「ゆとりすとパークおおとよ」で開かれ、県内外から訪れた1858人でにぎわった。来場者の投票で選ばれる「ジビエ1グランプリ」には「べふ峡温泉」(香美市)が輝いた。
https://www.kochinews.co.jp/article/317875/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
道内ジビエ処理急増 18年度25% 認証施設の拡大課題/北海道/北海道新聞 [2019年10月13日(Sun)]
道内で昨年度、食肉として販売する目的で処理されたエゾシカなど野生鳥獣の肉(ジビエ)が、前年度比24・9%増の628トンに拡大した。道産は国内利用量の4割を占め、一大生産地になっている。ただ、道内で約90カ所稼働しているとされる食肉処理施設のうち、道の衛生基準を満たした認証施設は14カ所にとどまる。道は安全安心を担保するため、認証取得を呼びかけていく考えだ。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/354223/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
北海道でジビエ消費拡大、全国の4割超占め断トツ/日本経済新聞 [2019年10月08日(Tue)]
北海道でシカやカモなど野生鳥獣の肉「ジビエ」の消費が広がっている。農林水産省の調査によると、2018年度に道内で利用されたジビエは824トンに上り、全国の4割超を占めた。食材としてのジビエ人気が高まっていることにくわえ、農林水産業に深刻な被害を与える鳥獣駆除の効果が浸透してきた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50701140X01C19A0L41000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「獣害問題」の解決と事業化に向けて取り組みます!自然を身近に感じ考えるイベント『週末のジビエ』初開催/PRTIMES [2019年10月08日(Tue)]
小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野晃司)は、2019年11月2日(土)に、東京都江東区「WILD MAGIC」において、ジビエバーベキューイベント『週末のジビエ』を初開催します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000634.000012974.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:09 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ猟11月解禁 ジビエ業界、豚コレラに警戒/静岡/静岡新聞 [2019年10月04日(Fri)]
家畜伝染病「豚コレラ」の感染が拡大し、静岡県内のジビエ(野生鳥獣肉)業界が危機感を強めている。猟師や解体処理業者は田畑を荒らす獣害として野生イノシシを駆除して食肉利用を進めるが、県外の感染地域では流通が滞ったり、風評被害で消費が落ち込んだりしている。今後の状況によっては11月1日に解禁される県内の狩猟に影響する可能性があり、県は対応を検討している。
https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/689427.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:06 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシの活用策、考える 山くじらフォーラム開幕/島根/山陰中央新報 [2019年10月04日(Fri)]
イノシシ肉を「山くじら」と呼びブランド化を進める島根県美郷町で3日、農作物への獣害をもたらすイノシシの活用策と地域の活性化を考える「山くじらフォーラム」が開幕した。5日までの日程で、同町と山くじらに関する包括的な連携協定を結ぶ大学、自治体の関係者らが参加。初日の講演で嘉戸隆町長は「語り合い、刺激し合って将来を進んでいこう」と呼び掛けた。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1570152608929/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:03 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ取引ネットでつなぐ 茅野の振興協会、携帯大手と共同で実証実験/長野/信濃毎日新聞 [2019年10月04日(Fri)]
衛生管理基準や流通規格を満たした国産ジビエ(野生鳥獣肉)の普及を目指す日本ジビエ振興協会(茅野市)は、携帯大手のNTTドコモ(東京)などと共同で、ニホンジカやイノシシの肉の買い手と売り手をインターネットでつなぐサービスの実証実験を始めた。従来はレストランや小売店が食肉処理加工施設に欲しい部位や量、納期を直接発注する必要があったが、ネット上でいつでも簡単に取引できるようにした。売り手には販路の拡大、買い手には仕入れ安定の利点があるとし、本格稼働を目指している。
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20191004/KT191002GJI090013000.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ利用量は15.8%増加 農水省実態調査/農業協同組合新聞 [2019年10月03日(Thu)]
農林水産省は9月27日、「野生鳥獣資源利用実態調査(平成30年度)」を公表した。
https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2019/10/191002-39268.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:33 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム」  東京国際フォーラムにて、11月9日(土)開催  抽選で200名様をご招待(無料)のお申し込みを開始/@Press [2019年09月28日(Sat)]
公益財団法人日本食肉消費総合センター(所在地:東京都港区、理事長:田家 邦明)は、令和元年11月9日(土)に国産ジビエの認知向上と需要拡大を目的とした「今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム」を東京国際フォーラムにて開催。抽選で200名様をご招待(無料)致します。
https://www.atpress.ne.jp/news/194208
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:04 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
全国募集 ジビエ提供飲食店/地域ブランドNEWS [2019年09月28日(Sat)]
令和元年、農林水産省は、全国的なジビエ(野生鳥獣肉)の需要拡大に取り組む「全国ジビエプロモーション事業」の一環として、全国の飲食店等がジビエメニューを提供する全国ジビエフェアを開催する。
令和元年11月1日(金曜日)〜令和2年2月28日(金曜日)
9月26日(木)より、参加飲食店等の募集を開始した。
https://news.tiiki.jp/articles/4428
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:02 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ