CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«マタギが「オコゼ」の姿干しを持ち歩いていた理由/BOOKウォッチ | Main | シカ捕獲達成率やや低下 高標高域で生息分散 神奈川/カナロコ»
道内ジビエ処理急増 18年度25% 認証施設の拡大課題/北海道/北海道新聞 [2019年10月13日(Sun)]
道内で昨年度、食肉として販売する目的で処理されたエゾシカなど野生鳥獣の肉(ジビエ)が、前年度比24・9%増の628トンに拡大した。道産は国内利用量の4割を占め、一大生産地になっている。ただ、道内で約90カ所稼働しているとされる食肉処理施設のうち、道の衛生基準を満たした認証施設は14カ所にとどまる。道は安全安心を担保するため、認証取得を呼びかけていく考えだ。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/354223/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント