CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自然の恵み、この手で 私たち「狩りガール」/神奈川/タウンニュース | Main | 元年生まれの肖像:狩猟女子・齊藤美咲さん/秋田/秋田魁新報»
害獣の「猪」を特産品に変えた石川の創意工夫/東洋経済 [2019年01月01日(Tue)]
能登半島では近年、イノシシが激増しているという。理由は、温暖化によって里山に雪が少なくなっているから。兵庫県や京都府内にいたイノシシが北上し、北陸にまで生息域を拡大。石川県内では、農作物を食い荒らす被害が相次いでいる。そこで能登半島の中ほどの中能登地区では害獣であるイノシシを駆除し、転じて「特産品」とするために知恵を絞っている。捕獲されたイノシシは食肉となるだけでなく、いろんな商品に生まれ変わっている。イノシシのユニークな活用法について聞いてみた。
https://toyokeizai.net/articles/-/257573
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:59 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1417267

コメントする
コメント