CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「クマAI感知」実証実験開始 会津大・野生動物検出システム/福島/福島民友 | Main | 玉川クマ事故、個体の特定断念 捕獲用のおり撤去/秋田/秋田魁新報»
【特集】深刻化“鳥獣被害”と対策関連株、ニホンジカはベビーブーム <株探トップ特集>/株探 [2018年07月12日(Thu)]
―農作物被害“年間200億円”の実相、意外に多い関連株―
●農作物の被害額は毎年200億円と深刻
鳥獣による農作物被害が深刻さを増している。シカ、イノシシをはじめ、サル、クマ、カラスなどによる農作物への被害は、近年では季節に左右されることなく頻繁に発生。深刻化の要因は、鳥獣の生息域拡大、狩猟による捕獲圧力の低下、耕作放棄地の増加などが指摘される。また、野生動物の生息地近隣まで宅地開発が迫っていることや、異常気象により野生動物のエサ不足が深刻化していることなども背景とされている。
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201807110623
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:12 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1374328

コメントする
コメント