CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«横手公園でクマ2頭駆除/秋田(秋田魁新報) | Main | 駆除した鹿、イノシシ 工芸品として活用 「命無駄にせず」 山梨県大月市 藤本二菜さん(日本農業新聞)»
鳥獣目撃情報、アプリで収集 岡谷市が試験運用開始/長野(中日新聞) [2017年06月18日(Sun)]
岡谷市は、クマやイノシシなどの目撃情報を、地理情報システムを活用してリアルタイムに公開する「鳥獣目撃情報アプリ」を開発し、試験運用を始めた。一般市民がスマートフォンやタブレット端末を使って地図上に出没箇所を表示し、情報の共有化を図る試み。市は、正確な情報をより早く収集し、人や農作物の被害防止と注意喚起に役立てたい考えだ。
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170618/CK2017061802000011.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:36 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1280786

コメントする
コメント